あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

ぺんぎんさんさんの公開ページ

ぺんぎんさんさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子3歳 男の子1歳

ぺんぎんさんさんの声

418件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 男の子の定番  掲載日:2017/6/23
サイレンカー
サイレンカー 写真・文: 小賀野 実
出版社: ポプラ社
お古でいただいたのでもしかしたら内容が違っているかもしれないのですが…
パトカーy救急車など、音が出る車の写真がたくさん載っていて息子のお気に入りです。

電話救急車というのも載っているのですが、今もあるのでしょうか。
そんなのあるんだー。
という大人も楽しめる絵本です。
安価で丈夫なところもポイント高いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい レビューが参考になりました  掲載日:2017/6/23
もりのなか
もりのなか 作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
よく読む絵本なのですが、読むたび「不思議だなー」という気持ちになります。
妙な違和感が残るのですが、絵のタッチが独特なので、不思議なかんじがするんだと思っていました。
こちらのレビューを読むまでは。

みなさんのレビューに、子どもをせかさない親の姿勢や動物とのやり取りなどが書かかれていて、
あーなるほど!と思いました。

これから読み聞かせがもっと楽しくなりそうです。
そして、続編があるというのもここで知りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しまぐると一緒に  掲載日:2017/6/22
いっしょにあそぼ あかあかくろくろ
いっしょにあそぼ あかあかくろくろ 絵: かしわら あきお
出版社: 学研
「しましまぐるぐる」が好きだったので、こちらも購入してみました。
「あか」「しろ」「くろ」の物が何度も登場してくる
単純ながらかわいい絵本です。

あかあか くろくろ
と、文字もテンポがよくて読みやすいです。
今1歳半ですが、今も読みたがってよく持ってきてくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 成長をきづかせてくれた1冊  掲載日:2017/6/22
しろいうさぎとくろいうさぎ
しろいうさぎとくろいうさぎ 文・絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
息子が2歳のときにいただいた絵本です。
大判の絵本で、緻密なイラストが大きく楽しめます。
そして、2歳の息子がびっくり発言。

「せっかく大きくなったのに、また小さくなっちゃったね」

なんのこと?と思ったら
イラストの兎がページによって大きくなったり小さくなったりしているのは本当のサイズが変わっているからと解釈したようなのです。

遠近法とか知らないんですね、2歳は。当たり前なんですが。

今1歳半の下の子にも読み聞かせていますが
「しろつめくさどれ?」「たんぽぽどれ?「くろいうさぎどれ?」
など聞くとちゃんと指さししてくれてうれしいです。

絵本をちゃんと楽しんでくれてるみたいでよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 定番の良さ  掲載日:2017/6/22
いいおかお
いいおかお 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
2人目の記念?に購入。
1人目のときも図書館で借りて読んでいたので、上の子にとってもおなじみの絵本です。

こちらのシリーズはどれもあかちゃんウケがよいです。
この絵本、タイトルどおり「いいおかお」というフレーズがあかちゃんのお気に入りになります。

いいお顔して〜
と言うと
ニコッツ

と笑ってくれる、赤ちゃんとの遊びが楽しくなる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人が読んでも  掲載日:2017/6/22
おかあさんはね
おかあさんはね 文: エイミー・クラウス・ローゼンタール
絵: トム・リヒテンヘルド
訳: 高橋久美子

出版社: マイクロマガジン社
子どもが寝てから一人で読みました。
ホント、そうなんですよね。
おかあさんはいつも子供の幸せを願っているんですよ。
でもなんだかんだ怒ってしまう。
「怒らなかったらママが好き」と、今日言われたばかりです。

普段言えないようなストレートな言葉でいっぱいです。
どうして思ってても言えないんでしょうかね。

そんな反省と、明日はこの絵本を読んであげたいなという明るい気持ちになれる
とてもとてもいい絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせポイントつき  掲載日:2017/6/22
にじいろのネジ
にじいろのネジ 文: 安田 真奈
絵: はりたつお
企画: ゆめづくりものづくりプロジェクト

出版社: 象の森書房
子どもってネジが好きですよね。
音絵本の電池を入れ替えようとドライバーでネジまわしをしていると必ず自分でやりたがります。
そんな息子にぴったり!な絵本でした。

普段絵本を読むときはゆっくり文字を追うだけなのですが、こちらの絵本は読み聞かせのヒントなども書かれており、2回目からの読み聞かせに小ネタをはさみつつ読むことができました。

ネジとくぎの違い?
うーん、そういえばなんだろう。
と、素朴な疑問で頭を使わせてくれます。

ワークショップもやっているそうで、ぜひ行ってみたい!
田舎のほうでもぜひ開催していただきたいです。

ネジはものづくりに欠かせないもの!
と、親としてもネジへの意識が高まる、お勉強にもなる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当に新聞みたい  掲載日:2017/6/21
こどものこよみしんぶん
こどものこよみしんぶん 絵: 内田 かずひろ
構成・文: グループ・コロンブス

出版社: 文化出版局
タイトルどおり、子ども向けの新聞のようです。
見開きで一か月が構成されているのでとてもわかりやすいです。
4コマ漫画が新聞ってかんじでとても味があります。
なぞなぞがあるところも素敵です。


行事絵本はいろいろ読みますが、子どもが興味を引きそうなまとめ方がされているこちらの絵本、とてもいいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かしてあげれない子でも  掲載日:2017/6/21
かしてあげたいな
かしてあげたいな 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
貸す、って子どもにはなかなか難しいんですよね。
3歳の息子は1歳の弟に全然ものを貸してあげられません。
でも、この絵本を読んだあとだと‥不思議と貸してあげているのです。
貸してあげたいなー
と、絵本のマネをしながら言うのがコツです。

長新太さんのかわいく、明るいイラストが息子2人の興味をそそってくれています。


貸してあげる心理をユーモラスにかわいらしく育ててくれそうな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はだかんぼのなきむしさん  掲載日:2017/6/21
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
3歳の息子に読み聞かせました。
息子は酒井さんの絵本が大好きで、ほぼ読んでいるので、文章が多くても大丈夫だろうな、と思ったらやはりちゃんと最後まで楽しんで聞いてくれました。
イラストが3ページごとに入っていたり、本文にかわいいデザインが入っていたりして小さい子でも飽きずに聞いてくれる工夫が施されています。

息子、かなりこの絵本が気に入っていて、途中で読むのやめて翌日にしようと言うと怒ります。
どこがおもしろかった?と聞くと
「もう一回読んでみる」と、なかなか感想を教えてくれなかったのですが
4回目に読み終わったとき
「はだかんぼのなきむしこぞうが一番すき」
と言っていました。

息子もよくはだかのまま家の中をうろついて泣いているので‥自分とだぶったのでしょうか。
読後は「らりろん」「じょうさん」「ちりん」と、ふざけて言いながら遊んでいます。

1歳の子も表紙を見て持ってきてくれるのですが、文字だけのページを見てすぐにどこかに行ってしまいます。
はだかんぼのなきむしに辿り着くのがいつになるのか、それまで読み聞かせしていきたいです。

挿絵がかわいらしく、小さい子でも身近に感じられるお話で、とても素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

418件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット