こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子14歳 男の子10歳

自己紹介
中学生娘、小学生の息子の母です。
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしていることもあり・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

小学生になった息子は今は絵本から児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。高学年になってからは歴史にも関心が出てきて歴史漫画をよく読んでいます。

今でも月に最低1、2回は図書館通いを続け、それぞれが好きな本を手に取る時間を大切にしたいと思いながら過ごしています。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
絵本
写真を撮る
ピアノを弾くこと
図書館
我が子の成長記録を残す











ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なものと思っています。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。


ここでのレビューが増えていくに連れて私達親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もいつしか1200を超えました。
一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1305件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 可愛いおばけの女の子  掲載日:2017/6/28
おばけのソッチぞびぞびぞー
おばけのソッチぞびぞびぞー 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
おばけシリーズが大好きで、なつかしさからもう一度あの頃の自分の気持ちに戻りたくて読みました。

多分、ほとんど読んだはずなのですが、その中で、頭にぱっと思い出したタイトルがこの

おばけのソッチぞびぞびぞー です。

でもタイトルは鮮明に覚えているのに内容が・・どうも思い出せません。
パラパラと中を見て、やっと思い出しました!
そう、可愛いおばけの女の子でした。

アッチも好きだけど、ちょっとこの何とも言えない髪型のソッチもキュートです。

アッチ、ソッチ、コッチ・・

20冊以上もあるこのシリーズ、カラーも多いですし、絵本から童話へと移行していく時期にはぴったりです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あえて関西弁に通訳されている  掲載日:2017/6/28
ええやんそのままで
ええやんそのままで 作・絵: トッド・パール
訳: つだゆうこ

出版社: 解放出版社
作者はドット・パールさんとあるので外国の方ですが、通訳された方が関西弁で訳されているところがとても特徴的な絵本です。

何度も何度も繰り返される「ええやん そのままで」
というフレーズ。

この関西弁のまるい角の取れた感じのフレーズ、関西人の私からすればいつもの聞き慣れた言葉なのですが、とてもあったかみがあって元気が出ます。

大きい子に小さい子、太い子に細い子、みんなそれぞれ得意なことも苦手なことも違うけれど、
「ええやん そのままで」

あなたはとっても素敵だよ
もっと自分を好きになって

という筆者のメッセージが伝わってきます。

外国の絵本らしいカラフルな色合いが目に飛び込んできます。

あえて、関西弁にされたのにはきっとわけがあるのでしょう。

子育て頑張っているお母さんも、この絵本から何かメッセージを受け取ることが出来るかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くだものむらシリーズ  掲載日:2017/6/28
はりきりみかん
はりきりみかん 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
くだものむらシリーズの一冊です。わかりやすいシンプルな絵で中心に大きく描かれた果物。小さな子にも一目でみかんだ!とわかりやすいです。どのシリーズもこんな風に大きな果物が書いてあるので、子どももわかりやすいです。

ストーリーも単純で、わかりやすいです。
途中で皮がむけてしまうシーンでは、むいちゃうのかな?と思いきや、お母さんにきちんと修理をしてもらえて一件落着です。

特別印象に残るというわけではありませんが、単純明快に進むストーリーは小さな子から楽しめて良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分で絵本が読めるようになったら  掲載日:2017/6/28
スパゲッティがたべたいよう
スパゲッティがたべたいよう 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
このシリーズは私が小学校の一年生の頃、大好きだったシリーズです。
文字も大き目で、時折カラーのイラストのページがあるのが好きでした。
その中でも一番好きだったのがこのスパゲッティが食べたいようでした。

美味しいものがたくさん登場するうえに、とっても愛嬌溢れるおばけちゃん。
アッチがとにかくかわいいのです。こんなかわいいおばけなら友だちになりたいなと幼いながらに思ったのを思い出します。

絵本が自分で読めるようになったお子さんが、次にどんなシリーズが良いかなと迷ったときには、おすすめしたいシリーズです。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絶対におすすめの可愛いシリーズ  掲載日:2017/6/28
カレーライスはこわいぞ
カレーライスはこわいぞ 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
このシリーズは、おばけなのにちっとも怖くなくて、むしろかわいいアッチが登場します。

いつも美味しいごちそうがテーマになっています。今回はカレーライス。食いしん坊の私は、このシリーズがいつも美味しそうで、そしておばけたちが可愛くて、夢中になりました。
自分が大好きだったこのシリーズは我が子にも勧めました。

えっちゃん、ねずみのチとキ。
登場してくるキャラクターも顔に丸みがあって、とっても愛らしいです。

おばけ=怖い なのに、アッチはどんなに頑張って怖くなろうとしても、なんだか可愛いなんて!
憎めませんね。

絵本を一人で読めるようになったお子さんに、是非お勧めしてあげたいシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい けんかすることもあるけれど  掲載日:2017/6/28
すきすきさくらんぼ
すきすきさくらんぼ 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
くだものむらシリーズの中で一番好きなストーリーです。
楽しい、愉快なだけでなく、ともだち、仲直り など考えさせられるテーマがある点が好きな点です。

いつも二人はとっても仲良し。でも仲が良いほど喧嘩するということは子どもの日常にもよくあります。
けんかをして、それぞれの家に帰ってしまうけれど・・なんだかとても後味が悪い。
そんな経験、誰しもあるでしょう。

喧嘩なんてしなければよかったなー・・一人で遊んで、初めて気づく気持ち。
その気持ちに気づけたことだけでもとっても素敵なことです。

次の日、両方の道からやってきた二人が出会うシーンが良いですね。
あいたたた・・でもごめんね。
大切な友達とはやっぱり仲良しがいいですね。

ごめんねは素敵な魔法の言葉。

けんかしても、この一言が言えたら、このさくらんぼさんたちみたいに最後は らん らん らん の気分になれることを教えてくれました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う あわてんぼもここまでくると・・  掲載日:2017/6/28
あわてんぼ りんご
あわてんぼ りんご 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
くだものむらシリーズのりんごはりんごおかあさん。

あわてんぼ とタイトルにあるようにとにかくすごいあわてんぼです。
ここまでくるとお気の毒?なほどのあわてんぼぶりは絵本ならではですね。

最後の最後まであーあー・・とため息が出ちゃうほどの失敗続きですがなんだか憎めないそんなお母さんです。

小さな子どもから楽しめるシリーズです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 頑張れももみちゃん  掲載日:2017/6/28
ももでげんき
ももでげんき 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
ももみちゃんはとってもはずかしがりやさん。

このくだものむらシリーズは色んな性格のくだものが登場してきますが
もものイメージにぴったりなキュートな女の子です。

小さな声でしかあいさつもできない、そんなももみちゃんのようなお子さんなら、きっと共感できる部分も多いのではないでしょうか。

でも恥ずかしがり屋さんなのに、木にはまってしまって注目されてしまって・・可愛いような気の毒なような。

最後は、やっぱりピンクに染まったまま えへへへ
と去ってしまうのですね。

克服してほしかったなーと個人的には思いました。

ももみちゃん!頑張れ!と思わず応援したくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の伝統行事はいつまでも・・  掲載日:2017/6/27
たなばたさま きららきらら
たなばたさま きららきらら 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社
七夕は最近では、家庭でというより、幼稚園や保育園で笹飾りを作ってというところが多いように感じます。

我が家の場合も、子どもが小学校になった途端にお祝いをしなくなってしまいました。
ですので、久々にこの絵本を通して七夕行事を懐かしく感じました。

笹に願い事を書いて、短冊に色とりどりの飾りを作って、季節を感じてこんな風に日本の伝統のお祝いを感じる事ってとても大切です。

この絵本の中で登場する♪がついた部分はきっと歌なのでしょうが・・
どんな歌なのかなーと興味があります。
よく絵本の最後に楽譜がついていたりしますが、この絵本にもあったらいいのになと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いのちをいただく  掲載日:2017/6/26
たべものはどこからやってくる?
たべものはどこからやってくる? 作: アゴスティーノ・トライーニ
訳: 中島知子

出版社: 河出書房新社
我が子は、小学校4年生頃から、釣りに興味を持つようになってから、食べ物はどこから来たのかということや、いのちをわけてもらっているんだということなどに気づき始めました。

毎日の生活の中で欠かせない、お米、パン(小麦粉)、砂糖、塩・・
どれも当たり前のように食べているけれど、どれも自然の恵みと人の手によってつくられてきて私たちのエネルギーとなります。

息子はサバイバルのテレビや本にも興味があるので、実際に海水から塩を作ったり、自分で作った道具で魚をとっていただくことなど大変なことなんだってと知っている知識を私にも教えてくれます。

大切なのはそれまでには沢山の人の苦労もあり、努力もあることを忘れないということです。
頂いた命に感謝して・・・こころをこめて
「いただきます」を言う事が大切なのだと思います。

この絵本は何度も何度も繰り返し読む価値があります。
あらゆるところに漫画のように吹き出しがあるので、読むたびに違う発見があるでしょう。

やはり、その中でも肉や魚は、育てたものを殺して、いのちを頂いているということを改めて再認識しなくてはなりません。

私たちが生きていく為には命を頂かないと生きていけないのです。
それならばどうしたらいいの?

そんな問いかけを子どもと一緒にしながら、いのちを頂くということを親子で話し合うのも良いと思いました。
参考になりました。 0人

1305件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット