ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

ミキサー車さんの公開ページ

ミキサー車さんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子3歳

チェック済

公開

  • はじめての英語の歌
  • 辞書びきえほん世界地図
  • 三省堂 例解小学国語辞典 第六版
  • めくってナゾをとき明かせ! 超迫力 乗りもの図鑑

ミキサー車さんの声

762件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 動物の体温を感じる  掲載日:2017/9/19
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ?
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ? 作: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社
動物の毛並みが一本一本描きこまれていて、動物の体温が伝わってくるようなイラストですね。
ねずみは普通にかわいいなと思ったのですが、うさぎの「うふふ」を読んだ時点で完全にキュン死しました(笑)

背景を極力おさえたイラストなだけに動物たちの表情がくっきりと浮かびあがり、ますます動物に集中して楽しむことができました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ぞくっとした  掲載日:2017/9/19
ヤンときいろいブルンル
ヤンときいろいブルンル 出版社: フレーベル館
車好きの息子がぱらぱらっと見ただけで、唯一手にとらない本でした。
ぼんやりした感じのイラストのせいでしょうか。
「死んだ猫ちゃんの本は嫌だ」と言っていました。(笑)

改めて母親だけで読みました。
ストーリーは分からなくもない。
でもちょっと大人目線かな。

そして、猫が捨てられたブルンルを見つけるシーン。
決して写実的ではないのに、死の香りというのでしょうか、ちょっぴりぞくっとしました。
もしかしたら息子はこのページを見て読みたがらなかったのかな、と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉センスが抜群  掲載日:2017/9/19
やさいのおなか
やさいのおなか 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
想像以上に子供が食いついていまいた。
私も改めて見てみるとトマトやにんじんの断面はなんだかモンスターのようでもあり・・・発見がありました。

断面とか輪切りという言葉をつかわずに、「おなか」としたのはきうちさんの言葉センスが抜群ですね。
子供の心をぐっとつかんでいると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新鮮な発想  掲載日:2017/9/19
みずたまり
みずたまり 作: 殿内 真帆
出版社: フレーベル館
子供に大好きな水たまり。
イラストが好みではなかったのか、最初は食いつきが悪かったのですが、1度読んだら2度、3度とリクエストされました。

みずたまりが世界を見ている、という発想がとても新鮮でした。
しかも猫になめられてくすぐったいとか、葉っぱが落ちてよく見えないとか、読み進めるごとにみずたまりに感情移入してしまいます。

最後はあっさりとしていますが、私はこういう終わり方、好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会話がはずむ一冊  掲載日:2017/9/19
ぼく、だんごむし
ぼく、だんごむし 作: 得田 之久
絵: たかはし きよし

出版社: 福音館書店
「ぼく、だんごむし」の表紙を読んだとたん、親子共々ぐっと引き込まれました。
息子は完全にだんごむし目線。

紙をちぎったような温かみのあるイラスト、だんごむし自身が自分の生活を紹介していくストーリーが面白いなと思いました。
だんごむしが石やコンクリートを食べるというのはビックリ!

「ぼく、幼稚園でだんごむし見つけたよ」と親子の会話もはずみました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何故この顔!?  掲載日:2017/9/19
タコめし
タコめし 作: つきおかようた
出版社: 白泉社
色々な意味で期待を裏切られて楽しかったです。

まず・・・だるまのような風貌のタコ!
何故この顔・・・とてもインパクトがありました。

そして、タコめしがお弁当のおかずになるのではなく、タコそのものがお弁当を作っているということ。

最後にお弁当自身がおかずを買いに来る(!?)という設定。

おかずもとてもおいしそうで、息子共々楽しみました。
ただ、昔を思い出す場面の言葉遣いが、子供に読みきかせるにはちょっと抵抗を感じてしまったので、☆を1つ減らしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イラストは好き  掲載日:2017/9/19
復刊絵本セレクション 2 かしのきホテル
復刊絵本セレクション 2 かしのきホテル 作: 久保 喬
絵: 駒宮 録郎

出版社: フレーベル館
ほのぼのとした感じのイラストは、ちょっと違うかもしれませんが柿本幸造さんのようで私は好きだなと思いました。

ただ・・・内容が悪くはないのですが、「道徳の教科書」のようでもあり、読みながらちょっと白々しい気がしてしまいました。

息子はそんなことは気にせず、昆虫たちが出てくるので楽しかったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雰囲気がよくわかる  掲載日:2017/9/8
いってみよう!大井川鐵道 トーマス号となかまたち
いってみよう!大井川鐵道 トーマス号となかまたち 写真: 小賀野 実
出版社: ポプラ社
思ったより写真が多くて驚きました。
勿論子供は大喜び!

ガイドブック的な要素がないわけではありませんが、どちらかというと写真集の要素が強いかな?
各ページトーマスと仲間たちが大きな写真でいっぱいです。

各駅の見どころなども文字で掲載されていますが、とにかく写真が多く、雰囲気がよくわかりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すずめの世界にひきこまれる  掲載日:2017/9/6
すずめくんどこでごはんたべるの?
すずめくんどこでごはんたべるの? 文・絵: たしろ ちさと
出版社: 福音館書店
とても好きな絵本です。
「ぼくはね」とすずめが語りかけるところから始まるので、すずめの世界にぐっとひきこまれます。

文章が少ないところがとてもいいですね。
読まなくても、子供は小さなすずめを一生懸命探しています。

動物園に来た子供たちのストーリーもさりげなく描かれているところが心憎いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい寝姿  掲載日:2017/9/4
どうぶつたちがねむるとき
どうぶつたちがねむるとき 作: イジー・ドヴォジャーク
絵: マリエ・シュトゥンプフォヴァー
訳: 木村 有子

出版社: 偕成社
どうぶつの眠りに焦点をあてた絵本です。
すでに知っていることもありましたが、知らないことが大半でした。
きりんは一日2時間しか眠らない!?
2年間眠らない鳥がいる!?

たぶん時間の概念が分かるのはもう少し大きくなってからなので、子供にはぴんとこないようです。
ひたすらかわいい寝姿を眺める絵本になりました。
参考になりました。 0人

762件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット