おおきいツリー ちいさいツリー おおきいツリー ちいさいツリー
作・絵: ロバート・バリー 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ツリーがみんなの家に幸せをはこんでくれる温かいおはなし!

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3146件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 不思議な力をもっているな〜  掲載日:2014/12/16
コートニー
コートニー 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ほるぷ出版
子ども達がイヌがほしい選んだイヌは雑種のじいさん犬
お父さん お母さんは 雑種を馬鹿にしているんです  血統書付きのイヌが良いと  追い出したのです。
でも、コートニーは すばらしい力を持つスーパー犬なんです
お料理も赤ちゃんの世話も 家族の為にいろんな事をするんです

こんなイヌがいたらいいな〜
火事のとき 赤ちゃんを助けたコートニーに感謝ですね

でもコートニーは姿を消すのです
お父さんお母さんは 「血統がよくなきゃ、たよりにならない」というのです
どうして こんな ふうにいうのかな〜

大人には 分からないのが ちょっぴり かなしいです

海に家族でいったとき 子ども達の乗っていた舟が お気に流されたとき
不思議な力が働くのです

この力が・・・ 余韻の残る ラストです

「いったいどういうことだったんでしょうね」

家族の幸せを見守ってくれたんですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 亀の甲より年の功とは よくいったものですね  掲載日:2014/12/16
いわんこっちゃない
いわんこっちゃない 作: スギヤマ カナヨ
出版社: 少年写真新聞社
昔から 諺でよく言われていますが
亀の甲より年の功とはよく言ったものですね

おじいちゃんが ぼくに言ってくれた予言があたるんです
おじいちゃんは 「いわんこっちゃない」 こういうのです。
こんなことわたしもよく言われたような気がします・・・・・

まったく おじいちゃんの予言が当たるのはなぜ?

おじいちゃんも 子どもの頃 自分のお父さんやおじいちゃんによく言われていたのです。

子どもの頃の経験ですね  いろいろ失敗したり かなしいことを経験して 身に付いたことを 孫にも伝えているんです
これって すごく 貴重ですね!

核家族で なかなか おじいちゃんのこうした経験を 伝えてもらえる機会が少ないので この男の子は幸せです

転ばぬ先の杖を おじいちゃんは 孫に伝えています

なかなか 良い絵本です
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 王さまライオン  タイトルがいい  掲載日:2014/12/12
ぼくって王さま
ぼくって王さま 作: アンネ・ヴァスコ
絵: 森下 圭子

出版社: 講談社
図書館で目にとまりました

かわいい布絵本  女の子の手に 抱かれた赤いぬいぐるみ
イエロナ 布ぎれと 糸と 綿でできている ぬいぐるみですね
抱っこされるのが 大好きなんだって
それが ちょっとほったらかしにされて 淋しい・・・

王さまライオンになりたくて   大きくなりたい  
そしてドンドン食べて大きくなろうとするの  毛色をたべたり デザインがおもしろく変化していくんです  おもしろい
けむくじゃらは 笑えます   

いろんな 布のデザインが楽しめますね
擬音もおもしろい
オオカミにおそわれそうになって  「きゃあ たすけて、 こわいよー、だっこー!

オチは ホット 安心できるんです   だっこだ だいすき!

赤いぬいぐるみが 絵本の中に飛び込んだのかな

かわいい  ライオンのおはなし絵本でした」
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり ひとりぽっちは淋しいね  掲載日:2014/12/12
サルくんとバナナのゆうえんち
サルくんとバナナのゆうえんち 作・絵: 谷口 智則
出版社: 文溪堂
さるくんは いつもひとりぽっち  楽しくないんです

そんな時 バナナの皮で滑って 穴に落っこち モグラくんにであった

バナナを1本渡したら バナナバイクにのせてもらって
バナナ遊園地へつれてもらったんです
バナナ海賊船 楽しそう  バナナ1本わたした
乗り物に乗るには バナナが1本必要 バナナは1本づつなくなっていくんですが・・・

さるくんは 一人淋しそうな ウサギさんがきになるんです
だって さるくんもひとりぽっちの寂しさ知っているもの

なんと うさぎさんは 海でさめにたべられたんです
さるくんは 助けにいくのです
サメのおなかの中は、おばけやしきだったんです
二人で出口を探して、さるくんがリードしてあげるの さるくんは ウサギサンを助けてあげて 1本のこった バナナを半分こして食べたんだって

よかったね お友だちを見つけられて  ウサギさんも お友だちができて

もう ひとりぽっちじゃないね〜
いい顔している さるくんとウサギさん  ホットします   
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見た目ではないんです 優しい心は  掲載日:2014/12/12
イノザブロウとあたらしいともだち
イノザブロウとあたらしいともだち 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: PHP研究所
いのししのイノサブロウは おっかないかおをしています。
でも・・・・本当はこわがりで 優しいんです
森のみんなは イノサブロウが 強いと思っています

森におばけが出たから助けてほしいと頼まれたのですが・・・・本当は怖くて・・・ オバケをみてこしをぬかすのです

ところが オバケと思っていたのは 怪我をしたコクチョウだったとしり
イノサブロウは怪我の手当をしてあげたいと思うのです

でも・・・・ コクチョウはイノサブロウをみて怖がるのです

見た目ではないけれどもこういうことあるかもね

でも、本気で治してあげたいと思ったのが 伝わって  いろいろ工夫して変装(笑えますが・・・)までして 助けてあげるのです。

とってもおもしろくて やさしいんだと分かってもらえて よかったね!

見た目ではんだんしてはいけませんね

ふくざわさんの絵が優しい顔しているんで、イノサブロウ こわくなかったけれどもね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う めでたし めでたしのアラビアンナイトの話  掲載日:2014/12/12
アリババと40人のとうぞく
アリババと40人のとうぞく 出版社: 小学館
「アラビアンナイト」より 小沢正 文・赤坂三好 絵

「ひらけ、ごま!」
「とじろ、ごま!」  岩を開いている 盗賊達を見た アリババは金貨を盗んで、持ち帰るのです

召使いのマルジャーナ  きれいな顔に描かれていて 悪賢いのかな〜と思いましたが  なかなか忠実で賢い召使いだったのですね

兄さん夫婦はずるがしこくて でもちょと間抜けです

岩をあけるおまじないをわすれて・・・・

めでたし  めでたしのおはなしです

アラビアンナイトの有名なお話しです

赤坂さんの絵が きれいでした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 季節のめぐりと チキンスープ・ライスいりが調和して  掲載日:2014/12/12
チキンス−プ・ライスいり
チキンス−プ・ライスいり 作・絵: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
センダックの絵本楽しんでいます

1月はスケート  おいしそうな チキンスープ・ライスいり  
1くち ススス 
2くち ススス  リズムがあって たのしいな〜
2月 ゆきだるまのお誕生日をおめでとうと祝うの 優しいな〜
おもしろい展開の 3月 5月  
6月のぐったりしたバラにかけるの
さらさら さらさら     発想がおもしろい 7月 8月 9月 リズムが良くて チキンスープ・ライスいりが食べたくなりますね

10月は魔女達の登場 ハロウーンかしら?
11月のくじらはおもしろい  スープを吹き上げるところ 花火のよう
12月ツリーのデコレーションとは
よほどおいしい チキンスープ・ライスいりなんですね
 
はる なつ あき ふゆ  一年中美味しいなんて 最高ですね!

センダックの絵本 すきで〜す
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもの夢の世界と現実をいったりきたり  掲載日:2014/12/12
くつがあったらなにをする?
くつがあったらなにをする? 作: ビアトリス・シェンク・ドゥ・レニエ
絵: モーリス・センダック
訳: いしづ ちひろ

出版社: 福音館書店
男の子と女の子が ちょっぴりふざけて

くつがあったらなにをする 二人のやり取りが子どものイタズラでもありますが
やっぱり 女の子が正当派かな?
二人の想像の世界が 月にまで向かわせるところは おもしろい

子どもの概念は 広がりがあり 豊かで 大人からしたら ふざけているのですが・・・・ やっぱり おもしろいな〜

センダックの絵もたのしい!

そして ・・・・ベットで何をする?  
やっぱり ベットで 静かに眠る しあわせ 
ねむり ホットします

子ども達は いろいろ夢やイタズラの想像を巡らして 大きくなっていきます
そして ねむりの大切さも  感じられました

ナンセンスなおもしろいお話しでした
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不気味なゴブリンが 怖いお話しです  掲載日:2014/12/10
まどのそとの そのまたむこう
まどのそとの そのまたむこう 作・絵: モーリス・センダック
訳: わきあきこ

出版社: 福音館書店
センダックの緻密な絵本です

お話しも 怖い ゴブリン(悪意を持った 精霊 )がのぞいている・・・

パパが舟のお仕事ででかけました
ママはなんという 気の抜けた顔しているの ショックなんでしょうか?
パパのいないときは ママがもっとしっかりがんばってほしいな〜

そのかわりに アイダがしっかりしているというお話しなんですが
なんだか すごく 怖い絵本でした 赤ちゃんをさらっていく ゴブリン
まどから覗いているんです
そして 赤ちゃんをさらっていくのです  恐ろしいおはなしです
実際に赤ちゃん誘拐事件があったそうですが
勇敢な アイダは赤ちゃんを取り戻しに 立ち向かうのです
アイダのしっかりした 目 勇敢な姿 利口さ  

パパはしっかりものの娘アイダに 留守中に 赤ちゃんとママを見守ってと託すのです

ママは 放心状態なのが 心配です 

タイトル 「まどのそとの そのまたむこう」  ゴブリンが窓から覗いているのが不気味です
参考になりました。 0人

ふつうだと思う サンタさんを信じている子には・・・・えっ?  掲載日:2014/12/10
ひゃくおくまんのサンタクロース
ひゃくおくまんのサンタクロース 作: もたい ひろこ
絵: マリカ・マイヤラ

出版社: アノニマ・スタジオ
サンタクロースを信じている子ども達に読んであげたら えっ?
ママや パパが プレゼントくれるの?

子どもはいつかは サンタクロースは 現実のものでなくて・・・・ 親がプレゼントくれていると 知るときがあります

我が家でも 子どもはサンタさんがプレゼントくれると信じて 夢膨らませて喜んでいましたが・・・・
ある時 見つかってしまって・・・ 夢が破れたかな?

ひゃくおくまんのサンタクロース タイトルがおもしろいな〜  試し読みさせてもらいました

子供がドンドン増えて サンタさんがプレゼントを配れないので サンタさんのかずを増やしました
でも・・・・・ サンタさんは どんどん小さくなって プレゼントを運べないなんてちょっと  ここも 夢がないな〜

絵はとってもかわいくて 良いのですが  ちょっと 子どもには読んであげたくないかな?
参考になりました。 0人

3146件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • くるみ割り人形
    くるみ割り人形
    作:ズザンネ・コッペ 絵:リスベート・ツヴェルガー 訳:池田 香代子 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    美しく繊細なイラストレーション音楽と朗読のCD付

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中