かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ひまわりにゃんこさんの公開ページ

ひまわりにゃんこさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、男の子10歳 男の子8歳

ひまわりにゃんこさんの声

240件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 雨の日の読みたい絵本  掲載日:2012/12/25
かさかしてあげる
かさかしてあげる 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
3歳の子どもの保育園で購入した絵本です。
雨の日に傘を持っていない女の子がいろいろな動物に傘を貸してもらうという話です。
動物たちが貸してくれる傘は特徴を捉え描かれているので親子で関心しながら見ていました。

5歳の娘は主人公の女の子を自分に投影して、3歳の男の子はなぜか犬に投影して読み楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙がでてきました  掲載日:2012/12/25
ええところ
ええところ 作: くすのき しげのり
絵: ふるしょう ようこ

出版社: 学研
子育てハッピーアドバイスの明橋先生の講演にいったときにすすめられた絵本です。

自己肯定感の低い主人公の女の子がお友達に見つけられた「ええとこ」をきっかけにお友達の優しさを感じ、お友達のように優しくしていこうと考えるというお話です。

ほめて育てようと思っていてもなかなかほめることって見つからないのですが、小さいことでもなんでもほめてあげよう、抱きしめてあげようと思いました。
 
ついイライラしてしまうこともある子育てですが、気持ちをリセットできる一冊です。
おすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖がるかな・・・  掲載日:2012/12/25
絵本 地獄
絵本 地獄 監修: 宮 次男
構成: 白仁 成昭 中村 真男
装幀: 貝原 浩
レイアウト: 貝原 浩

出版社: 風濤社
子どもがこわがって危ないことをしなくなるというので、
クリスマスプレゼントの一つとして買いました。
うちのこは特に恐がりなのでイラストも怖いし喜ぶというよりも怖がると思います。
怖いものみたさ・・・のでてくるようなもうちょっと大きくなっても読めそうです。
どちらかというと自分へのプレゼントになってしまいそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寒い冬におすすめ  掲載日:2012/2/22
ゆきだるま
ゆきだるま 作・絵: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
幼い頃読んだなっという懐かしい気持ちで図書館で借りてきました。
こどもの頃は気づかなかったのですが、全く字がなかったので、驚きました。
今思うと字がなくても絵から伝わってくるものはしっかり感じとれていたように思います。
今、こどもと一緒に見て、どういう気持ちなのかは計り知れませんが、
何度も何度も見ている姿をみていると、お気に入りの絵本だとすぐにわかります。
雪はなかなか積もらず雪だるまは作れませんが、絵本のなかで冬の一日を感じられる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バレエを習っている娘に  掲載日:2011/11/28
エラと『白鳥のみずうみ』 エラは小さなバレリ−ナ
エラと『白鳥のみずうみ』 エラは小さなバレリ−ナ 作: ジェームズ・メイヒュー
絵: 灰島 かり

出版社: 小学館
バレエの発表会を頑張ったご褒美にプレゼントしました。
絵がきれいなのでバレエを習っている子へのプレゼントにしても見劣りしないとおもいます。
実際、とても喜んでくれました。


内容は主人公のエラと自分が重なるようで
エラの部分を自分の名前に変えて読んでほしいと
言われます。

話はちょっと長めですが、それでも集中してきけているので
買って良かったです
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっと難しかったみたい  掲載日:2011/2/1
かえるをのんだととさん
かえるをのんだととさん 作: 日野 十成
絵: 斉藤 隆夫

出版社: 福音館書店
絵本ナビさんで評価がよかったので、図書館で借りて読んでみました。
どんな感じなのかきたいしていましたが、いい意味で期待うらぎる迫力にびっくりしました。
大人が読んでも楽しめる本です
ただ、口調はおもしろいけど、ちょっと怖いです。
3歳の娘には絵が怖かったみたいであまり途中で嫌がりました。
テンポよいのでもうちょっと大きくなったらまた読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で楽しめました  掲載日:2011/2/1
14ひきのあさごはん
14ひきのあさごはん 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
私の子どもの頃大好きだった絵本なので
図書館でみつけ早速3歳の娘と一緒に読みました。
最初は正直娘はまったく興味をもたずにがっかり・・・
あっさり読み終えてしまいました。
それでも、もう一回見る〜と持ってきたので
ページをめくっていると、細かなねずみの動きが気になったようで
あっちやこっちを指差して笑っていました。
思い入れがある分絵本の読み方を子どもに押し付けていたのかもしれません。
子どもなりにいろいろな楽しみ方があると思います。
この本はあちらこちらに子どもが興味をもつストーリーが
絵本の中の言葉以上に隠されているように感じました。
とても楽しめる絵本で今では親子でだいすきな絵本になりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい わくわくする絵本です  掲載日:2010/9/17
100かいだてのいえ
100かいだてのいえ 作: いわい としお
出版社: 偕成社
図書館で子どものために借りてきた絵本ですが、
子どもはもちろん大人が読んでもわくわくする
楽しい絵本でした。
長く楽しめそうな絵本です
子どもといっしょにはじめはストーリーを通して読み
楽しみました。
それからは途中の絵を寄り道しながら
「こんなのあったよ」
「あんなのあったよ」
なんて言い合いながら楽しく読むことができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 乙女心をくすぐります  掲載日:2010/9/17
エラと『シンデレラ』
エラと『シンデレラ』 作・絵: ジェームズ・メイヒュー
訳: 灰島 かり

出版社: 小学館
バレエを習い始めた娘にこの本を読みました。
大好きなバレエ教室の先生と自分とを重ね合わせているようで
名前を変えて読むとうれしいようで、何度も読んでほしいと
頼まれます。
バレエを習っている子どもに良い本だと思いますが、
誰でも知っているシンデレラが登場するので女の子なら
誰でもすきになる絵本だと思います。
絵がとってもきれいで飾っておいても絵になる絵本だと思います。
贈り物にしても喜ばれるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 雨の季節に  掲載日:2010/6/11
あめあめ ふれふれ もっとふれ
あめあめ ふれふれ もっとふれ 作: シャーリー・モーガン
絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: のら書店
図書館で借りてきた本です。
2歳のムスメが自分で選んできたのですが、内容が難しく、読んでもほとんどきいていませんでした。
もっとおおきな子ども向きだと思います。
これから梅雨の時期なので、雨の降り続く日にはいいかもしれません。
大人も雨だから・・・といわず雨を楽しませてあげなきゃと思える絵本です。
参考になりました。 0人

240件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット