オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

lunaさんの公開ページ

lunaさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子9歳

lunaさんの声

1770件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やはり名作は面白い  投稿日:2019/05/23
10歳までに読みたい日本名作(11) 注文の多い料理店・野ばら
10歳までに読みたい日本名作(11) 注文の多い料理店・野ばら 作: 宮沢 賢治 小川 未明
絵: 館尾 冽 坂本 コウ
監修: 加藤 康子

出版社: 学研
表題作の注文の多い料理店は特に面白いようで、他の本で過去に読んだことがあったけど楽しく読めたようです。今風の挿絵のおかげで読みやすいです。
セロ弾きのゴーシュも面白かったそうです。全て宮沢賢治の物語と思ったらそうではなかったのですが、全く読んだことない作者さんの作品に思いがけず触れられて良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タイトル通りはじめての英語にピッタリ  投稿日:2019/05/20
はじめてのえいごえほん せかいのおはなし(1)
はじめてのえいごえほん せかいのおはなし(1) 再話: ささき あり
出版社: くもん出版
CDつきなので掛け流しできるし、馴染みのある昔話なので英語がわからなくても話をたのしめると思います。
英語が得意でない私としても、読み聞かせの際に英語の発音がわからなくても英語の上にカタカナを振ってくれているのでたすかります。ただ、子供がカタカナの発音のまんま覚えちゃうのは大丈夫なのかな?とも思いましたが。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小学生にも  投稿日:2019/05/20
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) 再話: 深山 さくら
出版社: くもん出版
絵本という形で、あまり抵抗なく英語に触れられると思います。CDつきにしてはそこまでお高くないし買いやすいです。
幼児さんはもちろん、小学生にも凄く勉強になるのでは?興味を持つきっかけ作りになると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 次は?次は?気になるしかけ  投稿日:2019/04/14
おむつのなか、みせてみせて!
おむつのなか、みせてみせて! 文・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳: 松永 りえ

出版社: パイ インターナショナル
オムツの中身を見るってなかなか日本人作家の絵本だとないんじゃないでしょうか?
海外作家の絵本は日本人にはない発想で面白いです。
絵が可愛いのでオムツ姿も中身も可愛い。
小さい子は次々と仕掛けをめくる手が止まらなくなりそうですね。
トイトレ中のお子さんにピッタリです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リリアーネが好きな息子へ  投稿日:2019/04/14
動物探偵ミア(1) 動物探偵ミア
動物探偵ミア(1) 動物探偵ミア 作: ダイアナ・キンプトン
訳: 武富 博子
絵: 花珠

出版社: ポプラ社
もろ女の子向けのイラストですが、リリアーネが好きな息子に勧めてみました。最初は「これ、男向けじゃないでしょ。」なんて言ってましたが、「動物探偵」という文字に負けて読み始め、あっという間に読み終わるや否や、「図書館で続き借りてきて!」とリクエスト。
思った通り、ハマりました。
動物とお話したい、猫好き、探偵要素あり、挿絵が沢山という点が息子が楽しく読めた理由かなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 10から数える数絵本  投稿日:2019/04/14
ちっちゃなかいぞく いまなんにん?
ちっちゃなかいぞく いまなんにん? 作: マイク・ブラウンロウ
絵: サイモン・リカティー
訳: ふじしま けいこ

出版社: 潮出版社
1から数える数絵本は沢山あると思うんですけど、10から減っていく数絵本ってなかなか見ない気がします。
しかも、仲間がどんどん減っていく。これは穏やかじゃない!オチが気になりますね。子供向けのほのぼの数絵本にちょっとスパイスが効いてて、大人もワクワクしちゃいます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 凄く面白い  投稿日:2019/04/14
ケイゾウさんは四月がきらいです。
ケイゾウさんは四月がきらいです。 作: 市川 宣子
絵: さとう あや

出版社: 福音館書店
大ヒットの児童書でした。
ケイゾウさんがサーフィンするシーンが息子の一番のお気に入り。
実際に気に入っているシーンをいくつか音読してくれました。
私の中で、うさぎのミミはなんだかんだで憎めない奴だったんですけど、息子がミミのセリフを読むと途端に憎たらしい嫌味な女になっていて、読み手でこんなにキャラに対する印象が違うんだねって話をしました。
最後のお話は思っていた通りだったんですけど、やっぱりちょっとジーンとします。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 表題作に辿り着けませんでした  投稿日:2019/04/14
おとうさんがいっぱい
おとうさんがいっぱい 作: 三田村信行
絵: 佐々木 マキ

出版社: 理論社
これ、短編がいくつかあるんですけど、最初の話で私はギブアップ。これを子供に読ませていいの??子供の私がこれ読んだら確実にトラウマだったと思います。怖い、背筋が凍るとはまさにこの事!
好きな人にはたまらないんでしょうけど苦手な人には・・・。
息子も1話目を一緒に読んで、これはもういいと言いました。

タイトル見て、面白い話に違いないと思った私の勘は見事に外れました。
お子さんに与える前に一読される事をオススメします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんだかんだ言いながらも最後まで見守って  投稿日:2019/04/14
すえっこ0ちゃん
すえっこ0ちゃん 作: エディス=ウンネルスタッド
絵: ルイス・スロボドキン
訳: 石井 桃子

出版社: フェリシモ出版
以前から家にあった本。でも、息子が興味を示さなかったので飾りになっていたんですが先日遂に手に取り読み始め、夢中になって読破!!そんなに面白かったのか?と思ったら、「Oちゃんの家族とペットが可哀想。」だって。
子供らしく、かなりヤンチャに振る舞う彼女の姿を息子は兄目線で読んでいたようです。
以前にも、ロッタちゃんやきかんぼのちいちゃい妹を読んだとき、ロッタちゃんの家族やちいちゃい妹の姉側に立っていたんです。
こんな妹は欲しくない!と言いつつも、しっかり読んでしまうのはやっぱり年上として目が離せないのか、自分と全く違う自由で時にやりたい放題な彼女たちがなんだかんだで魅力的なのか。とにかく最後までちゃーんと妹を見守って本を閉じていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖い系の本を平気そうに読む息子が怖いと言った  投稿日:2019/04/14
ホラーバス 1
ホラーバス 1 作: パウル・ヴァン・ローン
絵: 浜野史子
訳: 岩井智子

出版社: 学研
内容紹介のところに載ってる挿絵、私も息子に見せられました。内容説明してくれて、この絵。リアルではないながらもこれは怖いな!!
息子は怖い系のアニメや実写、お化け屋敷などは本気で拒絶するのに、怖い系の児童書が好きでよく読みます。本だとそこまで怖く感じなくて楽しめるんだとか。だから、今まで本を読んで怖いという事はありませんでした。でも、これは怖い!と息子が初めて言った記念すべき本です。怖いけどやっぱり楽しいらしく続きも読みたがっています。
夜は「夢に出たら困るから」読まないそうです。
参考になりました。 0人

1770件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット