おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

黒チワワさんの公開ページ

黒チワワさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子7歳

黒チワワさんの声

176件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 色々な角度から楽しめる  掲載日:2016/4/1
おでかけ版 新幹線のたび with English
おでかけ版 新幹線のたび with English 作・絵: コマヤスカン
出版社: 講談社
日本が誇る新幹線が多数登場するのと旅の臨場感をそのまま感じ取れる地図のイラストが素敵な絵本だと思います。
鉄道ファンだけでなく手軽な旅情の読み物考えられた絵本です。
英語の並記やスマホアプリ対応というのもイマドキのニーズに合わせている点も良いと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う プレゼントしようと思います  掲載日:2016/4/1
ポカポカフレンズのことばえほん こえで1◆2◆3
ポカポカフレンズのことばえほん こえで1◆2◆3 絵: さつき ねむ
監修: わだ ことみ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
子供が赤ちゃん時代〜就園前後の頃、ぽかぽかフレンズの楽器のシリーズが大好きだったことから、友達の出産祝いなどの折にシリーズの絵本とかを贈っています。
今回の新作は子供が喜ぶ楽器遊びの要素に加え計算なども一緒に学べるようになっているのがとても良いと思いました。
そしてそろばんを気軽に触れるところも考えられた機能ですね。これぐらいの簡単なそろばんだと、そろばんを教えていない我が子でも嫌がらずに扱えます。
小さな子供が楽しめる音や親しみやすい歌が収録されているのもママ目線からのポイント高いです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う フィギュアがよく出来ています  掲載日:2015/4/10
ぐでたま入ってます。-リアルぐでたまフィギュアMOOK-
ぐでたま入ってます。-リアルぐでたまフィギュアMOOK- 出版社: サンリオ
ぐでたまが好きなので買ってみました。

子供も好きなので一緒に楽しめたらと思ったのでフィギュア付にしましたが、なかなかフィギュアの出来が紹介にもあるようにリアルな雰囲気の質感ですね。
子供の玩具にされないように飾っていますよ。
本の内容はカタログみたいな感じでした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 4〜5歳ぐらいの子に重ねて見える  掲載日:2014/9/5
スイッチョねこ
スイッチョねこ 作: 大佛 次郎
絵: 安 泰

出版社: フレーベル館
私が子供の頃から出ていた絵本みたいですが、私自身も初めて子供と一緒に楽しく読みました。
年少向けの絵本にしては字数は多く、絵本の書き出しも幼児にはちょっと難しいかも知れませんが、愛らしい猫のイラストに子供も頑張ってついてきてくれました。
字数が多いけど、ぜひ4〜5歳ぐらいの子に読んで欲しいなと感じた絵本ですね。
ダメと言われてもやっちゃうような年頃の子供とスイッチョを飲み込んだ子猫を重ねちゃいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な魅力がいっぱい  掲載日:2014/3/9
なにをたべてきたの?
なにをたべてきたの? 文: 岸田 衿子
絵: 長野 博一

出版社: 佼成出版社
子供のプレ幼稚園の読み聞かせで出会った一冊です。
インパクトあるイラストにまず娘も私も惹かれました。
次々に食べていき、体の色が食べた物の色になる不思議な魅力のある豚くんが最後は石鹸をという流れがコミカルで子供が最後まで食いついていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 予想外な展開にびっくり  掲載日:2013/10/4
かたあしのひよこ
かたあしのひよこ 文: 水谷章三
絵: いとう ひろし

出版社: ほるぷ出版
書店で初めて見たときはタイトルに切ない話なのではないかと思いました。
家に帰り絵本ナビのページや作品レビューを見たら予想外な展開にびっくり。
迷わず別の日にあらためて買いました。
絵のタッチとパワフルなひよこに子供も楽しそうにきいてくれました。

そしてテレビ絵本でやっていたと知り再放送を今日初めて見ました。
アニメのひよこをみた子供は「一緒だー」と絵本を持ってきて見比べていました。

テレビもよくまとめてありましたが、親としては話の謂わんとするテーマを知る上で絵本から入っていて良かったと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わんわんうどん  掲載日:2013/6/9
からすのそばやさん
からすのそばやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
もうすぐ三歳の子供と読みました。お蕎麦を打つところからもう興味津々なお蕎麦やうどんが大好きな子供。蕎麦打ちの工程が自分の粘土遊びみたいにみえたのか「一緒、一緒」と大喜びして聞きはじめました。

話が進むうちに登場するお料理がまた素敵なメニューばかり。これは私も美味しそうなイラストに見いってしまいました。
子供は特にわんわんうどんがお気に入りでわんわんうどんのページは一番長く開いています。

オモチくんをはじめハッサク蕎麦屋一家がお客さんに喜んで貰おうと、お客さんから要望があればメニューにないものにもすぐ応えていくのは商売抜きの相手を思いやる優しさからできる行動ですね。
この巻に限らずからすのパンやさんシリーズすべてに言えることですが、毎回読むたびに接客の原点ってこういうことかな?と思える良い物語でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ごとんごとんごー!  掲載日:2013/6/6
ごとんごとんごー!
ごとんごとんごー! 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
乗り物が好きで特に電車が好きな子供に読んであげました。
可愛らしくデフォルメされた新幹線やトワイライトエクスプレスに子供は喜んで聞いてくれ、写真の電車の本をもってきて「これ一緒」と教えてくれました。
いつもは絵本の途中で飽きてしまうことがある子供ですが、これはよく聞いてくれました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う お下がりで  掲載日:2013/6/6
ハートキャッチプリキュア! パズルシールあそびブック
ハートキャッチプリキュア! パズルシールあそびブック 出版社: 講談社
子供のお友達のお姉ちゃんからお下がりで譲っていただきました。まだ子供が赤ちゃんの頃に放送していたプリキュアなのでこのプリキュアの話は知らないのですが、子供もこの女の子たちはプリキュアだというのはわかるみたいで、喜んで見ています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぜかダースベイダーがお気に入り  掲載日:2013/6/6
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 作: ジェフリー・ブラウン
訳: とみなが あきこ

出版社: 辰巳出版
私自身が読むために購入したのですが、私以上に子供の方が気に入ってしまいました。
ダースベイダーが出てくるたびに喜んでいます。かなりデフォルメされているせいかと思いますが、全身真っ黒なのに何でかなー?と子供のツボって不思議です。

映画をあまり観ていない私は夫の説明を聞いて「ああ、なるほど」と納得しないとわからない背景もありましたが、単純に子育てするうちに共感する事もユルく書いてあるので楽しめました。
参考になりました。 0人

176件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

出版社おすすめ

  • 100円たんけん
    100円たんけんの試し読みができます!
    100円たんけん
     出版社:くもん出版
    お母さんにお菓子をねだったら「100円までよ」だって! 100円で何が買える? はじめてのお金えほん
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット