話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

TOP500

ミキサー車

ママ・50代・愛知県、男の子10歳

  • Line

チェック済

公開

  • はじめての英語の歌
  • 辞書びきえほん世界地図
  • 三省堂 例解小学国語辞典 第六版
  • めくってナゾをとき明かせ! 超迫力 乗りもの図鑑
  • きせつの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO)
  • 季節を知る・遊ぶ・感じる 12か月の絵図鑑
  • はっけんずかん きょうりゅう 新版
  • ちがうの どれかな

ミキサー車さんの声

927件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 女の子とお母さん  投稿日:2020/01/23
恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス
恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス 作・絵: 黒川 みつひろ
出版社: 小峰書店
トリケラトプスシリーズを新刊コーナーで見かけたので図書館で借りてきました。

いつもは男の子とお父さんの物語ですが、今回は女の子とお母さんのお話になっています。
と言っても、展開はワンパターンですけどね。

なんで今回は女の子にしたんだろう?
時代の要求でしょうか?
本のサイズも一回り小さくなっていました。

息子は相変わらずドキドキハラハラ楽しめたみたいです。
巻末の解説ページがないのが私は残念でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 静かな感じの絵本  投稿日:2020/01/23
きょうがはじまる
きょうがはじまる 作: ジュリー・モースタッド
訳: 石津 ちひろ

出版社: BL出版
静かな感じの絵本、だけど中身は色々詰まってる!

最近、こういう選択系の絵本が増えた気がします。
わりと古典的な絵本が好きなので、この手の絵本には戸惑いつつ、でも楽しませてもらってます。

ちょっと寂しそうな雰囲気のイラストで、私は好きですが、息子の反応はイマイチでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとふざけたおすしのずかん  投稿日:2020/01/23
おすしのずかん
おすしのずかん 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
ちょっとふざけたおすしのずかんです。
海にいるはずのない牛や豚が泳いでいたり・・・。
ちゃんとうみにはいないって書いてありますけどね。

いつの間にか回転寿司ってなんでもありになってしまいましてね。
子供にお寿司の概念を教えるのって難しいなと思いました。

息子はお寿司もこの本も大好き。
私もクスッとしながら一緒に楽しんでます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おじいちゃんとの秘密  投稿日:2020/01/23
うちゅうスケート
うちゅうスケート 著者: たむら しげる
出版社: 復刊ドットコム
うちゅうでどうやってスケートするのかな?と興味を持ちましたが、どうやってうちゅうに行くのか?がメインのお話のように思いました。

おじいちゃんと秘密の約束をして・・・この辺りは子供の心をわしづかみにしますね。

この絵本を読んで、土星に興味を持ったみたいです。
宇宙の本をもっと探してみようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あの松岡さんの作品  投稿日:2020/01/19
恐竜たんけん図鑑
恐竜たんけん図鑑 作: 松岡 達英
監修: 小畠 郁生

出版社: 岩崎書店
かえるや昆虫の絵本で有名なあの松岡さんの作品ですね。
かなり年代もので、イラストが古い感じもありますが見応えがあります。

男の子と女の子が恐竜博物館に行くとそこから不思議な旅が始まって・・・という展開。

女の子のコメントが率直で面白いです。
恐竜がイカを食べているのを見て、「このイカおいしいのね」とか。

絵本だけどマンガみたいな不思議な絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も一緒に楽しめる  投稿日:2020/01/19
空のふしぎ図鑑
空のふしぎ図鑑 監修: 武田康男
出版社: PHP研究所
どうして雲が出来るのか、など、子供の疑問に答えるかたちの図鑑です。

写真が大きいことに加えて、ところどころバーンと見開きで大きな写真に加えて有名な詩や歌が印字されていて、思わず手を止めて読み入ってしまいました。

子供だけでなくて、大人も楽しめる図鑑だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありそうでなかった  投稿日:2020/01/19
ネコのみち
ネコのみち 作・絵: うちむら たかし
出版社: クレヨンハウス
犬がねこのあとを追いかけて行くと・・・という、今までありそうでなかった絵本です。

途中の家に住む動物たちの様子がかわいらしかったり、さいごに出てくるロバのおばさん(?)が恐竜の彫刻を作っていたり、登場人物がとても魅力的です。

文字も少なめでイラストを楽しみながら読めます。
最後まで読んだら、思わず最初に戻って読みたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表紙がいいね  投稿日:2020/01/19
ちがうの どれかな
ちがうの どれかな 作・絵: 得田 之久
出版社: 福音館書店
なんと言っても、表紙にインパクトがあります!
むしたちが全員こちらを向いていて、じっと見られているみたい。

正面から見ると足の長さに比べて顔が大きくてほぼ二等身。とてもユーモラス。

中身は1ページずつクイズ形式です。
簡単なのもあり、少しむずかしいものもあり、ほどよいレベルです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 優しい絵本  投稿日:2020/01/09
ゾウのともだち フンパーディンク
ゾウのともだち フンパーディンク 作: ショーン・テイラー
絵: クレア・アレクザンダー
翻訳: 青山 南

出版社: マイクロマガジン社
やわらかいタッチのイラストと、すくなめの文字がよみきにぴったりです。
ある日ほいくえんにやってきたぞうのフンパーディンク。
その出来事を女の子の視点から描きます。
自分とは違うお友達をこんな風に受け入れる人になってほしいな、と思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 小学校前に  投稿日:2020/01/07
さんすうサウルス
さんすうサウルス 作: ミッシェル・マーケル
絵: ダグ・クシュマン
訳: はいじま かり

出版社: 福音館書店
小学校入学前に、家庭でもボチボチ事前学習をしています。恐竜好きなのでどうかなぁ?と思って借りてみました。
あまり勉強くさくなく、妹を助けたり、星は数えることができなかったり、ストーリーも起伏があって面白いです。
参考になりました。 0人

927件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット