すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ピンクちゃんさんの公開ページ

ピンクちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女の子6歳

ピンクちゃんさんの声

453件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う あるあるがいっぱいで楽しめました!  掲載日:2017/2/13
ぜったいねないからね
ぜったいねないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
私の子供も同じように「今日はお風呂に入らない」と言い出したりして、そういった時に限ってのんびりゆっくりリビングでテレビを見ようとしたりお絵描きを始めたり、お腹がすいたとおやつを欲しがったりしています。本当にこの絵本を見ていると他人事とは思えないような内容で凄く楽しめました。と同時によくお兄ちゃんの気持ちが分かるなあ、と思いました。うちの子もお風呂にも入ってくれないとやっぱり気になるし、一度ぐずりだすと本当に止まらないし、夜遅くまで起きていると翌日疲れてギャーギャーと喚き出したりしやすくなるので本当に大変です。何だか凄く共感出来て楽しめた1冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すっごく共感できて可愛いお話でした  掲載日:2017/2/13
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
学校に初めて通うのは本当に子供にとって大事件だと思います。ドキドキするし緊張して眠れなかったり、色んな事が心配になってしまって不安になってしまったりするみたいで、そんな子供を見ていると親まで心配になってしまって・・・。

この絵本はそんな子供の様子を凄く上手く表現しているなって思いました。強がってイヤイヤ言ってみたり、そうかと思うと照れくさくなって照れ隠しをしてみたり。うちの子もまさにこんな感じかなと思いました。これから小学1年生になるのですが今は強がって学校なんて、なんて言っていますが本当はこのローラと同じで好き嫌いが多いので給食も嫌がっているし、友達ができるかも心配しているし、勉強についていけるかとかも心配しているし、凄くこの本を見ていると今の娘の様子と同じ感じで凄く身近な感じで読めました。

でも子供って親が心配しているほど弱くはないんですよね。なんとか頑張ってやり遂げてくれる、そう思います。ローラもちゃんとおともだちが出来ていたし、きっとうちの子もこれから新しいお友達を作ってくれるといいなと思います。

これから小学校に入学する子をお持ちのお母さんやお友達には本当にオススメだと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 数字が溢れている絵本!  掲載日:2017/2/13
ぜったいひとつだからね
ぜったいひとつだからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
数字がとにかくいっぱい出てくる絵本だなっていう印象を受けました。私は数字には弱いのですが、何だか頭が数字だらけになった気がします。でもローラは買ってもらえないよりも買ってもらえたほうがいいみたいで、多く言っては見たけれど結局ひとつだけ買っていたので可愛らしかったです。私の子供も買い物に行く前も支度をするのに随分時間が掛かってしまうし、買い物に行っても必ず何かを買おうとするし、なんとなくやっぱりうちの子はローラにそっくりかなって思いました。今数字の勉強も少しさせているので、数を数えたりしてはいるのですが、やっぱり買い物とか欲しいものがあると多く数をいう感じもローラと似ていて、他人事とは思えませんでした。もらえないよりもらえる方がいい。そんな子供の気持ちもよく伝わってきて楽しかったです。数字がいっぱいになる絵本でしたが、ローラって可愛いなって思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは絶対実行してみなきゃ!  掲載日:2017/2/4
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
本当にうちの子をそのまま絵本にしたようなローラちゃんにはびっくりしました。うちの子も嫌いなものがちょっとでも入っていると全く食べようとしないしいちいち口から出したりして本当に大変で毎日の食事も本当一苦労しています。

でもこんな方法が有ったんですね。お兄ちゃんのアイデアもらいました!このアイデアで今度子供の反応を見てみようかなって思っています。これで一つでも二つでも嫌いな物が食べられるようになったらどれだけ嬉しいことか!

例え一口でも二口でも今まで食べてくれなかった物が食べれるようになればもうそれで十分だと思っています。ただ、食べなさい、とだけではなくてこうやって違うものに例えて食べてみようかなっていう雰囲気にさせる事も本当大切かなって思いました。

凄く良いアイデアをこの本からもらったので絶対実行してみようと思っています。ローラちゃんのお兄ちゃんすごい!うちの子にもこの手で食べさせて欲しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お誕生日プレゼントに最適!  掲載日:2017/2/2
ぼくのきせかえセット
ぼくのきせかえセット 絵: 岸 綾子
出版社: 三起商行(ミキハウス)
私のお友達の5歳の息子さんの誕生日にプレゼントをしました。ちょうどうちの子が女の子用を凄く気に入っていて、それでもしかすると気に入ってもらえるかなと思ってプレゼントしてみたのですが正解でした。その場で開けて直ぐに遊んでくれていました。キャラクターものでもないので直ぐに飽きたりしないで長く遊んでもらえそうと、友達も言っていました。それにマグネットでなくす心配もなくて、着せ替えの種類も全て男の子が憧れたり、身近に知っているようなものばかりみたいで、僕は大きくなったらこんなお兄さんになりたいなとか言いながら洋服を着替えさせていました。プレゼントした私も嬉しかったし、何よりも楽しそうに遊んでくれていたので良かったなと思いました。プレゼントに是非おすすめですよ。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 心地よい気持ちになりました  掲載日:2017/2/2
よるのこどものあかるいゆめ
よるのこどものあかるいゆめ 作: 谷川 俊太郎
写真: むらいさち

出版社: マイクロマガジン社
私の子供も夜なかなか寝てくれなくてしょっちゅう困っています。私も心配事が有ったりするとなかなか眠れなくて困っている事が多いのですが、この本を見ていると本当に心地が良い気持ちになりました。

詩はとても優しく、心地よく、リズミカルで背景の幻想的な写真にすごくマッチしていてすごく素敵でした。写真を見ているだけでもぼーっとしてきそうになっていた私なのですが、本当にこの本のページを読み進めていくと眠くなってきました。

うちの子にも効果がありそうな感じで、毎日の夜の読み聞かせにはピッタリかもと思っています。子供だけでなくて大人でも本当に眠気がやって来る不思議な本なので、眠れなくて困っている友達とかにもプレゼントをしたら絶対に喜ばれるのでは?と思っています。

私のお気に入りの写真は「よるがゆめで あかるいよ」のページとタイトルが書いてある「よるのこどもの あかるいゆめ」と書いてあるページの写真がものすごく幻想的なのと美しいので大好きです。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい 子供のお気に入りです  掲載日:2017/2/1
わたしのきせかえセット
わたしのきせかえセット 絵: 岸 綾子
出版社: 三起商行(ミキハウス)
とにかく可愛らしくて女の子が夢中になって遊べる、そんなきせかえごっこの出来る本だと思いました。それにマグネット式なのでいつでもどこでも遊べるし、ただ本の上においていくようなタイプではないので滑り落ちたりもしないでなくしてしまう心配もないし、これは本当に良かったです。それに女の子に興味のあるプリンセスとかにも着替えさせられるのでうちの子は喜んでいました。どのページも可愛らしくて、何度も遊べるので移動中とか病院での待合時間とかにも役立ってくれています。ぷくぷくシールタイプのきせかえごっこのできる物よりはシールがくっつかなくなって何個かシールがなくなってしまったという心配もなくて安心だし、繰り返し遊べるので便利だと思います。ちょっとしたお誕生日プレゼントにも喜んでもらえると思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい オオカミが逃げた気持ちがよく分かりました  掲載日:2017/1/19
はなくそ
はなくそ 作: アラン・メッツ
訳: ふしみ みさを

出版社: ロクリン社
ジュールがジュリーを助けるためにどんな方法を使って狼をやっつけるのかなって思ってワクワクしてみていました。でもその方法にちょっと私もびっくりしてしまった、というか、気持ち悪い!!!ってちょっと思ってしまいました。ちょっと想像をしてみたら、確かにオエッってなりそうですよね。私はまさにそんな感じでした。

でも、ジュールは男の子だから、そんな事が平気で出来たのかもしれないけれど、ちょっと確かにやっぱりオエッってなりそう!

うちの子は「え〜!」って言いながら大笑いしていましたが、私は狼の顔色が変わっていく場面に共感をしてしまいました。確かに、これからジュールを食べようとしていたのに、そんなことをされてしまうと、食べたくないですよね。何だかよ〜くオオカミの気持ちが分かりました。

本のタイトルにも「はなくそ」とあるように、はなくそが何か関係しているのでは?と思っていたのですが、まさか食べてしまうとは、ちょっとびっくりでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 凄く効果的な本だと思いました  掲載日:2017/1/17
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん
バクのほんやさん ぐっすりおはなしえほん 作: たきせあきひこ
絵: 渡辺 千春
朗読: 倉島 麻帆
監修: 安達 太郎

出版社: エー・アール・シー
子供にも読んで試してみたのですが、実は私も相当なストレスを抱えているのでいつも寝つきが悪くて、相当困っていたので、この本に出会って本当に救われた!と思いました。うちの子が赤ちゃんの頃も相当根付いてくれず困っていたのですが、この本を読んで、これから生まれてくる子供の時には是非参考にさせてもらおうと思いました。本当にうちの6歳の子にも何年もなかなか眠ってくれないので悩んでいたし、私自身もなかなか眠れなくてイライラしていて困っていたので、もっと早くこの本に出会いたかったくらいです。本当に眠りについて困っている人には凄くおすすめの1冊だと思いました。いろいろな解決方法がこの本を読む事で分かってくるので凄くおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 予想外の展開!  掲載日:2017/1/11
しちふくじん
しちふくじん 作: 立川 志の輔
絵: 中川 学
編: 倉本 美津留

出版社: 岩崎書店
七福神って、確か家のどこかに置物で有ったような・・・ってこの絵本を見ながら思い出しました。でも、本当に願いをちゃんと叶えてくれるような七福神が来てくれたら嬉しいけれど、ちょっとここに登場した七福神は全く何も役に立たない七福神で、ちょっと呆れてしまいました。

うちの子は七福神を知らないので、何それ?誰これ?と質問攻めでしたが、最後に七福神が神様に助けを読んでいる場面も面白かったです。そしてその後ろには、神様がちゃんと助けに来てくれているところも有って、この先どうなるんだろう。。。とついつい続きが見たくなりました。
参考になりました。 0人

453件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット