かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子15歳 男の子11歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もいつしか1300を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1428件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい のんびり秋の夜長を感じられる  掲載日:2017/10/20
おつきみピクニック
おつきみピクニック 作・絵: いちかわ なつこ
出版社: ほるぷ出版
かめの親子のゆったりとした動きが秋の夜長を感じさせてくれます。
水彩絵の具で描かれたような優しいイラストもぴったりです。

池の広場でおつきみしながらピクニックという設定も幻想的で素敵な風景だなーとうっとりしながら眺めていました。
森の動物たち楽しそう。

砂漠のカメさんも遠く離れて同じ月を見ているというのもいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハロウィンがやりたくなります  掲載日:2017/10/16
モリくんのハロウィンカー
モリくんのハロウィンカー 作: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
ハロウィンがすっかり日本の文化の中にも浸透して、たくさんの絵本が登場しています。
そんなハロウィンムードを盛り上げてくれる楽しい絵本です。

モリくんシリーズは他にもたくさん出ているのですね。
とっても仲良しで可愛い仲間たちです。読んでいてホッと和める様な・・。
ひとつだけと思ってたくさんのお菓子を食べちゃったねずみくんの気持ちもなんだかわかります。
そして、そんなねずみくんを責めることなく、助けてあげる優しい仲間たち。

最初から最後まで安心してハッピーエンドを期待しながら読むことが出来ました。

ハロウィンの時期にぴったりの一冊を見つけました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいようがいっぱい  掲載日:2017/10/16
たいようまつり
たいようまつり 作: 風木 一人
絵: 西村 敏雄

出版社: イースト・プレス
たいようのおまつり!楽しそう!と思いページをめくりました。
驚いたのは、主人公の太陽さん、ひとり(ひとつ?)ではないのです。
複数のたいようがみんなでお祭りします。

太陽がひとつという概念にとらわれている大人にとっては、少し疑問がわくかもしれませんが、子どもはきっと楽しく空で繰り広げられるお祭りを楽しめることでしょう。

でっも、最後の一文に、あしたからはひとりずつのぼろうね
と書かれてあるところが腑に落ちたという感じでホッとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み返すほどに言葉に重みが増します  掲載日:2017/10/16
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
私自身は野球に詳しくなく、ルール自体もそれほど詳しくはないので、初めの方は読んでいても何となくしか知らない言葉も出てきました。
でも、何事も一つの夢に向かって頑張るという熱い気持ちは充分に理解できました。

読んだ後に清々しい気持ちになりました。

野球とはそれほど縁がない私ですが、近所の甥っ子が野球を小さな頃から続けていて中学になった今も活躍しています。そんな甥っ子の姿と重ね合わせて読みました。
きっと、野球少年、野球をする子どもさんがいる方ならもっと感動、共感する内容ではないかと思います。

ホームランを打つぞ!という意気込みでいても、なかなか打てないものなのですね。
仙ちゃんの言葉、心に残りました。

やってみないとわからんだろう?
オレだってまだあきらめてないぞ

単なる野球が好きなお兄ちゃんのアドバイスではなく、仙ちゃんだからこそ言える言葉の数々に読み返すごとに重みが増します。

頑張るって素晴らしい!

仙ちゃんもルイもいつか・・夢がかないますように。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しく頂く方法を知る  掲載日:2017/10/16
おむすびにんじゃのおいしいごはん
おむすびにんじゃのおいしいごはん 作: 本間 ちひろ
監修: 土井 善晴

出版社: リーブル
今年も美味しい新米の季節がやってきて、美味しいお米を頂けることに感謝していたところにこの絵本と出会いました。

毎日当たり前のように頂いているお米ですが、やはり、実りの秋に美味しい新米を口に入れた瞬間、日本人に生まれて最高!と思わずにはいられません。

そんな美味しいお米を、もっと美味しくするために小さな心がけひとつひとつが大切であることを教えてくれます。
知っているようで、忙しい日常の中、ちょっとくらいいいかと・・手を抜いていたところもある私。
我に返りました。
文明の利器でとても便利になりましたが、やはり昔の人の一手間、とても大切なことなのだなーと改めて感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おやすみ絵本にもぴったり  掲載日:2017/10/11
ちがうちがう
ちがうちがう 作: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 大日本図書
子どもの時に一度は体験したことのある気持ちがこの絵本の中に書かれています。

おばけなんているはずないとわかっているのに、夜静かにお布団に入ったら、なんだかいつもより大きく聞こえる時計の針の音や、昼間は気にならなかった犬や猫や人の喋り声・・

おばけかも?なんて考えて一人で眠れなくなってしまうことって私にも経験があります。

おばけは見たくないんだけど、なんだかちょっと怖いもの見たさのところもあって。
そんな揺れる気持ちに共感が持てました。

そして、最後は安心。ホッと恐怖感が解放されます。

子どもにとって、怖いけどちょっと見たいという気持ちは抱いていると思います。そんな好奇心がかきたてられる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なイラストにも癒されます  掲載日:2017/10/11
めいろブック ゆめのなかのぼうけん
めいろブック ゆめのなかのぼうけん 作: たちもと みちこ
出版社: 赤ちゃんとママ社
たちもとみちこさんのイラストが大大大好きな私は、ページをめくるたびに、思わず歓声をあげてしまいました。
めいろという楽しみ方の前に、とにかく、どのページもたちもとさんの幻想的で素敵な世界が広がっています。それがこの本の最大の魅力だと思います。

ポストカードやポスターにして部屋に貼っておきたい!と思うほどに、とにかく動物たちの描写も、花畑のページもうっとりしてしまいます。

迷路の内容としては、小さな子どもからでも楽しめそうな難易度です。
親子でページをめくってたちもとさんワールドを堪能するだけでも充分に楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちが良い「すっぱり」という響き  掲載日:2017/10/11
すっぱりめがね
すっぱりめがね 作: 藤村 賢志
出版社: 教育画劇
すっぱりめがね?まずはタイトルを見て、すっぱりという言葉の持つイメージを自分なりに考えるところから始まりました。

そして、この表紙のイラストもすっぱりをより知りたいと思わせる不思議な表紙です。

もうタイトルを見ただけで、読んでみたいと思わせてしまうのがこの絵本のすごいところです。

読み終わった後に、はじめにすっぱり?と思っていたことに妙に納得してしまいます。確かに・・
さっくりでも、ざっくりでもばっさりでもなく・・・

すっぱり  という言葉が適しています。

でもその、すっぱり感も中途半端ではなくページを追うごとに本格的なのです。
ピアノが出てきたところでは思わずおー!と歓声があがりました。
それほど描写が忠実で細かく、作者のこだわりが感じられる一冊です。

ものの断面を見る機会など、そうありません。
でもこんなふうにすっぱりと断面図がきれると、面白いですね。

すっぱり という響きの気持ちよさが「なるほど」と思う感覚を是非味わってみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなかわいいシリーズがあったなんて!  掲載日:2017/10/11
プリンちゃんとブラウニーとうさん
プリンちゃんとブラウニーとうさん 文: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
こんなかわいい絵本があったのですね!
シリーズで4作目というのに、これまで知らなかったのが恥ずかしいです。

お菓子の世界のお菓子の家族の可愛くってあまーい日常が描かれていて、優しい色彩にもうっとりです。

プリンちゃんとブラウニーとうさんが釣りに出かけたのだけど・・
釣りのえさもなんだか甘いスイーツ?
釣れてくるものもなんだかおいしそう!

もっと遠くへ投げてごらんというとうさんの声に、プリンちゃん、意味は取り違えているけど本当に忠実に守ってます。
ピカピカ光るお星さまが釣れてしまうなんて、絵本ならではの素敵な展開。
そしてその飾られるシーンのツリーのきれいなこと!

心までピカピカきれいになりました。
シリーズで読んでみなくてはと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鉄道好きな子もそうでない子も  掲載日:2017/10/11
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科 出版社: JTBパブリッシング
鉄道が好きな子は、いつまでも時刻表を眺めているという話を聞いたことがありますが、きっとその前段階ではこういう大百科にはまるのかなーと思いながら読みました。

小さな鉄道大好きな子からでも興味を持ってページをめくれるような工夫がされてあり、振り仮名やイラスト写真もたくさんあります。

文字や漢字を覚えらりするのにも良いかもしれません。
私鉄全線のことがぎっしりと掲載されているので、これ一冊だけでも物知りになれそうです!
参考になりました。 0人

1428件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット