出発進行! 里山トロッコ列車 出発進行! 里山トロッコ列車
作・絵: かこ さとし  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かこさとし新刊! 小湊鉄道の沿線を旅する絵本
ヒラP21さん 60代・パパ

千葉県の養老渓谷を散策
千葉県に住んでいるからでしょうか、養老…

おしんさんの公開ページ

おしんさんのプロフィール

ママ・50代・鹿児島県

自己紹介
ずいぶん前に、我が子への絵本の読み聞かせを卒業。
現在、幼稚園で非常勤で働きながら、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。[2007.10]

気が付けば、投稿を始めてもうすぐ5年…
レイアウトも、どんどんリニューアルされている中で、突然、私の年齢がアップしていました。投稿当時の年齢で、ずっときていたのに…正しい表示に、思わずにんまり…
学生だった子どもたちも、みんな社会人になりました。でも、今でも絵本を見ています。大人も楽しめる絵本がたくさんあります。これからも、ずっと関わっていきたいと思います。[2012.5]
好きなもの
絵本。読書。手芸。
できることなら、音楽を聴きながら、針仕事をして、本を読めたらいいな、なんて、ばかげたこと、考えてます。
ひとこと
一冊でも、多くの絵本と出会いたい。
そして、子どもたちに読んであげたい。
絵本の世界を思い切り楽しみたい。

おしんさんの声

1948件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい なかなかのブラックユーモア  掲載日:2016/6/17
へんしんねこパレオ
へんしんねこパレオ 文: 村上 しいこ
絵: かとう まふみ

出版社: WAVE出版
ここは、なんでもはかせの研究所。
ねこのパレオは、虫になりたいといいます。“へんしんサナギ”に入って、あっという間にちっちゃな“むしねこ”に変身して、さっそく友だちをさがします。
最初に会ったのは、テントウムシ。ちょっと冷たい態度。でも、次に出合ったのはクモ。怖くないのかしらね。食べられてしまうのではと心配しましたが…
虫の世界でいい経験をしたねこのパレオが、最後に思ったこととは?
虫たちもかわいく描かれています。パレオの表情もいいですね。背景の絵も細やかで、子どもたちの目に、はっきりと映りそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へのかっぱって?!  掲載日:2016/6/16
へのかっぱ
へのかっぱ 作: 飯野 和好
出版社: 絵本館
表紙を見て、
なんて、ユーモアたっぷりのかっぱさん。
いったいどんなお話なんだろな?
って思ったら、慣用句の絵本でした。
『鼬の最後っ屁』『馬が合う』など、15の慣用句が、ショートストーリーとして展開します。設定が面白い、絵が面白い…ずっとニマニマしながら読んでしまいました。そして、最後には『蛇足』だってついています。
なかなか素晴らしい、いい勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こわいよぉ〜  掲載日:2016/6/16
のっぺらぼう
のっぺらぼう 作: 杉山 亮
絵: 軽部武宏

出版社: ポプラ社
男の子は、おかあさんに、
「山に行って、たきぎをとってきておくれ。でも、それがすんだら、すぐに帰ってくるんだよ。山は暗くなると、こわいものが出るからね。」
と言われ、山に出かけていきました。
おしょうさんにも言われたのに、男の子ときたら、ついつい…
やっぱり、出た出た、のっぺらぼう。
ちょっと怖すぎます。
逃げても逃げても次々に現れます。
最後の最後まで、ドキドキ感は止まりません。
さて、男の子は、のっぺらぼうの仲間になってしまうのでしょうか。
迫力あるこの絵、かなり怖い…
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 迫力満点!  掲載日:2016/6/16
はっきょい どーん
はっきょい どーん 作: やまもと ななこ
出版社: 講談社
優勝決める大一番!
挑むは、小結明の海。対戦相手は、最強の横綱『武留道山(ぶるどうざん)』ネーミングがなかなか面白い。
土俵際に立つ二人、待ったなし!
二人の大きさの違いに驚き、そして、
はっきょい!
どーーん!
画面いっぱいに広がる対戦の様子が、手に汗握る迫力で、圧倒される臨場感が強く伝わってきます。
最後の瞬間まで、目はくぎ付けです。
表紙裏、背表紙裏に書かれた、『決まり手八十二手』と『禁じ手八手』に、お相撲に対する興味が高まります。
さらに、裏表紙の絵の、ど迫力に圧倒されますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こういう方だったんですね。  掲載日:2016/6/16
ひらめきの建築家ガウディ
ひらめきの建築家ガウディ 作: レイチェル・ロドリゲス
絵: ジュリー・パシュキス
訳: 青山 南

出版社: 光村教育図書
サグラダ・ファミリアが、今もまだ建築途中だということ、その設計者がガウディということしか知りませんでした。そもそも、最初は『サクラダ…』?日本人が作った?くらいの無知ぶりだった私でしたが、この本をみて、その人ができたわけを、詳しく知ることができました。
幼い頃、病弱だった少年が、その限られた行動範囲の中で見つけた自分の生き方でした。素晴らしいと思います。そして、こんなにも名前を耳にすることが多いので、つい最近亡くなった方なのかと思ったら、ずいぶん前のことでした。
知らないことが多すぎる私ですが、これからも、心の目のアンテナを張り巡らし、いろんなことを発見できる人生を送っていきたいと、改めて思ったことでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょにおへんじでいるかな  掲載日:2016/6/16
おへんじ してね
おへんじ してね 作: 中村徹
絵: せべ まさゆき

出版社: フレーベル館
「いぬやまいぬすけくん!」
と呼ばれたら、元気に、
「わん」
なかなかのいいお返事です。
次々に登場する動物たちと一緒についつい大きな声でのお返事がきけそうですね。
さあどうぞ、子どもたちの名前も読んであげたら、どんなお返事が返ってくるか、楽しみだなあ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なにができるかな。  掲載日:2016/6/16
あさごはん できた!
あさごはん できた! 作: 吉田朋子
出版社: フレーベル館
まな板の上、切って、おなべに入れて…
お料理をする手順がわかります。何ができるか、色々考えてみてください。
登場するものが、布でできた素材で表現されていて、画面から、柔らかさとやさしさが伝わってきます。そして、おいしいにおいまで、流れてくるような気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わらえます!  掲載日:2016/6/16
おぱっけ〜
おぱっけ〜 作・絵: ナムーラミチヨ
出版社: フレーベル館
おぱっけ〜
とは、まいったな。
声に出しても、全然怖くないし、その姿も、なかなかのユーモアたっぷり。
表情の変化を楽しみながら、みんな一緒に声に出して、楽しい読み聞かせの時間を過ごしましょう。ついでに、紙粘土で作ってみても面白いかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなかむずかしいぞ!  掲載日:2016/6/16
おやすみ ペンギン
おやすみ ペンギン 作・絵: 浅沼 とおる
出版社: フレーベル館
題名の「おやすみペンギン」にたどり着くまで、かなりの道のりを感じました。
「これなあに」
まずは、ペンギンだね。
でも、次々に現れる「これなあに」は、少し頭をひねりながら…
親子で一緒に楽しむことができるはずです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそうだねぇ  掲載日:2016/6/16
いただきまーす!
いただきまーす! 絵: 宮尾 怜衣
出版社: フレーベル館
縦に開くと、画面いっぱいに広がるおいしそうなお弁当と笑顔。
子どもたちの目がきらきらすること間違いなしだと思います。
いぬ、うさぎ、ねずみ…とくちょうのあるおべんとうばことその中身も興味がもてそうです。
それにしても、ぞうさんのおべんとうにはびっくり!
参考になりました。 0人

1948件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

まずはごっこ遊びから 音としかけのしつけ絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    本日は“つばめこうくう”をご利用いただきありがとうございます♪ さあ、南の島まで、ひゅひゅーん!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
サイン本販売中