すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

じっこさんの公開ページ

じっこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳 男の子2歳

じっこさんの声

886件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 幸せなお父さん!  掲載日:2017/8/20
あたまにつまった石ころが
あたまにつまった石ころが 作: キャロル・オーティス・ハースト
絵: ジェイムズ・スティーブンソン
訳: 千葉 茂樹

出版社: 光村教育図書
趣味の石を集め続けたお父さん。誰になんと言われようが、大好きな石から離れません。なかなか認められませんが、最後は博物館の館長に!
自分のすきなことをとことん追求する大切さ。他人の目を気にしない強さ。このお父さんから、そんなことを学んだ気がします。こんなに没頭できることを見つけられたお父さんはすごいと思うし、うらやましくもあります。
子どもたちにも自分の熱中できることを見つけてほしい。仕事でも趣味でもいいから、自分が幸せを感じられることを続けてほしい。そんなことを考えながら読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お父さんとこどもの触れ合い  掲載日:2017/8/20
パパおふろ
パパおふろ 作・絵: きくち ちき
出版社: 文溪堂
くまの親子のお風呂に入っている様子が描かれます。見ているだけでほのぼのします。お父さんとの触れ合いなので、お父さん大好きな子には特に楽しめるかもしれません。最後にお湯がなくなっちゃうのも、お父さんお風呂あるあるですね(?)。子どもってこういうハプニング的なこと好きですよね。

『ぱぱのぼり』がお気に入りの息子に読んでみましたが、こちらはあまり興味を示しませんでした。お湯があふれるところが、まだよくわからないのかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっと変わった雰囲気の絵本  掲載日:2017/8/20
もりのようふくや
もりのようふくや 作: オクターフ・パンク・ヤシ
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
もりのようふくやの5人の職人に、息子のための洋服を頼んだお父さんでしたが、この洋服屋さんが気に入らなかった様子。この洋服屋がどんなにひどいかを語り始めます。
お父さんの愚痴みたいなんですが、聞いていると『えーっ』という感じになっていきます。服に対するお父さんの要望がなかなかありえないです。要望通りに作ったら、どんな服がしあがっていったんだろう・・・。
絵やデザインが、昔風?ロシア風?で素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 植物学、入門編  掲載日:2017/8/19
じめんのうえとじめんのした
じめんのうえとじめんのした 作・絵: アーマE・ウエバー
訳: 藤枝 澪子

出版社: 福音館書店
地面の下と地面の上を、わかりやすい絵で、シンプルに説明してくれています。余計なものがいっさい描かれていないので、小さい子でもわかりやすいと思います。逆に、図鑑などを見始めた子には、物足りなく感じてしまうかもしれません。でも、大事なことがきっちり説明されていて、理系出身の私でも、よくできているなぁと感じる出来栄えです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいお野菜  掲載日:2017/8/19
じゃがいもちゃん
じゃがいもちゃん 作: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社
じゃがいもがきれいに洗われて調理されるまでが描かれています。
絵がとにかくかわいいです。しかも顔以外のジャガイモの姿はリアルなのが気に入りました。サイズも小さめで子どもにも持ちやすいです。
これを読んでお野菜好きになってくれたらいいなぁなんて思いますが・・・。まずは楽しんでくれたら上出来ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が素敵でした  掲載日:2017/8/18
チムとゆうかんなせんちょうさん チムシリーズ 1
チムとゆうかんなせんちょうさん チムシリーズ 1 作・絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: せた ていじ

出版社: 福音館書店
チムが偶然に航海に出てしまい、嵐にあって、九死に一生を得るお話です。大冒険です。
子どもを持つ親からすると、こんな子どもがこっそり旅に出るなんてあり得るの?!そして、働かせちゃうの?!という感じもしましたが、絵本ですし、おおらかでいいと思います。何より夢があります。しかし、危なかった!とにかく、チムが助かってよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 電車好きの息子がくいついた  掲載日:2017/8/18
パパのぼり
パパのぼり 作・絵: きくち ちき
出版社: 文溪堂
クマの子どもがおもちゃのバスを持って、どこかを走らせています。どんどん上っていきますが・・・。これは誰をのぼっているのでしょうか?
おもちゃのバスが出てくるので、電車好きの息子が(バズを電車と勘違いして)くいつきました。自分を見ているようなのかな。バスを走らせている様子を楽しそうに見ていました。
子どもにはわかりにくい絵なのかなと思いましたが、そんなことないようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかくかわいい  掲載日:2017/8/18
おまめちゃん
おまめちゃん 作: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社
おまめがさやから出て、まめごはんになるまでが描かれています。
サイズも小さくて持ちやすいし、おまめがとっても可愛いし、擬音も多いので、2歳の息子も気に入るかと思ったのですが・・・、まめが好きじゃないからか、あまり興味を示しませんでした。最後まで聞いてはいましたが。
とってもかわいい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 味わい深い絵とストーリー  掲載日:2017/8/18
ぶたのめいかしゅ ローランド
ぶたのめいかしゅ ローランド 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
田舎の歌手のローランドが、都会でも活躍するために、旅をするお話です。途中、王様に紹介してやるというキツネに会いますが・・・。

きつねがローランドにいろいろしかけるところがおもしろいです。それに気づかないローランドのおとぼけぶりもおもしろい。ブタがきつねに食べられそうになる展開は、スタイグの他の本でも見たような。
絵も味わい深くて、おもしろかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵本とは一味違う  掲載日:2017/8/18
おしりたんてい かいとうVSたんてい
おしりたんてい かいとうVSたんてい 作: トロル
出版社: ポプラ社
娘の大好きなおしりたんていのシリーズです。
絵本でも怪盗Uの話がありましたが、この本の一話目もそうです。絵本バージョンより、少し難しくなっています。おしり探しが何か所かあったので、6歳の娘はそれもとても楽しんでいました。まだ、ストーリーよりも、ちょっとしたセリフや絵のおもしろさを楽しんでいる感じがします。
二話目は、ブラウンの過去のお話でした。推理とかはほとんどなかったですが、興味深かったです。
参考になりました。 0人

886件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット