くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

こりこりこさんの公開ページ

こりこりこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子5歳 女の子2歳

チェック済

公開

こりこりこさんの声

273件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 明るい!前向き!  掲載日:2018/2/18
こまったときのねこおどり
こまったときのねこおどり 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
昔話にありそうな展開のおはなしが、ポップに
描かれています。なにをやってもうまくいかない
主人公のネコちゃん。ネズミさんにもやっぱり
騙されてしまうけど、それがきっかけで
思わぬ才能に目覚め、、、?!
自分にもまだ気づいていない得意なことがあるのかな、
それにいつで会えるのかはだれにもわからない!
という、前向きな気持ちを、絵本を楽しみながら
感じられる本なのではないのかと思います。
ネズミの捉え方など、かわいらしいタッチでなかなか
ブラックなイラストが描いてあるところも
子供はビックリしながらも、笑っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝る前の本の定番になりそう  掲載日:2018/1/10
ほねほねザウルス(17) はっけん!かいていおうこくホネランティス
ほねほねザウルス(17) はっけん!かいていおうこくホネランティス 作・絵: ぐるーぷ・アンモナイツ
原案・監修: カバヤ食品株式会社

出版社: 岩崎書店
児童書とマンガが合わさったような本。
文体も、物語の本に比べると砕けています。
5歳の息子は、恐竜好きなので、題材に
惹き付けられ、最後までワクワクしながら
じーっと聞いてます。大人は読み聞かせを
しにくいと思いますが、世界に入り込んでいる
子供にとっては、違和感はないようです。
深海のほねほね生物もでてきたり、
古代生物をモチーフにした潜水艦がでてきたりと
夢中になるポイントがいっぱいで、
このシリーズが大好きになったようです!
話の途中に『詳しい話はシリーズ◯巻に載ってるよ!』などとかいてあるので、次に読みたい本も
決まったみたいです(笑)
最近は寝る前に読んでほしいと持ってくることが
増え、話の途中で寝ることもあります。
きっと楽しいほねほねの夢を見ているのでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろーい!  掲載日:2018/1/10
すてきなバスケット
すてきなバスケット 作: 小沢正
絵: 佐々木 マキ

出版社: 福音館書店
佐々木マキさん×ぶたの組み合わせの本は
これまでも読んだことがあるからか、
きっとユーモアたっぷりな話なんだろうと
期待いっぱいの目をして、聞いていた息子。
話が進む前から既に笑っていて、
『次はこうじゃない?』
『えー!?』と大きな声をあげながら
親子で盛り上がりました。
おもしろくって想像力が広がりそうで、
先読みして展開が読めたと思ったら、
予想しなかった結末が待っていて。
こんなバスケットがほんとにあったら
とっても楽しい!自分だったら何を出そうかな。
やっぱり自分だけのものにしたくなっちゃうよね。
そして、当然、そんなにうまい話はころがって
なかった!!
起承転結がはっきりしていて、
話のテンポもとてもよくて、一冊のお話のなかで、
たくさん楽しませてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵の隅々までイキイキしていて魅力的  掲載日:2018/1/6
コウモリとしょかんへいく
コウモリとしょかんへいく 作・絵: ブライアン・リーズ
訳: 西郷容子

出版社: 徳間書店
コウモリが主役の本という珍しさに惹かれました。
夜の図書館に入ってきて、本を楽しむコウモリたちの
姿がイキイキと描かれています。
物語の世界に入り込む姿はファンタジーに溢れていて
コピー機で遊んだり、本を逆さまに読む姿は
ユーモラスで、コウモリも大きさが違ったり
種類も違うような子もいて、絵を見るだけでも
かなり楽しめます。
コウモリにとって、楽しいことや遊び方が
人間のそれと似てかかれているところも
おもしろくて笑ってしまいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり楽しい♪  掲載日:2018/1/6
おさるがおよぐ
おさるがおよぐ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
幼年童話にすこしづつ触れさせてますが、
なかなか絵本からのシフトがうまくいかず。
息子はユーモア本が大好きなので、
急に物語っぽくなるとおもしろさが半減するし
好きそうなテーマの物語だと急に
対象年齢があがって、理解できなかったり。
ユーモア優先にするとマンガっぽいものに
なってしまうし。
そんななかでの『おさる』シリーズは
絵本以上に文字が大きくて文字数も少なく
ゆるーい絵が各ページにかかれていて
ユーモアもたっぷり。息子は毎回大ウケ。
一度見出したら、2回りは読み返してます。
他のシリーズにも似ているシーンやフレーズが
でてくるから、それを比較するのも楽しいようです。
絵本と童話の間に挟んで読むのに
ちょうどよく、重宝してます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ネコ好きにはたまらない  掲載日:2017/12/28
ねこだらけ
ねこだらけ 作: あき びんご
出版社: くもん出版
ネコ大好きな娘は、最初のページから大興奮。
どのネコが好きか選んだり、赤ちゃんとお母さんの
違いをさがしたり。大忙し。
ライオンやトラ、あと動物園で見るようなサーベルや
クロヒョウもねこの仲間だということがわかって
驚いた様子でした。
それぞれのネコの特徴を見ていたら、図鑑でもっと
詳しく見たくなって、、、図鑑と比べるとソックリな
ものもあれば、あまり似てないものもあって、それを
探すのも楽しい時間になりました。
5歳の息子は民族衣装を見比べたり、聞いたことのある
国を探したりと、これまた楽しめたようです。
お話絵本とも図鑑とも違いますが、
いろいろな読み方ができて、知識や興味が
広がるきっかけとなってくれそうです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 自転車のルールやマナーをわかりやすく  掲載日:2017/12/28
こざるのじてんしゃ
こざるのじてんしゃ 作: 楠 章子
絵: オカダ ケイコ

出版社: 自転車産業振興協会
表紙のかわいさからか2歳の娘が選び、5歳の息子に
読み聞かせました。
かわいいおさるさんが自転車に乗っている姿に
息子も楽しそうでしたが、話を通してルールやマナーを
わかりやすく教えてくれるような内容になっていたので
繰り返し何度も読んで!と言ってくることは
ありませんでした。
これからひとりで自転車に乗るようになる年頃なので
そのときに少しでも、この本の内容を思い出して
くれれば、と親は期待してしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 持ってるおもちゃをみつけてウキウキ!  掲載日:2017/12/26
おもちゃの迷路
おもちゃの迷路 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
迷路シリーズ大好きな5歳の息子です。
もう何冊目かで慣れたのか、絵のタッチが
はっきりしていていて探しやすいのか
いままでよりも隠し絵を探すスピードが
早く、ひとりで全部みつけられることも。
達成感があるようで、楽しそうに見ています。
昔ながらのおもちゃから、最近の人気のおもちゃが
わかりやすく描かれているので、知ってるおもちゃや
持ってるおもちゃが載っていると大喜び。
迷路や探し絵も複数ページに渡って楽しむものや
進んでいくにつれて、しかけがあることに気づいて
まだ、最初から読み返したくなったりと
何度でも何通りでも楽しませてもらってます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かなりさいこう!  掲載日:2017/12/4
ねこのピート だいすきなしろいくつ
ねこのピート だいすきなしろいくつ 作: エリック・リトウィン
絵: ジェームス・ディーン
訳: 大友 剛
文字画: 長谷川 義史

出版社: ひさかたチャイルド
親子でノリノリで歌って読める本です。
掛け合いみたいに読み進められるし、
とっても覚えやすいフレーズで
2歳の娘も、かなりさいこう!な気分で
聞いてくれます。
上のお兄ちゃんは新しい色の靴を
自分で考えて、オリジナルの場面を作って
歌ってみたり。
ピートの前向きな姿を感じて、
いろんな物の見方ができる子になってくれたら
とってもうれしいです。そして、
毎日の子育てで、なんてこった!の繰り返しの
自分にも、ピートみたいに受け入れ、
明るく、もっとハッピーになるように
こどもたちに接することができれば!と
思わされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そばを作る工程に興味津々!  掲載日:2017/12/1
からすのそばやさん
からすのそばやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
5歳になったばかりの息子に、最後まで聞いていられるか
どきどきしつつよみましたが、
内容、長さ、ちょうどよかったみたいで、
楽しそうに聞いてくれ、何度も読んでほしいと
持ってきます。
『そばができるまで』が、絵と文で
わかりやすく、くわしく説明されていたのが、
新鮮で興味が湧いたようです。
白いカラスの名前が『オモチ』だったのも
ツボだったようで、最初のページから
グググッと引き込まれていました。
親としても、楽しいお話でありながらも
日本語の表現の豊かさが活きている
キレイな言葉で文がかかれているところに
とても好感がもてました。
参考になりました。 0人

273件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット