かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

Tamiさんの公開ページ

Tamiさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県、男の子7歳

自己紹介
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」に刺激を受け、
自然の中で子育てをしたいと、息子が1歳のときに、東京から千葉の海辺の町に引っ越しました。
毎日海や山を駆け回って遊ばせていますが、塾や習い事がまったくない地域なので、
せめてもと、絵本の読み聞かせを始めました。
息子の声に応えながら毎日1時間くらい読み、読書記録をつけていたら、
5歳までに読み聞かせた回数は20000回、読み聞かせた本は5000冊を超えました。
5歳半くらいからは完全に一人読みに移行。
夜は毎日2時間近く読むほどの本好きに成長しました。
好きなもの
5歳の息子が好きなもの。
電車、消防車、飛行機、ヘリコプター、戦闘機、レスキュー車、ロケット、などなど。
電車絵本だけで200冊以上読みました。大宮の鉄道博物館の年パス会員。

2016年、6歳。
「宇宙のサバイバル」をきっかけに急に宇宙にはまりました。
宇宙関連の本ばかり読んでいて、レゴではソユーズやアポロやスペースシャトルを作っています。

2017年、7歳、小2。毎日1時間は読書をします。
「実験対決」、「発明対決」、「サイエンスコナン」、「はたらく細胞」、「まんがサイエンス」など、科学漫画が大好きな科学っ子。
山岳救助の漫画「岳」や航空自衛隊レスキューパイロットの漫画「レスキューウィングス」も読破。
大人向けの漫画や図鑑も読むようになりました。
「ゾロリ」シリーズも5歳から読みつつ今だに愛読書。
趣味は盆栽。
ひとこと
レビューは子育ての記録のようなものです。
星5つにした本は、ぜひ購入して本棚に置きたいもの。
星4つは、図書館で借りてでもぜひ読んでほしいと思うもの。

Tamiさんの声

429件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 学校で習うことプラスα。中学受験するお子さんに。  掲載日:2017/10/20
小学生のうちに伸ばしたい数&図形センスをみがく『算数の図鑑』
小学生のうちに伸ばしたい数&図形センスをみがく『算数の図鑑』 著: キャロル・ヴォーダマン
編: 子供の科学編集部

出版社: 誠文堂新光社
田舎の公立の学校で、
算数は辛うじて90点以上、運良くうっかりミスがなければ100点というレベルの小の息子ですが、
息子が小学生のうちに、
この本が役に立つかというとちょっと難しいかなと思いました。

なんせ学校のテストで100点を取るのがとりあえずの目標で、
半年分くらいは先取りしているのがやっとです。

プラスαの部分、我が家には必要ないというか、
ここまであるのかというのが逆にプレッシャーに感じられてしまうのです。

平方根とか、素因数とか、中学校で習うことが紹介されています。
小学校1年から中学3年までの教科書の内容を、
ぐぐっと1冊に収めてある感じです。
足し算の筆算は、学校で習うのと違うやり方も紹介されていて、
こっちのがわかりやすいかなと思いつつも、
今、息子に教えると混乱するのでは、という思いにもなります。

算数が得意な子に育ってほしいからといって買うのでは、
子どもは読みこなせないし、使いこなせないかも。
そもそも優秀なお子さん向けだなという印象です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子の憧れ。まさに冒険活劇です。  掲載日:2017/10/8
タンタンの冒険 黒い島のひみつ
タンタンの冒険 黒い島のひみつ 作・絵: エルジェ
訳: 川口 恵子

出版社: 福音館書店
お馴染み、フランスの漫画です。
横書きで文字も多い。
ストーリー展開が速くて、アッという間に場面が変わる。
日本の漫画を読み慣れている小2の息子には読みにくいかな。
と思っていましたが、はまりました。
はまりまくってます。
ギャグも面白いらしく、爆笑しながら読み進め、
ラスト24巻まであともう少し。
チベットやソビエトやアメリカやコンゴやら。
タンタンは世界中で大活躍。
冒険活劇で楽しみながら、地理にも強くなってくれるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鉄の小学生大満足。  掲載日:2017/10/4
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科 出版社: JTBパブリッシング
赤ちゃんのときから明らかに電車好きだった現在小2の息子。
重機や飛行機やロケットなどへの浮気を繰り返しつつも、
それでも年に2回は鉄道博物館へと通います。

子ども向けの電車絵本はほとんど読みました。
写真絵本も電車がテーマの物語も、仕組みがわかる図鑑も。
しかし電車オタク歴7年ともなると、
子ども向けの電車本は、もう息子には物足りないものばかり。
大人向けは文字が多すぎでルビもなく、
仕方なく最近は大人の電車漫画などを与えていました。

そんな悩みがこの本で解消されました。
この本は、まさに、我が息子(鉄の小学生)が楽しめる本です。
地域ごとの電車の紹介を読み、
それを路線図で確認し、
4コマ漫画の、知識のないお父さんを笑い、
隅っこにこっそり描かれている横の電車の顔を見て電車名を当て、
回答ページで確認しています。
この本では、時刻表にも初めて興味を持ちました。
今まで培った電車の知識を生かしつつ、
さらにもう一歩前に進んでいけそう。
息子の鉄ぶりに拍車をかけつつ、
汐見先生がおっしゃるとおり、
ぜひとも地理にも強くなってほしいなと母親としては思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宇宙少年の憧れ。  掲載日:2017/8/20
ロケット発射場の一日
ロケット発射場の一日 作: いわた 慎二郎
出版社: 講談社
「博物館の一日」のいわた慎二郎さんの新作です。
「博物館の一日」が大好きな息子。
そして、宇宙少年の息子。
まさに息子にぴったりの絵本です。

鹿児島の内之浦宇宙空間観測所での、
イプシロンロケット打ち上げの一日が描かれています。
「博物館」と同じく、
すべてが、丁寧に正確に描かれている印象を受けました。

息子とともに様々な宇宙関連の本を読んできましたが、
人工衛星を打ち上げるロケットに特化した絵本は初めて読みました。
アポロとかスペースシャトルとかソユーズとかの有人ロケットの方が
子どもの憧れも強そうだし、なんだか花もあるし。
だから有人ロケット関連は様々な本があるのですが、
人工衛星のロケットについての子ども向けの絵本はなかなかない。
しかも低学年にもわかりやすい。
ありがたいことです。

息子も私もいろいろな本を読んできたつもりではありますが、
この本で、一段目は、種子島で固体燃料を入れてから船で運ばれてくることを初めて知りました。
2段目や3段目など、ほかのパーツはどこからくるのか気になりました。

ロケットの打ち上げを見学するのは、宇宙少年の憧れ。
この本を読んで、
案の定「打ち上げを見に行きたいなあ」と息子に言われてしまいましたが、
あまりに大変そうなので、しばらくは黙殺です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う マンガではありませんでした。  掲載日:2017/8/19
名探偵コナン実験・観察ファイル サイエンスコナン 元素の不思議
名探偵コナン実験・観察ファイル サイエンスコナン 元素の不思議 原作: 青山 剛昌
監: 川村康文

出版社: 小学館
コナン君の学習漫画は、
小2の息子がすべて読んでいます。
科学についてコナン君のストーリー漫画で解説してくれて、
わかりやすくとても役に立っているのですが、
残念ながらこの本は、漫画ではありませんでした。
コナン君や博士が元素について解説している元素図鑑です。
登場人物の吹き出しで説明されていますが、
他の元素図鑑と比べ、
特段文言はわかりやすいというわけではなく、
吹き出しである意味もあまり感じません。
元素って、子どもには理解しにくい。
だからこそ、ぜひぜひ漫画にしてほしかった。
コナン君の学習漫画に元素が出る!と聞いてから、
期待していて待っていたので、かなりがっかりさせられました。
コナン君の学習漫画のシリーズでは、
忍者の不思議とこの元素の不思議だけが漫画ではありません。
ご注意ください。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 人間の上から目線の解説  掲載日:2017/8/18
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典 監修: 今泉 忠明
イラスト: 下間 文恵 徳永明子 かわむら ふゆみ

出版社: 高橋書店
生物が進化する過程で様々なことがあるんだろうけど、
人間から見てちょっと変だと思うことを
「残念」という言葉にして笑いものにするのがかなり不快です。
動物や昆虫、鳥、魚たちも人間のことを、
自己中心的な考え方しかできない「残念」な生き物だと思ってるだろうなと思う。
生物の進化から敬意を感じる子どもに育てたい。
おもしろい特徴をもつ生物を紹介した本はたくさんある。
子どもには違う本を与えたいと思った。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 100日でマスターなど無理です。  掲載日:2017/8/18
徹底反復新漢字100日プリント 基礎学力向上プリント 2年
徹底反復新漢字100日プリント 基礎学力向上プリント 2年 著: 学力研
出版社: 小学館
漢字が苦手な息子のために購入しました。
「1学年分の漢字を100日でマスターできる!」という表紙の文句に惹かれてです。
無理です。
絶対に無理です。

初日、5つの漢字を覚える。
翌日もう5つ。
3日目。覚えた10個の漢字を練習。
4日目テスト。
これを繰り返し、最終的にテスト。
4日目でテストした時点で、10個中1個も覚えていないのが我が息子。
さらに10日くらいノートに書き続けて、やっと6割できるかなと言うレベル。
この繰り返し。

100日でマスターできる子は、別にこの問題集でなくてもマスターできる。
漢字が苦手な子は、この問題集を複数回やって8割できればいいほう。
100日でマスターなんてできるわけない。
藁にもすがる思いで信じて買った自分がバカだったなと思う。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなで食べるとおいしいね。  掲載日:2017/8/17
みんなの くまくまパン
みんなの くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
前作の「くまくまパン」のタイトルに「みんなの」とついたので、
息子と一緒に「ん?」
と思いながら読みましたが、すぐに納得。
みんなで食べると楽しいし、おいしいのです。
ほんとうに。
親子で楽しく読ませていただきました。

王様は息子をとっても愛しているのだけど、
息子のためだけにって考えすぎてたんですね。
私も同じようなことがありまして、
ちょっとハッとさせられました。
息子の友達にも、
息子とおんなじように接することができたらなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいだけじゃなかった。  掲載日:2017/8/7
くまくまパン
くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
くまさんとしろくまさんが共同でパン屋開店しますが、
各自得意とするおススメ商品をめぐって対立。
二人の関係は、開店できない事態にまで悪化しますが、
王様の機転で、見事に両者共同開発のパンが完成します。

パンが大好きな現在7歳の息子が、
3〜4歳くらいのときに繰り返し読みました。
あんパンおいしそう、カレーパンおいしそう。
あらあらけんかしちゃったね。
なんて読んでいたのに、
今回久しぶりに読み返してみると、
大人も考えさせられる内容であることに気付きました。
自分本位の人間が多い世の中ですが、
互いを認め合い、
共同でモノづくりをする喜びに立ち返ることができるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 予想を大いに裏切られる展開です。  掲載日:2017/8/7
おたのしみ じどうはんばいき
おたのしみ じどうはんばいき 作: 宮知 和代
出版社: アリス館
自動販売機から出てくるのは、
ジュースではなくて、
数字にまつわる様々なもの。
何がでるかはお楽しみ。

いちごがバラバラと出てくる初っ端から大きく予想を裏切られ、
2はまさかの忍者。いちごを食べたりしています。
サンタにシラスも想定外。
というか最後まで想定外。
シラス丼を食べる忍者。救急車のおもちゃで遊ぶ忍者。
忍者がおもしろすぎます。
文字は少ないのだけど、絵でかなり楽しめました。
6歳の息子と、あれやこれやと見つけては盛り上がりました。
楽しかったです。
参考になりました。 0人

429件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット