アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

れいママさんの公開ページ

れいママさんのプロフィール

ママ・40代・福岡県、男の子12歳

自己紹介
絵本は昔から大好きで、本屋に行くとのぞいたりしていました。
今では、息子が通ってる小学校で、
絵本の読み聞かせボランティアをやっています。
ひとこと
子供たちの反応を見るのが楽しくて、
これからも素敵な絵本を探していきたいと思います^^

れいママさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分の言動  掲載日:2013/2/25
シニガミさん2
シニガミさん2 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
「シニガミさん」の続きということで買いました。
今回のお話は切ないお話。

小1のクラスで読み聞かせをしました。
「まだ早いかな?」とも思いましたが、子供たちは楽しみにしてくれて、
はじまったらシーンとなり、真剣に聞いていました。

コブタちゃんは、仲良しのウサギちゃんとケンカして勢いあまって
「ウサギちゃんなんか、死んじゃえー!」と言ってしまい、
数日後に本当にウサギちゃんは死んでしまう…。
そして、シニガミさんに、ケンカ別れしたあとのウサギちゃんのことを
聞いたコブタちゃん。

最近の子供はゲームやテレビの影響なんかもあるのでしょうか、
簡単に「死ね」などという言葉が出てきたりします。

言うのは簡単です。誰にでも言えます。
その言葉は、何も考えず、出てきた言葉かもしれません。

でも、本当にその相手が死んでしまったら…??
そのときの自分の気持ちは?残された人の気持ちは?

そういうことを考えさせられる本だと思います。

この本を読み終わったとき、いつもなら挨拶で終わるのですが、
この日だけはみんなから拍手がおこりました。

きっとみんなの心にも何か響いたものがあったのかもしれません。

子供だけでなく、大人にも読んで欲しい絵本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい シュールだけどおもしろい!  掲載日:2013/2/25
どこいったん
どこいったん 作: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史

出版社: クレヨンハウス
本屋で何気に見つけてパラパラと読んでみたら
おもしろい!ということで買ってきました。

息子に読んであげると、息子大爆笑!!
大阪弁が楽しいらしく、2回目からは読んでるときに
なぜか息子も大阪弁で「嘘ついたらあかんやろ!」とか
「帽子とってるやん!」などと、ツッコミが入ってきます(笑)

寝る前などにもいきなり 「ママ、帽子どこいったん?」と、
絵本のセリフを言ってくるほど気に入ったようです。

ラストでウサギがいなくなると、息子は
「ウサギ、逃げたんかなぁ?」と不思議がっていました。

でも、実は私は最初読んだとき、
ウサギはクマのお尻の下に、下敷きになってるんじゃないかと
思いましたけども(笑)

ラストはシュールですが、テンポよく読めて楽しいですし、
ウサギがどうなったかは、子供自身に考えてもらうとしましょう(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供に大人気!  掲載日:2013/2/11
さる・るるる
さる・るるる 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
この本はかなり昔に本屋で見つけ、
あまりのおもしろさに自分用で買いました。

それが子供が生まれて今は子供のものに。

小学校で1〜4年生までのクラスで読み聞かせをしましたが、
どこのクラスでも大人気!

読み始めると、いつの間にか子供たちも大きな声で
一緒に読んでました。

私がいくと「さる・るるる読んで!」と何度もリクエストがくるほど
大人気な絵本です。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 誰が一番やさしい?  掲載日:2013/2/3
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
2年生のクラスでこの絵本を読みました。
題名からして、怖い本と思ってた子もいたようです。

コブタとオオカミがあと数日で死んでしまうと知っていて
見守るシニガミさん。
病気のコブタを元気になったら食べてやろうと、
必死に看病するオオカミ。
そんなオオカミに食べられてあげたいと思うコブタ。

子供たちは「えー」とか「やさしい〜」とか感想を言いつつ、
食い入るように絵本に熱中してました。

オオカミがコブタに説教する場面では
「なんで怒るの〜」と笑ったりもありました。

最後まで読み終えたとき、子供たちの間では
「誰が一番優しいか」
ということでちょっとした議論がはじまりました。

これは小学生のお子さんにはぜひ読んでもらいたい本だと思います。
参考になりました。 1人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット