だるまちゃんととらのこちゃん だるまちゃんととらのこちゃん
作・絵: 加古 里子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
だるまちゃんととらのこちゃんになったつもりで、子どもの「落書きしたい」気持ちを存分に楽しんでください。でも実際に真似っこしたら、ただでは済まないのでご注意を!

ヤッターペリカンさんの公開ページ

ヤッターペリカンさんのプロフィール

パパ・30代・東京都、女1歳

ヤッターペリカンさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分の気持ちを娘に伝えられる絵本  掲載日:2008/3/19
いつもいっしょに
いつもいっしょに 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
いもとようこさんの優しい絵で、娘の好きなうさぎと熊が描かれていたので購入しました。

内容は、献身的な熊にうさぎは笑顔で応えるのですが、熊にはうさぎの気持ちが分からなくなり、ある時、熊はうさぎに決定的なことを言ってしまいます・・・といった感じのなかなか大人っぽい内容ですが、十分子供にも通用します。

シンプルに大切なことが描かれていて、とても良かったです。

特に良かったなぁと思うのは、起承転結の「転」の部分で一瞬ドキっとするのですが、「結」の部分でハッピーな感じになるのところです。
娘も「あーよかったねぇ」などとニッコリしてました。

なかなか子供に「あなたがいるだけで私はしあわせ」的なことを面と向かって言えない人には特におすすめです。

いつも感謝の気持ちが足りないと言う妻への読み聞かせにも最適なんじゃないかと・・・(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘の成長を感じます  掲載日:2007/12/1
がたんごとんがたんごとん
がたんごとんがたんごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
絵がとても気に入り購入しました。
最初に読んだのが8ヶ月頃・・・
その頃は、自分でページをめくりたがり、覚えたての「ニャンニャン」を連発してました。
その後も、「ニャンニャン」と言って、この絵本を持ってきました。
何回か読んでいるうちに、いつのまにか、ちゃんと話を聞くようになりました。「がたんごとん」と言いながら・・・。1歳になった頃だったでしょうか。
そうこうしていると、「のせてくださーい」という所では、「はーい」と返事をするようになりました。
その後は「のせてくださーい」を自分で言うようになり、最近は、ほとんどを僕と一緒に読んでいます。
うーん、子供の成長はすごいなぁと思うと同時に、絵本って何回も読めるんだなぁと。(大人の本はだいたい1回読んだら終わりですから・・・)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆーらゆーら  掲載日:2007/11/7
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
絵がお洒落でとても気に入り、衝動買いで購入しました。
娘はどんな反応かな?と思ってみていたのですが、とても気に入ったようで大満足でした。
今では「ゆーらゆーら」と言いながら、この本を持ってきます。
1歳半ながら、自分なりのこの本のハイライトがあるようです。
まだ絵本と玩具の区別もつきませんが、玩具感覚でも楽しめる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 結構悩みながらも・・・  掲載日:2007/11/6
あかずきんちゃん
作: (不明)
出版社: (不明)
名作絵本は読ませておきたいと思い、あれこれ探してみました。
いろんな話が詰まっている全集的なもの、価格が安い小型のものなど、さすが名作だけあって、いろんなものがありました。
そんな中、娘ということもあり、最も可愛らしかったこれに決めました。
まだオオカミを「ワンワン」というくらいの年齢ですが、絵本は好きなので、おもちゃ感覚でいろいろ与えてみようかなと思っています。
この作家さんのものはシリーズであるようなので、他のも買ってみようかなと思っています。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中