はなび ドーン はなび ドーン はなび ドーンの試し読みができます!
作: カズコ・G・ストーン  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
夏にぴったり!あかちゃんの大好きな、いろ・おと・かたち。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3022件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う たぬきはなんのためにばけるの?  掲載日:2014/8/17
ぽんぽこ しっぽんた
ぽんぽこ しっぽんた 作・絵: *すまいるママ*
出版社: PHP研究所
こだぬきぽんたは おじいちゃんにたぬきのばけかたをおしえてもらってます
ところが たぬきはなんのためにばけるのかと 聞かれたとき「みんなをおどろかすため」と答えるのですが・・・・

おじいちゃんに大目玉!

ぽんたは ちゃんと化けられるまで帰れないのです・・・

さあ ぽんたは なんのためにばけるのか 自分で分かるでしょうか?

布絵本でかわいいです

子ども達もぽんたがちゃんと化けられるか 心配そうです

あさ! ぽんたがんばれ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トルストイの大きなかぶが また違ったおもしろさに  掲載日:2014/8/14
おおきなおおきなおおきなかぶ
おおきなおおきなおおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: こぐま社編集部

出版社: こぐま社
こんなにも お話しがおもしろくなるのだと思いました
トルストイの哲学的な大きなかぶのお話しです
そして 子ども達の大好きなおはなしです 
みんなと大きなかぶごっこもしました
「うんとこしょ どっこいしょ」 「まだまだかぶはぬけません」
この絵本は ヘレン・オクセンバリーさんの絵で おはなしも言葉が少し違います

絵本はこんなにも絵でイメージが変わるのかと思うと 感動的でもありました
そしてユニークなおもしろさがあって 生活ぶりで  人物のイメージも変わりました(福音館のおおきなかぶ)

おばあさんもおもしろい  なんともふくよかなおばあちゃん  
まごむすめは おしゃれでなかなかのお転婆娘です
木の上で本を読んでいます  
いぬも ねこも ねずみも それぞれのイメージがあって  おもしろい!

とうとう かぶは ぬけましたのところの絵はおもわず笑えます

ラストのおおきなかぶをかこんで かぶにナイフがつきささっているところもめちゃくちゃ ユニークです
 
めでたし めでたし    笑えた おおきなかぶでした

この夫婦は ノミの夫婦ですね
 
1991年11月第1刷発行の本を読ませていただきました
1970年にケイト・グリーナウェイ(イギリスの賞を受賞した)
イギリスの絵本の世界でもっとも権威のある賞とありました
さすがにおもしろい絵本でした
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ポーランド民話  掲載日:2014/8/9
くった のんだ わらった
くった のんだ わらった 作: 内田 莉莎子
絵: 佐々木 マキ

出版社: 福音館書店
タイトルがおもしろそうでよんでみました

ヒバリはたまごを草の中にうむんですね   鳥は敵からたまごを守るために木の上や ツバメのように人間の家の軒に巣を作ったりするのですね(いつも散歩でひばりを見ているのですが・・・はじめて知りました)

おはなしは巣をモグラが壊すので ヒバリが考えたのはおおかみにモグラを追い払ってほしいとたのむのですが・・・・
おおかみは 条件を付けて引き受けるのです。
ここはずるがしこいオオカミのこと
ここからの お話の展開は 思いもしない展開でした。
ポーランド民話  町の人々や 風景 佐々木マキさんの絵をたのしめました
オオカミがわらいころげているところなどおもしろい

ひばりの赤ちゃんの誕生はよろこばしいことですね

子育てはどんな鳥でも動物でも 真剣ですね

昔話のおもしろさの中にもそんな親の気持ちが感じ取れました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 嬉しくなり ニターッ  元気をもらえました!  掲載日:2014/8/9
なんだかうれしい 増補版
なんだかうれしい 増補版 作・絵: 谷川俊太郎+だれかとだれか
出版社: 福音館書店
この絵本は得した気分にさせてくれる絵本でした

写真のセンスも抜群にいい!
そして いろんな絵本作家の絵が次々味わえて
ニターッとしながら 楽しめました
絵本の世界はもちろん子ども達に届けられているのでしょうが
絵本好きの私にとっても 嬉しくて

こんなに沢山の絵本作家の火地で構成されていて 
贅沢な絵本になっています
だれかとだれかの意味が深ーいな〜

写真の中のだれか   にいちゃんが、ぼくのまねをした
いいな〜 こんな子ども時代

プフー!  ねたきりのおじいちゃんのおなら  笑えました
どのページにも味があって いいな〜!

マイブックにしたい本です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけとかくれんぼ 不思議な体験  掲載日:2014/8/9
ばけれんぼ
ばけれんぼ 作・絵: 広瀬 克也
出版社: PHP研究所
学校の帰り道友達と別れて  一人で歩いていたときの体験
なんと おばけ達が かくれんぼ 「なかまにはいらないか」と誘われて・・・・しかたなく おにきめじゃんけんして    ぐう を出して鬼
おばけ達の名前を聞いて  次々 見つけていくのですが・・・
ドラちゃんは見つかりません

もうかえるとみちおくんが言うと   「めをとじてごらん」
おや もとにもどれた  ふしぎな ふしぎな 体験   
おやおや   ドラちゃんのゆくえは ここがみそかな
参考になりました。 0人

ふつうだと思う これこそ迷路を楽しむ  掲載日:2014/8/8
トムとジェリーのすうじの迷路
トムとジェリーのすうじの迷路 作・画: 鈴木 みのる
出版社: 河出書房新社
頭の体操 これって 頭を使ってぼけ防止に作られたのですかね

トム&ジェリーのお話しを楽しむ絵本ではないのですが 迷路を楽しみたい人は たくさんあるからいいですね
答えがなかったら  どこまでも 何回も 挑戦するかもしれません

答えはない方が良いかもしれませんね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!   掲載日:2014/8/8
ケンカオニ
ケンカオニ 文: 富安 陽子
絵: 西巻 茅子

出版社: 福音館書店
あかケンカオニにくっつかれたとっちんと  あおケンカオニにくっつかれたのびちゃんはけんがエスカレートして
そのたびに頭の上のケンカオニが エスカレートする展開です

なんともおもしろい!

子どもはけんかしながら成長すると言われますが 今の時代は一人っ子だったりケンカをすることを嫌うママ達がいて・・・・
ケンカをして子どもが怪我をしたり 大泣きしたり 仲直りしてまた 遊んだりという こんな関係が少なくなっています

だからこそ 幼稚園 保育園 子ども集団がひつようなんだと思います

こうして仲間と育った子どもは 大人になったとき人間にとって何が大事かを子どもの頃から身につけているものだとおもいます

大いにケンカして 成長して大人になってほしいと願います!

だって 未だに・・・・ 戦争で殺しあうなんて事が起こっていて

人間はこうした殺しあいの戦争を本当に愚かしいと 分からなければと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うみやまがっせんとは  オチに笑いあり  掲載日:2014/8/8
うみやまがっせん
うみやまがっせん 作: 上沢謙二
絵: 大島 英太郎

出版社: 福音館書店
山のさるが 海で釣りをしてたこを釣り上げましたところがたこもつられてはいやだと ひっぱりっこ 
助けを呼ぶのです   ウサギが   綱引きですね
たこも応援を頼んでたいがあらわれ・・・・次々動物や海のサカナが綱引きどちらが勝つか  子ども達の興味をそそるお話の展開です
みんなの表情もおもしろいし 運動会で綱引きをした子ども達ならばこの勝負どちらにあるか ハラハラドキドキかな?
互角の戦いです
この時現れたのが   なんと! かに はさみでちょきん!〜〜
さあどうなったかは想像しましょう

ラストのあかいかにが「ちょっきん ぱらりこ ぷう  おはなしは おしまい」
長谷川摂子さんの後書きもおもしろく読ませていただきました

子ども達にはお話しのおもしろさで十分
大人は 後書きのおまけの中に作者の思いが伝わり宮沢賢治の言葉「原始、 労働は遊技であった」
う〜んなるほど 今の世の中では労働が遊技とは言えない時代ですが・・・・人間こうした先人の知恵から学ぶものがありますね〜
(ちなみにわたしは こどものとも年中向きを読みました)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 海の生き物のことがよくわかる  掲載日:2014/8/8
トムとジェリーの海のいきものナンバーワン
トムとジェリーの海のいきものナンバーワン 作画: 宮内 哲也
出版社: 河出書房新社
夏休み  海に泳ぎに行ったり 水族館へ行ったりする子ども達もいるでしょう
そんな子ども達には良い勉強になる絵本ですね
しかもトムとジェリーのお話しも楽しめますから  二倍の楽しみかな?

クマノミ わたしは以前パラをの海を潜ったときに出会ったので この絵本を見てまた 海の中を潜ってみたくなりました

いろんな体験をすることは子ども達にとって 良い経験になると思います

さあ! 夏休み お父さんやお母さんと海へ行けたらいいですね
水族館も私は大好きです  
この絵本を読んで 益々 海の生き物に興味をもってくれたらいいですね〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ろくちゃんがテレビに出たね〜   掲載日:2014/8/8
パンやのろくちゃんげんきだね
パンやのろくちゃんげんきだね 作: 長谷川 義史
出版社: 小学館
ろくちゃんは自転車に乗れるように おとうさんも おじいさんも さかなやさんも クリーニングやさんも みんなみんなが教えてくれて それでも乗れないんです。
でも・・・町中のみんながおせっかいというか 面倒見てくれるのがなんともおもしろい 光景ですね(オチが笑えます)

ちょっと昭和の匂いが漂う町ですが・・・・ 今の町ではこんなおせっかいな人が少ないのでは?

ろくちゃんはは顔が パンパン  町のみんなに見守られているところはなんとも幸せなろくちゃん 

「テレビにでちゃったよ」 おいしいおみせみつけたのコーナー
まずは カレーやさん インド人のカレー屋さん
でも ろくちゃんは町の人のことを抑止っているんです
いつも みんなに育ててもらっているんですからね

テレビってすごい効果ありますね
ろくちゃんがてれびにでたおかげで ろくちゃんのうちのパンやさんが大繁盛
ここは今でもテレビ効果がありそうですがね

カレー屋のおじさんにおしえてもらったおまじないも笑えますが 
ろくちゃん 歯がなおってよかったね!
おもしろい  ろくちゃんの話は笑えますね〜 
参考になりました。 0人

3022件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中