おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

耳をすませば猫の寝息さんの公開ページ

耳をすませば猫の寝息さんのプロフィール

その他の方・50代・山梨県

マイ絵本棚

他の本棚

私の絵本館

公開

耳をすませば猫の寝息さんの声

198件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素敵なおかあさん  掲載日:2017/6/16
おかあさんはね
おかあさんはね 文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子

出版社: マイクロマガジン社
初めて読んだとき、このおかあさん、もしかして・・・
って思ってしまいました。なんだか縁起でもないですよね、すみません。
なぜそう思ったのかと考えたのですが、あまりにも静かで・・・
自分が現実の喧噪の中にいて違いすぎたのかもしれません。

そこでふと私は面と向かってこういうことを子どもに言って来なかったと思いました。そして実際、私はこのおかあさんほど優しくないなあと思いました。

う〜ん、やっぱり直接そう言わなかったけれど、心のどこかで無意識にそう願っていた気もしてきました。今更ですが、この際そう願っていたってことにします。

もうすっかり私よりしっかりしている我が子たち。いつの間にか逆転して、こっちが心配されているような気がするけれど、いつか孫ができたときに、孫に『あなたのおかあさんはね』って話してあげようっと!!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やねうらねずみさんってもしかしたら  掲載日:2017/6/16
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
幼い子どもとぬいぐるみのお互いの思いを知るという優しいお話だと思いました。

子どもの行いに堪えきれず家出したぞうときりんとらいおんのぬいぐるみ。家出が成功してもその後どうしていいやら分からず、途方に暮れる。そういう思いも過去にしたような懐かしくも切ない思いがよみがえります。

やねうらねずみは一役買っているのか、それともただ面白がっているのかよく分からないまま読み進めていきましたが、『ねずみのぬいぐるみもあれば良かった』という一言でなんだかんだ言っても羨ましかったのだなと確信しました。

私はなきむしではなく、たぶんぐっと我慢してしまう子だったように思います。今も不安な気持ちをただただ胸に秘めている方だと思います。この幼い子のように感情のまま泣くことのできる子が羨ましい。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 考えさせられましたが、怖い!  掲載日:2017/5/22
にんげんごみばこ
にんげんごみばこ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
言いたいことは分からなくもないのですが、にんげんをごみばこに捨てるという発想にびっくり。思いとどまってくれて良かったですが、こんなごみばこが存在するという物語はいただけません。それも皆一度はママ、パパ、先生を捨てようと並んだのでしょう、怖い怖い!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へー、そうなのですね  掲載日:2017/4/14
ヨチヨチ父 とまどう日々
ヨチヨチ父 とまどう日々 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 赤ちゃんとママ社
うちの場合、もう何年も何年も前の事だし、夫は忙し過ぎ、あまりいろいろ言わないので、へー、そうだったんだぁって思いました。今更ですが、勉強になりました。
この本を、子どもが読むとどういう反応をするか楽しみ!!
女の子は?男の子は?
自分の親の事を思い浮かべるか、将来の自分を想像するか。
ママは妊娠中から少しずつママになっていくけれど、新米パパって考えてみると大変ですね。ちょっと『蚊帳の外』という気持ちも理解できました。今更ですが・・・
いずれにせよ、子どもにはもの凄く想像力をかき立てる本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1年生の紹介します。  掲載日:2016/11/23
のぞいてみよう! いろいろなのりもの
のぞいてみよう! いろいろなのりもの 監修: 松島 浩一郎
出版社: JTBパブリッシング
1年生の2学期に働く車を学びます。この本は丁度良いなあと思いました。詳しく説明されていて、外からでは見えない部分まで見せてくれて、とてもよく分かりました。そうなっていたんだぁと、知らなかったこともたくさんあって、楽しかったです。それにいろんな乗りものが出てくるので、飽きることがありません。きっといろいろな乗りものに興味を持つことでしょう。
こんなに詳しく、たくさん乗っていて、このお値段は安いなあと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う いちにちけんだま!大笑い!!  掲載日:2016/8/9
いちにちおもちゃ
いちにちおもちゃ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
おもちゃって大変な思いをしているのですね。よーくわかりました。ホント、ちゃんと扱って、ちゃんと片付けてあげなきゃ、ダメですね。そんな思いを伝えたくてこの本ができたのでしょうね。でもいちにちけんだまは意外な展開に・・・たしかにイタイ、痛すぎる!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らなかったぁ・・・  掲載日:2016/7/26
いちにちどうぶつ
いちにちどうぶつ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
動物っていろいろ特技や特徴があって、知れば知るほど興味深い。
その動物にいちにちなって体験できたら本当に面白いだろうなぁ。この本をきっかけに、動物の生態やその本に興味を持ってくれるといいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いちにちシリーズおもしろい!!  掲載日:2016/7/21
いちにちおばけ
いちにちおばけ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
いちにちおばけ、なってみるとおばけって楽しいかもって思う男の子。なってみようと思う理由も面白いし、『いちにちおばけ』にはおちもついていて、とても面白かった。
メデューサは見たものを石に変えるとしか覚えていなかったけれど、そうそう髪の毛も一本一本蛇に変えられてしまうのだったと思い出した。怖いメデューサも面白く描かれていてちょっとびっくり。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あっ!ジェイクだ  掲載日:2016/7/19
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
鎌倉の葉祥明さんの美術館で、ジェイクが迎えてくれてからもう何年経つのだろう。写真をみているせいか、今でも同じようにあそこにいる感じ。
ジェイクって優しくて、人懐っこくて、ちょっぴり寂しがり屋で、しろいとりとの出会いもジェイクそのもも。また会いに行きたくなりました。
しろいとりさんも、仲間と一緒にまたジェイクに会いに来て、仲間に紹介してあげてほしいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ジェイクと一緒に宇宙を旅した気分です  掲載日:2016/3/2
星空のジェイク〜JAKE’S STAR〜
星空のジェイク〜JAKE’S STAR〜 絵・文: 葉 祥明
訳: リサ・ヴォート

出版社: Jリサーチ出版
葉祥明さんには何度かお目にかかったことがあります。鎌倉にも行って、ジェイクに迎えてもらいました。このお話で、そのジェイクと宇宙を旅した気分になることができました。自分のいない地球なんて、宇宙飛行士にでもならない限り見えないので、とても夢を感じました。英語でも読めるといいなあと思いました。BGMでも流しながら・・・
だた、『こんばんわ』はおかしくないですか?『こんばんは』ですよね。読み始めてまもなく、ちょっと突っかかってしまいました。
参考になりました。 0人

198件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット