おとこのこトイレ おとこのこトイレ
監修: 江東区南砂さくら保育園 絵: jinco  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
パパ!ママ!必見♪【おむつはずし】の悩みをこの1冊で全て解決します!「おんなのこトイレ」も絶賛発売中。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

2995件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 美味しそう やきりんご!  掲載日:2014/7/29
ベルとブゥ おいしい いちにち
ベルとブゥ おいしい いちにち 作: マンディ・サトクリフ
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
なかよしのうさぎのブゥとベル

二人の住んでいる家 夢があって 木の上の家なんか あこがれます
自然の中でこんなふうに 豊かに暮らせたら理想です!
ウサギのブゥは食べ物このみがあって・・・ 好き嫌いもあります
人参は大好きなんですね やはり ウサギですからね

ベルが作った焼きリンゴ美味しそう!
でもブゥはベルに「むりに食べなくて良いのよなんて言われて
ライオンニ変装してくるところかわいい
ブゥは焼きリンゴもスープも好きになりましたね

仲良しの二人の会話がなかなかかわいい〜
絵もかわいいですねぇ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にんぎょうげき 荒井良二さんの世界ですね  掲載日:2014/7/29
おばけのブルブル
おばけのブルブル 作・絵: 荒井 良二
出版社: 講談社
おくびょうそうなおばけのブルブル 
ほかのおばけはヘンシンして 人間の世界へ遊びに行きました
ブルブルは羨ましそう〜

そこへやってきたのが スナオナオっていうおんなのこのおばけ
ブルブルがヘンシンしたのは絵を書く筆
なんと有名人になるのです

そこからがおもしろい 人間の世界は忙しすぎる
 
これは荒井良二さんのせかいだな〜(絵は独特ですね〜)
でもなかなかおもしろいお話しでした

スナオナオトブルブルは仲良く このままの おばけがいいと良いところで幕が閉じます

人形劇おしまい   「パチパチパチ・・・ 」
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とんちの一休さんの生き様がよく分かりました  掲載日:2014/7/27
一休
一休 作: 西本 鶏介
絵: 福田 岩緒

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
私が住む京都  京田辺市にある一休(酬恩庵)へはよく訪れます
一休さんのとんちばなしは みんなによく知られていて 語り継がれています   この絵本は 西本鶏介さんは一休さんの歴史も書かれていて
後書きには実在の一休さんさんがどういう人物であったかがよくわかりました
庶民にたいして優しく 知識を持っていても高慢な生活を送って 権力と結びついている庶民の味方でない僧侶は 本物の仏教とではないと行っています

もちろん こどもが好きな一休さんのとんち話はおもしろくて 子ども達にもおすすめです

人物を知ることは大事なことだと思いました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 無償の愛   時間の流の中で・・・・  掲載日:2014/7/27
おおきな木
おおきな木 作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: 村上 春樹

出版社: あすなろ書房
静かに 読む本です
少年の頃から木は少年の事が大好きでした
少年も大好きでした  子どもの頃は木登りしたり 木のした出遊んだり リンゴを食べたり

そして時が流れて・・・
少年は大きくなり彼女が出来ました
少年はお金が必要になり リンゴのみを売ってお金を作ります
木は少年に無償の愛を注ぎ続けたのですね。 
年月がたち  家が必要になった少年に 
そして 年老いたおじいさんになった少年は  切り株にもどってきて腰掛けるのです・・・・

木は少年の母親のような無償の愛を注ぎますが・・・・
年老いた少年は木のもとへもどってきたのですね

もどれる場所がある これは 人間にとってこのうえない幸せなことですよね
木は母のような存在だったのですね
今回読んだのは、村上春樹さんの訳ですが・・・・

もう一つの翻訳の本も是非読んでみたいです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユニークな数の絵本  掲載日:2014/7/27
123のえほん
123のえほん 作: サイモン・バシャー
訳: 灰島 かり

出版社: 玉川大学出版部
子ども達に数の絵本を届けるとき いろんな絵本での届け方がありますがこの絵本はなかなか  絵もおもしろいし ユニークな動物たちです
よん(し) 4ひひきのカエル あなのあいた ソックスがお気に入りとは 笑えます カラフルな靴下はいてる

ペンギンがジェリーをビーンズを食べるのも 日本では考えられないです
9(く) てんとうむしが スケボーこんな表現もなかなかおもしろいな〜

20の絵は クモの子ども  絵がやっぱり おもしろい
クモの巣にベットとは お話しがおもしろいんです

こんな絵を見なが 楽しめたら いいですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 五味さんのかずの絵本はすぐれもの!  掲載日:2014/7/27
かずのえほん 1・2・3
かずのえほん 1・2・3 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
子どもにかずの絵本を読んであげるのですが・・・・・・

五味さんの絵本は
クイズも出来るし   数の概念を教えるのにとてもおもしろくて
なかなかの優れものです
ものを分けることも 数の概念の中にはだいじですね
5のドーナツのところは 頭を使ってわける
私たちが子どもの頃 兄弟5人でオヤツを分けるとき 子どもなりにいろいろ工夫して考えたのを懐かしく思い出します

一人っ子ではなかなかそういう経験がないのですが集団の中にいて子ども同士で考えることは大きくなって役に立つと思います
周りを見る  全体のことを見通せることが大事だと この絵本を読んで思いました

是非皆さんにお勧めの絵本です!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親子で楽しめる数の絵本ですね  掲載日:2014/7/22
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
子ども達はゾウの家族と一緒に楽しく数の絵本を楽しめますね
コローロ  1  おおきないちご 
ホークを鼻にもってる
絵がとってもシンプルでかわいい!

しいていうならば もうちょっと コローロ家族にドラマがあってお話しがあれば・・・・
 かずを楽しむだけでなく くふうがほしいな〜!

そしたら 数を楽しむのも ワクワクするからね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だじゃれ 笑える〜 オリンピックがおもしろい  掲載日:2014/7/18
だじゃれオリンピック
だじゃれオリンピック 文: 中川 ひろたか
絵: 高畠 純

出版社: 絵本館
これは 子ども達と楽しみたいだじゃれのオリンピックですね
テニス てにお酢をかけて だじゃれのおもしろさが 小学生に読んであげたいですね
いろんな
でんしょばと   なげやり   なかなか分かりやすくていい 
だじゃれとオリンピックを結びつけたのがアイデアですね

さ〜ぶ   ふるえてるなあ。

他のだじゃれシリーズ読んでみま〜す
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなを見守ってくれる 家の神様に出会ったんだ  掲載日:2014/7/18
いえのなかの かみさま
いえのなかの かみさま 文: もとした いづみ
絵: 早川 純子

出版社: 光村教育図書
確かに日本人は家に神棚と 仏壇があって 手を合わせますね

我が家にはないのですが、実家にはあります
家に行ったらまず 仏様に手を合わせます
コレは私の週間ですが・・・・
この絵本のともきくんは親戚の大きな家で 家の神様に出会うのですね

都会の子はなかなかこういう経験がないから おもしろいえほんだな〜と思いました

だんだん薄れていくと言いつつも 初詣には神社へお参りに行きますし
法事にはお寺に行きますし お坊さんのお経 
京都にはいろんなお寺や神社仏閣があります
ちなみに今日は祇園祭の山鉾巡行でした
厄をはらうという昔の祭が言い伝えられています

このお話は家の神様にであって・・・ 倉の中に入ったり家の神様おもしろかったです  

子ども達はどう感じてくれるかな?
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う パパがんばる!娘と二人のキャンプちょっと淋しい  掲載日:2014/7/17
パパとあたしのキャンプ
パパとあたしのキャンプ 作・絵: 鈴木 永子
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
夏はキャンプが楽しいですね!
パパは慣れた手つきでおにぎり作って 二人でキャンプに行きました
イヌも一緒 テント貼って眠るのって ゆめがあるね〜
キャンプファイアー  
パパと二人のキャンプファイアーですが・・・ 楽しいけれど ちょっとさびしいな〜
ママもいてほしかったし〜  キャンプは 近所の家族も一緒に大勢で行けたらパパももっと楽しめたでしょうね
ビール飲んで良い気分楽しめたり会話も楽しめたのにね

でも・・・パパと二人のキャンプはあこちゃんにとって大切な思い出となるでしょうね!

パパごくろうさま  良いパパですね〜
参考になりました。 0人

2995件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中