あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

4089件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ぼくのシロは 家族の一員  掲載日:2017/1/19
ぼくんちのシロ
ぼくんちのシロ 作: すずきみほ
出版社: 白泉社
ぼくんちのシロとおさんぽ  おやまの 公園まで 
お母さんは商店街でお買い物しながらついてきます 
生活感がある町の様子がいいですね
いろんな人の様子がよく描かれていて 楽しいです

文房具屋のおじさんに ビーフジャーキーもらって  おいしそうにぺろり 
シロの好物なんですね
散歩中、シロが急に 走り出しました 
なぜ?急に走り出したのかな?   それはね 大好物のジャーキーをくれた おじいさんの元へ・・・・・そうだったんだ

家族の一員のシロ みんなに 愛されていますね
シロの顔 かわいい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 相手のことを考えるヒブマの優しさ  掲載日:2017/1/19
ぺっこぺこヒグマ
ぺっこぺこヒグマ 作: ニック・ブランド
訳: あべ 弘士

出版社: クレヨンハウス
魚釣りして 釣り上げたのがなんと シロクマとはダイナミックな獲物ですが・・・・  
いつしか友達になっていて ヒグマはシロクマを気遣い シロクマの快適な家を探すんです
なんて 優しいヒグマでしょう  ホントはお腹がすいてぺっこぺこなのに
シロクマの家探しがユニーク
モグラやワニ 鳥と みんなユニークなんです
そして シロクマは花粉症とは 笑えます

そして、シロクマの家探しの ヒグマのアイデアとは?
山の上の雪山の中   雪の家とは   シロクマの喜んだこと!
お祝いに 魚をプレずんとする優しさ
   
ヒグマも 良いことして ご機嫌だったのです 
二人の友情 
ラスト   ヒグマの茶目っ気たっぷりなのが   にくめませんね〜

かわいいヒグマに 癒されます  表情がかわいい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆきあそびの楽しさが いっぱいつまってます  掲載日:2017/1/19
ゆきあそび
ゆきあそび 作・絵: たちもと みちこ
出版社: 教育画劇
ゆきあそび  図書館で見つけました
まだ ゆきは降っていませんが この絵本読んで 雪遊びを楽しめるといいなあ〜

こぶたちゃんのいい顔  大きな木から 雪がおちてきた!
いたずらっこの りすさんたち(しかけ絵本のたのしさ)
こんどは うさぎさんが ゆきだまをころころころがして
えほんをめくってめくって こんな楽しみ方いいですね〜
みんなと一緒に作った 雪だるま  なかなかすてき! アイデアがあふれてる
みんなが見た夢は?  
雪遊びの楽しさがいっぱいの かわいい絵本です
ラストのてぶくろ    ニンマリです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪遊び お友達と遊ぶのが一番ね  掲載日:2017/1/19
ゆきのひのチムニーちゃん
ゆきのひのチムニーちゃん 作・絵: たんじあきこ
出版社: 学研
子どもって雪がふると外で遊びたくなりますよね
お母さんとの約束は 「一番星が見えたら帰ってくるのよ」
一人で雪あそびは やっぱり つまんない
お友達を誘いに行きます
チムニーちゃんのお友達は りすさん うさぎさん みんなお仕事中
ちゃんと手伝ってあげて   おやつのお礼もらって
みんなで ゆきあそび   楽しそう!
みんなで食べたおやつも最高においしい

そして チムニーちゃんは お母さんの約束を守ります
えらいなあ〜   いいこですね  チムニーちゃんは
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉の響きの美しさ 古典を身近に  掲載日:2017/1/17
春はあけぼの
春はあけぼの 文: 清少納言
絵: たんじあきこ
編: 齋藤 孝

出版社: ほるぷ出版
私が学生の頃、清少納言のこの随筆を歌のように覚えたように思います 

この絵本は たんじあきこさんの絵が美しさとかわいさが混じり現代風なので・・・・あれ?と思いましたが 
子ども達がこの絵本を見て  「春はあけぼの」を  歌のように覚えてくれたら おもしろいですね

色彩がきれいで  春夏秋冬の美しさが感じられます
そこに かわいい人がいるのがおもしろく  斬新で 現代の感覚なんです

口語訳を読めば 歌の意味が分かりますが、小さい子どもには難しいと思います
声に出して覚えたい日本語の宝石とは うまいこといったものです

古典をこのような形で覚え   大きくなってから意味を解読するのも良いと思いました

斉藤孝さんの解説 なかなか良いです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いも裁判  なかなか判決難しい〜  掲載日:2017/1/17
いもさいばん
いもさいばん 文: きむら ゆういち
絵: たじまゆきひこ

出版社: 講談社
おじいさんが 丹精こめてつくったさつまいも
とってもいい顔のおじいさんの顔みたら嬉しくなります
ところが おいもがぬすまれるんです
くやしさをにじませたおじいさんの対策は?
ところが・・・・なかなか犯人を捕まえられません 
おや かわいい ウリボウたちが   イノシシかあさんが話す言葉や動物たちの言葉に あれ?   考えさせられます
動物たちの言うことも一理あるのです  
ほんとに 人間の立場から考えたら 作物を荒らす動物のことを悪く思いたくなるのですが・・・・・ 作物は お日さまや雨の恵みのおかげで育つものなのですね
そういわれたら 言い返す言葉がありません
さてさて いも裁判の判決は みなさんの 心持ちにゆだねられているように思えました 

それにしても田島征彦さんの絵は 迫力満点で 楽しいです
原画展で見せていただき感動しました
絵本の迫力も素晴らしい!
きむらゆういちさんとのコラボいいなあ〜   今年はじめの感動作品です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こだわりもほどほどに・・・  掲載日:2017/1/17
もうあかん!
もうあかん! 作・絵: 岡田 よしたか
出版社: 学研
うんちするばしょにこだわる いぬ?
我が家で前に飼っていた犬は そんなにこだわりなかったような  ただ ウンチの時はくるくる回っていました。  ウンチの儀式のような  

このいぬのこだわり 誰かが先にしたところはいやや 人に迷惑かけるところも あかん。
納得できる場所探すんです     でも・・・・なかなか決まらず  
みんなに 「はよせんかいな」といわれるのですが・・・・
プライドの高いいぬです
でも  やっぱりがまんできずに ポト  おちました

でもまだこだわるところが なんともいえません    
でも もう あかん〜   ブリブリブリ〜。   やってしまった
へろへろのかおがなんともいえません   しまった〜
ほんとおさわがせな いぬでした  うんちは あんまりがまんしたらあきませんね
ほどほどに こだわりもね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなみんなのお母ちゃん すばらしい!  掲載日:2017/1/11
駅のおかあちゃん
駅のおかあちゃん 作: まえだまさえ
絵: 鈴木 博子

出版社: 講談社
この頃 駅で、人を突き飛ばそうとする事件 よく耳にします
なんだか 悲しいなあ こんな人間の行為が・・・・・

この絵本の駅のお母ちゃんも 自分の子どもを亡くして悲しい思いを乗り越えて みんなのお母ちゃんになろうと 駅のお掃除をしながら マナーの悪い人を注意するのです
すごいなあ〜
悪いことをはっきり言うこと、  でも、 「なんだよ、くそ!ババァ」とお母ちゃんをつきとばした男の人   すると駅のみんなが お母ちゃんにあやまれ!と抗議するのです
みんなの勇気もすごいです     
それはお母ちゃんが信頼されているからですね
ハッピーエンドのお話しです

悪いことを、注意したら反対に危険をまねく  下手に言えないこの頃

悲しいですね こんな時代が・・・・

この絵本のような人間関係がある社会にしたいですね
お母ちゃん有り難う
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもわず笑顔が  微笑ましい親子  掲載日:2017/1/11
ぴたっ!
ぴたっ! 作・絵: あずみ虫
出版社: 福音館書店
ぴたっ!
ママとの愛情が溢れています
これぞ 愛のうたです   微笑ましくて 笑顔になれます

ラッコの幸せそうなしゅんかん  なんだか 愛に溢れていて 涙が出ます

お母さんの胸に抱かれる喜び くまの親子も ぬくぬく
母の愛は偉大ですね〜

なんとも言えない 幸せを伝えてくれる絵本ですよ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんなにちっちゃくたって・・・・メッセージ届けて  掲載日:2017/1/11
まめまめくん
まめまめくん 文: デヴィッド・カリ
絵: セバスチャン・ムーラン
訳: ふしみ みさを

出版社: あすなろ書房
ちいさな ちいさな まめまめくん  
かわいい!おふろ ハイハイ マッチ箱の中のベットはかわいすぎます
ちいさくても いろんな事に挑戦しています
元気な男の子で すごく楽しんでいます
宇宙の大きさを 蓮の上で考えたり   小さいのにスケールが大きい!
そして 小学生に成長しますが みんなとは遊べなくて・・・・
でも まめまめくんには好きなことがあって 夢があるのです

なんと きって アーティストに
 
それは どんなに小さくても いだいなアーティストになれるんだよ
 
まめまめくんは みんなにも勇気をくれるました!

絵がかわいい!
参考になりました。 1人

4089件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット