えんそく くろくま えんそく くろくま えんそく くろくまの試し読みができます!
作: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
おべんとう もって えんそくへ! どんな 出会いが あるのかな?
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

えんそく
くろくまちゃんシリーズ大好きです。愛く…

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3078件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ハイネが絵の中で出会った不思議  掲載日:2014/9/20
七ひきのぶたのバラード
七ひきのぶたのバラード 作: ヘルメ・ハイネ
絵: おおしまかおり

出版社: 佑学社
七ひきの ぶたのバラード   ヘルメ・ハイネの夢の世界ですかね

森の絵の中に 七ひきのぶたは走り回って遊びまわっている この発想がおもしろいです
キャンバスの中に入るというのも ハイネの夢かもしれませんね

森ばんをかいて てっぽうで いち に さん し ご ろく なな 
七ひきのぶたは おだぶつ

なんともおもしろいんです
そして ぶたの丸焼き    
ハイネは ぶたを美味しそうに食べています

でも・・・ぶたを食べた後  かわいそうなことをしたとねむれない
良心の呵責かな?
 
夢だったのかな?
ハイネのちかい 絶対に 絵にブタを描かないぞ!

なんだか笑えてきます   
このおはなし バラードなんですって・・ 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う もりのおまつりのは太鼓が一番です  掲載日:2014/9/20
どん!
どん! 作: 西村 敏雄
出版社: 金の星社
和太鼓の響きがいいですね〜
ずーんとおなかに響く太鼓の演奏スキです

たいこのどんとちゃんがお出かけ でも・・・川を泳いで渡るのはちょっと 太鼓の音が台無しになりますよ!
太鼓の皮は水の塗れたらダメですよ!

やぎの食堂で天丼 カツ丼 親子丼 どーん わあ! たくさん食べるね〜

お話の展開 バナナの皮をふんで  つる〜ん  どん!でん!がえし!
オチの森のお祭りに間に合いましたね〜

太鼓の どんちゃんのでばんですね〜

おまつりには 太鼓は欠かせませんよ  がんばれ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ヘルメ・ハイネの世界がおもしろい!  掲載日:2014/9/20
ぼくらさんびきぼうけんたい
ぼくらさんびきぼうけんたい 作・絵: ヘルメ・ハイネ
訳: 平野 卿子

出版社: 小学館
ヘルメ・ハイネの世界です
絵もそれぞれの表情があっておもしろいのです

こんなはじまりです・・・
めんどりはせっせと たまごをうむ
おんどりのフランツはせっせと たまごをはこぶ「だって、ぼく たまごなんかうめないもん。」
ぶたのバルデマール
ネコのレオのねずみ取りはユニークでおもしろいな〜
主人公はねずみのジョニーです

三匹の主人公の紹介の仕方が おもしろいのです。

三びきのぼうけんのはじまり〜

冒険もたのしい

危険なめにあうんですが・・・
ああ〜コックに食べられそう ・・・自転車盗まれ砂漠まで追っかけられて
結末が笑えます

ぞうのジャンボに乗せてもらって 助かりました
 
ヘルメ・ハイネの絵はすばらしいな〜

冒険のたびはまだまだ続く  自転車が空に飛んでいくんですもの
どんなお話しが待っているか ワクワクします
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは いいなあ! どうぶつ図鑑  掲載日:2014/9/20
ひらがなどうぶつ
ひらがなどうぶつ 作: 岩合光昭・写真
出版社: 東京書籍
岩合さんの写真はすばらしい
エリマキトカゲ 迫力満点!

キリンもぞうも 親子でかわいい!
あいうえおの文字の勉強にもなっていて  しかも動物たちが生き生きとしているんです
さるのおかあさんの厳しい顔こざるの安心した顔 母と子の絆がいいです

ワニの迫力もすばらしい!
を  岩合さんを取ったのは誰ですか
ねこずきの彼の テレビも見ていますが 愛情がにじみ出ていいですね

みんなみんな 生きている  動物たちが生かされていて
ひらがなと結びつけたのも いいですね

すばらしい!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はーい!  みんな 元気いっぱいで〜す   掲載日:2014/9/20
またまたはーい!
またまたはーい! 作: みやにし たつや
出版社: アリス館
子ども達 自分の名前呼ばれたら 「はーい!」って返事してくれます

そんな子ども達が 共感できるはーい!
ねずみさんの返事も なかなか おもしろい
一番迫力があったのは くじゃくさん

みんなの顔も ニコニコしながら はーいです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なるほど もんが作ったもの 大切ですね!  掲載日:2014/9/20
のねずみもんのつくったものは
のねずみもんのつくったものは 作・絵: 山崎香文子
出版社: 福音館書店
引っ越してきたばかりで友達がいない のねずみの もん
遊んでくれる友達がほしくて ・・・・・
そうね ひとりぽっちは淋しいものね
そんな時であった  あなぐまのおじさん 木彫りが上手
「友達の木彫りがほしい」というのですが・・・
自分で作るように言われて  もんはがんばりますが・・・
手伝ってくれた りすくん きつつきさん  みんなで一生懸命作ろうとするのですが、小さい彫刻でした
でも もんには大切な友達ができたのです
もんにとっては 最高ですね!

版画もすばらしいのですが  お話しも なかなかいいお話しでしたよ
山崎さんは彫刻なかなかステキデス!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛情がうまれて  掲載日:2014/9/20
じろきちおおかみ
じろきちおおかみ 作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 岩崎書店
創作の昔話ですね
女の子が泣いているのを助けた オオカミのじろきち
子守歌を歌っておんぶして帰ったんです
まんさくとっつぁんがうしなんですが・・・・  なんでかな?

包丁をといで女の子をたべようとしたじろきちに とっつぁんは
大きく育ててくったほうがいいといったのです
「三年育てて 大きくしてたらふく くっちまうほうがいいと 」 
しかし・・・ 女の子につきっきりで世話しているうちに・・・・

愛情も出てきて  女の子が危険にさらされると 守るんです

女の子もなついているんですね
   
冬たべものがなくなって 女の子をたべようという とっつぁん
でも このとき じろきちは 女の子を育てた父親のような愛情が生まれていたのですね

オチ 「おれもおおかみにしちゃ まぬけだなあ・・・」
そうわかっていても     深い愛情にはかてませんね
この後おおかみはどうするのかな オオカミに育てられた子どものお話しが思い出されました

矢玉さんの版画も味がありました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな友情があったらいいな〜  掲載日:2014/9/18
オオカミクン
オオカミクン 作: グレゴワール・ソロタレフ
訳: ほりうち もみこ

出版社: ポプラ社
一度もおおかみをみたことがない うさぎ
一度もうさぎをみたことがない  おおかみ
知らないということは 相手がどんな存在か分からないから 真っ白なじょうたいなんでしょうかね

二人が出会って おおかみのおじさんがしんだので山に埋めに行くのを手伝ううさぎくん
おもしろい展開ですね〜
絵本のインパクトのあること 色鮮やかなカラーで構成されています

二人は友達になるのです  こんな友達関係のお話し いいな〜

おおかみがこわ〜い ごっこ(こんなごっこがあるんだ)

ほんとに こわ〜い おおかみの赤いくち
うさぎのトムは こわい夢をみるのです

おおかみは うさぎのトムに 拒否されて 仕方なく他のうさぎの友達さがしにいくのです・・・

しかしおおかみやまでオオカミがこわい体験をするのです

このお話しのオオカミクンはほんとうに 優しい オオカクンですね〜
こんな友情もいいですね〜  ほんわかしたおはなしでした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい サカサかぞく  ラブコメデーですね  掲載日:2014/9/18
サカサかぞくの だんなキスがスキなんだ
サカサかぞくの だんなキスがスキなんだ 作・絵: 宮西 達也
出版社: ほるぷ出版
宇宙の サカサかぞく 
子どもが8人ですね ロケットにのっての楽しさと回文が楽しめて 宮西さんの頭が柔軟なだけでなく 17人の回文を掲載したひとがいたんですね
その中にぼのさんがいた すごいね〜

みんな宮西さんに協力した人たちなんですね
子ども達もいたのでしょうかね?

きっと子ども達は頭が柔軟だからおもしろい回文 考えてくれそうに思いました
それにしても タイトルのようにだんなキスがスキなんだと言うのが ラブラブでいいですね〜
イカやタコの表情もなかなかおもしろくて 楽しめました

パパのタイツもかわいい! 
おもしろかったで〜す

第二弾  今度はどんなおはなしかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハルナさんのクッキーおいしそう!   掲載日:2014/9/18
そらからきたボーボ
そらからきたボーボ 作: わたり むつこ
絵: ましま せつこ

出版社: PHP研究所
わたりむつこさんのお話しは 優しいですね

いちごばたけのちいさなおばあさんのおはなしもスキです

ハルナさんはのっぽすぎの山の上にすんでいて ハルナのクッキーやさんを開きましたが・・・ だれもお客さんがきてくれません
そんな時 空からシロクマが落ちてきました  ボーボは美味しいクッキーを食べて お手伝い 
そして お客さんを呼ぶアイデア   雲のように「ハルナのクッキーヤさん・・・・」とかくと 町からお客さんがたくさんやってきました
ボーボもお手伝い
でも・・・・赤いスケート靴をサンタさんに返さなくてはならなくて・・・帰ることになりました
淋しい別れです(二人はいいお友だちだったのに・・・・)
でも・・・ 北極のボーボからお手紙がきたのです
ハルナさんよかったね

やさしいお話しです
参考になりました。 0人

3078件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中