もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おしんさんの公開ページ

おしんさんのプロフィール

ママ・50代・鹿児島県

自己紹介
ずいぶん前に、我が子への絵本の読み聞かせを卒業。
現在、幼稚園で非常勤で働きながら、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。[2007.10]

気が付けば、投稿を始めてもうすぐ5年…
レイアウトも、どんどんリニューアルされている中で、突然、私の年齢がアップしていました。投稿当時の年齢で、ずっときていたのに…正しい表示に、思わずにんまり…
学生だった子どもたちも、みんな社会人になりました。でも、今でも絵本を見ています。大人も楽しめる絵本がたくさんあります。これからも、ずっと関わっていきたいと思います。[2012.5]
好きなもの
絵本。読書。手芸。
できることなら、音楽を聴きながら、針仕事をして、本を読めたらいいな、なんて、ばかげたこと、考えてます。
ひとこと
一冊でも、多くの絵本と出会いたい。
そして、子どもたちに読んであげたい。
絵本の世界を思い切り楽しみたい。

おしんさんの声

1633件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うそつきをなおすには  掲載日:2015/2/28
ラリーはうそつき
ラリーはうそつき 作: クリスティアーネ・ジョーンズ
絵: クリスティン・バトゥーツ
訳: つちや あきら

出版社: 辰巳出版
ラリーはうそつきです。遊んでいるのに、「宿題をやっている。」と答え、クリームをなめているのに「食べてないよ」と答え、どうして嘘をつくのと尋ねられると、「うそなんかついてないよ。」と答える始末。
ものがたりを作ったり、思いついたことをしゃべったり、すごいお話をみんなにきかせたり、ほんとのことをおもしろくしてるだけ…だって。
色々な人にどんどん話をしていくうちに、ひとりの女の子の存在が気になります。その女の子ときたら…
でもね、ラリーの心が変わりますよ。ちょっと困ったお話ですが、絵に描かれたラリーはとってもかわいくて、憎めません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おつきさまに新しい友だちができたよ  掲載日:2015/2/28
おつきさまはいちねんせい
おつきさまはいちねんせい 文: きたやまようこ
絵: アンドレ・ダーハン

出版社: 講談社
ダーハンのお話によく出てくるおつきさまが、とうとう学校に行くことになりました。学校に行くことをとっても楽しみにしていたのに、自己紹介をした後で、とてもショックな出来事が起こるのです。もう学校に行かないと、思ったおつきさまでしたが、なんとか頑張って行ったら、今度は…
ダーハンの描く世界は、心がとても温かくなります。お話も、そして温かみのある絵のタッチも、わたしは大好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うそのサーカスだったの?  掲載日:2015/2/28
ほんとうのサーカス
ほんとうのサーカス 作: ミッシャ・ダムヤン
絵: ギアン・カスティ
訳: アーサー・ビナード

出版社: BL出版
「みなさん、ようこそ、わがサーカスへ。いまからすばらしいショーのかずかずをごらんにいれます。
まず最初に世界一おかしいピエロとがんこなロバでございます。」
と、サーカスのオーナーに紹介されて登場しましたが、ピエロもロバも動こうとしません。そのうえ、ウマも、キリンもライオン、イヌも、本当のサーカスをするのだと、みんなで出て行ってしまいました。
まずは、みんなで働いてお金を貯めてテントを買うところから始めるのですから、なかなかしっかりしたものです。それぞれの特技を、そのまま生かしてプログラムを組み立てるというから、奥が深いですね。
黒い縁でかたどられた登場者たちの絵の描き方から、強い心を感じることができました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う その正体とは?  掲載日:2015/2/28
小さな小さな魔女ピッキ
小さな小さな魔女ピッキ 作: トーン・テレヘン
絵: マリット・テルンクヴィスト
訳: 長山さき

出版社: 徳間書店
小さな小さな魔女ピッキの姿を、お話の中で見つけることはできませんでした。でも、確かにいるのです。犬の頭の中に入り込んで、その考えや動きを指示して、悪いことをしている人たちに気づかせようとします。王さまの頭の中にも入り込みました。ひどいことをしている王さまに対しては、恐ろしい仕打ちが待っていました。
もしかしたら、悪いことをしている人の頭の中に入っていくかもしれませんよ。でも、ピッキの姿を、ちょこっとでもいいから見てみたかったなぁ。
絵の表現の仕方が、日本とは違う雰囲気が漂ってきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっといい場所、ありますか?  掲載日:2015/2/28
チャッピィの家
チャッピィの家 作: いまい あやの
出版社: BL出版
チャッピィは、三人の家族といっしょにくらしていました。でも、みんなは忙しくなり、誰もかまってくれなくなって、自分の居場所を求めて家出をすることにしました。
その家出のスタイルが面白い。犬小屋を小脇に抱えて、二本足で、とぼけた表情で歩いていきます。
表紙裏には、色々なスタイルの家出姿があるのも、なかなかユニークです。
はてさて、チャッピィの新しい居場所は見つかるんでしょうか。
本当の居場所、きっと気づくことでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなか面白い妹じゃありませんか  掲載日:2015/2/28
できそこないのおとぎばなし
できそこないのおとぎばなし 作: いとう ひろし
出版社: 童心社
おかあさんにおつかいを頼まれて、不機嫌顔のおにいちゃん。でももっと面白くないのは、妹がついてきたってこと。
この妹ときたら、何かわけのわからないお話をぶつぶつ言っているのです。妖精やら、ドラゴンやら出てくるできそこないのおとぎ話をするのです。ところがよく見たら、案外できそこないではないかもしれません。本当は、きっと楽しいはずですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふしぎなぼうし  掲載日:2015/2/28
ベルナルさんのぼうし
ベルナルさんのぼうし 作: いまい あやの
出版社: BL出版
くまのベルナルさんには、友だちがいません。
いっしょにくらす家族もなく、いつもひとりぼっちでしたが、ベルナルさんは平気でした。ある日、お気に入りの帽子をかぶって散歩に出かけ、お昼寝をしている間に、キツツキが帽子に穴をあけ、住み始めたのです。そのうちに、穴はどんどん増え、ベルナルさんの帽子もどんどん長くなり…
そのうち、また、大きな変化が訪れます。
ひとりぼっちが平気だったはずなのに、鳥の様子を何かと気に掛けるベルナルさん、そして、冬眠に入って…
ベルナルさんの表情、細かく描かれた背景、心の変化に、揺さぶられました。心の中の氷を、そっと溶かしてくれる世界に浸ることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心に滲みてくる  掲載日:2015/2/28
最初の質問
最初の質問 詩: 長田 弘
絵: いせひでこ

出版社: 講談社
今日、あなたは空を見上げましたか。
空は遠かったですか、近かったですか。
から始まる質問が、次々に、投げ込まれてきます。
柔らかい言葉の一つ一つをかみしめながら、心の中で、答えていきました。
そして、バックには、私の大好きな、いせひでこさんの絵が広がっています。
言葉と絵が一緒になって、心に滲みこんできました。やはり、ここにも、大きな木が出てきました。
かわいい女の子が出てきました。
いつまでも、ながめていたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとぉ、さいしょから・・・  掲載日:2015/2/28
まよい みちこさん
まよい みちこさん 作: もとした いづみ
絵: 田中 六大

出版社: 小峰書店
〈みちこさんでもまよわないわかりやすいちず〉を書いてもらってまるみさんの家に向かうみちこさんでしたが…
おっと、最初から間違えてるし、そっちに行ったらだめって書いてあるのに、もう、めちゃくちゃ…お先真っ暗状態。そのうえ、変な所に入っていくし、不思議なものは出てくるし、どうなることやらハラハラドキドキでした。
色んなところに、隠しアイテムがあって、繰り返し読みながら、新しい発見をすることができるのも、魅力的でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想定外の結末  掲載日:2015/2/28
ぐ〜ぐ〜ぺこぺこ
ぐ〜ぐ〜ぺこぺこ 作・絵: 中村 陽子
出版社: 岩崎書店
おおかみはおなかがすいてたまりません。
留守番中のこねこたちを見つけ、なんとかして食べてやろうとするおおかみです。まずは、森に連れていって、いっぱいごちそうを食べさせて太らせてから食べてやろうとするのですが、なんといってもやんちゃなこねこたちに、なかなか、おおかみの思うようにはいきません。
そのうち、主導権はこねこたちになり、そして、なんだか、風向きが変わってきました。おもしろい、おもしろい…
そして、このおおかみさんときたら…
なぜか、心がほんわかとなるお話です。扉絵の森の中の地図も、ちょいとした変化が見られます。お見逃しなく。
参考になりました。 0人

1633件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中