しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てつじんこさんの公開ページ

てつじんこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子7歳 男の子4歳

てつじんこさんの声

1001件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ABCのかくれんぼ  掲載日:2017/3/22
ABCのかくれんぼ
ABCのかくれんぼ 文: クリストファー・フランチェスチェッリ
絵: ペスキーモ
訳: みた かよこ

出版社: 大日本絵画
これなら楽しくアルファベットを覚えられそうです。しかけがアルファベットの形になってるところも面白いです。しかけにかくれてる物も、小さい子でも知っているものがほとんどで、これなら小さい子でも最後まで飽きずに楽しめそうです。
以前、1ページにいくつものアルファベットが載ったABCの絵本を息子と読んだのですが、ごちゃごちゃしすぎていたのか、あまり興味を示さず1回読んでおしまいでした。
これならページをめくって出てくる単語は1つだし、しかけがアルファベットの形だし、楽しくおべんきょうできそうです。
絵もかわいくて素敵なので、プレゼントにもちょうどいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色とりどりの海の中  掲載日:2017/3/22
うみのなかでなかまさがし
うみのなかでなかまさがし 文: スムリティ・プラサダム・ホールズ
絵: ローナ・スコビィ
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
海に住んでいるいろんな生き物が出てきて楽しい絵本でした。カラフルでかわいい生き物たちを見ていると、心が和みます。
家の近くに、こういったカラフルな魚たちがたくさん見られる水族館があるのですが、息子は、「あ、これ水族館にいたやつと似てる!」と見たことがあるような生き物を見つけてははしゃいでいました。
しかけは神経衰弱みたいな遊び方もできて楽しめました。親子で絵探しゲームをしたり、いろんな楽しみ方ができるしかけ絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ランドセルは乗り物です  掲載日:2017/3/22
とのさま1ねんせい
とのさま1ねんせい 作・絵: 長野 ヒデ子 本田 カヨ子
出版社: あすなろ書房
こんなにわんぱくで、無邪気な子どものようなお殿様がいるんですね。笑えます。
そんなお殿様のお世話であたふたする家来たちの様子が目に浮かびます。
1年生になりたくないと逃げて隠れたお殿様に対しては、1年生ってこんなに楽しいことがいっぱいなんだよとわざと聞こえるようにアピールをする家来たち。なかなかよい作戦です。お殿様も1年生にちょっと興味が出てきたようです。
いよいよ入学の日、お殿様は無事に1年生になったのでしょうか。登校する児童の中にお殿様はいないけど…と思ったら、まさかランドセルから出てくるなんて!
なんともはちゃめちゃなお殿様でした。

親子で楽しめる、学校へ通うのが待ち遠しくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 願いを込めたおひなさま  掲載日:2017/3/22
わたしのおひなさま
わたしのおひなさま 作: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
流しびなという風習があったことを初めて知りました。ひなまつりの元になっている行事だったんですね。勉強になりました。
願いを込めたおひなさまが流したとたんに河童に持ってかれたももちゃんに同情しましたが、河童の、娘の病気が直したいという事情を知ると、何が何でも流しびなを手に入れたかった理由もよく理解できました。
無事に河童のかなこちゃんの病気も治り、おひなさまも、川の中の川にももちゃんと河童たちとで一緒に流すことができ、一件落着良かったです。
ももちゃんの不思議な体験を、おばあちゃんは知ってたんですかね。実は昔そういう経験があったのかな?
息子も、思ってたひな祭りのお話とは違ったけれど、河童や川の中のいろんな生き物が出てきたりして、そういうところが楽しかったそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばけにはおばけで  掲載日:2017/3/22
紙芝居 アンパンマンとおばけさわぎ
紙芝居 アンパンマンとおばけさわぎ 作画: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
息子のリクエストで、図書館から借りてきた紙芝居です。
おつかいに出かけたバタコさんの前におばけが現れ、バタコさんはびっくりして気絶、持ってたパンはおばけに取られてしまうという事件が起こるんですが、息子は、へんちくりんなおばけの姿と、目がぐるぐる回ってるバタコさんの顔が面白かったみたいで、ちっともこわがらず終始楽しそうに見ていました。
このおばけの話を聞いて、じつはそれはおばけじゃないってことにすぐに気がつくジャムおじさんはさすがです。
おばけごっこにはおばけごっこで対抗して、無事にばいきんまんたちをやっつけてめでたしでした。
アンパンマンの紙芝居は初めて読みましたが、とても気に入ったようで、またほかのお話も読みたいとはりきる息子でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 金メダルの立役者  掲載日:2017/3/22
おさるのジョージスキーをする
おさるのジョージスキーをする 原作: M.レイ H.A.レイ
訳: 福本 友美子

出版社: 岩波書店
黄色いぼうしのおじさんと、冬のスポーツ大会に出かけたジョージ。おじさんにはおとなしくしてるように言われたのに、おもしろそうなものがいっぱいある状況で、おとなしくなんかしてられません。
そりで山をすべったり、柱からリフトに飛び乗ったり、スノボーやったり、思いっきり楽しんでいます。誰もけがしなかったからよかったものの、ヒヤヒヤする場面がいっぱいでした。こんな現場に実際に出くわしたら、危なすぎて見てられなそうです。
こんなにヒヤヒヤするお話でも、最後はジョージありがとうのハッピーエンドで終わるところがまさに奇跡です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひと味違うあいうえお  掲載日:2017/3/22
あり いぬ うさぎ
あり いぬ うさぎ 絵: サイラス・ハイスミス
文: さこむら ひろこ

出版社: 文溪堂
息子がひらがなを覚えるのにちょうど良さそうだと思って購入しました。
「あかいあり いじわるないぬ うれしいうさぎ」とひとつひとつの文字が独特のセンスの文と絵で、ページをめくるのが楽しいです。
私のお気に入りは「ときめく とら」なんですが、「あー、たしかにときめいてる!」ていう感じのトラの絵がすごくかわいくて好きです。息子は「びっくりしたひつじ」が好きなんだそうです。
ちょくちょく息子に読んでいたら、「これ、つめたいつるのつ″だよね」などと息子が言うことが増えたので、ひらがなも覚えつつあるし、この本の印象もけっこう残っているようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい チーズが活躍  掲載日:2017/3/22
紙芝居 アンパンマンとちくりん
紙芝居 アンパンマンとちくりん 作: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
チーズが大活躍するお話でした。パン工場にやってきたおじいさんの怪しさにはじめから気づき、ばいきんまんのアジトをつきとめ、最後にばいきんまんと対決する場面では、アンパンマンをピンチから救っていました。息子も「チーズすごいねえ」とその名犬さに感心していました。ちなみに、チーズがしゃべってるのが私には驚きでした。
それにしても、ニセパンマンのいじわるそうな顔は印象的でした。アンパンマンを作るのと同じ粉を使っても、バイキンマンみたいに悪さばっかりするやつが作ると、強くて優しいアンパンマンはできないんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ずっと大好きな絵本です  掲載日:2017/3/21
あさですよ よるですよ
あさですよ よるですよ 作: かこ さとし
出版社: 福音館書店
30年ほど昔、私が保育園のころにもらった「こどものとも」で、大好きだった絵本です。出てくるお豆の家族がとってもかわいくて、いろんなお野菜が出てくる街の様子も楽しくて、ほんとに何度も何度も読みました。
そして私は母になり、大好きだったこの絵本を実家から持ってきて、息子たちとも一緒に読んでいました。息子の入園前には特に、「保育園行くの楽しみだね〜」と話しながら、毎日のように読みました。
30年もたっているし、かなりボロボロになってしまっていて、以前新しく購入したいと思ってこの本を探していたのですが、見つけられずに残念な思いをしていました。

今回ハードカバーで復刊され、ほんとうにうれしいです。見つけてすぐに購入しました。古い本と一緒に、ずっと大切にとっておいて、また30年後、今度は孫と一緒に読めたらいいな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虫がかわいすぎる  掲載日:2017/3/21
にわのなかでなかまさがし
にわのなかでなかまさがし 文: スムリティ・プラサダム・ホールズ
絵: ローナ・スコビィ
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
とってもかわいいちょうちょやお花や虫たちがたくさん出てきます。眺めているだけでそのかわいさに癒されます。かわいく描かれすぎていたのか、息子はあまり興味をしめしませんでした。虫はかっこよく描かれてるほうがいいみたいです。男の子ですね。
めくって神経衰弱できるのはみんなで楽しめていいなと思います。
私はハチとかクモとかあんまり好きじゃないので、庭の虫たちがみんなこんなふうにかわいかったらよかったのにと夢のようなことを考えてしまいました。
参考になりました。 0人

1001件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット