あおぞらくろくま あおぞらくろくま あおぞらくろくまの試し読みができます!
作: たかい よしかず  出版社: くもん出版
くろくまくんが おそとで遊んでいると、雲がいろいろなものに 見えてきて…♪ おはなし・くろくまシリーズ10作目!
みちんさんさん 30代・ママ

空を見て
青!を感じる絵本でした。 青い空に浮…

おしんさんの公開ページ

おしんさんのプロフィール

ママ・50代・鹿児島県

自己紹介
ずいぶん前に、我が子への絵本の読み聞かせを卒業。
現在、幼稚園で非常勤で働きながら、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。[2007.10]

気が付けば、投稿を始めてもうすぐ5年…
レイアウトも、どんどんリニューアルされている中で、突然、私の年齢がアップしていました。投稿当時の年齢で、ずっときていたのに…正しい表示に、思わずにんまり…
学生だった子どもたちも、みんな社会人になりました。でも、今でも絵本を見ています。大人も楽しめる絵本がたくさんあります。これからも、ずっと関わっていきたいと思います。[2012.5]
好きなもの
絵本。読書。手芸。
できることなら、音楽を聴きながら、針仕事をして、本を読めたらいいな、なんて、ばかげたこと、考えてます。
ひとこと
一冊でも、多くの絵本と出会いたい。
そして、子どもたちに読んであげたい。
絵本の世界を思い切り楽しみたい。

おしんさんの声

1696件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ちょっと不思議  掲載日:2015/7/3
王さまレストラン
王さまレストラン 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
王さまが、お城で『王さまレストラン』を始めました。ところが、王さまの作る料理は、どこか変で、食べられなくて、お客さんは来なくなりました。でも王さまは、新しいお客さんから言われた不思議な料理を出そうとするのですが、なかなかうまくいきません。
以前も読んだことのあるお話でしたが、若山さんの絵で、また新しい息を吹き返し、大人も子どももさらに楽しめる要素満載で、読者の輪が広がっていくこと、間違いなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 結末が、とっても愉快  掲載日:2015/7/3
たまごがいっぱい
たまごがいっぱい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
たまごが大好きな王さまが、ある日とんでもないことを言ったのです。
国じゅうで卵を食べていいのは王さまだけで、めんどりも卵をうんではいけない、うんでいいのは、お城のめんどりだけって。
なんて無茶なことを。
それで怒ったのは、国民だけではありません。めんどりもおんどりも、そして、一番怒って、お城にしのび込んだのは…
王さまとのやり取りも面白いし、出てくる音が何とも愉快で、思う存分楽しむことができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい王さま  掲載日:2015/7/2
王さまめいたんてい
王さまめいたんてい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
『王さまシリーズ』がこのような形で、絵本になって、より多くの子どもたちの目に触れる機会ができたこと、うれしく思います。
かわいい王さまですね。だいじんから、お勉強をしなさいと言われ、こんな形で、『王さまは頭がいいんだぞ』アピールをするのですから。
こんな王さまですから、この国はとっても平和なんでしょうね。だいじんも、そんな王さまのことをちゃんとわかってくれているようで、微笑ましくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごいね!  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻 作・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
おばけのばけたくん、夜中にどこかのお店に入り込んで、ブドウを食べたり、たい焼きを食べたり…
そのたびに体が、どんどん変身していきます。
おもしろいけど、ちょっと気持ち悪いね、そして誰か来たら、何かを飲んでまたまた変身!
あたまいいなあ。でも、なんだか憎めないかわいいおばけです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろいなあ  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
食いしん坊のおばけのばけたくん、今夜はお祭りの屋台で、つまみ食い。
それにしてもよく食べる、そして、見事に変身。
そんな形、そのうえ、そうなっちゃう、もう、キャー・・・
でも最後の最後には、しゅわしゅわしゅわってなっちゃうんだもの、よく考えてるねえ。でも、きっと子どもたちと仲良くなれると思うけどなあ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しそう…  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん
ばけばけばけばけ ばけたくん 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
食べるのが大好きなばけたくん。
そして、食べたものに化けちゃうんです。
おばけといえば、ちょっぴり怖いイメージなんですが、ユーモアがあって、ちょっと頭のいいばけたくんは、きっと子どもたちの人気者でしょうね。
色鮮やかな画面が、子どもたちの目に心地よく映ることでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何を食べたかわかるね  掲載日:2015/7/2
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん たんじょうびの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
食いしん坊のばけたくんは、食べたものに変身しちゃいます。今日は、ばけたくんの誕生日で、パパとママはごちそうを作るのに大忙しです。お手伝いをお願いしたのにちゃっかりとつまみ食いをしてしまいましたが、おやおや、ばれてますよ。
お友だちもやってきて、一緒にごちそうを食べ、どんどん変身していくばけたくんの姿には、もう大笑いです。そして、とってもおしゃれで、きれいです。
みんな優しいし、楽しもうという気持ちがあふれていて、心が温かくなります。
最終ページには、クイズもありますよ。見落としたところがあれば、もう一回、いえ、何度も繰り返し読んで楽しむことができると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんじゃ、これは?!  掲載日:2015/7/2
そよそよとかぜがふいている
そよそよとかぜがふいている 作: 長 新太
出版社: 復刊ドットコム
まさに、長新太ワールドです。
『そよそよとかぜがふいている』という題名からは、想像もつかないような話の展開に、ただ黙って、ページをめくるのみ…
そして、登場するこの猫、『ぺったん、ぺったん』という音。
そして、なにをする!
本当にもう不思議な世界へと引きずり込んでくれるのでしょう。それなのに、とってもいい気分になるから、たまりませんねえ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 森の素敵な思い出  掲載日:2015/7/2
ヤマネコ毛布
ヤマネコ毛布 作・画: 山福朱実
出版社: 復刊ドットコム
ある日、ヤマネコが、ハリネズミに「旅に出る」と言いました。
そこで、ハリネズミは、森の仲間たちに、糸と、布を持っていき、刺繍をするように頼むのです。
いい思い出を持っている動物もいれば、ヤマネコに追いかけられて嫌な思い出しかない動物だっています。それでも、みんなひと針ひと針刺繍をしてくれるのです。それぞれの想いを込めた毛布は、ヤマネコにとって素敵な思い出の品になりました。
もしかしたら、食べられてたかもしれないのに、プレゼントを渡そうと考えたハリネズミくんの気持ちは素晴らしいです。
ヤマネコくんは、今もどこかで、森の思い出に包まれながら眠っていいるのでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そっと見守る  掲載日:2015/7/2
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 著者: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
すーくんは、おとうさんに、「木になって」と言います。
おとうさんは、黙って『木』になります。
さっそく、木に登ろうとしますが、なかなか上手に登れません。おとうさんに助けを求めますが、おとうさんは何も言いません。
心の声が、『きはなんにもいわないの』です。
これって、子育てで、とても大事なことかもしれませね。
『親は、手を出さず、目を離すな。』と言われたこともありました。実践した形が、こういう姿なのかもしれないなと思いました。
最初から最後まで、ふんわりとした時間の流れの中で、父と息子のやり取りが、優しく心にしみわたってきました。
参考になりました。 0人

1696件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中