バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

SSAYさんの公開ページ

SSAYさんのプロフィール

ママ・30代・山口県、女の子7歳 男の子5歳

SSAYさんの声

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大人にもぜひ  掲載日:2012/6/28
ありがとうともだち
ありがとうともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
悪気もなくちょっと見栄を張ってしまったオオカミ。
キツネにカッコいいところを見せたくて、頑張るけど思うようにいかずイライラ。
でも、キツネはそんなこと期待していなくて一緒に海に来ただけでうれしくて楽しかったんですよね。

子供にはよくある、見栄張りうそ。
大人もありますよね。
それを「いけない」と言わない内容のこの絵本。好きだな〜。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいせつなこと  掲載日:2012/6/27
よろしく ともだち
よろしく ともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
コダヌキが自分が怖くて仲間に入れないんじゃないか。
コダヌキがそう言ったわけでもないのに、そうだと思い込み(実際はそうなんだけど)
あそこまで落ち込むオオカミ。感情移入しちゃいます。
「オオカミは怖い」そんな先入観を持ったら駄目ですよね。

大切なことを、堅苦しくなく、改めてそっと教えてもらった気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 謎が解けました  掲載日:2012/6/27
ともだちや
ともだちや 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
2歳の娘に絵本を探しているときに、出会った本です。

「ともだちや」として時給100円のバイト(?)をするキツネ。
『ともだちはいらんかね』と歩きながら、声が大きいと言われ小声にすると、次は声が小さいと言われたり、
日頃食べないイチゴを食べお腹を痛めたりして、なぜそんなことまでして「ともだちや」を続けるのかと
思い読み続けると、最後に謎が解けました。

今はまだ友達とあまり遊んだりせず、1人で遊ぶ娘ですが、もう少し大きくなって友達の話をしてくれる
ようになったら、読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にわとりがプリン  掲載日:2012/6/24
ピヨピヨ ハッピーバースデー
ピヨピヨ ハッピーバースデー 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
お誕生日ごっこ(?)が大好きな娘。
毎日ハッピーバースデイを歌いながら、誰かの誕生日を祝っています。
そんな娘にこの絵本を読んだら大のお気に入り。続けて何度読んだことか…。

誕生日のお祝いの場面だけでなく、大好きなプリンを買ってもらえなかったヒヨコちゃん達の残念そうな場面でも娘は声を出して笑います。

にわとりが卵をたっぷり使ったプリンが好きなんて!
と、思わず突っ込みたくなります。

絵の細かいところまで見ていると、見るたびに新しい発見があり、間違いなく大人も楽しめます。
洋菓子店での予約のメモだったり
ケーキに火をつけるマッチはお父さんの会社の隣の喫茶店のものかな?と想像できたり。

親子で大好きな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣いた泣いた  掲載日:2012/5/28
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
うちの2歳の娘は弟が大好きです。
弟が生まれた時からかわいがっています。
でも、夜中に突然泣き出すことが何度かあったりして、『この子なりに頑張っているんだろうな。我慢してることもあるんだろうな』と思いながら、ついつい叱ってしまう私ははいろいろと考えさせられました。

この絵本を初めて読んだとき、私は号泣。
その様子を見ていた娘は主人を呼びに行きました。
それ以降、自分で「ちょっとだけ」と言いながらページをめくることはあっても、私に「読んで」と持ってくることはありません。

弟の授乳中が娘の絵本タイム。
「なんにしよっかな〜」と考えてる娘に
「『ちょっとだけ』にしようか」と言ったら
首を横に振られてしまいます。

私が泣いたばっかりに読まれないこの絵本。
私は大切にしたい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 満足です  掲載日:2012/5/22
こどもMOE vol.2
こどもMOE vol.2 出版社: 白泉社
子育てしながら読むには活字も多くなく良かったです。

何より今回の付録の絵本。
2歳の娘が気に入って声を出して笑います。
子供と一緒に絵本のお菓子が作れればと思って購入しましたが、絵本のおかげで「今度おかあしゃんと一緒にパンちゅくろうね〜」と言われました。
参考になりました。 0人

よいと思わない 2歳から?  掲載日:2012/5/22
ミーちゃん
ミーちゃん 作・絵: オイリ・タンニネン
訳: 渡部翠

出版社: 講談社
表紙の絵がかわいくて手にとりました。

友達のお誕生日会に行くのにおはなを持って出掛けたまではよかったですが、
行く途中に売っていたみみのついたふうせんが欲しくなり、みちで「おはなかわいいね」と声をかけたおじさんに花をうり「おこづかいもらった」とふうせんを買う。
この絵本の対象年齢は2歳からとなってますが、2歳の子に伝えたい内容ではないです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑った  掲載日:2012/5/22
ほげちゃん
ほげちゃん 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
賛否両論ある内容だと思います。
2歳の子供にはまだ読んでませんが私は大爆笑してしまいました。

『おもちゃを大事にしようね』
って言うメッセージより、
ほげちゃんは痛い思いをしたり、ケチャップで汚されたりして「ゆるせない〜」っだった。
でも、みんなにかわいがられてみんなの近くにいたからこそそうなったんだよ。ってことじゃないかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読めば読むほど  掲載日:2012/5/22
おやおや、おやさい
おやおや、おやさい 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
読み聞かせのイベントで出会った一冊。

私が気に入って購入しましたが、娘も気に入ってくれました。
大好きな野菜と言葉遊びのリズムが良かったようです。
マラソン大会を応援する野菜たち一人一人(?)を指差し、
「これなんだ?」と聞いてきます。

マラソンを走る野菜たちもニンニクはきんにくムキムキだったりと、その野菜の特徴をとらえていたりして、読めば読むほど野菜たちの味が出てきて楽しいです。
私は「くだもの、だもの」より、こちらがおススメ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢の話  掲載日:2012/5/22
スイスイスイーツ
スイスイスイーツ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: 教育画劇
内容的にはもっと年齢が上の子向けである内容ですが、食べ物大好きな娘は、初めて読んだその日から大のお気に入り。2歳4ヶ月にして出てくるスイーツの名前をすべて覚えてしまっています。
突然「パネトーネ」とか言い出すから驚きます。

1ヶ月以上毎日1回は「読んで」と持ってきます。

大きくなったら世界中のスイーツの食べ歩きに行きたいと言う夢のお話。
娘は夜中に突然むくっと起きて「シュイシュイシュイーツ」と言ってパタンと寝たことがありました。まだ起きていた私たち夫婦は大笑い。娘の夢の内容はどんなんだったんだろう?

娘とは長いおつきあいになりそうな絵本です。
参考になりました。 0人

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット