ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

maru34さんの公開ページ

maru34さんのプロフィール

ママ・40代・栃木県、女の子14歳 女の子13歳 男の子11歳

maru34さんの声

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やっぱり素敵な世界  掲載日:2012/6/8
ピアノはっぴょうかい
ピアノはっぴょうかい 作: みやこし あきこ
出版社: ブロンズ新社
とても楽しみにしていました。今回も、新しい本は子どもたちと一緒に楽しみたいと思い、初めて読む瞬間を3人と一緒に過ごしました。モノトーンの中に映える色が印象的で、また、ネズミと女の子の大きさの対比がかわいくて、つい眺めてしまい、ページをめくるのがいつもより、ゆっくりになりました。 発表会前のドキドキした気持ちをこれからは娘たちもこんな風に楽しい気持ちへと変えてくれるといいなあと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あれも、これも!  掲載日:2012/3/9
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
 「幸せの絵本 3」が、とてもよかったので、「2」も読んでみたいと思い手にとりました。本当に、あれもこれも「あぁ!この絵本」というような本を選んでくれていて、読者の方の感想も、まるで会話をさせてもらっているような感覚になり、気持ちがほっこりする一冊です。

 いつもは本屋さんで、読んだ絵本が置いてあるのを見て、子どもたちと会話をするのですが、このシリーズがあれば、自宅でも、読んだ時の記憶、また、子どもたちも、この本を見て、絵本を読んでもらった時の記憶が、ふわっと想い出せる、そんな素敵な一冊になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思っていた以上に素敵な一冊でした  掲載日:2012/2/2
幸せの絵本〜家族の絆編〜大人と子どもの心をつなぐ絵本100選
幸せの絵本〜家族の絆編〜大人と子どもの心をつなぐ絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
ずっと絵本ナビHPに訪れるたびに気になっていた「幸せの絵本」シリーズ。でも、今までこのようなタイプの本はあえて読んでいませんでした。どこかで、お気に入りの絵本は、自分で出会いを見つけたいという思いがあったのかもしれません。また、絵本ナビHPでのみなさんの声を参考にさせていただくだけで、十分ありがたいとも思っていたのだと思います。
 けれど、今回の〜家族の絆編〜という括りに惹かたこと、そして正直にお話しさせていただくと、欲しかった一冊では送料無料の金額にならないこともあって、この一冊を購入いたしました。(無粋なきっかけで本当にすみません)先ほど届き、まず驚いたのが「幸せの絵本」の質感の良さでした。大きさ、厚さ、そして表飾の優しさ。どれも素敵で、最初の目的の届いた一冊の絵本よりも、先に手を取らずにはいられませんでした。
 「はじめに」の中にある金柿さんの「私たちは、絵本というモノが欲しいのではありません。絵本を通じて得られる「幸せな時間」が欲しいのです。」の言葉で完全ノックアウト!それからの時間は、この本に夢中でした。私も子どもたちが寝る前の一番幸せであってほしいひと時に、そんな想いで絵本を読み始めたなぁという記憶が広がり、この本を読んでいると、まるで、自分が読み聞かせてもらっているような、そんな心地よさに包まれました。みなさんの感想も温かく、読みながら思わず頷いていました。自分の気に入っている一冊があると、子どもみたいに嬉しくなったり、また、知らない一冊も、うちの子が喜びそうだなあと家族を思い浮かべ、今度読んでみよう!と新たな発見をさせてくれました。順序は逆ですが「幸せの絵本」「幸せの絵本2」も読みたくなりました。想像以上の一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 終わり方がとっても好きです  掲載日:2011/12/21
よにもふしぎな本をたべるおとこのこのはなし
よにもふしぎな本をたべるおとこのこのはなし 作・絵: オリバー・ジェファーズ
訳: 三辺 律子

出版社: ヴィレッジブックス
お話もとても素敵なのですが
終わり方がとっても好きな一冊です。
子どもたちも、その最後に思わず笑顔になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 作者の思う壺に家族ではまってしまいました  掲載日:2011/10/28
でんせつの きょだいあんまんを はこべ
でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作: サトシン
絵: よしながこうたく

出版社: 講談社
 9歳、7歳、5歳の子どもたちに寝る前に読んでいるのですが、初読みの瞬間(新しい本を読み届ける瞬間)は、まさに私にとっても特別な夜!どんな反応をわが子たちは示すのか、私の選択はどう受け取られるのだろうかなど、はやる気持ちを抑えながら届いたばかりの本を手にとりました。

