はなび ドーン はなび ドーン はなび ドーンの試し読みができます!
作: カズコ・G・ストーン  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
夏にぴったり!あかちゃんの大好きな、いろ・おと・かたち。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3095件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい なるほどオチにヒ ミ ツ 有り!   掲載日:2014/10/26
透明人間
透明人間 作: 佐藤 チョコレート
出版社: 新風舎
「コンバンワ ワンバンコ
ぼくの住んでいる町に大金持ちのハザマさんという人がいました
どうしてハザマさんは何もしないのに大金持ちになるのか?
そのヒ ミ ツを探りにいくのです
なかなかおもしろい童話?です
そこには 透明人間がいて・・・・・
ワンバンコのヒ ミ ツを知ることが出来たのです
なんと ハザマさんには透明人間のお友だちがいたのです
みなさんも透明人間とお友だちになりたければ勉強であれ 趣味であれ自分の本当に好きなことをトコトンやって下さい。
よく澄んだ心の瞳と心の耳には 彼らの姿泣き姿と声なき声がきっと感じられるでしょう・
 
21世紀はバラ色です!

おもしろいお話しに 引き込まれました
おすすめです
ところで佐藤チョコレートさんてどんな人かしら?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シェフの優しさ すごい!  掲載日:2014/10/26
スパゲッティのぼうけん
スパゲッティのぼうけん 作: クレーン謙
出版社: 絵本塾出版
図書館司書さんにおすすめされた絵本です
なんと スパゲッティはテレビを見て 世界を知りたい。 旅に出たいと思ったのです
シェフは、始めはとまどいましたが・・・・・ 「知らない国を見るのも勉強になるだろう」と笑顔で送り出すのです
なんて 寛大なシェフなのでしょう!  優しいなあ〜

スパゲッティの姿が なんと 洒落ていて おもしろい絵の描き方
地球は丸い そんな 海の描き方がおもしろいなあ〜

いろんな経験をするのです
世界は広いな〜   
靴ひもになったり   蕎麦募集に履歴書書いて流ところはリアルでおもしろいなあ
好きな食べ物 スイカとは おもしろい

蕎麦  「なんや このショバは?」 めちゃくちゃ笑えました
絵がおもしろいのです
そして やっぱり シェフのもとへ 「よかったね!」
「フイットチーネ」どんな味かしら?   クリームソースの美味しいスパゲッティにヘンシン  
シェフに感謝ですね
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う お月様が好きな子ども心に ホロリ・・  掲載日:2014/10/26
おつきさまがとけちゃった
おつきさまがとけちゃった 作: 齋藤 清美
絵: 原 恵美子

出版社:
ヒロくんはおつきさまがだいすきです
毎晩寝るときに窓からお月様をみて「おやすみなさい」と言って眠るのです(すごく、ロマンがありまsy
そんなあるばんに近くの家が火事に  さあ大変!

お母さんとヒロくんと妹は逃げる準備を   火事でお月様がとけてしまったと泣くヒロくん  なんて純粋なヒロくんなのでしょう

こんな子ども心を大事にしたいですね!

おかあさんもお父さんの子どもへの配慮が良いですね
子どもを大事に育てているお母さん達   親はこうでなくっちゃね
8月の十五夜さまに おだんご作ってお月様にお願い事をします」

子どもの純粋な心を大切にしたいですね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アメーバー? 形をかえれるおばけだよ  掲載日:2014/10/26
紙芝居 おばけのアメーバー
紙芝居 おばけのアメーバー 作画: 北山 葉子
出版社: 教育画劇
アメーバーのおばけ? こわくなんかないし 
小さい子ども達も 参加できる紙芝居です

お話し会でしました

アメーバーがドンドンのびてヘンシン 
あれ なにかな? 子ども達の声  あれ? ぞうかとおもったら イヌ?
「ちょっと  ちがったね」
こんな意表をつくところが おもしろいのですね
何度も見たら子どもから 答えを言われそうですが・・・・

おばけっていうと こわいのですが こんなアメーバーのおばけもおもしろいです
みんなで楽しめる、紙芝居でしたよ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい! お茶会ですね 笑えました  掲載日:2014/10/26
変なお茶会
変なお茶会 作: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館
佐々木マキさんは 発想がおもしろい
レトロな感じで 一年ぶりの再会を楽しンで集まる人たちがおのしろい乗り物で集まってくるところ  おもしろくて 笑えます

電気自転車(自転車こがなくてもいいのね)
あっ! 飛行機がこわれた 自慢の飛行機のはずが でもやぎに乗り継ぐところはさすが
世界中からいろんな人が集まり  年に一度をみんなが楽しみにしているのがよく分かります

そして ラストの 天然のココアが岩山からわくなんて  すごい!

ブラボー!  そのココアのおいしかったこと
だから みんなが楽しみにして 集まるのですね
みなさん お達者でと分かれるところも 幸せいっぱいが伝わります

 おいしそう! 飲んでみたいな〜
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パパは優しくがんばっている  掲載日:2014/10/26
パパはウルトラセブン
パパはウルトラセブン 作・絵: 宮西 達也
出版社: 学研
パパはママや子ども達のためにがんばっている様子がいじらしいです

子どもの前では 「やさしいひとになるんだよ」「やさしさはたいせつだよ」と子どもに教えている
ママには頭が上がらないようですが・・・・
でも子どもが悪い子としたら ちゃんと叱る 子育ての基本ですね
ウルトラマンパパ
でもいろんな大変なこともあって闘っています
嘘が大嫌いで 人を騙すことは許せない
パパの手本ですね

ラストのまもらなくては いけないひとがいるから がんばれる

ちょっとじーんときますね

みやにしさんの生き方が現れた シリーズですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけが嫌いなレイがであったシェイク?  掲載日:2014/10/20
ハロウィンドキドキおばけの日!
ハロウィンドキドキおばけの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
ハロウィンは今まで日本ではなじみがなかっやンですけれど、最近はどこでもカボチャのハロウィーンがお店で人気です

このお話のレイはおばけが嫌い   でも・・・出会ったのはシェイクというやっぱりおばけが嫌いなおばけ?
 
二人は友達になり 一緒に ジャックオーランタン(カボチャのランタン)
いろいろ ハロウィンを楽しんでいる様子が 微笑ましいです!

ドラキュラの嫌いな十字架にニンニクの臭いでブルードをやっつけたところはゆかいゆかい

こんなハロウィンのお話しもいいですね

いろいろ ハロウィンのことがわかって楽しかったよ 迷信とおまじないなんか おもしろい!

絵もかわいいから 子ども達と楽しめそう
おばけ嫌いな子におすすめですね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パンやさんはとっても魅力的なお仕事ですね  掲載日:2014/10/20
とんとん パンやさん
とんとん パンやさん 作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
パンやさんのブタさん   「とんとん まだですか?」
つぎつぎ お客さんがやってきます。
そのたびにいろんなパンができあがります
何とも夢のあるパンやさんのお仕事ですね

みんなの顔のパンを焼いてくれます
ぶーさんさんは 最高にいいパンやさんですね!
みんなも嬉しいですよね!   
みんな売り切れ  私も食べたくなります

子ども達も目をまん丸にして 自分の好みのパンをねらっています

あら  ねずみさんの家族には大急ぎでやってきました。 
フランスパン ぶーさんの優しさに 心が癒されますね

自分の為にもちゃ〜んと  ぶたパンを作って幸せそうなぶーさん

パンやさんってとっても 夢のあるお仕事ですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱり みんな いっしょが いいねえ!  掲載日:2014/10/19
バナナンばあば
バナナンばあば 作: 林 木林
絵: 西村 敏雄

出版社: 佼成出版社
バナナを毎朝食べてるんで なんだか このバナナのお話し スキになりました
しかも バナばあ ナナばあ ナンばあの三にんはおばあさんのバナナというのがおもしろい
三にんはくっついているの   でも それぞれに 自分の好きなことがあってそれぞれ自己主張して とうとう一本ずつになるんです

ピシ〜〜ン!

それぞれの夢を叶えて  でも・・・・・ 
やっぱり 家にもどってきて 三にんならんで お茶しているんです

一緒のお布団で 三にんがメガネを外して眠っているところはなんともかわいい!

やっぱり みんな いっしょが いいねえ   
オチに ホッコリ 

また明日もバナナを頂きま〜す 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サーカスのライオンの命  掲載日:2014/10/19
サーカスのライオン
サーカスのライオン 作: 川村 たかし
絵: 斎藤 博之

出版社: ポプラ社
1972年に出版されたお話しです
サーサス   私が子どもの頃木下サーカスを見に行って感動しました
ピエロの印象  空中ブランコのハラハラドキドキ
バイクのショウ
ライオンやゾウのショウもすごく印象に残っています

ライオンのじんざと男の子の友情が心に残るお話しです
年老いたじんざは男の子から元気をもらい 若いときのように火のわをくぐろうと思うのですが・・・・

男の子のアパートが火事 
じんざは男の子の命を助けるため自分の命と引き替えたのですね

じんざの生き様  
人を助け 自分の命を捧げる    
こういう生き方 すごいですね  なかなかできるものではないですよね

男の子はじんざが命をもらたのですね

ちょっと 切ない かなしいお話しでした

教科書に出てくる本とありましたが  子ども達はこのお話しをどのように受け止めてくれるのでしょうかね?

それぞれの受け止め方があると思います
参考になりました。 0人

3095件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中