宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

てつじんこさんの公開ページ

てつじんこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子9歳 男の子6歳

てつじんこさんの声

1372件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こんなくまさんでよかったね、マーシャ  投稿日:2018/11/16
マーシャとくま
マーシャとくま 出版社: 小学館
親子ともに、初めて読んだお話でした。
森の奥に住んでいるくまにつかまってしまい、家に帰してもらえなくなったマーシャがなんとか家に戻りたいと知恵を絞り、無事うちに戻るまでのお話です。
表紙を見た通り、このくまさんはどこかのんびり、まぬけな感じです。そんなくまのところから逃げ出すアイデアを思いついたマーシャもすごいですが、くまさん、もうちょっと用心深かったらマーシャに逃げられることもなかっただろうに。
親子ともに、マーシャがうちに戻れてほっとしましたが、まぬけなくまさんがちょっと笑えるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんなクイズよりも難しい!  投稿日:2018/11/16
ドアをあけたら
ドアをあけたら 作: しまだ ともみ
出版社: 東京書店
表紙を見て、ドアの向こうにくまさんがいると思ったあなた!
絶対この本を手に取って開いて読んでみるべきです。
きっと驚きの連続です。
予想していた展開を見事に裏切ってくれます。こんなに楽しくて、めくる前に頭を働かせるしかけ絵本は初めて読みました。
息子も、ドアをめくって現れるまさかの動物たちに驚きの連続で、次こそは当てるぞ!と頭をフル回転させて読んでいました。
大人も,子どもと一緒に夢中になって読めるしかけ絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これでいいのか  投稿日:2018/10/27
火うちばこ
火うちばこ 作: 舟崎 克彦
絵: さとう わきこ

出版社: 小学館
息子と一緒に読みました。私も初めて読んだ物語でした。
へいたいさんが、魔女から奪った火うちばこの力を使って、お姫様と結婚して王様になるというのがだいたいの内容でした。
火うちばこというのがどんなものなのかまず見たことがないので、そこも興味がありました。本物を見てみたいです。
へいたいさんは、魔女から火うちばこを奪う際に、魔女を殺してしまいます。さすがにやりすぎな気がしました。日本の昔話にあるように、あとできっと罰が当たる展開になるのかと思いきや、へいたいさんに悪いことなど何も起きず、王様になってしまいます。
なんだかモヤモヤが残る結末でした。でも、こういう物語もあるのか〜と新鮮でもありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たぬきも楽しそう  投稿日:2018/10/27
日本名作おはなし絵本 ぶんぶくちゃがま
日本名作おはなし絵本 ぶんぶくちゃがま 作: 富安 陽子
絵: 植垣 歩子

出版社: 小学館
息子と一緒に読みました。お寺の小僧さんがたぬきの化けたちゃがまで湯を沸かし、たぬきに話しかけられた時の表情が面白いです。めちゃくちゃ汗をかいていて、そうとう驚いたんだなというのが伝わってきます。
そのあと捨てられてしまったたぬきの茶がまですが、古道具屋のおやじと出会ってからみせもの小屋をしながら生活していく場面は、たぬきもおやじも生き生きとしていて、見ていて楽しかったです。
茂林寺というお寺に今でもまつられているという茶釜、見に行ってみたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 追い出す相手が違うんじゃ…  投稿日:2018/10/08
日本名作おはなし絵本 びんぼうがみとふくのかみ
日本名作おはなし絵本 びんぼうがみとふくのかみ 作: 富安 陽子
絵: 飯野 和好

出版社: 小学館
とても愉快なお話でした。飯野さんの絵も、表情豊かで見ていて楽しいです。
もしうちに貧乏神が住みついていたら…と想像すると、何が何でも出て行ってもらいたいと思うでしょうが、このおとうとおかあの心の広さにはびっくりでした。せっかく福の神が来てくれることになったのに、貧乏神と一緒になって福の神を追い出そうと必死になる2人の姿には思わず笑ってしまいました。
福の神が怒って帰ってしまった時には、ほんとうにこれでよかったのかなとふと思ってしまいましたが、まさかのありがたすぎる福の神の落し物のおかげでハッピーエンドになりました。
こういう恵まれた結末を迎えられたのも、このおとうとおかあの心の持ちようのおかげなのかもしれないですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最強のおなら  投稿日:2018/10/08
日本名作おはなし絵本 へっこきよめどん
日本名作おはなし絵本 へっこきよめどん 絵: 長谷川 義史
出版社: 小学館
とっても楽しいお話でした。長谷川さんのダイナミックな絵が、お話にぴったりでした。ばばさまがおならで飛ばされていく場面なんて、絵だけ見てても笑えます。
このへっこきよめどんのお話は、私が知ってるのとは少し違っていて、およめさんが家を追い出されてしまう展開がありませんでした。こっちのほうが、読んでていい気分でした。
おならの音も面白いし、おならのたびに飛ばされたばばさまが、なにか収穫を持ち帰ってくるし、息子は終始笑って楽しそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぞうさんおススメのおせんべい  投稿日:2018/10/05
ねずみのおなか
ねずみのおなか 作: 長崎 源之助
絵: 長野 ヒデ子

出版社: にっけん教育出版社
ほんわかしててあたたかな気持ちになれるお話でした。
おせんべいやに住んでいるねずみの家族は、おせんべいやが繁盛しないために、食べ物が食べられず空腹に困っています。そんなねずみ家族に自分の食べ物を分けてくれるサーカスのぞうのやさしさも素晴らしいのですが、機転を利かせてねずみたちが空腹に困らないようにしてくれたところには、もっと心を動かされました。
大きなぞうと小さなねずみたちとのやりとりも楽しくて、最後まで笑顔で読める絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな山小屋行ってみたい  投稿日:2018/10/05
七福おばけ団
七福おばけ団 作・絵: 大島 妙子
出版社: 童心社
保育園の夏祭りでお化け屋敷をやってからというもの、お化けに夢中の息子に図書館で借りてきた絵本です。
たくさんのおばけが出てきてにぎやかな絵本です。どのおばけも愛嬌があってかわいらしくて好きです。
山小屋で暮らすおじいさんおばあさんを助けてあげたことがきっかけで、山小屋で暮らすことになったみなしごおばけ団のお話なんですが、最後まで楽しく読むことができました。こんな山小屋あるならば、ぜひとも行ってみたいという気にさせてくれます。
こわくないお化け絵本を読みたい子にはぴったりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんだけ入るんだ、そのお腹  投稿日:2018/10/05
はらぺこねこ
はらぺこねこ 作: 木村由利子
絵: スズキ コージ

出版社: 小学館
私も知らない話だったので、こどもと一緒にワクワクしながら読みました。
はらぺこねこというタイトルなわけだから、きっとはらぺこなねこが出てくるんだろうというのは想像つくのですが、想像以上の腹ペコ具合&食いしん坊で驚きました。とにかく、出会う人や動物など何から何まで食べてしまい、しまいにはお月様やおひさままで食べてしまう姿には唖然としました。途中から、いつになったら、このはらぺこねこが何かを食べる展開が終わるんだろう、どうなって終わるんだろうと、気になって仕方がなくなりました。
はらぺこねこに食べられたみんなが、無事にねこのおなかから出てきたときにはほっとしました。
面白いんですが、こわい話でもありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心がきれいすぎて  投稿日:2018/10/05
シンデレラ
シンデレラ 作: 奥本 大三郎
絵: 宇野 亜喜良

出版社: 小学館
息子と一緒に読みました。男の子なので、お姫様や王子様が出てくるお話は今まであまり読んでいませんでした。
宇野さんの絵は、大人の私が見ると素敵だなと思えるのですが、パとみてかわいいな、きれいだなと子どもが感じられる絵ではないと思うので、子ども受けはしないかもしれません。
シンデレラが姉たちにいじわるされたり嫌味を言われる場面は、やっぱり見てると嫌な気分になりますね。そんな姉たちを王子と結婚したあとも、お城に呼んで一緒に暮らしたなんて、どれだけ心が広いシンデレラなんでしょう。
シンデレラがどこまでもいい人過ぎて戸惑いました。
参考になりました。 0人

1372件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット