庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3911件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい みんなで 楽しくペンギンたいそう  掲載日:2016/8/25
ペンギンたいそう
ペンギンたいそう 作: 齋藤 槙
出版社: 福音館書店
水族館の人気者のペンギン

ぺんぎんたいそう はじめるよ    いきを すって〜
はいて〜   なんだか かわいすぎて  ニンマリです
子ども達といっしょに くびをのばして ちぢめて〜
うでふって ぱたぱた ぱたぱた  子ども達がやってくれると すごくかわいいんです
あいさげて   ほんとに いっしょにたのしめる 傑作 赤ちゃん絵本ですよ!

水族館でペンギンを見たくなりました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とこちゃんはひとり?  みんなどもだちだいすき  掲載日:2016/8/24
だいすき!
だいすき! 作・絵: さこ ももみ
出版社: 岩崎書店
とこちゃんが 窓からみんなを見ているんです
なんだか 羨ましそうな顔です   
動物たちが みんな仲良しそうに歩いています
ぶたさんと ねこさんが すきすき  ぶうぶう にゃあにゃあ 言葉あそびも リズミカル 
やぎさんと いぬさんは ごっつんこ なきだします
めえめえ わんわん めえ わーん
たぬきと ハチのにらめっこ コンビがおもしろい   
あひると かえるは おなかをかかえて おおわらい   
こんな動物たちは みんな仲良し  でも・・・・・とこちゃんは ひとり?
このお話の展開がちょっと さびしいかな〜   動物との交流があっても楽しいのに、
でもラストは パパとママに だいすきだいすき チュウチュウのチュー
愛情いっぱいで 安心できました
ちょっと どうぶつたちとの交流がほしかったですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 傑作 どうぶつ鳴き声 たのしめる!  掲載日:2016/8/24
わんわん わんわん
わんわん わんわん 作・絵: 高畠 純
出版社: 理論社
わんわん わんわん イヌ  ニャーゴ  ネコ どちらも違う方向向いていて  二匹の関わりがないような 
でも鳴き声で 会話が弾んでいるようで  楽しい
みんなが 同じ方向むいていて   鳴き声は すごく小さな声です
ぞうさんと ゴリラが出てきて  最高

高畠さんの ユニークさが いいですね〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表紙のとうめいに引きつけられるんです  掲載日:2016/8/24
おしっこってなあに?
おしっこってなあに? 作: 山脇 恭
絵: すがわらけいこ

出版社: フレーベル館
トイレトレーニング   
2歳くらいになると おむつから パンツに  ママは早くおしっこが言えるようになればいいと思っています
ゆうきくんもママから おむつやめて、パンツはくと言われたらやっぱり  うれしいものですね  ゆうきくんは 自分でトイレに行って 「おしっこ!」感動ですね  子どもって すごくい。
 自分がお兄ちゃん お姉ちゃんになるが嬉しいのです!

カーテンの中から出てきた カエルのひゅるるん   
ゆうきくんのおしっこがうらやましいんですよね
あれあれ  ふとんは オレンジジュースのおしっこが 
ママは なかなか おおらか  
こんなトイレトレーニング  親子で楽しめたら 最高ですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな、戦争は二度と起こしてはなりません!  掲載日:2016/8/24
おじいちゃん、戦争の話を聞かせてください。 五年一組 八木 湧太郎
おじいちゃん、戦争の話を聞かせてください。 五年一組 八木 湧太郎 著: 八木湧太郎
出版社: ぐんBOOKS
大正9年生まれのおじいちゃんは戦争に行き フィリピンで大変な生活をしたのです
私の父は大正7年生まれでやはり戦争に行きました 
父は幸いな事に車の免許があり 気象情報を連絡する部隊にいたのです もちろん 大変な思いもしたと思いますが   戦争から帰ってきて 私たち兄妹が生まれました
この本のおじいさんは 1945年8月15日に日本は戦争に負けて降伏したこともしらずに フィリピンで食べるものもなく ゴキブリやカエルヘビなどを食べて 生きていたなんて  今の時代では 考えられないような生活です。
 かろうじて 生きていて 800人いた日本兵で日本に帰れたのはたったの6人  奇跡的な生還です(しかも 終戦の年の11月頃日本にかえったのです。戦争が終わったことを知らずにいたのですね  )

戦争は国と国が争い 殺し合うのです。恐ろしいことです
 
当時のことを5年生の孫の湧太郎くんに こんなにも詳しく 自分の体験を語ったおじいちゃんはすごい人だと涙が出ました

話を聞いた 孫の湧太郎くんも すごいなあ〜と思いました

戦争は二度と起こしてはなりません!  体験者がどんどん死んでいく今 私たちは その声を聞くことができるならば 是非とも聞いて これからの地球上で 戦争がどれほどむごいかを   語り継いでいかなければと思いました

近頃私の住んでいる町の小学校では、 夏休みの平和学習がないと聞き えっ?なぜ?なくなったの?
 我が子が小学生の時は 夏休みの8月6日は 平和を学ぶために学校へ行きました。
戦争のことはいろんな形で 私たちも 子ども達も学び 戦争を起こさない世界を作っていかなければなりません

この本を読んで 本当に むごい戦争を改めて学ばされました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あの日のことだけは 死ぬまで体からでていかんです  掲載日:2016/8/24
ヒロシマに原爆がおとされたとき
ヒロシマに原爆がおとされたとき 作: 大道あや
出版社: ポプラ社
戦後71年  
8月6日・9日に広島・長崎に投下された原子爆弾
大道あやさんは 実際  原爆が落とされたとき シーツを干していたのです
恐ろしい 原爆はたくさんの人を殺しました
大道あやさんは たまたま 指をやけどしただけでしたが 周りには死んだ人がいっぱいで恐ろしい光景を この絵本に書いて私たちに 伝えて下さいました
地獄のような光景だったのですが CDを聞いていると 生きていくために食べるために必死で  死人がごろごろいる中で おしっこをしたはなしや     この光景を見ていると 怖いという感覚もなくなってしまうような状況だったこと 

爆心地の広島原爆ドームのことも いろいろ 映像で見たり話を聞くのですが  生き地獄だったと語られています
お兄さんの丸木位里さんは 妻の丸木俊さんと 絵を描かれていますが
大道あやさんのこの絵本とCDは 初めてでした

今なお原子爆弾をアメリカやロシヤ中国などが保有していますが
二度と戦争を起こしてはならない
核保有国に 核廃絶をしてほしいと思います 
こんな体験は二度としてはいけないと 大道さんは訴えておられます

先人達の生の声を聞きしっかり受け止めて これから世界が戦争を起こさないように みんなが行動しなくてはならないと思いました

戦争法案が日本でも強行採決されてしまいましたが・・・・

世界から争いのない地球を未来にな残さなくてはなりません
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい心で 親切にすること 良いことですね  掲載日:2016/8/24
くつやのドラテフカ
くつやのドラテフカ 文: ヤニーナ・ボラジンスカ
訳: 足達 和子

出版社: 福音館書店
ポーランドの昔話です
くつやのドラテフカは 古靴を直して生活しています  貧しい生活ですが 心優しい青年なのですね
アリづかがけちらかされてるのをみて、直してあげたら、女王アリがおれいにくるのです
ハチにも、ノガモにも親切にしてあげ   やって来たのはお城 お姫様が魔法使いに捕まえられていました
魔法使いの難題を ドラテフカはひょうひょうと解いていくのですが、アリ、ハチ、ノガモたちに助けてもらうのです
のんきそうでいて 優しい心の持ち主のドラテフカは とうとうお姫様を助けて 結婚し幸せをつかむという お話しです
絵がかわいらしいのです
子ども達にもお薦めの絵本です

昔話は私たちに 生き方を示してくれているのですね
親切心 知恵 勇気を持って 真面目に生きていくことが 幸せをつかむのだと・・・・・  現実はこう簡単ではありませんが 昔話のおもしろさに浸れました
このお話は 語りでしてもおもしろいな〜  
覚えられたら いつか してみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かいぶつのおとしもの? えっ?だれ?  掲載日:2016/8/24
しんくんとのんちゃんかいぶつのおとしもの
しんくんとのんちゃんかいぶつのおとしもの 作・絵: とりごえ まり
出版社: アリス館
しんくんとのんちゃんは仲良し 森を散歩していると ドングリがおちていました
そして 見つけた物は おおきなてぶくろ しんくんの想像力は怖くて・・・・
でものんちゃんの想像は 前向きです 
二人の性格の違いがおもしろい 
いろいろ 想像をふくらませながら 落としたのはだれ?   くまさんの親子がおとしたなんて   お話しを楽しみながら 子ども達が楽しめる展開です
のんちゃんも強気な女の子なのに 最後に おばけのこと考えるなんてやっぱり かわいい 女の子なんですね  ふふふ・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しずけさ求め 旅にでかけて 気がついた幸せの音  掲載日:2016/8/19
たびにでた ファルガさん
たびにでた ファルガさん 文: チトラ・サウンダー
絵: カニカ・ナイル
訳: 長谷川 義史

出版社: 光村教育図書
インドのお話しです
ファルガさんは 自分の農場のニワトリや牛 犬 アヒル達の声がうるさくて・・・・静けさを求めるたびに出かけたのですが・・・・
旅の途中で おじいさんに 荷車に乗せてほしいと頼まれて 気持ちよく乗せてあげるんです
ダム ダム ダム 太鼓をたたいて歌を歌うおじいさん 陽気にね
ファルガさんも つられて歌う
次に 蛇遣いものせて  踊り子達も乗せてあげて 気のいいファルガさん   みんなといっしょに 陽気の歌うのです
みんなが荷車から降りるとやっと静かに・・・・ところが
コロコロ コオロギや帰るや 風の音  木の葉のおとトカゲの足の音 鳥の鳴き声    みんなうるさく聞こえるのです

やっと気がついたのは 幸せの音だと気づくのです
我が家へ帰るファルガさん 
なんとも 幸せの音を見つけるたびだったのですね
ファルガさん  おとぼけ話ですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宇宙をのみこんでしまうあおむしくんの不思議な話し  掲載日:2016/8/19
くいしんぼうのあおむしくん
くいしんぼうのあおむしくん 作: 槙 ひろし
絵: 前川 欣三

出版社: 福音館書店
まさおくんの ぼうしに穴が空いています   青い穴です
なんとそれは くいしんぼうのあおむしくんだったのです
本当に食いしん坊で どんどん大きくなって お腹をすかしているあおむしくんは、ゴミを食べてくれるところまでは良かったのですが・・・・
なんと なんと パパもママも みんな食べてしまうなんて

まさおくんは あおむしくんに パパとママを返してと言うのですが・・・・
それどころか くいしんぼうのあおむしくんは 町全体をすべて食べてしまうのです

これは SFのようです    
うみも 大型船も     そして 工場の煙もすべてを食べてくれたのです
すべてを食べ尽くして まさおひとり取り残されるのです

そして ともだちのまさおも飲み込んでしまうんです

まさおは 飲み込まれて自分が見たものは   この不思議なお話

お腹の中に飲み込まれてみたものは  宇宙そのものを飲み込んでしまうかね

はらぺこあおむしくんの不思議なお話でした
参考になりました。 0人

3911件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

3作それぞれに違ったしかけがあるんです

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
サイン本販売中