アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ピンクちゃんさんの公開ページ

ピンクちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女の子6歳

ピンクちゃんさんの声

506件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい すごく細かくて読みがいがあります!  掲載日:2017/7/18
たべものはどこからやってくる?
たべものはどこからやってくる? 作: アゴスティーノ・トライーニ
訳: 中島知子

出版社: 河出書房新社
子供と一緒に読みました。本当に絵も細かくてただ眺めているだけでもワクワクしてしまいそうな感じですごく良かったです。子供が読みやすいようにフリガナもふってあるのも良いなって思いました。

うちの主人はフランス人なのでこの本の中に出てくる日本では見慣れない食べ物とかも結構子供も知っているものも有って、あ、これパパの好きな野菜だ、とかお肉だ!とか言いながら色々と楽しみながら見てくれました。

それにこの本は食べ物がどうやって作れているか、そして加工されたりしているかなどがすごく詳しく描かれているので子供にもイメージがとてもしやすいみたいで本当にいい勉強にもなるなって思いました。

うちの子供は毎日3度の食事にすごく時間がかかっているし食事をするのを嫌がっているような子なので、この本を通じてもっと食に関して楽しみながら食べてくれるようになると良いな、そう思いました。この本を通じて食べ物をスーパーで買うときや食事中にもこの本の中に描かれている食べ物が食卓に出てきたりすると話題に出して子供にもっといろいろな食べ物に興味をもってもらえたら良いな、そう思いました。

本当に食べるのが嫌いな子供には苦労をしていますが、この本ならきっとそんなうちの子でも興味を持ってあれを食べてみようかなとか思ってくれるようになるかも、そう思っています。

主人にもこの本を通じて子供と一緒に知っている野菜とか果物とか色々と見て、そして主人にもこれはこうやって作られているんだよとか子供とのコミュニケーションの場として読んでもらえたら良いなと思っています。

本当に絵もすごく丁寧で可愛らしくて楽しめるし、いろいろな説明もされているので本当に勉強にもなるし、眺めているだけでもとても楽しい1冊なので、食べ物にもっと興味を持ってもらいたいお子さんにはもちろん、お誕生日のプレゼントにしてもすごく喜んでもらえる素敵な1冊だと思います。オススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ガーコちゃん凄すぎる・・・  掲載日:2017/6/26
ガーコとリチャードのあいことば
ガーコとリチャードのあいことば 文: 中川 ひろたか
絵: 佐々木 一澄

出版社: 文研出版
ガーコちゃんは可愛いけれどちょっとリチャードにとっては大変な存在なのかも、って思ってしまいました。合言葉の意味が分からなくて勝手にあれこれ想像しちゃったりしてなんだか可愛らしいけれど、その想像がはるかに普通の人の想像を超えていてやまんばまで登場してしまうなんて、ちょっと驚きでした。発想が楽しくて、またリチャードの困った様子も可笑しくて、ガーコちゃんの照れている様子も可愛らしくて、最後には何だか可愛らしい本だなって思いました。ふたりの表情も見所で、表情を見ているだけでも楽しめます。うちも子供と一緒に合言葉を作ってみようかなって思いました。子供とのコミュニケーションがもっと取れそうな、そんな1冊だと思うのでオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵な1冊!  掲載日:2017/6/16
小さな家のローラ
小さな家のローラ 作: ローラ・インガルス・ワイルダー
絵・監訳: 安野 光雅

出版社: 朝日出版社
とっても懐かしい思いが蘇ってくるのと、この絵がとても素敵だなって思いました。このお話の景色をしっかりと描いてくれているので読みながら絵を見ているとまるで映像を見ているような感じで頭の中にスーッと入ってくるのですごいなって思いました。
スラスラと読めるし、読み始めると止まらなくなるドキドキ感、ワクワク感もあるし、本当に生きることの素晴らしさについても考えさせられる1冊だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネジって本当すごい!  掲載日:2017/6/16
にじいろのネジ
にじいろのネジ 文: 安田 真奈
絵: はりたつお
企画: ゆめづくりものづくりプロジェクト

出版社: 象の森書房
好奇心旺盛の私の娘はこの本を読んであげるとすぐにネジを自分のおもちゃとかから探し始めていました。するとここにもあそこにも、本当にあらゆる場所でネジが見つかったみたいでびっくりしていました。

私も一緒になって探してみると、中にはネジが壊れてしまって電池が入れ替えできなくなってしまったおもちゃも見つかったのですが、ネジって本当にどこにでも使われているんだねと子供と一緒に確認をすることができました。

こんなに小さなネジがいろんなものを繋げているんだなと子供にも見てもらいました。そしてネジをつけることで色んなものが出来上がる事も子供に教えてあげました。この絵本の最後のページでネジが出来るまでが書かれているのですがうちの子は本当に興味津々で見ていました。

今まではネジなんて興味もない感じで子供も生活をしていたのですが、子供と一緒にネジってすごいね、ということを話しながらこれから当分はネジ探しが我が家ではブームになりそうな感じでした。

本当にネジは縁の下の力持ちですね。ネジがないと本当私たちの生活はこんなに便利じゃなかったと思います。子供と一緒にネジについて話をしたり考えたりするいい機会になったと思います。いろんなことに興味が有る子ならきっとすぐに興味深々になってこの絵本を読んでくれると思います。

絵はカラフルで楽しめて、文章はリズミカルで、とっても読みやすい本で良かったです。何よりもこの本を読んだことで子供とのコミュニケーションの場が増えた、そんな気もするのですごくオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供に言いたい事が詰まっている本!  掲載日:2017/6/16
おかあさんはね
おかあさんはね 文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子

出版社: マイクロマガジン社
毎日一生懸命子供が生まれてから今まで育てて来たけれどなかなか言え無かった事がこの本の中には詰まっていると思いました。この本を子供に読んであげればきっと子供も私の気持ちが分かってくれるかな、と思いました。ちょっと読んであげるのは恥ずかしい気もしたのですが、絵本だから読んであげられる、絵本だから子供に恥ずかしがらずに伝えてあげられる、そう思いました。

子供を心配している親の気持ちがこの1冊に詰まっていて胸が熱くなりました。こんなにストレートに普段なかなか伝えられないし、胸の中で私が一人願っている事の殆どが子の本で伝えられるので凄いなと思いました。

これ以外に子供に伝えたい事は、いつも笑顔で幸せに育って欲しい、しっかり食べて元気に育って欲しい、ママはいつもあなたの見方だよ、という事を伝えてあげたいな、そう思いました。

これから生まれて来る子供にもこの本は読んであげたいと思いました。これから新しい家族を迎える我が家ですが、大切な子供にしっかりと読んであげたいと思いました。

本当に親の気持ちをしっかりと子供に分かり易く伝えてくれる素晴らしい1冊だと思いました。全てのお母さんやお子さんにお勧めできる素晴らしい1冊だと思います。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 懐かしい気がしました  掲載日:2017/6/16
つけたしことばの本
つけたしことばの本 書: だんきょうこ
絵: ニシワキタダシ

出版社: 高陵社書店
6歳のうちの子はちょっと「ん?」という感じでしたが、親の私が読むとなんだか懐かしいな、この言葉!という感じでした。久しぶりに聞いたというか、そういう懐かしい思い出が蘇ってきました。言葉を変えて言ってみようと言われても思い浮かばなかったのですが、発想がまたすごいなと驚いてしまいました。
新しいタイプの絵本で子供もこの話し方にハマれば言葉遊びをして楽しめるようになるかも、と思いました。実際に私が子供の時に言っていたように、きっと言葉で遊んでみたりもいずれはするんだろうなって思いました。
まだちょっと早いかなという感じでしたが、これから子どもがもうちょっと大きくなって、こういった言葉で話してくるようになるのかな、と思うとなんだかまた懐かしい気持ちになりそうな、そんな気がしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きっと誰もが持っている、なきむしこぞう。  掲載日:2017/6/16
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
6歳のうちのなきむしこぞうと一緒に読みました。本当にうちの子は学校に行きたくない、体育が嫌だ、ご飯を食べたくない、お弁当は嫌だ、と次から次へといろいろなことでよく泣いて親を困らせてくれています。乳歯が抜けそうになるたびに大泣きをして1時間以上も困らされたり、本当に親にとっては大変です。

でも親以上にきっと子供は子供なりに自分なりの葛藤が有るのかなと思います。本当にうちの子はなきむしですが、泣き虫なりに一生懸命に頑張っているんだろうな、そう思って毎日を見守ってあげるようにしています。

この絵本を子供と一緒に読んで、うちの子にも似たようなところがあるなと思いました。大切にしているお人形なのに結構乱暴に遊んでいたり、でもお人形が見当たらなくなるとどうしても今すぐ見つけないと落ち着かない感じで必死になって探そうとしています。子供が探しても見つからないので私が何箇所か探してみると、うちの子はいろんなお人形でもぬいぐるみでも何でもかんでもすぐに自分の持っているかばんやリュック等の中に入れてたまに遊んでいるみたいで、そのままカバンに入れたまま忘れられたみたいでした。それを私が見つけると大喜びでお人形とかと遊び始めました。

なので子供の頃は乱暴でもそれなりにちゃんとお人形でもぬいぐるみでも大好きなんだなと思いました。タダ遊び方が乱暴になってしまうだけで別に悪気はないんだな、そう思いました。

本当にこの絵本を読んでいると私の子供を見ているような感じでしたが、きっとなきむしこぞうは人間にでも動物にでもぬいぐるみとかにでも存在するんだろうな、と思いました。

この本を通じてものを大切にする気持ち、相手の立場に立って考える気持ち、そしてなきむしこぞうは決して一人ではなくて誰もが持っているんだろうなと思いました。大人が読んでも懐かしい気持ちが蘇ってくるし、子供が読んだらきっともっと物を大切にする気持ち、そして自分以外の人や物に対して優しく接してくれるようになるだろうなと思いました。

とても素敵な絵本なので泣き虫さんにはもちろん、そうでない人にも本当におすすめだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろ学べる絵本!  掲載日:2017/6/9
ひとつずつ
ひとつずつ 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
とっても分かりやすく「ひとつずつ」ということが書かれている絵本だなって思いました。みんなが同じように分けると良い場合とそうしなくても良い場合が分かりやすく表現されていて小さな子供にもわかりやすくて良いなって思いました。

本当に有るものの数が少ない場合にあ一人にひとつずつしかダメかもしれないのですが、たくさんある場合には遠慮なんてしなくても良いんだよ、と言っているような感じで、子供には分かりやすくて良いかもと思いました。

本当によく考えられているし、誰か一人が足りなかった場合に誰かが悲しむ事になるという場面も有って平等に分けることの大切さもこの本を通じて小さな子供が学べる素敵な本だと思いました。

入園祝いとかちょっとしたプレゼントにも喜んでもらえると思いました。オススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい気持ちが育ちそう!  掲載日:2017/6/9
かしてあげたいな
かしてあげたいな 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
「かしてあげたいな」というタイトルからもなんだか優しい気持ちが溢れている気がしていましたが、本当に本を読むとすごくこの男の子は優しい子だなって思いました。自分の持ち物を動物たちに貸してあげたらきっと喜んでくれるんだろうな、そういう優しさが溢れていてすごく素敵だなって思いました。

貸してあげる対象の動物たちも面白いし、貸してあげる物の使われ方も意外性が有って楽しめました。想像も付かない感じの発想で子供と一緒に「これを貸してあげたら、この動物はどうするんだろうね?」と一緒に考えながら当てっこをしながら読んでいましたが、結局残念ながら私と子供の予想した答えは全て外れてしまいました。

最後のページでみんながやって来る場面が載っているのですが、そのページがまた、優しい子はみんなが好きだよって言っているような気がしてすごく良いなって思いました。

本当に優しい気持ちになれるし、物を貸してあげる抵抗感とかもこの本が有ればなくなりそうなので子供が優しい子に育ってくれそうな気がしました。本当に優しさいっぱいで楽しい絵本なのでお友達と関わる機会の増える保育園や幼稚園くらいのお子さんからぜひ読んでもらいたい本かな、と思いました。オススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お買い物が大好きな子供に!  掲載日:2017/6/5
ミキハウス 音のでるおしごとえほん レジスター
ミキハウス 音のでるおしごとえほん レジスター 絵: たかい よしかず
出版社: 三起商行(ミキハウス)
子供が幼稚園の時にとってもお買い物とかレジとかに興味を持っていたのでこの遊べる絵本を買ってみました。本当によく考えられているというか、まさにお店屋さんといった感じでポイントカードまでちゃんとピッて出来るのですごく子供は盛り上がっていました。

この1冊で相当遊べるし後片付けにも全く困らないので本当に親の私としても助かるし、何よりも場所をとらないおもちゃなので本棚に並べておけばいつでも遊べるし本当に買って良かった、と思いました。

音も可愛いし、本の絵も可愛らしいし明るい色使いだし、本当に文句なしの遊べる本だと思いました。幼稚園くらいのお子さんへのお誕生日プレゼントとかにもすごく喜んでもらえると思います。とってもオススメです。
参考になりました。 0人

506件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『いちにちじごく』作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット