メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

りょーママさんの公開ページ

りょーママさんのプロフィール

ママ・30代・石川県、男3歳

自己紹介
平成17年生まれの男の子のママです。

転勤族なのですが、たまたま図書館の近くに引っ越してきてから、
すっかり絵本にはまっています。
ブログ/HP
親子で楽しめる絵本や育児グッズの紹介、日記などを書いています。

りょーママさんの声

103件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やっぱり面白い!  掲載日:2008/7/14
ざっくん!ショベルカー
ざっくん!ショベルカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
竹下さん鈴木さんコンビの絵本は人気ですね。
我が家も新作が出るのを心待ちにしていました。

植木を植えるための穴を堀ったり、水道工事、がけ崩れを防ぐ工事、解体作業やビルの建築工事など、いろいろなところで活躍するショベルカー。
なじみのあるショベルカーだけでなく、ショベル部分がつかめるようになったものや、磁石になったもの、用途に応じていろいろな種類があるんですね。

息子もじっくり絵を楽しみながら何度も見ています。
宅配便やパトカー、バスなど、前作に登場した乗り物を探すのも楽しみのひとつです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 抱きしめながら読みました  掲載日:2008/7/14
しゅくだい
しゅくだい 作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店
図書館から借りてきた絵本です。
実はバタバタ忙しい家事をしている合間に初めて読み(読まされ?)ました。

ページをめくり読みはじめると、膝の上に座っていた息子が私の方に体を向けて甘えてきたんです。
思わずぎゅーっと抱きしめました。

最近、「忙しいからちょっと待って」ばかりだったなと反省。
心があたたまるやさしいお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 正義のヒーロー  掲載日:2008/7/10
野菜忍列伝其の二 あっぱれ アスパラ郎
野菜忍列伝其の二 あっぱれ アスパラ郎 作・絵: 川端誠
出版社: BL出版
息子はアスパラは苦手で口にしないのですが、このアスパラ郎は大好き。
カーカカーカカーと息をはいて敵をやっつける様は、りりしく男らしくかっこよかったです。
まさに正義のヒーロー。

語りが時代劇風なのですが、息子にはすんなりなじめたようです。
アスパラ郎の活躍ぶりが気に入ったのか、何度も何度も読まされました。
大人も楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白すぎる!  掲載日:2008/3/27
うえへまいりまぁす
うえへまいりまぁす 作・絵: 長谷川 義史
出版社: PHP研究所
お父さん、お母さん、僕の3人が百貨店でお買い物をするのですが、各階の売り場はもちろん、購入するアイテムがとにかくユニーク!
あまりにも予想外の売り場なんです。
びっくりしつつ親子で大笑いしました。

買ったものを身につけてエレベーターに乗せ、どんどん上の階へあがっていくのですが・・・
最後のオチもGOODでした。
絵本のすみからすみまで楽しめますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 癒されます  掲載日:2008/3/14
いいから いいから
いいから いいから 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
おじいちゃんは何があっても「いいからいいから」
訪ねてきたかみなりの親子に、ごはんやお風呂をすすめたりするほど、とても親切なんです。

ほのぼのストーリーだなぁと思いつつ、のんびり読み聞かせをしていたら、「へ?え!?」意表をつくシーン。
こんなことになるなんて〜!
面白すぎる!
親子で大笑いしました。

息子はすっかり気に入って、続けて3回読まされました。
その後も自分で何度もページをめくって見ていたほど。

この「いいからいいから」って言葉がとてもやさしくて、ほっとさせてくれるんです。
面白くて、あたたかくて、心が和むお話でした。

こんなおじいちゃんがいたらなあ。
将来こんなおばあさんになりたいなと思いました。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 一緒にふんばりました  掲載日:2008/3/13
もくもくやかん
もくもくやかん 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
やかんたちの表情がおかしくて、息を吸って、ためて・・・
気がつくと無意識に一緒にふんばっていました。
ぷしゅーとはいて、大きく深呼吸をした気分。
すっきり!

さて、何が起こるのかドキドキ。
意外な展開も面白かったです。

息子はやかんたちの中でひとまわり小さい急須が頑張っている姿に
注目していました。
読み聞かせしやすい簡単なストーリーで楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖いもの見たさ?  掲載日:2008/3/8
るすばん
るすばん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
息子はおばけが苦手です。
でもこの絵本はなぜか気になるようで、楽しみながら何度も読んでいます。
ちょっとした怖いもの見たさかな?

と言っても、登場する(主人公の女の子が想像する)おばけは、怖いというよりむしろ色々な顔や形でコミカルな感じです。
もしおばけが出てきたらどうするか、対策を練るところが面白かったです。
自分の子供時代を思い出して共感できました。
子供も大人も楽しめるお話だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼの楽しいお散歩  掲載日:2008/3/3
ぞうくんのおおかぜさんぽ
ぞうくんのおおかぜさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
このシリーズ大好きです。
3作目が出ていたと知り、早速図書館で借りてきました。

今度は大風の日にお散歩です。
ぞうさんをはじめ、おなじみの動物たちが登場します。

あまりに強い風のせいで、前に進めず転がってしまう動物たち。
まず、このシーンが面白い!
思わず笑ってしまいました。

そして、お友達を後ろで支えるぞうさんはやっぱり力持ち。
最後はどうなるか・・・?
見てのお楽しみですが、息子は今回も大笑いでした!
3作目もほのぼの楽しいお散歩のお話です。

【事務局注:このレビューは、「ぞうくんの おおかぜさんぽ」 こどものとも 2006年4月号
に寄せられたものです。】
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 力持ちのぞうさん  掲載日:2008/2/20
ぞうくんのさんぽ
ぞうくんのさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
動物たちをどんどん上に乗せて、のっしのっし歩くぞうさん。
たくましい!
でも、そんなに乗せていって大丈夫かな?と思っていたら・・・どっぽーん!
なんと言ってもこのシーンですね。
息子が楽しそうに笑っていました。
その後、みんなで水遊びをするところがほのぼのとして大好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 成長の一歩  掲載日:2008/2/19
すこしはきれいに
すこしはきれいに 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
主人公のぼくはイヤイヤ期の真っ只中。
誰の言うことも聞かないし、手も洗わない、うがいもしない、歯も磨かない・・・。
ぼくがお猿の仲間になり、両親がお猿をぼくと間違えて連れて帰ってしまうところが可笑しかったです。

そんなぼくが「ちょっとぐらい言うこときこうかな」と、自らやってみよう!と思い立つ瞬間に成長の一歩が感じられて良かったです。

息子は「いいのかな?」「きたないよねぇ」なんて言いながら、ストーリーを楽しんでいました。
言うことを聞いてくれない時に「おさるになっちゃうよー」と言うと、慌ててそばに飛んできます。
参考になりました。 0人

103件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット