おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

みくみく さんの公開ページ

みくみく さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子11歳 男の子9歳

みくみく さんの声

80件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う とんでまーす  掲載日:2012/12/4
かもとりごんべえ
かもとりごんべえ 文: 令丈 ヒロ子
絵: 長谷川 義史

出版社: 講談社
なんと私は今回はじめて かもとりごんべいを読みました

長谷川義史さんの絵が かわいらしく 
よくばりなごんべいもかわいらしく見えて
かさでとばされてしまう時には6歳の娘も笑っていました。

ほのぼのとさらっと読み聞かせをしたい時に良いかとおもいます^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こぞうさんが良い子です  掲載日:2012/12/4
さんまいのおふだ
さんまいのおふだ 文: 石崎 洋司
絵: 大島 妙子

出版社: 講談社
我が家も別の「三枚のおふだ」を持っています
我が家の本は こぞうさんがやんちゃ者で
どうしても栗ひろいに行きたいと言い出すお話です

こちらの本のこぞうさんは心優しく
和尚様の為にお花を取りに行くお話し。

私はこちらの方が好きでした
最後に山姥が和尚様に
食べられてしまう時も こちらは おまめに化けます
見ていて抵抗がありません^^私のは山姥のまま食べられてしまいます

昔話は時々 子供に読みながらドキッとしてしまうこともあり
(子供のほうは さほど気にしてないかもです^^)
あまり買うことは無いのですが今回のレビュー企画の昔話は
安心して読めるタイプのものでした。 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにぎり食べたくなります  掲載日:2012/4/12
オニじゃないよ おにぎりだよ
オニじゃないよ おにぎりだよ 作: シゲタサヤカ
出版社: えほんの杜
試し読みで読ませていただいてから かなり経つのですが 
未だに 娘に おにぎり食べる?と聞くと
オニじゃないよおにぎりだよ(^^)そう返事をしてきます

それだけ気に入っているのか
オニの作る おいしいおにぎりと言うことで
私がオニと言うことか??

とにかく 娘にはインパクトがあったようです(^^)

参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい がんばろうね   掲載日:2012/4/12
てのひら
てのひら 作: 瀧村 有子
絵: 藤田 ひおこ

出版社: PHP研究所
過ぎてしまえば 取り越し苦労となる
心配ごと。。。

心配しては手を差し伸べ そして
それが良かったのかどうか また心配になり

そうこう しているうちに 娘から教わることの多さを
感じる この5年間を 懐かしく振り返れる本でした

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 行きたくなります  掲載日:2012/4/10
てんぐのきのかくれが
てんぐのきのかくれが 作・絵: 青山 邦彦
出版社: 教育画劇
5歳の娘 3才の息子と読みました

私が読んであげる前に 娘は一人で本を見ていて
妖怪の名前や姿、形を楽しそうに教えてくれました

怖くないのー?と聞くと みんな良い妖怪さんで
怖くないよ これ(いったんもめん)に乗せてもらって遊びたいの

とのこと 読んであげると 私も隠れ家いきたーい(娘)
これ、隠れてないよねー見えるよねー(息子)

それぞれ感想はちがいましたが ここ2日間 連続で
寝る前の読み聞かせでリクエストされてます(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しく かわいい ラーメンちゃん  掲載日:2011/11/21
ラーメンちゃん
ラーメンちゃん 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
前ページ試し読みで読ませていただきました

上の子も 下の子も「GO!」の所は
私と声を揃えて読んでいて
子供達が自然に笑顔で元気になっていました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めて迫力のあるアリを絵本でみました  掲載日:2011/10/30
でんせつの きょだいあんまんを はこべ
でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作: サトシン
絵: よしながこうたく

出版社: 講談社
子供達は絵本にアリと書いてあるにもかかわらず
鬼の本と呼んでいます(^^)

とても迫力があり アリを見る目が変わりそうです
海外に暮らしているので、あんまんを知らない我が子達に
まずは あんまんが どんな食べ物なのかの説明をしてあげ

子供達は「おいしそう たべたーい」とアリロウ達と
同じ気持ちと化して読んでいました

さあ!やっと食べれるぞー あまーい あまーい
あんまん!!!

最後、子供達は苦笑いしていました
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい たこやき  掲載日:2011/10/28
たこぼがやってきた
たこぼがやってきた 作: きのひなた
絵: とぐさ

出版社: 星の環会
前ページ立ち読みのコーナーから
5歳の娘、3歳の息子が選び読んでみました

絵が かわいく気に入ったようで
シリーズのお話も読ませていただきました

1冊ずつつの お話が短く解りやすいので
日本語、英語共に子供達が自分で
読みたいと思える本だと思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う かわいいです  掲載日:2011/10/25
プリンちゃん
プリンちゃん 作: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
全ページ立ち読みのコーナーで
読ませていただきました。

シンプルなプリンちゃんが
かわいいプリンアラモードになれるよう
いくつかの クリームデコレーション(ドレス)
などを ぷりんちゃんが選んで行くのですが

子供も私も一緒になって選んでしまいました
楽しく かわいい絵本でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 怒ったぞー  掲載日:2011/7/31
ほげちゃん
ほげちゃん 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
5歳の娘と3歳の息子と読んだのですが
息子の方が ほげちゃんをとても気に入っていました

猫が悪いと言う息子に 猫好きの娘は
「違うよ!お魚がほしかっただけだよ」

誰が悪いか論になっていました(^^)

今まで一度もぬいぐるみが日常生活に不満があるなんて
考えたことがありませんでした

明日から子供達とおもちゃや ぬいぐるみを大切に
ちゃんとかたずけてあげようね ほげちゃんにならないようにと
母のみかた ほげちゃんになってもらおうかとおもいます(^^)
参考になりました。 0人

80件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

全ページためしよみ
年齢別絵本セット