もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ピンクちゃんさんの公開ページ

ピンクちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女の子6歳

ピンクちゃんさんの声

483件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供が喜びそう!  掲載日:2017/4/20
くれよんぐるぐる
くれよんぐるぐる 作: まつながあき
絵: はやしるい

出版社: くもん出版
すごく発想が可愛らしいというか素敵だなって思いました。
クレヨンを初めて持ってお絵描きをするころの子供にぴったりな気がしました。
初めは誰でも結構ぐちゃぐちゃと書いてみたりぐるぐると丸っぽく書いてみたりすることから始まると思うのですが、本当にその子供らしい初めてのお絵描きをちゃんとした絵にしてくれる、そんなワクワクを体験できる絵本だなって思いました。
子供が初めて書いた線とか丸とかにちょっと付け加えるだけでこんなに違う物になるなんて、というか違う物にしてしまう発想がすごく良いなって思いました。今度生まれてくる子供がお絵描きを始める頃のためにこの1冊はすごく良いヒントになりそうだなって思いました。この1冊を持っていたら子供にとってもお絵かきがもっと楽しくなりそうだし、もっとクレヨンでお絵描きを一緒に楽しめそうだなって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしくなりました  掲載日:2017/4/20
いっさいはん
いっさいはん 作: minchi
出版社: 岩崎書店
なんだかこの本を読んでいるとすごく子供が小さかった頃を思い出しました。うちの子は本当に食べることをしてくれない子ですごく食事の時間困ったなって思い出しました。6歳になった今でも食べることに関しては全く変わっていないので大変なのですが、そのほかにもよく物を投げたりしていたし、積み木とかが出来るようになるとものすごく自慢そうに積み上げて見せてくれていました。この本を読むと本当に子供が小さかったことを色々と思い出させてくれました。こんなこともあったな、うちの子ににてるな。あ、これはうちの子はしてなかったかも。。。とか色々と思いながら読み終えましたが、最後のページの頭ボサボサ状態は本当に毎日のような感じだったのですごく懐かしかったです。思い出に浸れて、またこれからも子供のために頑張らなきゃって思わせてくれた1冊でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 新しいタイプの絵本!  掲載日:2017/4/20
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
ボールが飛んできたり、柿や蚊は分かるのですがそのあとの発想が面白くて楽しかったです。全く予想外だったページが物がいっぱい飛んでくるページで、これは有り得ないでしょ〜!!って子供と大笑いしてしまいました。物が顔に当たるかな〜、っという直前には子供と必死で「早く逃げて!」と思わず声に出してしまいました。読んでいる時も夢中になって読んでいた、というよりはもう絵本のなかに入り込んでしまう感じで読んでしまいました。結構子供と盛り上がりながら読めたのですごく楽しかったです。本当に新しいタイプの絵本というか、ついつい叫んでしまう絵本で、楽しめました。絵にも結構迫力が有って、その場の状況がよく現れていたのですごく面白かったです。お休み前の読み聞かせ向けだと、楽しくて目がパッチリと覚めてしまう気がするので、親子で楽しむ時間用にぴったりな本かなって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イメージしやすくて良いかも!  掲載日:2017/4/20
あかちゃんごおしゃべりえほん
あかちゃんごおしゃべりえほん 作・絵: かしわら あきお
監修: 小林 哲生

出版社: 主婦の友社
今度生まれてくる子供用にすごく良いなって思いました。赤ちゃんが生まれてから3歳になるくらいまでに徐々に覚えていく言葉がこの本には詰まっていて、本の数ページで終わらないところも気に入りました。いろんな言葉が次々と登場して、その言葉に関係している事が次のページに出てくるし、とっても絵が鮮やかで可愛らしいので赤ちゃんが見ても楽しいかもって思いました。長く使えそうだし、とっても可愛らしい絵本だし、赤ちゃんが言葉と絵を通じてしっかりと言葉と意味を覚えてくれそうですごく素敵な絵本だなって思いました。出産祝いにもすごくおすすめだし、本当に喜んでもらえると思うのでオススメです。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う とってもイメージしやすいかも!  掲載日:2017/4/20
あかちゃんごおしゃべりずかん
あかちゃんごおしゃべりずかん 作・絵: かしわら あきお
監修: 小林 哲生

出版社: 主婦の友社
今度出産を控えているのですが、生まれてくる子供用にこのずかんはとっても分かりやすくて良いかもって思いました。赤ちゃんと少しでも早く言葉を通じてコミュニケーションを取れるようになるきっかけになってくれるかもって思いました。赤ちゃんが覚えやすい言葉でこのずかんは表現されているみたいなので、その分赤ちゃんにとっても分かり易いだろうし覚えやすいと思うし、何よりも絵がはっきりとしていて明るい色使いで可愛らしいので赤ちゃんの目を引くと思いました。その絵と一緒に言葉を教えてあげると赤ちゃんにもイメージしやすい気がしました。
赤ちゃんが生まれたらこの本を使って、私の動作とかも加えて赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら楽しく言葉を教えてあげたいなって思いました。とっても可愛らしい赤ちゃん語のずかんだと思うしオススメです。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 凄すぎる絵本でした!  掲載日:2017/4/20
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
何が飛んできてもひょいひょいっと避けてしまうこの男の子もすごいけれど、本当にいろんな物が飛んで来るし、次に何が飛んでくるのか、ページをめくるとびっくりしてしまう物ばかりが飛んできて本当大変な絵本でした。

飛んでくる物に対して、この男の子のあまりにも冷静な感じがまた笑えました。ひょいと避けた後の笑顔も何とも言えず可愛いというか笑えるというか、子供と一緒になって大笑いしてしまいました。

読むというよりはついつい叫んでしまう絵本なので、家族での楽しいひと時にぴったりな本だなって思いました。寝る前の読み聞かせに読むにはちょっと興奮しすぎてしまうのでかえって目が覚めてしまうかな、とちょっと思ってしまいました。

子供に読んであげるつもりがものすごく大騒ぎしながら子供と楽しめたのですごく良かったです。相当盛り上がってしまう新しいタイプの絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しいタイプの桃太郎!  掲載日:2017/4/20
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
いつもの桃太郎とは全く違った感じで読めてすごく楽しめました。桃太郎って本当はこんな気持ちだったのかなって思ってしまいました。今までは普通に桃太郎ってすごいなという気持ちだけで読んでいたのですが、この本を読むと本当の桃太郎の不安な気持ちとかが溢れていてなんだか新鮮な気持ちで読み進めていくことが出来ました。やっぱり桃太郎も鬼が怖かったんだろうな、でもよく頑張ったね、とまるで子供の成長を見守るような感じで読んでしまいました。子供と一緒にこの本を読み終えてから子供が桃太郎だったらどうしていた?とか色々話も盛り上がって楽しめたので、この絵本は絵本以上に楽しめる要素を持っているなって思いました。子供と想像力を働かして思い切り話題に花が咲く、そんな素敵な本だと思いました。私の子供はスーパーヒーローになって鬼をやっつけると強気な桃太郎になるみたいなことを張り切って言っていましたが、実際には恥ずかしがりやなうちの子なのでそのギャップに驚いてしまいました。でも、子供なりに色々と鬼退治に行く自分を当てはめて考えたりしていたみたいですごく子供との楽しい時間が持てて嬉しかったです。新しいタイプの桃太郎、本当に楽しめるのでオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とっても可愛い絵本でした。  掲載日:2017/4/14
おでこ ぴたっ
おでこ ぴたっ 作・絵: 武内祐人
出版社: くもん出版
これから生まれてくる子供のために、この本はすごく可愛らしい本だなって思いました。
「おでこぴたっ」という簡単な表現が何度も繰り返されている可愛らしい絵本なのですが、おでこをぴたっとくっつけている動物同士もとってもそのポーズが可愛らしくてすごく良かったです。また、最後の方にはお父さんとおでこぴたっとしている姿も可愛らしくて良いなって思いました。そして最後のページは思わず「かわいい!」って口に出してしまいました。赤ちゃんがぬいぐるみとおでこぴたっと、その子のパパがしてくれたみたいにしていたのですごく可愛かったです。
おでこぴたっ、という響きの可愛らしさも覚えやすくてリズミカルですごく気に入りました。これから生まれてくる子供にぜひ読んであげたい、そんな絵本だと思いました。
とっても可愛らしい絵本なので出産祝いとかにもぴったりかも、そう思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まるで主人を見ているみたいにすごく楽しめました  掲載日:2017/4/14
ヨチヨチ父 とまどう日々
ヨチヨチ父 とまどう日々 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 赤ちゃんとママ社
やっぱり男性って女性とは違って父親になった瞬間からこんな感じなんですね。うちの主人だけかと思っていました。本当に男性は子供が出来たとなっても実感がわかないみたいだし、子供が生まれてから色々と考え始めたり面倒に思ったり。初めての出産の時の主人を思い出しました。

今は妊婦ですが、2人目を妊娠したのが分かった時もこんな感じでした。これから出産に向けてもなんだか頼りなくてなんだかまた同じようなことになりそうで心配しています。

この本は男性の気持ちをすごくリアルに表現していると思うし、女性が見るとすごく楽しめると思いました。もちろん男性から見ても共感できる部分がたくさん有ると思います。というかこの本を見ると男性はホッとするのかもしれませんが。

でも男性の気持ちが素直に表現されていて、それも絵と文章がものすごくマッチしていてすごく楽しめました。我が家の頼りないヨチヨチ父は今回の出産を期に変わってくれると良いのですが。本当どうなることか。この本を見ると主人の気持ちも分かってきた気がするのでその分を考慮しながら少しだけ大目に見ようかなって思いました。

お母さんでもお父さんでもすごく楽しめる内容になっているし本当に出産を経験した人ならすごく共感できたり笑えたりすると思うのですごくオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とっても素敵です  掲載日:2017/4/14
おやすみ、ロジャー 朗読CDブック
おやすみ、ロジャー 朗読CDブック 著: カール=ヨハン・エリーン
声: 水樹 奈々 中村 悠一

出版社: 飛鳥新社
水樹奈々さんの声も中村悠一さんの声もとっても素敵なのですが、個人的には中村悠一さんの声の方が私は落ち着く感じがしました。でもお二人共とっても優しく読まれているので聞いているうちにいつの間にか眠ってしまいました。

子供に読み聞かせをしてあげる時の参考にしようと思って購入したのですが、参考にするよりもこのCDを子供に聞かせてあげた方が良いかもと思いました。本当にぐっすりと眠れるというか、聞いていると頭でイメージが湧いてくるので知らない間に眠ってしまうみたいで大人の私でも眠ってしまったので子供だったらもっと早く眠ってしまうかもって思いました。

本を持っている人もそうでない人もこのCDが有ればまた違った楽しみ方が出来るし、自分が眠れない時にはこのCDを掛けてお話を聞いているだけで心地良くなってくるので本当にこのCDはオススメだと思います。
参考になりました。 0人

483件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット