ペンギンたいそう ペンギンたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おしんさんの公開ページ

おしんさんのプロフィール

ママ・50代・鹿児島県

自己紹介
ずいぶん前に、我が子への絵本の読み聞かせを卒業。
現在、幼稚園で非常勤で働きながら、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。[2007.10]

気が付けば、投稿を始めてもうすぐ5年…
レイアウトも、どんどんリニューアルされている中で、突然、私の年齢がアップしていました。投稿当時の年齢で、ずっときていたのに…正しい表示に、思わずにんまり…
学生だった子どもたちも、みんな社会人になりました。でも、今でも絵本を見ています。大人も楽しめる絵本がたくさんあります。これからも、ずっと関わっていきたいと思います。[2012.5]
好きなもの
絵本。読書。手芸。
できることなら、音楽を聴きながら、針仕事をして、本を読めたらいいな、なんて、ばかげたこと、考えてます。
ひとこと
一冊でも、多くの絵本と出会いたい。
そして、子どもたちに読んであげたい。
絵本の世界を思い切り楽しみたい。

おしんさんの声

1965件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ちょっと怖いんですけど…  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む世界の奇妙な物語
 やさしい英語で読む世界の奇妙な物語 編著: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
奇妙な物語というグループに選ばれたお話に、思わず納得してしまいました。
何となく怖いお話というイメージだったのですが、それを『奇妙』というくくりにしたところ、さすがだと思います。そういう思いで読んでみると、また楽しむことができました。日本語できかされるよりも、英語だとより怖さを感じてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろな場面を楽しめる  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む世界のおとぎ話
やさしい英語で読む世界のおとぎ話 編者: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
内容盛りだくさんの一冊です。
短くまとめられたそれぞれのお話、絵のタッチもそれぞれ個性的で、ひとつひとつのお話を独立したものとして、楽しむことができます。
英語を自分で訳す手段としてのヒントも適切で、とてもわかりやすいと思いました。英語でのお話のスピードもちょうどよく、すぐに耳が慣れました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな話って…  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む世界の爆笑物語
やさしい英語で読む世界の爆笑物語 編者: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
まさに爆笑物語…
世の中には、こんなお話もあるんですね。発想が面白い。ケラケラと笑いながら、英語にも触れることができる。こんなおいしい一冊はないでしょう。楽しく英語にかかわれるユーモアたっぷりの貴重な作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み応えがあります  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む世界の冒険物語
やさしい英語で読む世界の冒険物語 編著: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
冒険物語が7作入っていて、一つ一つのお話もかなり長いのですが、聴きなれた英語の単語が次々に入ってきて、とても理解しやすいと思いました。
お話自体、わくわく感があるので、その世界に引き込まれること間違いなしです。日本語で読み聞かせをするよりも、この音声だとかなり迫力があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豪華な一冊  掲載日:2016/8/24
改訂版 やさしい英語で読むイソップ物語
改訂版 やさしい英語で読むイソップ物語 編者: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
よく知っているイソップ物語が20作も入っていて、CDもついて、このお値段には驚きました。
まずは、英文を読み、意味を考え、訳を確認して、英語を聴く。その一連の流れの中で、英語がすんなりと入ってきます。
子どもたちの英語教育には、大きな役割を果たしてくれる一冊です。
日本語で知っているお話なので、受け入れやすいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 偉くなった気分  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む アンデルセン童話
 やさしい英語で読む アンデルセン童話 編著: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
英語の本を読んでいるようで、なんとなく原書に触れているような気分になりました。すでに知っているアンデルセンのお話でしたが、改めて、英語の音を耳にすると、また新しいお話のような気持ちになり、さらにその意味が自然と入ってくるので、とても偉くなったような気がしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おとなも楽しめる  掲載日:2016/8/24
やさしい英語で読む グリム童話
やさしい英語で読む グリム童話 編著: Live ABC
出版社: Jリサーチ出版
グリム童話が15話も入っています。なかなかの充実感が味わえます。じっくり読んで、しっかり聴いていると、とてもよくわかるので不思議です。子どもたちはもちろんのことですが、大人も一緒になって楽しめるというか、とても貴重な経験ができると思いました。いい勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい けんかの原因は?  掲載日:2016/7/21
カエルくんのたんこぶ
カエルくんのたんこぶ 作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版
森の中であまがえるくんとあかがえるくんがけんかをしています。
ふたりとも、あたまには、たんこぶが・・・
そこへ、とのさまがえるくんがやってきて、けんかのわけをききます。
ふたりは一歩もゆずらず、相手が悪いと言い張っています。どこまでいっても平行線と思われたのですが、思わぬ出来事でそのわけがわかります。
けんかって、ほんのささいなことからおこるんだということがわかります。それまでのふたりのやり取り、大きな体のひきがえるくんが、まあまあとふたりをなだめる様子が何とも言えません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しそうな家出  掲載日:2016/7/21
いえでをしたくなったので
いえでをしたくなったので 作: L・M・スコーペン
絵: D・バーン
訳: 松井るり子

出版社: ほるぷ出版
きっと、おとうさんとおかあさんに叱られたのでしょうね。きょうだいそろって、家出をすることになりました。

きょうだい みんなで にもつを つめた
セーター くつした
マフラー てぶくろ ふゆぼうし

さいしょはきのいえに・・・
好きだったのに、吹き飛ばされてしまった…
つぎは池に・・・
前の家の思い出をひとつ持って次の家へ…
モノクロの世界でも、色が感じられる。
きょうだいの会話は描かれてなくても、そこには、何か感じられるものが…
さあ次はどうなるのでしょう。お話の続きが気になって仕方がありませんでした。
そして、結末は?
なかなかのダイナミックな家出作戦でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわかとした時間  掲載日:2016/7/21
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
ジェイクのお気に入りのベンチに、ある日、一羽の白い鳥がいました。ジェイクは、最初追い払おうとするのですが、小鳥は、どうしてここにいるのかを説明します。ゆっくりと聞いてあげるジェイク、そして、小鳥を手助けをすることになります。
葉祥明さんならではの、優しい筆遣いで繰り広げられる世界、緑色を基調とした絵は、心にやさしく響きます。
参考になりました。 0人

1965件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

 しあわせいっぱい赤ちゃん絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中