ソーニャのめんどり ソーニャのめんどり ソーニャのめんどりの試し読みができます!
作: フィービー・ウォール 訳: なかがわ ちひろ  出版社: くもん出版
ソーニャの大切なめんどりが、ある夜きつねに捕らえられてしまいます。悲しみでいっぱいのソーニャにお父さんが伝えたこととは…命のつながり・親子の絆を描く、翻訳絵本。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3855件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 母親が娘を育てること 子どもの素直な気持ち  掲載日:2016/7/27
わたしが母さんなら
わたしが母さんなら 作: シャーロット・ゾロトウ
絵: ヒラリー・ナイト
訳: みらい なな

出版社: 童話屋
子どもの気持ち 
母親からいろんなことを言われて成長するのですが子ども心は 自由にいろんな事がしたいという気持ちが 満ちあふれています
好奇心がいっぱいです

ママのようなおしゃれを自分もしてみたいという欲求が あこがれでもあり自然な姿なのでしょうね

特に女の子は ママこことがお手本でもあり 大人の姿を見て大きくなるのですからね
この子はちょっとおしゃまさんですね
我が子は 女の子も 保育園で みんなとどろんこしたり 縄跳びしたりいろんな 楽しいあそびをして育ったのでこの女の子のようではなかったのですが・・・・

子どもも個性があり 同じようではありませんね。
お父さんお母さんが 大人の見本となる 第1号なのですよね

もっと成長したら あこがれの ポイントがママではない人に変わるのでしょう
ラストの ママと女の子の幸せそうな笑顔が 最高ですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お姉ちゃんになるって事  子どもの気持ちは?  掲載日:2016/7/27
まかしとき!
まかしとき! 作: くすのき しげのり
絵: のしさやか

出版社: フレーベル館
 「まかしとき!」 威勢のいい元気なタイトルです
小学生の1年生かな 学校で おうちのおてつだい どんなことしてるかな?
こんな質問されたのですね
せんたくたたみや おふろそうじ 友達から言われて   ななえちゃんは・・・・「もうっ!おてつだいなんか ええんや」
おばあちゃんが 家の仕事をしてくれてるもん

お母さんは 赤ちゃんの出産で入院中だったんですね
そんな時、おばあちゃんが転んで手をけがしました。   困ったななえちゃん   でも・・・せんたくものをたたむのを お手伝いしました
 
しかも、おばあちゃんに 絵本読んであげたりがんばります
そして   おばあちゃんのお手伝いを考えて 
ご飯作り     野菜を切るところ なかなかやるなあ  ところが うまくいかないんです(そりゃそうですよね  いままでしたことがないんですもの)
お父さんの顔見たら 大粒の涙が・・・・この時の子どもの気持ち  わかりますよね
おとうさんは おおらかですね ちゃんと ななえちゃんの気持ちをうけとめて すごいお父さんです  なかなかこんな対応ができませんがね

お姉ちゃんになるって事は 子どももすごく不安なのですね
 
ななえちゃんは 一つ自信がついたのでしょうね 

どんなお姉ちゃんになるか 楽しみです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オトマトペって なに?  掲載日:2016/7/27
どうぶつ句会 オノマトペ
どうぶつ句会 オノマトペ 作・絵: あべ 弘士
出版社: 学研
オトマトペ 擬声語 ー擬音語 擬態語を言うのですが
動物たちは お正月をどうして過ごしたか 俳句会を開くのです
なかなか 高尚なあそびですね
動物たちは俳句を考え出すののですが・・・
動物たちの 特徴がでていて いいですね〜
初日の出 おせち料理など  昔のおしょうがつを
俳句とは この

ちょっと子どもには難しい向きもあるのですが  大人は楽しめるあべ弘士さんのオトマトペです

冬の寒い時に 読んだらよけい いいと思います
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みずたまのたび タイトルにひかれて  掲載日:2016/7/21
みずたまのたび
みずたまのたび 作: アンヌ・クロザ
訳: こだましおり

出版社: 西村書店
スイス生まれのクロザさんの作品です
彼女は みずたまのたびをとおして 地球の生き物をこよなく愛し 水がいかに大切かを私たちに教えてくれているのが分かりました

みずたまが主人公のおはなしです
ねこがのこしたみず    ボウルの中の一粒のみずたまが  おひさまのおかげで ちいさなちいさな つぶになった
この表現は 詩てきで 科学の絵本だと思いました

こういう光景を見ることがなかなかありませんが 絵本を通して  みずたまが 旅する様子が おもしろいです
雲 そして 雪の結晶に   
輪廻の世界観が この絵本に込められているのですね

そして 何気なく 私たちが水を飲んでいたり 花や野菜に水をあげたりしています
アフリカの草原で生きるゾウたちは、水をたくさん飲まないと生きていけないのです
この絵本には書いてありませんが・・・・・

今は梅雨で 雨がよく降ります(時折 集中豪雨は困りますが・・・・)  
この絵本は 28年課題図書とありますが 子ども達に この絵本の深さを感じ取ってもらえるように選ばれたのだと思いました

学校で子ども達はいろんな事を学びます  この絵本もそうなればいいと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歴史がわかる ならの大仏さま  掲載日:2016/7/21
ならの大仏さま
ならの大仏さま 作・絵: 加古 里子
出版社: 復刊ドットコム
加古里子さんが1985年に発行された 本です
歴史年表がついていて 中国、アジアやヨーロッパ 、アフリカの歴史まで詳しくかかれています
しかも日本の歴史  平城京の頃のことが詳しくかかれていて 非常に読み応えがありました
行基菩薩の教え人々の働きぶりはすごいです

ならの大仏さまは すごく大きいです
子どもの頃 遠足でいって その大きさに驚いた 感動を覚えています

いろんな人々の知恵 大工さんの技術 職人たち そこで作業した人々のおかげで 今の奈良の大仏様があるのだなあと 改めて感動しました
しかし 歴史の中には 権力争いがあり 戦争をして 火事で燃やされてしまったこと
大仏様がどうして作られたのか   多くの人々が 大仏様に願いを込め 守り続けて来たことは 素晴らしい人間の知恵と工夫だと 加古さんはかかれています
人間の弱さ 愚かさ 仏にすがる気持ちがこうして 守り伝えられたのですね
そして これからも 守り続けていく事が大切ですね!
加古さんの思いがこの本の中につまっていると感じました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月をみつめる ゆとりの心  掲載日:2016/7/21
ぽっかりつきがでましたら
ぽっかりつきがでましたら 作: 内田 麟太郎
絵: 渡辺 有一

出版社: 文研出版
満月をみていたら
そらに かぼちゃが   そのナンセンスさに でも なんだか夢をあたえてくれそうで・・・・
馬のくしゃみは笑えましたし 
魚を見上げて ねこが ひざっこだくなんて   ねこたちははどんなきもちだったのでしょう

子どもの笑顔はやっぱり 100万ドルですね  こんなえがおがいっぱいの 世の中が良い

ナンセンスな詩に かわいい絵があると 絵本の楽しみ方が100倍になるのを感じた絵本でした
 
今夜は7月7日七夕様  ひこぼしさまと おりひめ様の恋はかなうでしょうかね ☆ ☆ ☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一年生の子ども達に読んであげてください  掲載日:2016/7/21
あさがお
あさがお 作・絵: 荒井 真紀
出版社: 金の星社
私が子どもの頃から 朝顔の花は 夏の花で いろいろ遊んだ花です
今 小学校の一年生は 学校で朝顔を育てているので この本はピッタリだと思いました

 花や 野菜を自分で育てるのはとても良いことだと思います

朝顔の花は 咲いたら もうしぼんでしまうのですが この花で色味図ごっこ下のを思い出します

今の子ども達は 朝顔で遊ぶことが少ないか見知れませんが  自然にもののたくさん触れて大きくなってほしいと望みます
ママ パパ忙しいでしょうが プランタンでも良いですから 子どもといぃしょに育ててみてください

いろんな 種類の朝顔がありますね 楽しんでくださいね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネコも自由になりたくて 恋もしたいのですよ  掲載日:2016/7/21
ねこが おおきくなりすぎた
ねこが おおきくなりすぎた 作・絵: ハンス・トラクスラー
訳: 杉山 香織

出版社: 徳間書店
本当にあったお話を元に絵本になったのですね
絵の描き方も お話しもユニークでおもしろくて それでいて ネコの気持ちを大事にしているお話でした

ネコをもらったいきさつも  チビがどんどん大きくなっていくのも 笑えます
夫婦はネコのホテルに預けて旅に出るのですが・・・・どんどんんどんどん大きくなるのです

大学の教授達がネコのことを研究に来るところ  ライオンの檻に入れてじゅっくり 観察する必要がある
ネコ好きの人たちは 「チビをすくおう」とでもするところも、日本社会ではあまり考えられないですが 動物も大事にしてるのが分かります
そして チビは恋をして 食べなくなり どんどんどんどん小さくなるなんて
これまた おもしろいおはなしです
やはり ねこも自由になりたいのでしょうね

今、人間がペットとして飼っているねこは 手術して 子供を産まないようにしたり  家の中で大事に育てられていますが・・・・
これ本当にネコ好きの人 良いのですか? ネコの自由は?

この絵本を見ていて そんなこと思いました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オチにわらえました   おもしろい  掲載日:2016/7/21
まんじゅうじいさん
まんじゅうじいさん 作: あらい ゆきこ
出版社: 絵本塾出版
ひからびて忘れられた まんじゅう     まんじゅうじいさんとは これはおじいさんだったんだ

おなかをすかしたねこが食べようとすると 手が汚れてるからと・・・・逃げ出して   次は女の子 いただきますも言わない女の子 これはダメ
いろいろなところに行くのです   でも・・・・・まんじゅうじいさんは 食べられたくないのでは

アリたちに追いかけられ ベンチのハンカチの下に隠れて お母さんの大きなおしりでぺちゃんこに  ここの展開がおもしろい! そして
一番はオチです
ねこは手を洗って食べると思ったのに・・・・
ところがどっこい   なんと なんと しわしわのおじいさんとおばあさんの口にはいるとは しかも仲良く半分こして食べたところは 微笑ましく

腹ぺこねこがちょっと きのどくかな?

しかし おもしろいおはなしでした
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くらげの冒険 深海へいく  掲載日:2016/7/21
くらげのくうちゃん
くらげのくうちゃん 作・絵: のじり あかる
出版社: 文芸社
のじり あかるさんの絵本は初めて読みました
私は水族館でクラゲを見るのがだいすきです  すごく神秘的なんです

くらげのくうちゃんhが さかさくらげなのです
なぜ? こうなったのかしら でも おもしろい
りゅうぐうのつかいという 深海の魚につれてもらって   深海の海へ
初めて見た世界です
ちょうちんあんこうがたくさんいました

くうちゃんはいろんな姿に変身できるのが かわいくて すごい!
しんかいのうみでも くうちゃんは物怖じせずに  みんなと友達になれる
この性格は得ですね
「さかさって  いいなぁ」  得することも 前向きになのです


くうちゃんの成長をみてたいです〜
参考になりました。 0人

3855件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

第4回 『モモンガくんとおともだち』 の狩野富貴子さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中