 最近、長女は自分の本を読むことに夢中になっていて、以前のようには楽しみに待っている様子ではないところが、実はほんの少し寂しくもあったのですが、妹、弟の「あっ!見たことない本!」の言葉にやや耳がピクリ。そして私の「でんせつのきょだいあんまんをはこべ」のタイトルコールを聴くや否や、久々に「え〜面白そう!」と寄り添ってくれたのです!!!それだけでも感謝感謝の瞬間でした。

 三人ともページを追って進むたびに、もはや、その他大勢のアリであるかのように物語に惹きこまれていました。最後の瞬間の三人の表情・声を私の文章でお伝えできないことが残念なほど、子どもたちにとってそれはそれは楽しい時間でした。まさに思う壺にはまった家族像だったと思います(笑)

「ばんさくつきはてたか」「ゆくてをはばまれた」「じかんをついやして」などの言い回しがすごく読んでいて心地よく、迫力のある絵と文がとても合っていて、つぎは読書会で多くの子どもたちを前に読める日を楽しみにしています。
まっ・・・世の中ってこんなこと往々にしてあるよあるある!と妙に納得させられた一冊でした。
参考になりました。 5人

自信を持っておすすめしたい 原画がすごく素敵だったので・・・  掲載日:2011/3/23
お月さまってどんなあじ?
お月さまってどんなあじ? 文・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: いずみ ちほこ

出版社: らんか社
まだ独身の頃(今から10年ほど前)に偶然訪れた美術館で原画展を開催していました。その時にこの絵本の原画に出会い、紙の質感、絵、色の素敵な雰囲気に惹かれて、その場で購入いたしました。
お話もかわいらしくて、子どもたちは最後の方のお月さまの味の説明の箇所がとても気に入っているらしくて、いろいろな味を声に出しています。優しい色遣いに心落ち着く一冊だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 欲張るとダメなんだと・・・  掲載日:2011/3/20
だいふくもち
だいふくもち 作・絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店
高知弁が読み心地のいい一冊です。
意味もわからない言葉も、ほかの文面から伝わりました。
「面白い本かと思ったら、怖かった〜」というのが
子どもたちの第一声でした。
欲張るとよくないということがとても伝わるので
お話の内容を理解できるようになってきたら
おすすめします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切なこと  掲載日:2011/3/18
きょうというひ
きょうというひ 作・絵: 荒井 良二
出版社: BL出版
絵本をとても大切に想っている方から
贈り物でいただきました。
荒井さんの絵本の中でも、
とても心に静かに届くような一冊です。
絵本の大きさもいつもより小さいのですが
そのサイズもまたあっていると・・・

読む人によって、受け取り方が違うと思うのですが、
それが荒井さんの絵本のよさなんだなあと感じます。

私には、炎が世界中の子どもたちの命のように感じられ
一生懸命大切に大切に消えないように
守っていきたいという願いを覚えました。
些細なことで悩んでいた時に読むと不思議と安らぎを覚えます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 愛しいきのこ  掲載日:2011/3/18
ナミチカのきのこがり
ナミチカのきのこがり 作・絵: 降矢 なな
出版社: 童心社
大好きな降矢さんの新作!
ページをめくる瞬間がとても楽しみでした。

子どもたちは、きのこたちの登場に
大喜び!本当にどの子も愛らしいです。
不思議な世界から一変、
現実に戻ったときのナミチカの不安や
ぎゅっとしてもらえる安心感がすごく伝わって、
子どものときに感じた記憶をふと思い出しました。

三人の子どもたちも最後の裏表紙に大興奮!
また読み返して、その瞬間を見つけてまた大喜び(笑)
スロヴァキアの森に足を踏み入れたような気持ちになる一冊です。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 広がる想像のすごさに目がきらきらしました  掲載日:2011/3/18
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
驚くような展開で、またその展開の素晴らしさ
どうすれば、こんな楽しい発想につながるのか
毎回すごいなあと感嘆しています。

絵から湯気が伝わってくるような温かさ、
あがった時のバスタオルの姿がわが子に重なってみえます。

子どもたちは、みんなで50数えるところが
大好きで、4歳の息子はずるして数えるところ
姉たちは間違えるところがそれぞれ可笑しい様子。
私も読んでいて楽しい一冊です。
参考になりました。 1人

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット