クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

はるとうちゃんさんの公開ページ

はるとうちゃんさんのプロフィール

せんせい・30代・東京都、男の子5歳 女の子3歳

はるとうちゃんさんの声

185件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子ども2人とも大好きだった絵本  掲載日:2017/11/28
ママ、あててみて!
ママ、あててみて! 作: 末吉 暁子
絵: 林 明子

出版社: 偕成社
 長男と長女。全く性格が違うので、絵本の好みも全く違います。そんな2人が珍しく、大好きでたくさん読んでいた絵本です。
 
 「ママ当ててみて…」と女の子とお母さんの言葉のやりとりが、楽しいです。繰り返しがたくさんあり、リズムよく読み進められますね。絵のタッチも優しいです。

 不思議なもので、この絵本は妻が幼い頃から読んでいたものなのです。「だから2人とも珍しく好きになったんだ…」と嬉しさと不思議さが入り混じった気持ちになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏に読みたいな…  掲載日:2017/11/28
やきそばばんばん
やきそばばんばん 作: はらぺこめがね
出版社: あかね書房
 焼きそばといえば夏。と勝手に思い込んでいるので、保育園では夏によく子ども達と楽しんで読んでいます。

 「やきそばばんばん」という言葉の響きが楽しいですよね。この言葉によってとってもリズミカルになるな…と思うので、読み手も心地よく読めます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こわい→すてき  掲載日:2017/11/28
すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ 作・絵: トミー・アンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
 この絵本を最初に見た時の印象は「こわい…」でした。それは子ども達にとってもお同じで、怖いものが好きな子は「読んで!」、怖いものが苦手て子は、「読まないで!」とはっきり分かれます。やはりまっくろな3人組はインパクトがあり、「怖い話なんだろうな…」と思いますよね。

 でも「すてき」なお話です。怖かった3人組は、ティファニーちゃんとの出会いを境に、素敵な3人組になります。話が終わると安心感から、ほっこりとした気持ちになります。

 ビッグブックもあり、お話会で重宝させてもらっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい Hくん。おぼえているかな?  掲載日:2017/11/24
ノラネコぐんだん パンこうじょう
ノラネコぐんだん パンこうじょう 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
 今は6才のHくん。私がHくんのクラスを担当したのはまだ2才だったね…。

 あの頃はまだまだ幼くて、自分の思いを言葉で伝えられず、友だちや先生に対して叩いたり押したりして、自分の思いを伝えようとしていたね。先生はそんなHくんの思いに気付いてあげられない時もあり、どうやって仲良くしていけばよいか…悩んでいたよ。

 そんな日々の中で出会えたのが、この『ノラネコぐんだん パンこうじょう』。みんなの前で読むと、すぐにこの絵本が大好きになったね。その日から私が絵本を準備していることに気付くと、「ノラネコぐんだん読んで!」とよくせがんでいたね。ノラネコぐんだんのいたずらに、ニヤリと笑うHくんの表情が忘れられない。そして、目が合って笑い合えた時は、気持ちが通じ合えた気がしたよ。

 Hくん。おぼえているかな?

 人の気持ちを大切にできるHくん。大きくなってくれてありがとう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 長男に教えてもらった1冊  掲載日:2017/11/24
いちにちじごく
いちにちじごく 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
 自宅近くの本屋さんに行くと、必ず「取って!」と私に言って読み始める「いちにちシリーズ」。「何でそんなに好きなのかな…?」と思ってのぞいてみたら、「ああ…これは子どものツボを押さえたシリーズだな…」と納得しました。

 この絵本はまず絵にインパクトがあります。何か悪いことをすると、それはそれは恐ろしい地獄へ…。大人が見ても恐ろしいたくさんの地獄があります。しかし、「○○したら○○地獄だよね?」の子どもの一言に「絵本でそんなこと教えていいのかな?」と考えさせられました。ただ、そんな怖い絵本んが1冊ぐらいあっても良いのかな…とも思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 妖怪好きにおすすめ  掲載日:2017/11/24
妖怪探検図鑑(1) 身近な山や水辺の妖怪
妖怪探検図鑑(1) 身近な山や水辺の妖怪 文: 村上 健司
絵: 天野 行雄

出版社: あかね書房
 ある絵本のイベントに長男と行き、妖怪好きな長男が選んで買った1冊です。

 4歳ぐらいの子どもは妖怪が大好きですよね。たくさんの妖怪の名前をすぐに覚えるので驚きます。「へぇ…こんな妖怪いるんだ?」と大人も思わず見入ってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大爆笑間違えなし!  掲載日:2017/11/24
いちにちおもちゃ
いちにちおもちゃ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
 我が子、そして保育園でも大人気の「いちにちシリーズ」。そんな中でも大爆笑間違えなしなのがこの「いちにちおもちゃ」です。

 ユーモアに溢れている絵で、身近なおもちゃの動きに「そんな動きするの?」と笑ってしまいます。
 
 そしてさんざんおもちゃの動きに笑った後、、最後はお片づけをするというオチの場面になぜかシュールさを感じます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いちにちシリーズの中では…  掲載日:2017/11/6
いちにちぶんぼうぐ
いちにちぶんぼうぐ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
 保育園の4・5歳児に大人気の「いちにちシリーズ」。このシリーズは子ども達にすぐに大爆笑をもたらしてくれるのです。しかしその中では子ども達にはまだあまり身近でない文房具が題材ということもあって、「これは何?」という反応が最初は多かったです。

 それでもユーモラスな文房具の表情に子ども達も思わず笑ってしまいます。子ども達の心を上手くとらえているなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい思い…  掲載日:2017/11/6
くまのコールテンくん
くまのコールテンくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
 なかなかお客さんに買ってもらえない、デパートにいるくまコールテンくん。ある日自分のボタンが1つとれていることに気付き、デパート中を探し回ります。そんなある日運命的な出会いが…。
 
 コールテンくんのデパートを歩き回っている時のワクワク感。警備員のおじさんに見つかりそうになった時のドキドキ感。自分はもちろん、保育園の子ども達も息をひそめながら、じーっと見入っています。そしてリサちゃんに出会えた時の安心した表情。その表情を見ると読んでいる自分も温かい気持ちになります。

 この本を読んだ時、自分の幼い頃に大事にしていた゛かっぱのカッチャン゛を思い出しました。大人にはボロボロのぬいぐるみでも子どもには大切な離れられない友達。そんな大切な思いを思いださせてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもの心を鷲掴み  掲載日:2017/11/6
いちにちおばけ
いちにちおばけ 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
 ある近所の本屋さんで長男が必ずかじりついて見ていた「いちにちシリーズ」の中の1冊。子どもを笑顔にするツボを上手くおさえた絵本だなあと驚きました。ユーモラスなおばけたちの絵が魅力ですね。
 
 保育園では4・5歳児に大人気で、必ず「読んでコール」→「大爆笑」が鉄板になっています。出会わせてくれた長男に感謝です。
参考になりました。 0人

185件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット