ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

Tamiさんの公開ページ

Tamiさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県、男の子7歳

自己紹介
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」に刺激を受け、
自然の中で子育てをしたいと、息子が1歳のときに、東京から千葉の海辺の町に引っ越しました。
毎日海や山を駆け回って遊ばせていますが、塾や習い事がまったくない地域なので、
せめてもと、絵本の読み聞かせを始めました。
息子の声に応えながら毎日1時間くらい読み、読書記録をつけていたら、
5歳までに読み聞かせた回数は20000回、読み聞かせた本は5000冊を超えました。
5歳半くらいからは完全に一人読みに移行。
夜は毎日2時間近く読むほどの本好きに成長しました。
好きなもの
5歳の息子が好きなもの。
電車、消防車、飛行機、ヘリコプター、戦闘機、レスキュー車、ロケット、などなど。
電車絵本だけで200冊以上読みました。大宮の鉄道博物館の年パス会員。

2016年、6歳。
「宇宙のサバイバル」をきっかけに急に宇宙にはまりました。
宇宙関連の本ばかり読んでいて、レゴではソユーズやアポロやスペースシャトルを作っています。

2017年、7歳、小2。毎日1時間は読書をします。
「実験対決」、「発明対決」、「サイエンスコナン」、「はたらく細胞」、「まんがサイエンス」など、科学漫画が大好きな科学っ子。
山岳救助の漫画「岳」や航空自衛隊レスキューパイロットの漫画「レスキューウィングス」も読破。
大人向けの漫画や図鑑も読むようになりました。
「ゾロリ」シリーズも5歳から読みつつ今だに愛読書。
趣味は盆栽。
ひとこと
レビューは子育ての記録のようなものです。
星5つにした本は、ぜひ購入して本棚に置きたいもの。
星4つは、図書館で借りてでもぜひ読んでほしいと思うもの。

Tamiさんの声

419件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
あまりおすすめしない もはやクリスマスとは何なのか。  掲載日:2017/7/14
クリスマス・オールスター
クリスマス・オールスター 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
そもそも日本のクリスマスは、
本来の意味からどんどんかけはなれているわけだけど、
それをさらにもう何歩か進めた感じ。
もはやクリスマスが何なのか訳がわからない。

クリスマスをよくわかっていない小さい子には面白さが理解できないので、小学生向けなのでしょうか。
でも体裁が幼児向けだから3歳くらいから何度か読んだけど、
子どもはまったく楽しがることがなくて。
買ってしまったけれど、どう利用したらよいのか苦しみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しく取り組んでいます。  掲載日:2017/7/4
Z会グレードアップ問題集 小学1・2年 さきどり 理科
Z会グレードアップ問題集 小学1・2年 さきどり 理科 編: Z会指導部
出版社: Z会
科学の本が大好きな小2の息子に買いました。
「早く3年生になって理科が始まらないかなあ」と
今から理科の勉強を楽しみにしています。
おかげ様で勉強だと思わずに、楽しんで取り組んでいます。

最初2見開きは、問題集というよりは、解説。
3見開き目で簡単なテスト。
が単元ごとに繰り返されます。

植物、虫なんかは、知ってることばかりで問題なく進みます。
これ、やる必要あるかなと思う部分もありましたが、
後半、ちょっと難しくなって、やり応えがでてきます。
私自身は、学習の中で一番大事なのは、予習だと思っています。
理科が好きならますます自信をつけます。
やっておいて損はないかなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 弱者の見方がかっこいい。  掲載日:2017/7/4
怪盗ショコラ(1) アイスミルクは永遠に
怪盗ショコラ(1) アイスミルクは永遠に 作: 杉山 亮
絵: 小林 裕美子

出版社: あかね書房
杉山亮さんの「名探偵」シリーズにはまり、
全巻読み終えてしまった小2の息子。
同作家の「怪盗ショコラ」にチャレンジしました。

名探偵に比べ、「怪盗」ってのは、
一般的には、違法行為のオンパレード。
低学年にはどうかなと思いましたが、
読んでみると、怪盗ショコラは弱者の見方。
銭ゲバでもないし、名画のコレクションをしているわけでもない。
物語的にも楽しいです。
それぞれの持ち味を生かした連携プレーも見どころだし、
ピンチに立たされても華麗に切り抜けます。
スピード感もあって、ちょっとした映画を見ているよう。
息子もすっかりはまりまって、繰り返し読んでいます。



参考になりました。 0人

なかなかよいと思う グローバルです。  掲載日:2017/7/4
たべものはどこからやってくる?
たべものはどこからやってくる? 作: アゴスティーノ・トライーニ
訳: 中島知子

出版社: 河出書房新社
良くも悪くもグローバルな食育絵本です。
日本ではあまり馴染のない食物や栽培方法などが登場するので、
小さな子がそのまま勉強になるかというと、ちょっと違うかも。

我が家は田舎にあり、田んぼも畑もそこかしこにあります。
食物の成長の様子も日常的に見られます。
漁港も養鶏場も養豚場もあります。
猟銃で仕留めたイノシシ肉をいただく機会もあります。
だから食育絵本がなくても息子はある程度の知識はあります。

しかも繰り返しですが、この本はグローバルな食育絵本です。
日本では、水の張った田んぼに直接種をまくなんてことは聞いたことがないです。
苗床に種をまいてある程度成長した苗を植えます。
いわゆる田植えです。
白い米をサイロで保管する絵もありますが、
日本では、もみ殻ごと、もしくは玄米で保管です。
うちの地域では米袋を倉庫に詰んで保管してます。

トウモロコシを収穫するとき、
葉っぱも茎も、トウモロコシも黄色だけど、
私の地域では全部緑色のままです。
黄色になっちゃったやつを収穫するのは、種用か、ポップコーン用かしら。
他の国ではこうなのかしら。

漁のシーンでは、追い込み漁とか囲い込み漁というのかな。
マグロだけですし。
私の地域では網漁が基本です。
その次に多いのが一本釣りと素潜りです。

そんな感じで、日本、もしくは私の地域との違いに気づかされながら読みました。
子どもに食物はこうできるんだよと、
そのまま伝えることができないけど、
ただ、何だかこの本、ごちゃごちゃしていて楽しいのです。
子どもはこういうの大好きなんですよ。
「外国では、こうやって米を作るんだねー」
「うちの地域ではこうだよねー」
なんて会話を楽しみながら読むことになりそうです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 初心者にオススメ。  掲載日:2017/6/30
マンガ版将棋入門
マンガ版将棋入門 著: 藤井 ひろし
出版社: 創元社
現在7歳の息子が、最初に読んで勉強した将棋の本です。
漫画で、ゼロから将棋を教えてくれます。
駒の動かし方やルールなどが、とってもわかりやすい。
漫画も楽しく書かれていて、5歳児でも問題なく読めました。
後半は、簡単な詰将棋があり、
詰将棋の練習もできます。
また、基本的なやぐらの組み方(守り方)がいくつか紹介されています。
ここだけちょっと中級者向けかな。
最近話題のAI将棋は、こういったやぐらを組まないらしいのですが、
さわりだけでも教えておかないと、上手な人には勝てないです。

この本、何冊か読んだ中で、
一番初心者にわかりやすい将棋の入門書だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まったくもってその通りですね。  掲載日:2017/6/28
やさいばたけははなばたけ
やさいばたけははなばたけ 作・絵: 広野 多珂子
出版社: 佼成出版社
息子が3歳くらいから大好きな本。
7歳になった今でも時々読んでいます。
我が家は、何年も家庭菜園をしていますので、
親子とも、花や葉を見ただけで、
何の野菜か正しく答えられる知識はあります。

花が咲かないと実が付かないので、
もちろん野菜にも花が咲くことを知っています。
にも関わらず、
野菜畑を花畑だななんて思ったこともなかった。
紫色のオクラの花は、ただ野菜の花として見落とされてしまうのは
もったいないくらいに美しいと気づきました。
この本からたくさんの新しい発見をしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子が大好きです。  掲載日:2017/6/28
おしりたんてい かいとうVSたんてい
おしりたんてい かいとうVSたんてい 作: トロル
出版社: ポプラ社
小2の息子が「おしりたんてい」が大好きで、
絵本からすべて読んでいます。
でも、残念ながら図書館にはないので、またもや購入。

今回も2話収録で、1話目には怪盗Uが登場。
オオヤギ家に代々伝わるお宝「ほしぞらのかがやき」をいただくという予告状が届きます。
2話目は、ブラウンの警察学校時代のお話。
厳しい警察学校時代を経て、今のブラウンがあったということを、
今回初めて知りました。

もう中学年向けの探偵ものとかを普通に読んでいるし、
そろそろ卒業かなと思いつつ、
それでもやっぱり読みたいらしい。
お友達が遊びに来ると、お友達も皆読みたがります。
このシリーズ、子どもにはかなり魅力的なんだと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 分からない人にはわからない。  掲載日:2017/6/28
周期表 ゆかいな元素たち
周期表 ゆかいな元素たち 絵: サイモン・バシャー
文: エイドリアン・ディングル
訳: 藤田 千枝

出版社: 玉川大学出版部
感染症キャラクター図鑑がとてもわかりやすかったため、
こちらも読んでみました。
私は高校時代、化学が苦手でした。
で、この本、かわいくキャラクター化され、
パッと見、文章も子どもに読みやすく書かれています。
しかし実際読んでみると、
苦手な人が理解できるようには書かれていませんでした。

例えば、スイヘーリーベのベリリウム。
「ぼくがいちばんほこりに思っているのは、1932年にジェイムス・チャドウィックが、アルファ粒子をぼくに当てて、中性子を発見したことだ。ぼくが出す中性子は、今では核化学の主役になっている」
とあります。
で、これを読んで、文章としては何となくわかる。
でも、頭で理解できない。
全ページこういう状態です。
化学が得意だった人からすると、
わかりやすく書かれた本なのでしょうか。
苦手な人からすると、相変わらず、化学はいやだなという思いにしかなりませんでした。

「世界一美しい元素図鑑」もうちにありますが、
小2の息子は「世界一〜」はいつもページを開いて読んでいます。
こちらの方が私にとっても断然わかりやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ある意味斬新。  掲載日:2017/6/28
あるひうちゅうで
あるひうちゅうで 作・絵: きたむら さとし
出版社: 佑学社
きたむらさんの絵本は、全部大好きな息子(小2)です。
この本は5歳くらいから何度か読んでいたのですが、
最近、息子が大変な読み違いをしていたことがわかりました。

この本は、宇宙人の目線で書かれていて、
冒頭、地球(だと思われる惑星)にやってきます。
少年に出会い、一緒に遊び、友達になります。
最後は少年を宇宙船に乗せてあげ、家まで送ってあげます。

読み終わった息子は、
「宇宙人って人間と同じ見た目だったんだね」
と言うのです。
絵の少年が宇宙人だと思ったのですね。
よく考えたら、主人公(語り手である宇宙人)の顔が登場しない絵本というのは初めてでした。
ある意味斬新。
息子の理解を超えていたようです。

宇宙人の目線で書かれている、という説明が必要でした。
その後もう一度読み直し、
「宇宙人ってどういう見た目なんだろうね」
というので、どうやら理解できたようです。

しかし、息子、たくさんの本を読んできて、理解力はあると思っていたんだが。
小さいお子さんに読まれるときは、一言、説明が必要かもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う RPGの世界。  掲載日:2017/6/28
ぼくはゆうしゃだぞ
ぼくはゆうしゃだぞ 作: さとう まきこ
絵: 原 ゆたか

出版社: あかね書房
ゲームの主人公と立場を交換することになった男の子のお話です。
お話の進み方や言い回し、表現、アイテム名などが、
まさにドラクエやFFのようなロールプレイングゲーム。
息子はまだゲームをやらないので、
そのおもしろさはわかりません。
低学年が一人読みできる文字量の児童書なのですが、
ロールプレイングゲームって、低学年にはちょっと早いような。
ゲームが好きで、あまり本を読まない子にオススメでしょうか。
原ゆたかさん(今回は絵だけですが)が大好きな息子は、
まあまあ楽しんだ様子です。
参考になりました。 0人

419件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット