ゆうくんの くまパジャマ ゆうくんの くまパジャマ ゆうくんの くまパジャマの試し読みができます!
作: カザ敬子 絵: 中谷 靖彦  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おやすみ絵本の新定番

ぺんぎんさんさんの公開ページ

ぺんぎんさんさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子3歳 男の子1歳

ぺんぎんさんさんの声

373件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいいとのさま  掲載日:2017/3/21
とのさま1ねんせい
とのさま1ねんせい 作・絵: 長野 ヒデ子 本田 カヨ子
出版社: あすなろ書房
試し読みで読んでみました。
お殿様が1年生、という設定がおもしろいですね。
お殿様なのに子供なんですね、だから遊ぶことが大好き。
小学校にはいきたくないみたい。
うちの子も幼稚園に通いたくないと言っているので
そういう子にいいのかな。

「ぼくはおうさま」勉強嫌いだったなぁ、とふと思い出しました。
絵本の中の一国の主は勉強嫌いが多いのでしょうかw
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても素敵な言葉たち  掲載日:2017/3/10
おしえて おしえて
おしえて おしえて 作: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
手に取って、この本はすごい!
と感じたので3歳の息子に読み聞かせました。

「なにが あさ とりを なかせるの
どうして それが とりだと わかるの?」

など、素朴な疑問が哲学的に描かれています。

「おしえて なにがじかんを うごかしているの
ひとは それを まきもどせないの?」

最後のこたえもとてもすてきです。

3歳の息子にはまだちょっと難しかったようでピンときていないようだったのですが
また時間をおいて読んであげたいです。

とてもいい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぷー  掲載日:2017/3/10
ふうせんねこ
ふうせんねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
1歳の息子に、と思って購入したのですが3歳の上の子のほうが気に入っています。
単純なお話なのですが、猫が怒ってふくらんでそのまま飛んでいってしまうという、
その後どうなったのか気になってしまうようなかんじがいいのでしょうか。
せなけいこさんの絵本はその後が気になるお話が多いので、子供は興味津々になってしまうようです。

言葉で伝えるより絵で見たほうが子供には響くのかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おすし好きな子に  掲載日:2017/3/10
ノラネコぐんだん おすしやさん
ノラネコぐんだん おすしやさん 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
おすしが好きな3歳の息子に。
お寿司の絵がそぼくなタッチながらとてもおいしそうで息子は釘付けになっていました。
お魚がちゃんと出てくるので、お寿司って魚からできてるんだね、っていうのがよく伝わってくるのも親としてうれしいです。

ノラネコぐんだんシリーズはちょっといたずらが過ぎるところがあるので親目線でちょっと心配になってしまうのですが、最後にはちゃんと反省してくれるところが良いです。
オチも効いていて、今回もおもしろかったです。

ところで、ウェブのPVはご主人が制作されているんですね。
ちょっとシュールなかんじが出ていてさすがだなーと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これ○○だと思ってたの?  掲載日:2017/2/28
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
3歳の息子は食べるのが大好きなので、
おいしいのになんで食べないんだろうね〜
と言いながら読んでいました。

絵本の妹はとにかく好きキライが激しいのです。
そして、それに対して兄の切り返しがおもしろい。
「これはジャガイモに見えるけどジャガイモじゃない くもぐちゃらん だよ」と。

妹への愛情たっぷりの返答が、ユーモラスなイラストとあいまってなんともシュールでおもしろいです。

最後はびっくりなオチで食べてくれるので、食が細い子も楽しんで食べるようになってくれるんじゃないでしょうか。
「まんげつぶちゅっと おいしい」とか言いながら。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学校の必要性を感じさせてくれる絵本  掲載日:2017/2/23
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
3歳の息子は幼稚園に行きたがらない子です。
なので、この絵本を読ませていいものなのか…悩みましたがシリーズが気に入っているようなので読んでみました。

結果、学校っていうところは必要な場所なんだな、と感じてくれたようです。
幼稚園と同じくくりにはならなかったようでした。
それと見えないお友達のお話など、3歳にはちょっと難しかったようで内容についていけてない部分が多かったようです。やっぱり学校に行く年齢の子が読んでおもしろいものなのかもしれませんね。

でもこの絵本、学校に行きたがらない、という話ではなく
学校はとてもいい場所なんだよ、ということがたくさん描かれているので
学校に行きたくない!
という小さなお子さんにぴったりに思います。

制服がない、というお話なので制服ありの学校の方は読まないほうがいいかもしれませんが…。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしいお兄ちゃん  掲載日:2017/2/23
ぜったいねないからね
ぜったいねないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
妹の寝ない言い訳がとてもおもしろいです。
子どもって謎の言い訳が多いですよね。
それに対してお兄ちゃんがちゃんと相手をしてくれる。
すばらしいお兄ちゃんです。お兄ちゃんも子供なんですが。

我が家の3歳は共感するところが多く、真剣に聞いていました。
お風呂が嫌いだったりパジャマを着たがらなかったり、歯磨きしたがらなかったり。

マネされたら困るなーなんて思ったのですが、今日はちゃんと寝てくれたのでよかったです。

なかなかリアルな子供が描かれていると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 水族館のおとも  掲載日:2017/2/23
すいぞくかん
すいぞくかん 著: 内山 晟
出版社: ポプラ社
水族館へ行くので購入。
行く前はあまり見ていなかったのですが、
1歳の息子が水族館から帰った日から毎日見続けています。
特にショーで見たイルカ、アシカ
餌やりを見たラッコ
に夢中です。
写真をただ眺めるだけですがかなり満足度が高いらしく
見始めると5回は繰り返される大人気絵本になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会話のセンスがすばらしい  掲載日:2017/2/23
ぜったいひとつだからね
ぜったいひとつだからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
シリーズを通して、3歳の息子が一番気に入っているのがこちらです。
表紙をめくるといろいろなフォントの数字だらけで、そこにまず圧倒されて笑顔。
お話の中にクイズみたいな形で数字が問われるので、考えながら読めるところも楽しかったようです。

お話はいつもどおり自由な妹に振り回される兄。
なのですが、妹に対しての答え方がそれまで以上におもしろいです。
「17ひきのてんとうむしに くつはなんそくひつようですか?」
の問に、息子は真剣に考えて…17そく。と答えていたのですが、
お兄ちゃんの答えは
「1そくもひつようない!」
なのです。
息子は苦笑いしていましたが、こういった会話の中からジョークのセンスも磨かれていくように感じました。
数字だけじゃなく言葉の楽しさもある、読んでいるだけでお勉強もできちゃう絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 嫉妬するんだね  掲載日:2017/2/23
ワニのライルとたんじょうパーティ
ワニのライルとたんじょうパーティ 作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: 小杉 佐恵子

出版社: 大日本図書
3歳の息子のお気に入り絵本です。
このお話ではワニのライルが誕生日パーティに嫉妬してしまうという
なんとも人間味のあるお話です。

嫉妬して太鼓を壊してしまう…けどちゃんと反省もするライル。
今回はいつにも増してかわいらしいライルでした。
参考になりました。 0人

373件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット