100万回生きたねこ 100万回生きたねこ 100万回生きたねこの試し読みができます!
作・絵: 佐野 洋子  出版社: 講談社
読みつがれて37年。すべての人々に届けたい佐野洋子の絵本。
miki222さん 30代・ママ

本屋さんで号泣
昔、何気なく書店で手に取りパラパラと読…

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

3128件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う イエスの誕生  掲載日:2014/11/27
クリスマスのものがたり
クリスマスのものがたり 作・絵: フェリクス・ホフマン
訳: 生野 幸吉

出版社: 福音館書店
ホフマンの最後の絵本
クリスマスものがたり
2000程前に ユダヤの国 ナザレにマリヤと大工のヨセフのあいだにうまれた 男の子  この子に 「イエス」と名付けよと天使ガブリエルが言うのです
ベツレヘムの馬小屋で生まれました
しかし ユダヤの王ヘデロは  イエスが自分の変わりに王になるのを心配して ヘデロはイエスを殺そうとしていたのです

天使のお告げで マリアとヨセフ イエスはエジプトに身を隠すのです

ユダヤの王ヘデロは 恐ろしい王で2歳になる男の子を一人残らず殺してしまうのです

しかし ヘデロは死んでしまいました

このことがわかると  ヨセフと マリヤは幼子 イエスを連れて ナザレへもどってくるという お話しです

イエスの誕生はこういう事があったのがよく分かりました
絵もステキでした

ホフマンの最後の絵本なんですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょんまげ電車 プロペラ回してヘンシンできる  掲載日:2014/11/27
ちょんまげでんしゃののってちょんまげ
ちょんまげでんしゃののってちょんまげ 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
親子リズムの子ども達に読んであげました。

ちょんまげでんしゃのちょんまげを ぐるぐるまわせば いろいろヘンシンできるんだ

困ったときに 「ぐるぐるぐるぐる  まわしてちょんまげ!」
ライトにヘンシンしたり  クレーンに  そして ちょんまげヘリコプターと
なかなか かっこいい!
げんこつおにぎりざんす  言葉がおもしろいのりです
おんせんみたいに ゆげをだすんですね  これが伏線(オチにつなげる)

さあ げんこつやまえきに到着

オチは 温泉とは  おばけたちも 気持ちよさそう  
いいゆでござるな〜
ちょんまげでんしゃまで 温泉にはいるとは・・・ 

おもしろい ちょんまげでんしゃでした
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本の中から飛び出す不思議なおもしろさ  掲載日:2014/11/27
こそどろこそべえ
こそどろこそべえ 作: かさいまり
絵: 永井郁子

出版社: 岩崎書店
かさいまりさんの 「ぴっけやまのおならくらべ」はおもしろい話で子どもにも読んであげました

こそどろ こそべい  どろぼうと おかっぴき 時代劇のお話しなんですが 絵は現代的で 本から飛び出して 逃げるという展開がおもしろい

おにぎりを盗んで 飛び出たところは 現在へ クレヨンやおもちゃの汽車やセロテープと  おもしろい展開に  
 
子どものおもちゃがでてくるんですから  目を奪われます

そして 本の中へ帰って行くところもなかなか 粋です

おはなしは おっかけっこしているだけなんですが・・・

憎めない どろぼうと おかっぴきです

永井郁子さんの絵が すごくおもしろい絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたたかいぬくもりに ポット 温かくなります  掲載日:2014/11/27
てぶくろ
てぶくろ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
寒い雪の日   うさぎの姉妹があるいています

手が冷たくてみみたんはおねえちゃんの赤い手袋を片方はめてもらうのです

妹はもう片方もとおねだりしますが・・・・

お姉ちゃんは手をつないでぬくもりを教えるのです
流石お姉ちゃん   妹に二人で暖まる方法を教えているのですね
なかなか かしこいな〜

お婆ちゃんに出会って いろんな動物が出てきて みんなで手をつなぐ
あたたかいぬくもりを伝えるお話しです

へ〜  大きなわになれば 手袋は要らないんだ こんなラストになるのですね

実際に新聞に投稿されたお話しを元にいもとようこさんの優しい絵で絵本になったのには感動しました

こんな大きな輪で ぬくもりが伝わればいいですね〜
優しさと愛を伝える絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなことってあるかしら? おもしろすぎ!  掲載日:2014/11/26
こんなことってあるかしら?
こんなことってあるかしら? 作・絵: 長 新太
出版社: クレヨンハウス
長 新太さんは、なんとおもしろい発想をする人なんでしょうね
でも 落語のお話しに出てきそうなのもあったよ

火事ーこれって落語の小話に出てきそう
ウツボのはみがき  共生していきる この発想かも

ちょっと 発想をふくらませると ダンゴの家もなかなか センスあるコーソージュータクかも
四角い月 ふふふ・・・ ほんのすこしの ネコだけがしっている
おもしろい!

虫のなわとび 笑えます  おじさんたちナンセンスだけれどもおかしくて笑えますよ〜

ナンセンスを 笑いで吹き飛ばせたら ストレス解消できそうですよ

頭をやわらかく 柔軟にはたらかせられた 長さん おもしろい人でしたね

もう、 この続きが見られないのが残念ですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪のことがよくわかるよ  掲載日:2014/11/26
あっ! ゆきだ
あっ! ゆきだ 作: フランクリン・M・ブランリー
絵: ホリー・ケラー
訳: たかはし つねや

出版社: 福音館書店
最近温暖化で、私たちの住んでいるところでは雪が降ることが少なくなってきましたが・・・・

雪が降るとなんだかうれしくなって 雪を見てうつくしいな〜と感じたり
ゆき遊びがしたくなります

雪だるまや 雪合戦 子どもの頃よくあそびました
この絵本は 雪のことがよくわかるし
雪の結晶もとてもきれいです

雪の結晶をみるとかんどうします
虫眼鏡でみれます

ゆきは 冬を過ごす植物をあたたかくおおって 守っているのですね
雪の役割がよく分かります

寒い雪国では 雪がたくさん降って 雪かきや雪の被害も聞きますが
やっぱり 雪は きれいです     雪のことがいろいろわかる絵本です
なかなか 上手くまとめられています
ホームページ出も調べられるとのこと 今度開いてみます

「ほっかいどう ゆきたんけんかん」
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっと お話の意味がわからないんです・・・・  掲載日:2014/11/26
たまねぎあたまのたまねぎこぞう
たまねぎあたまのたまねぎこぞう 作: 二宮 由紀子
絵: スズキ コージ

出版社: ポプラ社
たまねぎあたまの たまねぎこぞうは 旅の格好で たまごあたまの たまごこぞうを探しているんですかね
卵料理を たまねぎこぞうが作るのです
オムレツ オムライス  ちゃわんむし たまごりょうりの作り方を であった たまごこぞうに聞くのですが・・・・ちいさいこえで「わかりません」


ちょっと 何が言いたいのかわかりにくいお話しでした
絵は スズキコージ インパクトアルのですが・・・

たまねぎこぞうさんの目的がいまいちわからない お話しでした

二宮 ゆきこさんのおはなしですが・・・
たまねぎとたまご   この材料で   いろんな料理ができそうですね。

ラストの夕日にむかっている たまねぎさんの 絵 いい〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 荒井良二さんの絵がいい!  掲載日:2014/11/25
ぼうし
ぼうし 作: 中川 ひろたか
絵: 荒井 良二

出版社: 偕成社
  あおい ぼうしが とことこ 

おや? 足が見えている
だれかしら?
あっ  わにちゃん  おもしろい わにちゃん 

荒井さんの絵には 青い空と 白い雲と 緑の草原と  これだけで すごく夢が広がって  大らかな気持ちになれるのが 不思議です

うさぎも かわいい!  大きなはちかつぎひめのようです
へびのおしゃれなこと
センス抜群!

どのぼうしも ちょっと 洒落た形です
意外性のある ぼうしのイメージ   なかなかおもしろくて 魅力的です

子ども達は すっかり 楽しめて ぼうしのなかの 誰かさんが羨ましそう
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言語 人間にしかない  言葉の大切さ  掲載日:2014/11/25
脳でわかるサイエンス(1)ことばの冒険
脳でわかるサイエンス(1)ことばの冒険 作: 酒井邦嘉
絵: 山田和明

出版社: 明治書院
私たち人間は 毎日何気なく言葉を使って生活していますから
当たり前のことなのですが・・・
動物との違いがよく分かります

イヌやネコにも言葉で通じているようですが
実は 動作と結びついた サインのようなものです

人間のように 言葉で 過去や未来 見えないものも言葉で表すことはできないのです
人間だけが言葉を話せるのです
世界中でいろんな言葉が話されていて 分からない言葉がありますが
人間語としては 共通なんですね

しかも 赤ちゃんも生まれつき 言葉を作り出す 力を持っていて
もちろん 親や 周りの人から教えてもらうこともたくさんありますが
脳に「ことばの木」を持っていて いろんな言葉の意味を考えていけるのです
そして 自分だけの 「ことばの木」と大事にして 
他の人と違う 自分らしさをのばしていくことができるのですね

サイエンスの世界  脳のひみつを知ることができる 科学絵本です

皆さんもことばの大切さを 考えると良いと思いました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 世界一たかいすべりだい すごい!   掲載日:2014/11/25
せかいいち たかい すべりだい
せかいいち たかい すべりだい 文: 加藤 志異
絵: 山崎 克己

出版社: 大日本図書
子どもってすべり台  好きですね!

子ども達と一緒に長い滑り台すべって スピードの速いこと  「きゃ〜っ」 思わず声が出ました   保育士時代をおもいだしました

たろうくんは 妖怪の世界一高い 滑り台
たとうくんの 怖がらない勇気に励まされて  怖がってた妖怪たちも みんなでくっついて 階段登るところが かわいい!

ところが たろうくんも 上に行くとやっぱりこわ〜い
でも妖怪達と一緒にすべって やった〜
みんなの楽しそうな顔  やっぱりスリル満点のすべりだい
スピード満点   飛び出してしまいました!

オチで 安心!

ママが居眠りしている間に  たろうくんは すごい冒険してたんですね

子どもの冒険のココロがさわやかで 妖怪たちもかわいい お話しでした
参考になりました。 0人

3128件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中