たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

morimoriさんの公開ページ

morimoriさんのプロフィール

ママ・30代・山口県

morimoriさんの声

646件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おうちの中を大公開  掲載日:2017/5/22
たのしいたてもの
たのしいたてもの 作・絵: 青山 邦彦
出版社: 教育画劇
色々な人たちが住んでいる大きな建物が、断面図のように見開きで展開されています。「こんな家に住みたい」という希望は人それぞれ。喧嘩しそうになりながらも、みんなが気持ちよく住める家に仕上がっていく様子が面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何も言わない木の良さ  掲載日:2017/5/22
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 著者: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
どんなに登ろうとしても手伝ってくれないし何も言わない木。どんなに鳥がフンを落としてきても何も言わない木。本当はお父さんが木になりきっているのに、なんだか本物になってしまったのでは?このあとどうなるの?と気になりながら読みました。何も言わないけど、木ってそこにあるだけでいいな〜と思える存在に感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表情豊か^^  掲載日:2017/5/22
ふりかえりおじさん
ふりかえりおじさん 作: 安西 水丸
出版社: 復刊ドットコム
いろいろな表情を見せてくれるふりかえりおじさんが面白く、ページをめくる度にワクワクさせられました。このおじさんは一体、誰なんだろう?と思っていると、最後にその正体がわかりました。絵や場面展開に工夫が見られて面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本の方が好きかも  掲載日:2017/5/22
小さなバイキングビッケ
小さなバイキングビッケ 作: ルーネル・ヨンソン
絵: エーヴェット・カールソン
訳: 石渡 利康

出版社: 評論社
アニメも何回か見たことがありますが、私は本の方が想像が膨らんで楽しい感じがしました。5歳の子どもが一人で読むのはまだ先のことになりそうですが、ビッケがトラブルを知恵と勇気で賢く解決していく冒険ストーリーは、子どもも大人も楽しめました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろな△  掲載日:2017/5/22
そよそよとかぜがふいている
そよそよとかぜがふいている 作: 長 新太
出版社: 復刊ドットコム
ネコにぎゅうぎゅうされると、ふしぎ!あっという間に△のおにぎりができました。この手にかかれば、たぬきもヒョウもゾウも、みんな三角おにぎりになります。でも、もっと驚きだったのは、周りの景色がすべて三角になったこと。子どもも「ええええ!」と言いながら笑い転げていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 肝試しにも。  掲載日:2017/5/22
てんぐのきのかくれが
てんぐのきのかくれが 作・絵: 青山 邦彦
出版社: 教育画劇
自分だけの隠れ家を作ろうとしていた男の子に、天狗が手を貸し、仲間をたくさん集めます。その仲間たちは妖怪ばかり。最初は怖いお話なのかと思いましたが、だんだん楽しくなりました。うちの子は、お化けの名前を一つずつ確認しながらじっくりと読んでいました。建物の描写が繊細なところも、青山さんの絵本の魅力だなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 旅立ちシーズンにぴったり  掲載日:2017/5/19
ヤマネコ毛布
ヤマネコ毛布 作・画: 山福朱実
出版社: 復刊ドットコム
森を出ていくヤマネコのために、動物たちがそれぞれの思い出を刺繍にして、1枚の毛布に仕上げます。
ヤマネコに贈り物をするなんて嫌だと言っていたシマリスも、最後の別れのときには森の木の葉や木の実がつまった枕を贈りました。
いい思い出も、そうじゃない思い出も、ヤマネコにとっては大切な宝物になったのではないかと思います。
ラストのヤマネコの鳴き声が、切ないような、でも心が温まるような気持ちにさせてくれました。
卒園・卒業シーズンにぴったりのお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一言会話  掲載日:2017/5/15
おもしろかいわ 国際理解に役立つ 第3版
おもしろかいわ 国際理解に役立つ 第3版 著: 羽鳥博愛 永田博人
出版社: 学研
大きな見開きで1つの場面がイラストで描かれている中、一言でできるような簡単な英会話が、漫画のような吹き出しで展開されていました。英語や和訳の漢字が読めない我が子でも、絵の雰囲気でどんなことを言っているのかがわかるようでした。学生の間はずっと長く使えそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 育つ環境は人それぞれ  掲載日:2017/5/15
ぼくのなかのほんとう
ぼくのなかのほんとう 作: パトリシア・マクラクラン
訳: 若林千鶴
絵: たるいし まこ

出版社: リーブル
両親が音楽家であるロビーの生活環境は特殊かもしれませんが、人はそれぞれ、他の人とは違う環境で育っています。思春期の子供が直面する感情や反発心が、両親やおばあちゃんや動物との関りを通して次々と現れますが、ロビーの内面が大きく成長していく姿が生き生きと表現されていて、子どもってすごいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な家族と仲間たち  掲載日:2017/5/15
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
11匹の子供たちを一人で育てるお母さんねずみのフィーフィーはいつでもとっても忙しそう!
フィーフィーが素敵な夏休みを過ごせるよう、子どもたちや町の大人たちが協力し合うお話でした。
まずーいチーズホイホイを頑張って食べたのに、懸賞がチーズホイホイ1年分送られてくるあたりが、妙にリアルで我が子も笑っていました。
でも、ラストはチーズホイホイを上手に使って素敵な夏休みが過ごせてよかったです^^
参考になりました。 0人

646件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット