すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ぺんぎんさんさんの公開ページ

ぺんぎんさんさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子3歳 男の子1歳

ぺんぎんさんさんの声

403件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 簡単で楽しい  掲載日:2017/5/22
ぶぅさんのブー
ぶぅさんのブー 作・絵: 100%ORANGE
出版社: 福音館書店
100%オレンジさんが大好きなので購入した絵本です。
上の子、下の子とどちらも大好き。
ぶー
の言い方をちょっとづつ変えて読みたくなってしまう不思議な絵本です。

赤ちゃんて「ぶー」が好きみたいですね。
きっとどの赤ちゃんも気に入ってくれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子育ての参考に  掲載日:2017/5/22
東大脳は12歳までに育てる! ふつうのママでもできた!
東大脳は12歳までに育てる! ふつうのママでもできた! 作者: 谷あゆみ
出版社: かんき出版
まさか絵本ナビに一般書が置いてあるとは思いませんでした。
こちらは、小さい子供を持っている親向けの本です。
絵本を読むような年齢の子供向けなのでちょうどいいのかな?

教育学者ではなく、子育てを終えたママが書いた、ということで読みました。

赤ちゃんの頃から1番になることを刷り込むというのが
印象的でした。
東大に入るお子さんは生まれたときから親が何かしら働きかけているからこそなのかなーなんて思ってしまいました。
他人事みたいですがよーいどん遊びはマネしました。

文字が少なくて気軽に読めるし、文章も読みやすくていいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 母の日に  掲載日:2017/5/22
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
3歳のネズミ好きの息子が大好きなシリーズです。

こちらは読んでいなかったので、レビューコンテストがきっかけで読み聞かせしました。
たまたま母の日だったので内容にびっくり。
働き者のお母さんネズミを子供たちで応援する物語。
母の日の工作などをしてきた息子にとっても響くものがあったかな?
と期待を込めて読んでみたのですが
息子の興味はチーズホイホイばかりでした。
チーズホイホイ食べたいなーがここ数日の口癖です。

少々ページ数はありますがかわいい絵がたくさん収録されていて
息子も食い入るように見ていました。
絵がとても細かく描かれているので、何度読んでも新しい発見があり
長く楽しめる絵本だと思います。

来年の母の日に向けてまた何度も読み聞かせていきたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくさん読めてお得です  掲載日:2017/5/22
【改題・新装】 0歳〜6歳 よみきかせ 考える力を育てるお話90
【改題・新装】 0歳〜6歳 よみきかせ 考える力を育てるお話90 監修: 田島 信元
出版社: 東京書店
「おやすみ前のちいさなちいさなお話」をもっているので、続きを購入しようと思ったら
別タイトルでの販売になっていたようでこちらを購入しました。

考える力を育てる、というだけあって
おやすみ前よりも上の年齢向け(といっても年長さんくらい?)なかんじがしました。
アトランティス大陸など、世界の不思議も掲載されていて、3歳にはまだ難しかったようです。

幅広い物語が収録されているので、楽しんでくれるものもあまり興味がなさそうなものもたくさん入っていて、子供が理解できる内容の把握もできてとても良いです。

おやすみ前に読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 災難好きな息子のお気に入り  掲載日:2017/5/10
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
我が家の三歳児は事故や災難ごとがなぜか大好きです。
怖いもの見たさなのでしょうか。

この絵本はタナカカツキさんの絵本「あ、ひょい」つ対になっていて
「あ、ひょい」は飛んでくるものをうまく避けているのですが
こちらはすべてを受け入れて全くよけないというホントに「あいてて」な作品です。

当たるものがどんどんエスカレートしていってみてられないかんじですが、
息子はどんどん食いつきます。
「あたっちゃうあたっちゃうー」
と、私にあわせて一緒に言ってくれます。
当たるのが楽しいみたいです。
本当に当たったらものすごくなくくせになぜでしょうかね。

最後は親として読んでいて安心しました。
ただ当たるだけでではない、ちゃんと学びがあってよかったです。

タナカカツキさんらしい斬新な絵本でとてもすてきです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 100年前が新しい  掲載日:2017/5/10
ブーツをはいたキティのおはなし
ブーツをはいたキティのおはなし 作: ビアトリクス・ポター
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 松岡ハリス佑子

出版社: 静山社
ピーターラビットの著者さんの100年前の物語!
ピーターラビット好きの息子に読み聞かせしました。

こちらは児童書になるのでしょうか?
割と長いお話です。しかし文字少な目、絵が多めなので3歳でも十分聞いてくれました。

物語も二面性のある猫が服を着て狩りに行く、という
ピーターラビットの世界観そのままのよう。

ピーターラビットはお父さんが肉のパイになっていたりとなんだかちょっと現実的な風味も入っておりますが、こちらも狩りの無常観?入っていて
ファンタジックなのにちょっと現実的です。

読後、とてもびっくりしたのは
息子が棚にあった「ピーターラビット」をもってきたこと。
「ひさしぶりにこの本読みたくなった」と。

著者名を読んであげて、同じ人なんだよ!と教えてあげました。
息子も何か感じるものがあったのでしょうか。
数ヶ月ぶりに読んだピーターラビット、この絵本も100年前の作品なのかと、古さを感じさせない作品に改めて驚かされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりタナカカツキさん!  掲載日:2017/5/10
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
3歳の息子に読ませたのですが、完全に私向けです。
青春時代パルコに通いゴメスを読んでいた私…
バカドリルを愛読していた私。
まさかあのタナカカツキさんがコップのふちこさんの作者さんだったとは。
コップのふちこさんのタナカカツキさんではなくゴメスのタナカカツキさんです、私の中では。

健在ですね!
あーこの世界観!
子育て世代になり子供と一緒にタナカカツキさんの本をめくることができる日がくるなんて幸せです。

肝心の息子ですが

あ、ひょい
ひょい

と連呼していました。

よかったね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1歳も思わず聞きいるユニークな桃太郎  掲載日:2017/4/30
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
この絵本かなりおもしろいです。
桃の中がどんなところなのか。ってところから始まる物語、はじめて読みました。
そして桃太郎の顔が出てこない!
大人が読むとシュールさを感じられてより楽しいんじゃないでしょうか。

今回は全ページ試し読みで読んだので、自分ひとりでこっそり読んじゃおう。
と思ってページを開いてみたら、お昼寝をしていたはずの子供が起きてきてしました。
長い物語だから、途中で飽きちゃうだろうなーと思いつつ読み聞かせをしてみると…

最後までちゃんと聞いてくれました。
桃太郎の物語はよく読んでいたので、わかったのかな!?
そして、あれあれ?いつもと違うぞ。と、気になったのかな?


画面は見ずに抱っこしてママの声だけ聴いていたかんじです。
語り口がやさしいので1歳も心地よく聞けたのかな、と思います。
今度はちゃんと、本で読み聞かせしてあげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 殻をやぶりたくない子  掲載日:2017/4/27
たまごねえちゃん
たまごねえちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
3歳の息子のお気に入りです。
いつまでも殻を割れないでいるたまごねえちゃん。
パパを振り回している姿がうらやましいのでしょうか。
これを読んだあとは、いつも赤ちゃん返りをしていますw

この絵本を卒業するときが本人が本当におにいちゃんになるときなのかもしれません。
もう少し絵本にお世話になりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本から本への移行にも?  掲載日:2017/4/27
ぼくはたまごにいちゃん
ぼくはたまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
息子がたまごにいちゃんの絵本が大好きなのですが、
たまたま書店でこちらの本をみつけました。
まさかの児童書(というのでしょうか?)で出ているなんて。
絵本は1話しか入っていないのですが、こちらは3話入っていておとく。
たくさんお話が聞けます。

絵本とちょっと被った部分もあり、別の物語なのかな?

絵本から文字の本へ移行するのにとてもいい導入になると思います。
うちはまだまだ絵本ですが。
参考になりました。 0人

403件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞

全ページためしよみ
年齢別絵本セット