すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子15歳 男の子11歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1515件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 兄弟愛が溢れます  掲載日:2018/2/26
いつでも いっしょ
いつでも いっしょ 作・絵: みぞぶちまさる
出版社: 絵本塾出版
表紙のくまのきょうだいと、なんだか暖かい春や初夏を思わせる木々の緑の美しさに惹かれました。絵を見ただけで、この絵本開いてみたい!そう思わせるって素晴らしいです。

緑のそよ風が聴こえてきそうな、とても素敵な表紙です。
そして、くまの兄弟もとっても可愛らしい。リアルに描かれているのだけど、子どもらしい丸みであどけなさも描かれています。

ストーリーもお兄ちゃんのムックが大好きで後をおってばかりの弟チャピーとの描写が微笑ましく描かれています。
弟が好きだけど・・時に、邪魔になる。そんな気持ち人間のきょうだいでも感じたことがあるでしょう。

最後はやっぱりちょっと邪魔なこともあるけど弟が大好き!という気持ちであふれて物語が終了します。

イラストにも温かい気持ちにさせてもらい、心の中まで温かくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あれ??おばけかも?  掲載日:2018/2/25
ねずみくんとおばけ
ねずみくんとおばけ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
みんな大好きなねずみくんシリーズですが、我が子が小さい時にも随分お世話になりました。
でも、その後もどんどんと新刊が出ていたので、こちらのねずみくんとおばけは我が子には読み聞かせしたことがありません。初めて読みました。

3歳児の子ども達の反応はやはり、ちょっと怖いもの見たさで大好きなおばけが登場するとあって、身体を乗り出して聞いてくれました。

そして、ページをめくるたびに、あ!これはぞうさんだ!などとおばけに変身しているのが誰なのかあてっこするのも楽しみの一つになっていました。

でも、最後の締めくくりは・・おばけだったのかな??あれあれ?と子どもたちに余韻を残す形で面白いと思います。

我が子には読み聞かせすることなく大きくなってしまいましたが・・きっと小さな頃にこの絵本に出会っていたら間違いなく大好きになっていたに違いないと思います。

とても可愛いおばけたちに心癒されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本を通して危険を知る  掲載日:2018/2/24
あぶないよ!
あぶないよ! 作: フランチェスコ・ピトー
絵: ベルナデット・ジェルベ
訳: 栗栖 カイ

出版社: ブロンズ新社
あぶないよ!

子どもに伝えないといけないことはたくさんあります。でも危ない危ないと言っていてもあまり効果はないこともあります。
この絵本には、あらゆるあぶないことが載っていて、シンプルに
〜〜したら あぶないよ!
という繰り返しで子どもにもわかりやすく伝えてくれます。

読んでいるうちに子どもの方から「あぶないよ」というセリフを一緒に言っていました。

身の回りの危険な事を確認するのにも、こんな風に絵本からだと親子で確認しあえる良い機会になりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それぞれの良さに気づける  掲載日:2018/2/18
やもじろうとはりきち
やもじろうとはりきち 作: 降矢 なな
出版社: 佼成出版社
表紙を見るだけでは、可愛い絵本だなという印象。
でもストーリーはたくさんのことを考えさせてくれる可愛いだけではない素敵な絵本でした。

やもじろうとはりきちは見た目も違うし、特技も性格も違う。
走るのも木登りも出来ないはりきと友達を辞めると断言するやもじろう。

はりとばして転がっても・・大丈夫だよと笑っているやさしいはりきち。

きっと、やもじろうもわかっているんです。はりきちがかけがえのない友達であることを。

でも、やもじろうが猫に狙われそうになってしまう時に助けてくれる優しいやさしいはりきち。
はりきちはとげとげしている背中を持っているけど・・本当に心が優しい。

人間も同じ。見た目で判断してはいけませんね。
人のいいところに気づける絵本だと思います。
みんな違って当たり前。それぞれにそれぞれの良さがあるんだもの。

きっとやもじろうとはりきちはこれからもずっと良い友達でいられるでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何故勉強するのかな?  掲載日:2018/2/18
すきなことのみつけかた
すきなことのみつけかた 作: たかい よしかず
出版社: 大日本図書
何故勉強するのかな?
そんな疑問子どもの頃に一度は誰もが抱いたはずです。
でも私は、特になんの違和感も感じずに、学校は行くべきところと・・思って大きくなりました。

なので、今わが子に何故、今きちんと勉強しておかないといけないのか?何のために習い事をしているのか?
高校へ行って、大学へ行って・・勉強することも大事なのかということを上手く説明しようとしても・・

きちんと子どもが納得できるように説明してやれないような気がします。

この本は子ども向けにわかりやすく書かれていますが、大人の私が参考になりました。
特に、動物の絵をかきたい。それならどうする?というページ。
迷路のように一つひとつ、どうする?という選択肢を考えながら進めます。

夢があればやはり知識は持っておくほうが良い。
そしてゲーム感覚で自分が何をしたいのか?興味を持っているのかをひきだしてくれるきっかけになるかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすいです。興味のある方にはおすすめ  掲載日:2018/2/18
ゼロからの中学受験 ザ・コミック
ゼロからの中学受験 ザ・コミック マンガ: 松浦 聡彦
協力: 元山 浩二
記事監修: 日能研

出版社: 小学館
中学受験に少し関心があるけど・・どんなものか手探り状態という方にお勧めです。
まんがで書かれているので内容がつかみやすく、そしてリアルな中学受験のことを端的にまとめられていてとても為になりました。
まんがのテイストはどちらかというと少年漫画のような・・可愛いイラストではないですがもはやイラストのテイストなど関係ないですね。

我が家も周りに中学受験を考えている友達がいて・・どんな感じなのかな?という程度の関心度です。
なので導入本としてはとても分かりやすく参考になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい温かな気持ちになります  掲載日:2018/2/18
ハンカチやさんのチーフさん
ハンカチやさんのチーフさん 文: どい かや
絵: 伊藤夏紀

出版社: 白泉社
私の一番大好きな作家さんといってもよいくらい大好きな「どいかや」さん。

新刊が出ているのを知らずに何気に可愛い表紙に惹かれて手に取ったらこの絵本でした。

このやわらかい色彩とほわっと心があったかくなるようなイラスト。
どいかやさんの絵本の魅力は読む前から惹きつけられました。

今回のストーリーはハンカチ屋さんのチーフさん。
一人ひとりに心を込めたハンカチを作る素敵なハンカチ屋さん。

このハンカチ屋さんがこれまた素敵です。天井までいっぱいのリボンや生地。見ているだけでもわくわくするようなお店です。

ハチのお母さんからのオーダーを受けて、一生懸命作り上げるチーフさん。
そんな心がハチさんにも届いたでしょう。

最後まで心があったかくなる絵本でした。
やっぱりどいかやさんの絵本大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小学校が楽しみになりそう  掲載日:2018/2/9
しょうがっこうへ いこう
しょうがっこうへ いこう 作: 斉藤 洋
絵: 田中 六大

出版社: 講談社
入学目前の頃は、子どもだけでなく親も新しい環境に対する不安が募ります。
そんな入学前の不安を楽しみに変えてくれそうな絵本は他にもたくさんありますが、これは、ただ単に小学校の様子を教えてくれるだけでなく、しりとりや数字、絵探しなど簡単なお勉強の導入のような要素も盛り込んでくれているのでより楽しめる絵本です。
素朴なイラストがとても親近感が湧きます。

誰しも、初めは不安。でも学校ってこんなことするんだよと少しでもわかっていると、不安は解消されると思います。
親子でこんな風に小学校を楽しみにできる絵本を読む時間を大切にしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色んな動物の靴下が登場します  掲載日:2018/2/2
くつしたしろくん
くつしたしろくん 作・絵: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 鈴木出版
色とりどりの可愛い靴下が並んだ表紙に惹かれました。
白い靴下が主人公です。色々な動物の面白い靴下が登場して子どもも笑いながら楽しんでいました。クイズを楽しむかのように、これは何だろう?とワクワクしながらページをめくりました。

たこさんのいっぱいの靴下のページはうわーいっぱい!と歓声が沸いていました。最後はきちんと相棒のしろくつしたにも再会できてハッピーエンド!

靴下が主人公の絵本ってとても新鮮です。でも毎日必ず履くので子どもも親しみがあるものなので良いテーマだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい!!ばぁ  掲載日:2018/1/23
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
赤ちゃん絵本にはたくさんあるいないいないばぁっ!何が出てくるのかなと期待しながら待つ赤ちゃんの顔と、ページをめくった時の反応がとても嬉しいです。

色々な種類があり、どれも子どもは喜んできましたが、これもまたとってもかわいいです。

表紙がまず旬をとらえたチンアナゴ!というのもいいですね。
色合いと言い、出てくるキャラクターと言いとってもカラフルで可愛い仲間たちが勢ぞろいです。
そして、おばけだってみんなニコニコ笑顔。

見ているだけでこちらも楽しい気分になれる絵本でした。
参考になりました。 0人

1515件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット