あおぞらくろくま あおぞらくろくま あおぞらくろくまの試し読みができます!
作: たかい よしかず  出版社: くもん出版
くろくまくんが おそとで遊んでいると、雲がいろいろなものに 見えてきて…♪ おはなし・くろくまシリーズ10作目!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

シュークリームに?
全頁試し読みで読みました。とても爽やか…

おしんさんの公開ページ

おしんさんのプロフィール

ママ・50代・鹿児島県

自己紹介
ずいぶん前に、我が子への絵本の読み聞かせを卒業。
現在、幼稚園で非常勤で働きながら、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。[2007.10]

気が付けば、投稿を始めてもうすぐ5年…
レイアウトも、どんどんリニューアルされている中で、突然、私の年齢がアップしていました。投稿当時の年齢で、ずっときていたのに…正しい表示に、思わずにんまり…
学生だった子どもたちも、みんな社会人になりました。でも、今でも絵本を見ています。大人も楽しめる絵本がたくさんあります。これからも、ずっと関わっていきたいと思います。[2012.5]
好きなもの
絵本。読書。手芸。
できることなら、音楽を聴きながら、針仕事をして、本を読めたらいいな、なんて、ばかげたこと、考えてます。
ひとこと
一冊でも、多くの絵本と出会いたい。
そして、子どもたちに読んであげたい。
絵本の世界を思い切り楽しみたい。

おしんさんの声

1706件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろすぎる!  掲載日:2015/7/25
30000このすいか
30000このすいか 作: あき びんご
出版社: くもん出版
あきびんごさんの作品は、『したのどうぶつえん』や『したのすいぞくかん』と、動物を扱ったお話を知っていましたが、畑のスイカにまで、気持ちをふきこんで、こんなことをしでかすとは、驚きでした。
広い広い畑で大きく育ったスイカをみながら、カラスが言った一言で、スイカたちは、びっくりする行動に出るのです。その結末は想像をはるかに超えていました。読み終わったら、なんだか甘いにおいに包まれたような気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい  掲載日:2015/7/24
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
今日のダローロは、動物の物まねです。
おかあさんといっしょに、そして、とうとう、おとうさんも加わっての、なかなか壮大な物まねです。
読んでもらう子どもたちも、絵本をみながら、一緒にまねをすること間違いなしですね。
でも、しまうまの物まねはちょっと無理かなあ。
家族の温かさや、親子の触れ合いを強く感じることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とってもおいしそう  掲載日:2015/7/17
パティシエのモンスター
パティシエのモンスター 作: かわむら げんき
絵: サカモト リョウ

出版社: マガジンハウス
パリには、モンスターしかいない。
そんなモンスターのお菓子屋さんのパティシエは、なんてほんわかしているのでしょう。登場しているモンスターたちは、みんな愛くるしくて、たまりません。
お話の発想がとても楽しい川村元気さんと、大好きなサカモトリョウさんの絵とのコラボで、ぐいぐいと引き込まれました。モンスターたちの動きもなかなか面白いですが、背景にも、ちょっとした遊び心が感じられ、何度も何度もすみからすみまでみたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなか楽しいではないの。  掲載日:2015/7/17
算数の呪い
算数の呪い 作: ジョン・シェスカ
絵: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: 小峰書店
ある日、算数のフィボナッチ先生が言った。世の中のすべてのことは算数で解決できる。なかなか面白いじゃないの。それを『呪い』なんて言ってはいけません。おとなの世界では、難しい式で成り立つところを、このお話では、子どもたちにも優しくわかりやすく伝えてくれる。
それにしても、この女の子、なんていう顔をしているのでしょうか。この世の終わりのような表情が何とも言えません。そして、なんとか、明るい兆しが見えてきたところで、次の試練が…
あー面白い。算数をもっと身近に感じることができ、その面白さを実感できるはずです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忘れてはいけない  掲載日:2015/7/15
わすれられた もり
わすれられた もり 作・絵: ローレンス・アンホルト
訳: さくま ゆみこ

出版社: 徳間書店
もりにすっぽりおおわれたくにがありました。森の中では、どうぶつたちが動き回り、子どもたちの遊ぶ楽しい声も聞こえていました。木を切る音が響き、家が建ち、町ができ、森はだんだん小さくなっていきました。
人々は、森のことをだんだん忘れていきましたが、子どもたちは忘れなかったのです。
絵がきれいです。
子どもたちの動きが生き生きとと描かれています。
森の声が聞こえる、何か聞こえる…
誰もの心に響く声を聞き逃してはいけないと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大自然の中にいるようで  掲載日:2015/7/8
地球パラダイス
地球パラダイス 詩: 工藤 直子
絵: 石井 聖岳

出版社: 偕成社
綿雲に 花の香りをふくませて
太陽が 空を みがいている コシコシ コシコシ
ときどき その綿雲で
じぶんの顔を ふいている つるり ぴかり
工藤直子さんがあやつる言葉で、大自然の中に自分がいるような気がします。そして、なんて、スケールが大きいのでしょう。
そのうえ、石井聖岳さんの描く絵の世界で、ますます、スケール拡大です。
四季の移り変わりを体で感じながら、素晴らしい世界を楽しみましょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う じつはこれは・・・  掲載日:2015/7/8
ねむれないひつじのよる かずのほん
ねむれないひつじのよる かずのほん 作・絵: きたむら さとし
出版社: 小峰書店
数の本でした。
ある晩のこと、ひつじのウーリィはちっとも眠れないので、散歩に出かけました。
ちょうちょやてんとう虫に出会い、フクロウやコウモリと会話をし、木のりんごをながめ…
よく見ると、ひとつひとつの物の数が増えているんですね。
なかなか眠れないウーリィの様子を気にしながら、数の変化を楽しみ、そしてとうとう行き着いたところはと、楽しめる要素満載のお話です。
もしかしたら、ウーリィ君よりも先に寝てしまうかもしれないね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢かと思ったよ。  掲載日:2015/7/8
ほしのかえりみち
ほしのかえりみち 作: きたじま ごうき
出版社: 絵本塾出版
家族で、出かけた帰り道。
すっかり、夜遅くなってしまいました。
窓の外は、街の明かりがきれいです。ながめていたら、その光は、別のものにかわっていて、なんだか、違う場所にいるようです。
ちょっと変わったところで、燃料を入れていたら、車の形もかわってきて、それからそれから…
これはなに?みんなはだれ?
ふしぎな気持ちと、遊び心も満載で、息つく暇がありませんでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい びっくりカレー  掲載日:2015/7/8
とっておきのカレー
とっておきのカレー 作・絵: きたじま ごうき
出版社: 絵本塾出版
子どもたちが大好きなカレーですが、この山小屋のおじさんが作ったカレーは、また格別の味がするようです。
カレーが好きなのは、人間だけではなさそうです。
山小屋には、色々な動物たちがやってきて、食べた後には、何かおいていきます。それを使って、またカレーを作るのです。そしてやってきたのは、宇宙人。何をおいていったのでしょう。
夢が広がります。いえ、ほんとうにあったこと?
読み終わったら、お腹も頭もパンパン!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんてアドベンチャー!  掲載日:2015/7/8
つかまえろ!
つかまえろ! 作: カタリーナ・ヴァルクス
絵: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
ハムスターのビリーのパパは、すごうでのカウボーイです。
ビリーは、パパのなげなわをかりて、動物をつかまえようとします。
バッファローをつかまえると言い出したところ、ハムスターには無理だと言われたのですが、練習をして挑戦するのです。
その様子が、けなげで一生懸命で、でも、ちょっとこまったさん。
動物どうしのやり取りが、とても穏やかで、ゆったりとした時間の流れを感じ、とても幸せな気持ちになりました。
参考になりました。 0人

1706件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

乙武洋匡さん翻訳絵本『One』『Zero』インタビュー

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中