なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

4198件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おかしなことだらけの 夢のようなおはなし  掲載日:2017/4/27
おかしなこともあるもんだ
おかしなこともあるもんだ 作・絵: いしいひろし
出版社: PHP研究所
夢の中のようなおはなしです
おおかみが 怖いオオカミではなくて  いぬのようなんです
のんびりとお茶飲んでいるのも おかしい
ひつじが 自分の毛をなくしたのも おかしいな〜   
一緒に探しに行ってあげる 優しいおおかみ   歩けないひつじをおんぶしてあげて  この優しさに 癒されます・・・・
 
ひつじは 雲の上のひつじだったのです  

それにしても このおおかみさんは    おおかみらしくない おかしなおおかみなんです

やっぱり いぬだったのかな〜?    夢の中のおはなしのようで 
雲のなかに 浮かんでいる ひつじさんに 雲の世界へつれてもらいたいと思いました
ホワ〜ンとした気分です 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ごめんなさい!ギャグ満載 5さいおめでとう!  掲載日:2017/4/27
いま、なんさい?
いま、なんさい? 作・絵: ひがし ちから
出版社: BL出版
ひがし ちからさんの遊び心  ギャグが満載
ゆきちゃんは 5歳の誕生日   うれしくて 先生達に「「わたしは いま なんさいでしょうか?」 聞いてみるのですが
こたえが なんと ギャグ  「おやさい!」「はくさい!」「ちんげんさい!」
おもしろいなあ
先生達の答え   園長先生の答えは笑えました
 「めんどくさい!」 「おならくさい!」
ゆきちゃんは とうとう 爆発してしまいました  
そのはくりょくのある「ちがう ちがう ちがーーーーう!!」   うーんわかるよ この怒りの気持ち  ゆきちゃん

みんなから おたんじょうびおめでとう といってもらい 大喜び
みんなの演出も なかなか  おもしろく 「ごめんなさい!」

ひがしさん 絵が  うまいです  ちょっぴり 漫画チックでね
でも  誕生日を みんなから 祝ってもらうのは最高の幸せなんですよね

何歳になってもかな?( ちょっと 年を重ねると 微妙ですが・・・・・)
これはおもしろい  
みんなにも読んであげたいです   5歳の子にね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい てんのおにまつり 太鼓の響きに心弾んで!  掲載日:2017/4/27
てんのおにまつり
てんのおにまつり 作: 宮ア 優 宮ア 俊枝
絵: 宮ア 優 宮ア 俊枝

出版社: BL出版
太鼓のひびき 心弾むのです   ♪ドンドン ドコドン ドデガデン♪

りゅうじんさまがおどりでて 「わしのちからがほしければ ・・・・」おにのこたちが ひげにとびのり てんまでゆらす デドンダン   
おもしろい 太鼓の響きに 心が弾みます
べんべろさま  やまのかみ   くろまじんさま  おにのこたちは  楽しんでいるんです
おもしろいほど    勢いよく   デドンダン 

とうさんおにがやってきて おにのこたちは  たいこのおとを 響かせて
てんのおにまつりがはじまるのです

宮崎さん夫婦の息のあった みごとな作品です 
染色の伝統工芸が生かされていて きれいで おもしろい 構図が 楽しめます   
太鼓の音が リズミカルで 読んであげるのも 楽しいです
もちろん 絵も勢いよく   宇宙の広がりを感じました
感動しました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忍者の修行はすごいな〜  興味あるな〜  掲載日:2017/4/27
てのりにんじゃ
てのりにんじゃ 作: 山田 マチ
絵: 北村 裕花

出版社: ひさかたチャイルド
てのりにんじゃ?   ちいさいにんじゃで 手乗り文鳥とおなじくらいだとか
こんな忍者がいたらおもしろいでしょうね 
その昔 伊賀の忍者 甲賀の忍者がいたと言い伝えられ 今でも 忍者屋敷を見学できます
おもしろいですね
この絵本の忍者は 手乗り にんじゃのおだんごつくり   忍者の修行は おもしろいです

こんな忍者がいたら 嬉しいですね 子どもだけでなく 私も興味あります
楽しいでしょうね 
しかし 忍者にも ひみつの 掟があるのです  それを守らなければなりません

忍者の掟 私たちの生活にも 忍者の掟のような ルールがあるように思えました

なかなか 夢のある絵本でした 
絵がかわいい!(男の子もすごく素直な子ですね)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切ない むささび星のお話し こんな生き様もあったのですね   掲載日:2017/4/27
むささび星
むささび星 作: 今西 祐行
絵: 斎藤 博之

出版社: ポプラ社
九州の南の 飫肥と言うところのお話し
杉の産地で きこりは生活していました(飫肥杉は木造船の材料になりました)
  
まるで軽業師のような きこりの 木登り競争のお話しです
今は亡き人 お父さんから教えてもらったきのぼり  
太郎はまだ子どもでしたが 大人と混じって 木登り競争に参加するのです

思わず応援したくなります 「太郎がんばれ!」

なんと 太郎は、村いちばんの きこり  ほつみができたのです(ほつみとは  すぎのほをつむのです)
まるで軽業師のように 杉の木をむささびのように 飛び移るのです

太郎の姿がムササビが飛ぶ姿に似ていたから むささび太郎と呼ばれるようになったのですね

正直者の太郎でしたが 年を重ねて とうとう ある日 一番高い杉の木にのぼったきり 下りてこなかったのです・・・・・
 
むささび太郎のことは 村のおじいさんが 今でも言い伝えているそうです
星になってしまったのでしょうか?

ちょっと切なく かなしい お話しです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う つむじかぜ?  とぷうの冒険  掲載日:2017/4/27
はるかぜ とぷう
はるかぜ とぷう 作・絵: 小野 かおる
出版社: 福音館書店
はるかぜ   心地よい温かな風をはこんでくれるのですね
時々 春一番  突風が吹くことがあるんです

はるかぜほてるとは なんともかわいい    とぷうは はるかぜの子どもです       いろんな新しい出会いがあり 楽しそうな体験をしました
町の人々も 春を待っていたんでしょうね
幼稚園の子ども達と一緒に 動物園へ行った とぷうたち
かぜのこが ケンカしたので 動物園は つむじかぜが吹き荒れて めちゃくちゃ すなぼこりが舞い上がって・・・・・

いねむりしていたライオンが 「うおー、 うるさいぞ」  大声でほえたからびっくり
ライオンの迫力感は 抜群です   
さすが 百獣の王   
とぷうたちも にげていきました
はるかぜが けんかすると つむじかぜが できるんですって
なかなかおもしろいお話しでしたよ
   
春ですね〜   桜が咲いて お花がたくさん笑っています
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長さんの幻の絵本とは イスの大冒険ですね  掲載日:2017/4/27
ぼくはイスです
ぼくはイスです 作: 長 新太
出版社: 亜紀書房
長さんは イスの気持ちでこんなお話し作ったのですね
イスもこしかけられるだけでいや   自分も腰かけてみたいと大冒険に出かけます
机にこしかけ    わかるわかるこの気持ち
石にこしかけ こしかけることの難しさを知るのです   むずかしいね。

冒険の旅は 大きく広がり 川 山 にも腰かけるなんて ナンセンスだけれど  イスには 夢がある
ここまでは良かったんだけれど・・・・ 火山が噴火して 溶岩が流れて追いかけてくるところは コワイ コワイ〜   速く逃げてとハラハラしました

人間の形の溶岩とは 熱い アツイ!
イスが必死で逃げるところは かわいい! 足が絡まって 走れないんだって
溶岩がなぜ? 追いかけてきたのか? そのひみつは この絵本を読んでのお楽しみ!

イスの運命は? 大冒険はハラハラしますが ナンセンスな楽しさが
長さんらしいです
ラストは 笑えます!
    おやすみなさい なんて  

ホントに ナンセンスな楽しさを どうぞ 
 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 中世の時代へタイムスリップ 大冒険の旅  掲載日:2017/4/27
カイとカイサのぼうけん
カイとカイサのぼうけん 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: まつむら ゆうこ

出版社: 福音館書店
ドラゴンのような枯れ木に乗ってあそんでいた兄妹 カイとカイサ
壊れた傘を翼のようにつけて 冒険の旅へ出発
「おはなしの くにへいこう」   海の向こうの  小さな島へ
そこでであった 泣いているお姫様
なぜ泣いているのか聞くと   トロルのオリに 姫を助けに来た若者がとらわれ閉じこめられているんです
おはなしは展開します   トロルの王様の国
カイサが 優しく 子守歌を歌います   小ひつじに歌う歌を
この優しい歌に  トロルは カイサの膝枕で癒されて  気持ちよさそうに 眠るのです
カイサは 勇敢な女の子です
中世の王様の世界   お話の展開が 物語の世界へ導いてくれます
トロルやその子ども達も登場します 
さて カイトカイサは 無事にお話しの世界から抜け出して 家に帰れるでしょうか?
不思議なお話の世界へ  かれきドラゴンの活躍も見逃せません

トロルはどうしているのでしょう?
いろんな余韻を残して 冒険の世界を 楽しめました


参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの夢がいっぱいのこいのぼり 楽しいなあ〜  掲載日:2017/4/27
とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり
とらのこさんきょうだい かえうた かえうた こいのぼり 作・絵: 石井 聖岳
出版社: 講談社
鯉のぼりの季節になりました 
たくさんのこいのぼりが泳いでいると 大きな声で歌いたくなりますね
「やねよりたかい こいのぼり ♪〜」 

とらの子三兄弟の鯉のぼり  お父さんが飾ってくれて嬉しくて 
歌い出しました 
    
「くもよ〜り た〜か〜い    こいの〜ぼ〜り♪ 〜」
子ども達の発想は 大きな夢がつまっていて 羨ましいです!
世界が広がりますね

家より大きい鯉のぼりや   ヘビより長い鯉のぼり  楽しい発想です
子どもの柔軟な発想は すごいな〜!  
おとうさんとらは へとへとこれも 笑えますが 

青空を 気持ちよく泳ぐ鯉のぼり見たら 元気もらえますね
まさに こどもの日 端午の節句の 風習も受け継ぎたいですね!

楽しくなれました いしいさんの絵本は!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねこ嫌いの王様 自然の摂理にはかないませんね  掲載日:2017/4/27
ねこなんてだいきらい!
ねこなんてだいきらい! 作・絵: 末崎 茂樹
出版社: フレーベル館
ねこ嫌いの おうさま   ねこに大事な壺をこわされてカンカン
 
短気なおうさまは  国中のねこをすべて おしろに差し出させて(まあ何というネコたちの集団でしょう)
旅の商人にねこを全部売ったのです

おうさまは ねこがいなくなり ニコニコ  気分良く過ごしていましたが
でも ・・・・・ ねこがいなくなった 国中が おおさわぎ
 
なんと ねずみが あばれだして   やりたい放題のねずみに おうさまも すっかりおおよわり 

そこへやって来たのが ねこをかった 旅の商人
おうさまは また ねこを 買うことになるのです

ねこがはなたれ ねずみたちを食べてくれたのです    
ねこのおかげで落ち着いたくらしを取り戻せました・・・・・
でも おうさまは 「ねこが だいきらいだったのです」  
ここまで ねこがきらいなおうさま これからどうするの
自然の摂理には かないませんね    
参考になりました。 0人

4198件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット