バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

鉄人の母さんの公開ページ

鉄人の母さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子6歳

鉄人の母さんの声

397件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 傘を欲しがりました  掲載日:2017/7/18
あまがさ 新版
あまがさ 新版 作・絵: やしまたろう
出版社: 福音館書店
イラストが子供受けしないちょっとホラーちっくです。
全体的にトーンが暗いイラストなのでそれだけで嫌がるお子様もいるかもしれません。

息子は雨が大好きで、小さい頃から排水口を見たり、雨ドイを見たりと雨はわざと出かけました。雨音のぽんぽろと繰り返しが起こる所が気に入ったようでした。

雨が色々なところに落ちて、色々な音がすることを知っているからだと思います。
まだ傘をかってあげてなかったのですが、ねだられました。

プレゼントされた傘と長靴を使いたくて、待ち望んでる女の子の話ですが誰だって貰った物すぐに使いたいものです。桃(主人公)の気持ちになって聞いてねと読み聞かせをして、息子ならどうする?と考えさせたりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オムツが外れたら  掲載日:2017/7/18
はけたよはけたよ
はけたよはけたよ 作: 神沢 利子
絵: 西巻 茅子

出版社: 偕成社
まだ土踏まずが成形されていない子供はバランスが取るのが大変。
パンツやズボンを履く時、はじめはお母さんの肩を借りて、片足ずつ履くことができます。

でも1人で履くとなるとおっとっととたっくんと一緒でドテンと尻もちついてしまいます。
この絵本を読みながら、パンツのはきかたのヒントが書かれています。
そう寝っ転がって履けばいいんじゃない。座って履いてもいいんだよともちろん付け加えて教えます。

何回も何回も自分で頑張って、気がつけば立って履けるように成ってました。
子供は言葉で言っても中々、理解できないことが多いのでこういった子供向けの指導本(絵本)はお母さんにとって大変助かります。

パンツが上手に履けなくて悩んでいるお子様にはオススメです。
ただ、女の子はわからないのですが。(ごめんなさい)
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっと怖いけど  掲載日:2017/7/18
つのはなんにもならないか
つのはなんにもならないか 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
鬼の正体(居ないことがわかった)を知り、絵本を怖がらなくなった時に読んであげました。鬼電話とかで脅かしたので、鬼についてはとても怖がっていましたが

この絵本の鬼は鬼の子子供達、鬼には鬼で悩みがあることを子どもの遊びで教えてくれています。そっかー大変だねと息子と話して、どんだけ尖っているのかな?と2人で想像したりして読み聞かせしました。他にも幼稚園での遊びで角があったら困ることとかを想像させたりもしました。

森への冒険でライオンやゾウ、蛇に食べられてしまう子鬼。
結構パックリ食べられてしまうので、息子もぎょっとしてました。
しかも、どの絵本でも優しいゾウまでが子どもを食べてしまう。
その点がちょっと怖かったようです。結局とんがっている角に救われる話だけど、息子は食べられるところへ行かなければ大丈夫と話しました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う まさにすみませんの辞典  掲載日:2017/7/18
すみません
すみません 作・絵: 川端 誠
出版社: 理論社
コミカルに色々なすみませんを顔の症状や色々なシチュエーションで描いてくれている。
4歳になるとすみませんやごめんなさいが言えて、意味もわかってきます。
でも謝るにも色々あることを教えたかったので読み聞かせしました。

子供は人の失敗話は大好きなので、この絵本の主人公が色々な失敗をして誤り続けていることが楽しかったようです。
誤り方も読みての技量とういうか縁起を問われる感じです。誤り方の喋り方を微妙に変えるのが難しかったかな。ことのほか、楽しめました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 引き算の概念  掲載日:2017/7/14
うさぎのひきざん
うさぎのひきざん 作・絵: かすやなみ
出版社: ポプラ社
引き算、無くなるということ。
数式にしてしまうと、子供はわかりにくく理解しにくい。
数学の基礎だから一緒に指で数えたり、おはじきを使ったりして無くなることが引き算だと読み聞かせしました。

5歳児なので10個からの引き算が頭や指を使って考えるのは限界みたい。
はじめは順に読んでみて、慣れてきたらランダムに引く数が違うように読んでみたりしたりして楽しみました。ゼロの概念もしっかり理解できます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う この頃の男の子  掲載日:2017/7/14
きみなんかだいきらいさ
きみなんかだいきらいさ 作: ジャニス・メイ・ユードリー
絵: モーリス・センダック
訳: こだま ともこ

出版社: 冨山房
毎日毎日喧嘩と仲直りの繰り返しをしている息子へ読み聞かせし巻いた。
この絵本、6歳の息子達(園児多数が同じことお互いに言ってる)の生活にすごく似ていて笑いながら読み聞かせしました。

本人も恥ずかしがりながらや、言い訳を言いながらニコニコして聞いていました。
本当の喧嘩じゃないんだけど、生活のエッセンスなのか?じゃれ合いの一環なのかいっつも同じ喧嘩→でもすぐ仲直り。

自分達と似ている内容の絵本は想像が容易にできるので、食いつきもよくおとなしく聞いています。仲直りができているうちは楽しい喧嘩で終わっていることに、幸せを感じられます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おじいちゃんを思い出す  掲載日:2017/7/14
せっけん つるりん
せっけん つるりん 作・絵: 今井 弓子
出版社: 岩崎書店
私の実家へ行くと、いつもおじいちゃんが息子をお風呂に入れてくれてます。
昔風なお風呂ですが実家とそっくりで息子も親近感がわくようです。

この頃の子供は裸が大好きで、まだ羞恥心もないので家でも裸でわざとウロウロしていることがあります。その点でも、裸で町を練り歩く姿たとてもおもしろかったようです。実際はできないけど、やってみたいこと絵本でやっていることが想像するだけで笑っています。

絵本を読みながらおじいちゃんの背中も洗ってあげて、とっても喜ぶからと次回へつながる話をしながらよく読んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クラッシクを聞かせてみました  掲載日:2017/7/14
うたが みえる きこえるよ
うたが みえる きこえるよ 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
息子と初めてクラシックを聞きに行った後に、読んでみました。
もともとエリック=カールの絵本は大好きだったのですが、この絵本は言葉は書かれていなく独特のカールの世界とイラストとイメージがいっぱい詰まっています。

いつも聞いている曲でもいいのですが、あえて音が溢れているクラッシクを聞いた後に絵の音?音のイメージ?をページを捲りながら2人で考えてみました。

6歳になると経験も色々するのでイラストや音楽を聞いて、色々な想像ができるようになっていることに驚きました。

草花が好きな息子は花の一生のようなことを話していました。
聞かせる曲にも大きく左右しますが、興味深かったです。

その後は大人絵本として私が楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物の名前がわかっていたら  掲載日:2017/7/14
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
乗り物が好きな息子、動物も興味を持つようになった時に読み聞かせしました。
うららちゃんがおばあちゃんのお家へ行く為に電車載っているのですが、駅名がとの時にのってくる動物の名前+「だ」になっています。子供が好きな繰り返しです。

初めのわにだだけでは気が付かないのですが、くまだ・ぞうだ辺りから息子が気が付きます。もちろん、その後読み進めるにしたがって次に乗ってくる動物を当て初めます。うららちゃんがおりる駅はここだ。うっかり居眠りしたうららちゃんにここだよと乗客が教えてくれます。

綿密に考えられている内容にちょっとビックリします。次の駅はおばけだです。
息子とお化けが乗ってくるって〜とニヤニヤして締めくくります。

3,4歳の乗り物好きな男の子にはおすすめな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な感覚  掲載日:2017/7/14
魔法使いのABC
魔法使いのABC 作: 安野 光雅 安野 雅一郎
出版社: 童話屋
安野さんワールド炸裂な絵本です。頂いた時に息子とめくると不可思議な絵や文字があるだけで全く理解できませんでした。
絵本にセロファンミラーというガラスで出来ていない鏡みたいなものがついています。

それを円筒にして中央に置くと、文字や絵が正しい形で見ることができます。
息子も英語を習い始めたので、まずはABCからと祖父がくれたものでした。

息子もオモチャのようにページに鏡を当てて不思議がって見ています。
大人向けな仕掛け絵本です。
イラストも安野さんのコジカルでクラッシクめいた感じで見ていて楽しいです。

高学年になると付属している紙で円形図をかくこともできます。
参考になりました。 0人

397件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット