新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい

TOP500

こぶた文庫

せんせい・70代以上・東京都

  • Line
自己紹介
絵本講師の資格を取得しました。その後おもちゃコーディネーターを取得し、2011年9月には念願のペーパークイリングインストラクターの認定を受けました。いろいろやったけれど、やはり絵本が一番!顧問をしている『絵本サークル・アイビー』は、2012年に20周年を迎え,親しい絵本作家さんをお招きして記念会を致しました。ここ数年は絵本にどっぷり浸かっています。
好きなもの
ドイツ、韓国、台湾。世界の雑貨。
絵本(蔵書は3500冊以上。)
小淵沢えほん村(絵本サークルの合宿先になって22年、毎年2〜3回出掛けます。)
ぺ−パークイリング・ペーパークラフト。
頑張っている教え子たち。
ひとこと
絵本を学際的に研究するのではなく、生活必需品というような感覚で捉え、読み続けて行きたいです。

こぶた文庫さんの声

439件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ボノム?  投稿日:2013/08/22
ボノム
ボノム 作・絵: ロラン・ド・ブリュノフ
訳: 末松 氷海子

出版社: 福音館書店
柳田邦男先生の本を読んでいたら、『あいにいくよ ボノム』という絵本が紹介されてありました。もしかしたら今は絶版かもしれませんが、近所の絵本の古本屋さんに行ったらこちらがあり、即購入しました。出版社と訳者が違うようです。ほのぼのとしたお話しで、「いかにもフランス的な個性味あふれる絵の絵本…」という柳田先生の言葉を確かめながら、フムフムと読み進めてみました。どうやらボノムは子どもにしか見えないものらしいのです。主人公の少女のような他を疑わず思いやりの心を、いつまでも持ち続けてほしいもの、と思いました。人はいくつまでボノムに会えるのでしょうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おやおや、指が動いてる…。  投稿日:2013/08/21
おやゆびさん
おやゆびさん 作: 風木 一人
絵: ひろかわ さえこ

出版社: 鈴木出版
片手の指同士は親指とだけしっかり触れ合えることを改めて確認できます。読み進めながら、2歳の男の子の片手の指がもにょもにょと動いていることを見つけてしまいました。私も改めて絵本の通りに動かしてみました。なるほど!日頃意識はしていなかったけれど、人指し指と薬指や小指を触れ合わせるのは難しいことがわかりました。絵が大きくはっきりしていて、2〜3歳の子どもにはぴったりの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい な、な、なんだ!この絵本は!!  投稿日:2012/05/22
ねんどろん
ねんどろん 作: 荒井 良二
出版社: 講談社
これは、ただ普通に読んだら面白くない絵本です。ラップ調に足でリズムを取りながら読むと、読んでいる者も、見ている者も笑顔になります。テキストに合わせてリズムを取りながら読んでいくと、知らず知らず、何かをたたいてパーカッション的な伴奏が生まれます。自然に手拍子も生まれます。ページの片隅が丸くなっていて、絵も楽してとても珍しい絵本だと感じました。

またまた新井良二さんに対する思いが、『あさになったのでまどをあけますよ』に続いて変わってきています。

大勢で楽しめるすてきな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本の虫のたまご  投稿日:2012/02/28
エリザベスは本の虫
エリザベスは本の虫 作: サラ・スチュワート
絵: デイビッド・スモール
訳: 福本友美子

出版社: アスラン書房
先日、「先生にぴったりの絵本を見つけました〜!」と教え子からこの絵本の写メ付きのメールが来ました。実は私には、別な教え子の一言から『エリザベス』というあだ名があるのです。もちろんこの絵本は所持していましたが、彼女が気づいてくれたのはとても嬉しかったです。

本の虫、しかも実在していた事がすてき!です。見返しの書棚は私の絵本棚とは比較にならないほど偉大ですが、一体エリザベスはどんな本を読んだのでしょうか?ジャンルも問わなかったのでしょうか?興味のあるところです。

私も本は好きですが、これほではありません。だからいくつになっても
私「エリザベスは本の虫のたまご」だなと思いました。

若者に限らず本離れ、活字離れが嘆かれていますが、本の面白さに気付くきっかけは、やぱり絵本!だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい! 感動しました!!  投稿日:2012/02/02
あさになったので まどをあけますよ
あさになったので まどをあけますよ 作: 荒井 良二
出版社: 偕成社
荒井さんにはたいへん失礼なのですが、数々の絵本をどうしても進んで購入したいと思えないでいました。しかし!これは違いました。表紙から何かを訴えているように感じ、ページをめくると美しい絵が輝いているではありませんか。
きれいな絵ときれいなメッセージから、たくさんの力を得たように思います。
またまた、絵本の力を実感しました。

ていねいにていねいに読みたい絵本の1冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 遊べる絵本  投稿日:2012/01/14
たべたの だあれ
たべたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
おばさんの私も面白くてワクワクしながら見入りました。あれだ、これだと探しながらページをめくるのは嬉しいし次は何かな〜と楽しむことができます。絵本で遊ぶってこういうこともいうのかな、と思います。五味さんの『かくしたのだあれ』もそうですが、幼い子どもと関わっておられる方々には、ぜひ一読した上で、お子さん達に読んであげて、楽しい時間をすごしてほしいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プレゼントに期待するもの  投稿日:2011/12/15
クリスマスにほしいもの
クリスマスにほしいもの 作: 星野 はしる
絵: 入山 さとし

出版社: ひさかたチャイルド
今年も絵本サークルのクリスマス会で、恒例の絵本プレゼント交換をしました。その時に私の手元に来たのがこの絵本です。全員に絵本が行き渡った後、一人一人がなぜその絵本を選んだかを発表しました。

彼女は、「クリスマスの時期にピッタリだと思ったこと、プレゼントはぬいぐるみなど自分がほしいものではないものを見つけたこと、にうるっと来たこと」などを話してくれました。コーンはともだちのことをしっかりと見ていて、ピートの靴下の穴に気づいていたのでした。彼女は絵本が読み手に与えるメッセージを掴んだのだと思いました。

まだ、子どもたちの前で読んでいませんが、きっと子ども達にも何かが伝わる絵本だと感じます。これも「絵本の力」なのではないでしょうか?

今年のクリスマスプレゼントには、『やすらぎ、平和、穏やかな日々』を期待してその実現のために努力することにします。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 子どもを引きつける絵本  投稿日:2011/11/30
おたすけこびと
おたすけこびと 文: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ

出版社: 徳間書店
1歳8ヶ月になる姪の長男とぱらぱらページをめくりました。出てくるたくさんの乗物にキャハキャハいって喜んでいました。おばさんは構わずに声に出して文章を読んだのですが、お話しの内容はわかったのかどうか…?でもこんなに喜んで見入っているということは、1歳の子どもも引きつける絵本なのでしょう。乗物が大好きな男の子ですが、この次会った時は、お話しも楽しめるように工夫してみよう!という気持ちになりました。

おたすけこびとたちが、本当にいてくれるとありがたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい すごい!絵本です!!  投稿日:2011/11/15
地球をほる
地球をほる 作: 川端 誠
出版社: BL出版
すごい絵本が出たものだ、と思いました。
読みながら絵本を回転させるのです。

穴を掘って地球の裏側に行くという発想も面白いし、これは小学生が考えそうなことでもあります。アメリカは日本から見て本当に裏側なの?と思ったけれど、ケンタッキー州というのがいい!父が若い頃二度に渡って留学した地なのです。父の紹介で中学生の頃ケンタッキー州の女の子と文通していたこと思い出しました。

掘り進めていく過程に描かれているものも興味深いです。そしてケンタッキー州に着いたとたん英語の文章になるのも愉快です。最後にはアメリカ側から覗いた穴の奥に、「Mt.Fuji」が…。

絵本の帯に「川端誠のたのしいウルトラナンセンス・アドベンチャー絵本!!」とありますが、本当にすごい絵本です。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ともだちサンタ  投稿日:2011/11/15
ファーディのクリスマス
ファーディのクリスマス 作: ジュリア・ローリンソン
絵: ティファニー・ビーク
訳: 木坂 涼

出版社: 理論社
なんて心の美しいファーディなんでしょう。引っ越しをしたうさぎのお家に、サンタが迷わないで行けるようにと枝で矢印を付けて行きました。お手伝いをした動物たちもみんな優しいのです。

日頃の生活に追われて忘れていたものを思い出したような気持ちになりました。
「ともだちサンタ」「ともだちクリスマス」もすてきな言葉だと思いました。

降り始めた雪の結晶も美しく、全体を通して『美しい絵本』です。
参考になりました。 3人

439件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット