ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語

ぽぽぽこりんさんの公開ページ

ぽぽぽこりんさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、男の子5歳

ぽぽぽこりんさんの声

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やっと女の子向け  掲載日:2015/11/6
どこ? どうぶつたちと さがしもの
どこ? どうぶつたちと さがしもの 作: 山形 明美
出版社: 講談社
今までの「どこ」シリーズはどちらかというと男の子の方が
喜びそうな感じでしたが、これは、女の子にはいいですね。
とにかくかわいい♪

どこにあるか見つける、間違い探し系にハマる時期にはぴったり。
これだけ細かくてかわいいと、他の質問も出来て楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ウルトラマンのおかげ  掲載日:2015/7/17
ウルトラかいじゅうあいうえお
ウルトラかいじゅうあいうえお 出版社: 交通新聞社
たのしみながら平仮名を覚えるにはうってつけ。
息子はウルトラマン好きなので、ウルトラマンの大図鑑やこちらを
楽しんでみているうちに平仮名、カタカナを覚えてしまいました。
好きこそものの上手なれといった感じです。
この本は、なかなかマニアックなところをついてくるものもあったり、
語呂合わせも楽しいです。
ウルトラマン好き子で平仮名を覚えるときにはぜひ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まだうまく辿れませんが・・  掲載日:2015/7/15
あみだだだ
あみだだだ 文: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正
構成: 中辻 悦子

出版社: 福音館書店
迷路や地図が好きで、谷川 俊太郎さんのリズミカルな言葉が
好きな息子は、ハマリまくりです。
何度も何度も「一緒に!!うわぁ〜〜!ひゅ〜〜!!ギザギザ〜〜!!おっとっと〜〜!!」とまるでジェットコースターに乗っているかのような騒ぎようです。
しばらくは、あみだ三昧の日々です 笑
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 3歳にはちょっと早すぎたか・・  掲載日:2015/7/15
新装版 えをかく
新装版 えをかく 作: 谷川 俊太郎
絵: 長 新太

出版社: 講談社
谷川 俊太郎 さんの絵本は、息子も結構好きなのですが
これは、ちょっと食いつきが悪かったです。
元々、絵を描くことが、あまり得意でない息子に想像力を・・と
思ったのですが、ちょっと想像がうまく出来ないようでした。
ゆめのページはさらにちょっとこわかったようです。
大人的には、いいと思うのですが。

もう少し大きくなったら、また読んでみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親のための絵本  掲載日:2015/6/29
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 著者: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
絵本の観点とは違うけれど、亡くなった祖父を思い出し
ちょっとうるうるしてしまいました。
何を言わなくてもずっと見守っていてくれる。そう思えることが
何よりの自信に繋がっているような気がします。

親となった私は、まだまだ未熟で、
自分で考えて得たものは、簡単に教えられたことよりも
ずっとその子の力になる。
分かってはいるものの・・ついつい教えてしまったり、
やりやすいように導いてしまう。

その時に出来るということが大切なのではなく、
自分でできたというプロセスが大切。

親がふと立ち止まって、自分の育児を考えてみる・・。
そんな絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歯磨きにも応用  掲載日:2015/5/29
ダリーをやっつけろ
ダリーをやっつけろ 文: ひらい たろう
絵: くらしま かずゆき

出版社: あいうえお館
ウルトラマンが大好きな息子。
このシリーズは結構揃えています。
他の本は、名作を元にしたものが多いのですが、これは、
手洗い、うがいをしましょう。というもの。

お友達が風邪をひいていく中、
ダリーというばい菌をやっつけるためにどうしたらいいか・・
ウルトラの母扮する保健室の先生に聞きに行きます。
ただしいうがいや手洗いの方法も書かれています。

どうして風邪をひいてしまうの・・
普段は目にすることのないばい菌が見えることで、
子供にはわかりやすかったようで、歯磨きのときも
「ダリーがいる!やっつけるぞ〜!」と
楽しみながら磨けるようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぼくだって!  掲載日:2015/5/29
「えいっ」
「えいっ」 作: 三木 卓
絵: 高畠 純

出版社: 理論社
小さい頃は、同じように信号を変えていたのを思い出します。
でも、子供も子ぐまくんように成長する。
子ぐまくんの素直さと一生懸命さがなんだかやさしい気分になりました。

お父さんは、どうだすごいだろ!と自信満々。
だけど強くて優しくて・・憧れのお父さんに負けまい、お父さんみたいになりたい、とする子供も考えて・・考えて・・
最後は、お父さん完敗ですね。

お父さんと一緒に小旅行。
ポップコーン買ったり、電車に乗ったり、子供にはわくわくすることばかり。
世の中のお父さんは、なかなか忙しいでしょうが、
くまのお父さんのように一緒に子供とわくわくを楽しんでもらいたいですね。
「ぼくのいちばんすきなひとをだすよ。」なんて言われたら、
お母さんはうれしいな〜。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 先生気分  掲載日:2015/5/29
ポカポカフレンズのおんがくえほん ピアノ
ポカポカフレンズのおんがくえほん ピアノ 絵: さつき ねむ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
2歳の頃は、保育園で歌う歌があって、毎日のようにハマってました。
3歳になると、先生がひくピアノのマネをして、
先生のように振舞っています。

弾いてるのはでたらめですが、自分では、結構うまく弾けてると
思っているようで、得意気です。
楽しいと思えることを手軽に見つけられるのはいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なぜ大仏なんだ??  掲載日:2015/5/29
アルパカパカパカやってきて
アルパカパカパカやってきて 文: おおなり 修司
絵: 丸山 誠司

出版社: 絵本館
動物たちが、リズムよく登場します。
おかあさんといっしょの体操の中でアルパカが大好きな息子は
すぐ食いつきました。
他にもないかといろいろ考えてしまいます。

でも、なぜ最後は、動物じゃなくて、大仏なんだ・・??
でも、息子は、ぶつぶつ言って去っていく大仏がお気に入りで
そこを読むと、ぶつぶつ言っています。

こういう韻を踏む感覚は、読んでいても聞いていても
楽しめるのではないかと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 買うのには勇気ある絵本ですが  掲載日:2015/5/29
とびだせ! チンタマン
とびだせ! チンタマン 作: 板橋雅弘
絵: デハラユキノリ

出版社: TOブックス
男の子がおちんちんを触るのは、誰でも通る通過点。それは、すくすく育っている証拠。と出版社の方はおっしゃられてますが
息子も確実に通過・・立ち止まってますが・・しています。

でも、やはり母親としては、どうにかならないものかと思ってしまいます。
やみくもに叱るのもよくないし・・と思っていたときにみつけました。

表紙からして、どうなんだ??と疑問を持ってしまう方もおられるかも
しれませんが (笑)
うちは、ギャグっぽい絵本が好きな家族なので、叱るよりちょっと
読んでみようと思い購入しました。

父親は、節々に書かれるチンタマンの気持ちがよく分かるのか
超お気に入りになってしまいました。
なかなか考えられていると感心しています(笑)

肝心な息子はというと、読んだ次の日の朝、触っていたので
「飛び出しちゃってるんじゃない??」と聞くと真剣な顔で
パンツの中を確かめてました(笑)
でも、なかなかこれでやめることはなく・・

ま、斬新な楽しい絵本だから、いっか〜〜!
参考になりました。 0人

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット