キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

りなりん★さんの公開ページ

りなりん★さんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男3歳 女9ヶ月

りなりん★さんの声

47件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 2歳の娘が大喜び!  掲載日:2008/9/8
わにわにのおでかけ
わにわにのおでかけ 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
2歳の娘がワニが好きなのでなんとなく選んだ絵本ですが、私・5歳の息子・2歳の娘、みんながわにわにのファンになってしまいました。
読みやすい文章、なんだか懐かしい絵、何よりすごく人間っぽいわにわにが大好きになりました。
一番気に入ったのは、金魚すくいをしているわにわにです。
「蚊取り線香が少なくなってる!」「虫がここにいる!」「わにわにのお面が売ってる!」「わにわにふうせ持ってる!」などなど、読むたびに発見があって面白かったです。
他にもわにわにシリーズがあると知ったので是非読んでみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そのとおり!  掲載日:2008/9/8
どうぶつにふくをきせてはいけません
どうぶつにふくをきせてはいけません 作: ジュディ・バレット
絵: ロン・バレット
訳: ふしみみさを

出版社: 朔北社
題名のとおり、動物に服を着せてはいけないことがとても良くわかりました(*^_^*)
ページをめくるごとに、とても困っていることになっている動物達と、最後のページ、すごく皮肉(?)いっぱいで楽しかったです。
子供は文字が読めなくても楽しめるみたいで、自分でページをめくって素直に「うわ〜」と言って楽しんでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すごいインパクトです  掲載日:2008/9/7
給食番長
給食番長 作: よしながこうたく
出版社: 好学社
題名が面白くて中身を見てその絵のインパクトにビックリ。思わず子供に読んであげました。私は給食を懐かしみながら、子供はイラストに喜びながら最後まで楽しく読みました。ところどころに出てくるうさぎさんもかわいかったです。
最後まで読んで、「ママはたまに給食を残して、ダメだったなぁ」と言うと息子は「ボクは給食全部食べるよ!」と自慢げでした。
家では野菜を一切食べない息子ですが、保育園では給食を残したことがないとか・・・「ママだって給食のおばちゃんみたいに一生懸命ごはん作ってるんだよ」と言ったら、晩御飯のサラダにあったキュウリを1枚食べてくれました。少しはわかってくれたかなぁ?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うたがたくさん!  掲載日:2008/9/5
おどる ねこざかな
おどる ねこざかな 作・絵: わたなべ ゆういち
出版社: フレーベル館
我が家の子供達は、ねこざかなの絵本が大好きです。
絵もかわいいし、おもしろい仕掛けもあるし、何より魚の中に猫が入っているのが面白いですね。
いろいろなねこざかなを読みましたが、この絵本は歌がたくさん出てきます。仕掛けは少なめですが、定番のノコギリザメが出てきて最後まで楽しいです。
最後のページでノコギリザメが砂浜に刺さっているのを見て5歳の息子は「あっノコギリザメが普通のサメになっちゃった!」といって笑わせてくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちっちゃくても頑張れ!  掲載日:2007/6/22
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
3歳の息子は保育園に入園してから、今までの狭い世界では自分が一番だったのに、自分より強いお友達や大きなお兄ちゃんを知り少し自信喪失気味でした。3歳児としては大きいほうですが、やはり年中さん・年長さんに比べれば小さく、意地悪なお兄ちゃんには「ちび〜」とバカにされたりして泣きべそをかく日もありました。
そんな時にこの絵本と出会いました。読んでいる間、息子はずっと黙って見ていましたが、最後にじぷたが大活躍で大喜び。仕事から帰ってきたパパに「この消防自動車、バカにされるんだよ、でもほら、ほら、最後はすごいんだよ!」と一生懸命教えていました。
他の車たちを少し自慢に思ったじぷた、外見だけでバカにする回りの車たち、私たち大人の世界に共通する事もたくさんあります。でも、息子には他人を外見だけでバカにしたり、自分はダメだと諦めてしまったりする子にはなって欲しくなく、とても大切な事が詰まった絵本だと思いました。
そして私がとても嬉しかったのは、保育園にいる年長さんが上手に側転をしているのを見て、「しょうた(息子の名前)はできない!」と諦めていた息子が、この絵本を読んだ後、一生懸命練習をしてできるようになったこです。
私も頑張らなくちゃ!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵がとてもきれいです  掲載日:2007/6/18
きんのたまごのほん
きんのたまごのほん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 渡辺 茂男

出版社: 童話館出版
図書館で見つけて、今にも動き出しそうなうさぎに惹かれて借りてみました。確かに絵はとてもきれいですが、ところどころ読みにくい文章や、子うさぎや生まれたばかりのあひるとは思えないセリフが出てきたりして、息子のノリはあまり良くありませんでした。
うさぎとあひるのやり取りはとても面白いので、もう一度私が適当にお話を付けて読んであげたら少し喜んでいました。
何か意図があってこの訳だと思うのですが、我が家の息子には難しかったみたいです。訳者さん、ごめんなさい。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいくりりん、頑張れ!  掲載日:2007/6/18
ハリネズミのくるりん
ハリネズミのくるりん 作・絵: とりごえ まり
出版社: 文溪堂
図書館の人に薦められて読んでみました。
はりねずみの子供のくるりん、とても恥ずかしがり屋さんな姿は入園前の3歳の息子を思い出しました。
すごく努力家のくるりんと、心配そうなお母さん、読んでいる私が「頑張れ!」と応援してしまいたくなりました。
そんな私をよそに、息子は「『こんにちは〜』って言えばいいのにねぇ」・・・ついこの間までくるりんの様に私の後ろに隠れていたのは誰!と言いたくなってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よかったね、こどももちゃん  掲載日:2007/6/18
こどももちゃん
こどももちゃん 作・絵: たちばなはるか
出版社: 偕成社
ご機嫌斜めで逃げ続けるこどももちゃん。息子に読んであげながら何でなのか気になっていましたが、くまのお母さんのセリフでやっと解決しました。よくみれば最初からパンツに手を当てていました。
かわいらしいこどももちゃんと、こどももちゃんを大好きな友達たちがいっぱいで、ほんわかした絵本でしたが、何より最近息子に絵本を読んであげる時、文字だけを読んでおざなりに済ましていた自分に気づかされました。
「何でだろうね〜」と文字だけでなく絵も『読んで』あげることができれば、すぐにこどももちゃんの気持ちに気づけたのにと反省しました。
私もくまのお母さんのように、子供達の異変にすぐに気づけるようにならなくては!と思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やさいさんのぼやきが少し長いかも  掲載日:2007/6/18
やさいのおしゃべり
やさいのおしゃべり 作: 泉なほ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
いもとさんの絵本はいつもかわいい絵で、大切な事を教えてくれるので、題名だけを見て野菜嫌いの息子が野菜を好きになってくれるかと思い読んであげてみました。
正直、息子には効果はありませんでした。少し、野菜さんたちのおしゃべりが長すぎたみたいで途中で飽きてしまいました。この絵本は野菜嫌いな子供達への絵本というよりは、私のような母親への絵本なのかなぁと思いました。確かに我が家の冷蔵庫から聞こえてきそうなおしゃべりが多かったような・・・反省します。
ぼやいているページが大半で、最後の方のページまでずっと暗くて後ろ向きな内容だったなぁというのが率直な感想です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 不思議な絵本  掲載日:2007/6/18
ねむる
ねむる 作・絵: 長 新太
出版社: 文溪堂
長さんの絵本は何冊か読みましたが、どれも不思議な絵本が多いですね。発想力がすごいんですね。
この絵本を読み終わった後、3歳の息子は「これも寝てるの?じゃぁこれは?」とあれこれ指を指して聞いてきました。「そうかもね〜。しょうた(息子の名前)みたいに寝るのかもね。おもちゃさんも机さんも大切にしてあげないとね。」と言うとちょっと不思議そうでしたが、「お〜い、起きてるか〜?おめめはどこ〜?」と話しかけていました。
私たち大人のように『常識』でいっぱいになっていない頭の中では、長さんの絵本も納得できるみたいです(*^_^*)
参考になりました。 0人

47件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット