ピッピ、お買い物にいく ピッピ、お買い物にいく
作: アストリッド・リンドグレーン 絵: イングリッド・ニイマン 訳: いしいとしこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本版「長くつ下のピッピ」、待望の第4弾!

☆だ〜なさんの公開ページ

☆だ〜なさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、男の子9歳 男の子7歳

自己紹介
保育士だった頃に絵本の面白さを再発見!!
どんどん絵本にはまり、子どもが生まれてからは絵本が身近にある生活を楽しんでいます(^^)
念願の絵本講師を取得しました!
好きなもの
長新太さん・とよたかずひこさん・ふくだすぐるさん・ふくざわゆみこさん・松成真理子さん・木村裕一さん・どいかやさん・たむらしげるさんなどなど。。。
お気に入りの作家さんはいっぱいです♪

図書館や本屋さんで一目惚れの絵本との出会いを期待するのも好きです☆
絵本紹介をしているブログを巡ると時間を忘れます☆

ひとこと
独身の頃は、絵本関係の講演会・イベント・サイン会があると飛んでいっていました。
今はなかなか行けませんが、少しずつまた参加して行きたいと思っています。
ブログ/HP
☆★絵本紹介のほほん屋★☆

保育士だった頃に子供と楽しんだ絵本。
子ども達と楽しんでいる絵本。
実際に読み聞かせをした絵本を中心に紹介しています☆

ワクワクしたい時には・・・
ほんわかしたい時には・・・

症状にあった薬を処方するように、絵本を処方(紹介)していけたらと思います♪
素敵な1冊がみつかりますように・・・☆

☆だ〜なさんの声

310件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ワクワク興味津々!!  掲載日:2016/3/17
なにからできているでしょーか?
なにからできているでしょーか? 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
おにぎり なにからできている でしょーか?

『ごは〜ん!!!』と自信満々な声が子どもたちから出ました。

ページをめくると、まさかの米が一粒ずつ描かれている状態に大騒ぎでした☆

絵本の前に出て来て数えようとした子もいました(笑)

おにぎりの他にも、子ども達が大好きな食べ物が登場するので楽しく読める1冊だと思います(*^^*)
最後の問い掛けが素敵だなぁって思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おやすみなさいコッコさんと一緒に♪  掲載日:2016/3/16
コッコさんおはよう
コッコさんおはよう 作・絵: 片山健
出版社: 福音館書店
おやすみなさいコッコさんが大好きでよく読んでいたのですが、この絵本は長い間知らずにいました。

見つけてワクワクしながら読んでみると、予想通り、興味津々で見ていました。
コッコさんがぐっすり眠っている間に、【あさ】がそおっとやってきて・・・
家のにわとりを起こして
森や林の鳥たちを起こして。

おやすみなさいコッコさんと同じように、少しずつ起きる(コッコさんでは眠る)方向へ・・・
それが無理なく自然な感じで進んでいくところが心地いいなぁって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 忘れ物チャンピオン候補だった長男セレクト  掲載日:2016/3/8
わすれものチャンピオン
わすれものチャンピオン 作: 花田鳩子
絵: 羽尻 利門

出版社: PHP研究所
長男のクラスでも、忘れ物カウントなるものが始まり1ヵ月ごとにチャンピオンが決定・・・

なんとかチャンピオンは免れていたものの危うい位置にいた長男。
そんな中で私がこの本を見つけると、絵本は読むけどあまり児童書は読まない長男が『読んでみたい!!』と言って即購入でした☆

苦笑いをしながら一気に読んでいたくらいなので面白かったんだと思います。

私も次に読んでみると・・・

忘れ物をしてしまった時のドキドキ感がすごく伝わってきて、主人公に同化しながら楽しく読みました。

『ダブルチェック作戦』
我が家でも使いたいです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しかった☆  掲載日:2016/3/8
バムとケロのおいしい絵本
バムとケロのおいしい絵本 監修: 島田 ゆか
料理・レシピ制作: 八木 佳奈

出版社: 文溪堂
バムケロ好きな子ども達が本屋さんで見つけて購入しました!

一番の目当ては、『バムとケロのにちようび』で出てきた美味しそうなドーナッツ!!

作り方も写真がしっかり載っていて分かりやすかったです。
ケロちゃんの型紙もあったので、絵本と同じケロちゃんドーナッツもできて大喜びでした。

ステンシルプレートもおまけとして付いてきているので、色々なものに使えて、バムケロ好きにはたまりません!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表紙から釘付け!!  掲載日:2016/3/8
ピヨピヨ ハッピーバースデー
ピヨピヨ ハッピーバースデー 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
大好きなピヨピヨシリーズ。
今回は、表紙に子ども達の大好きなケーキが描かれていて、絵本を出した瞬間から食い入るように見ていて、兄弟で『オレこれ〜!!』と楽しそうでした!

絵本を読み始まっても、洋菓子店のページでじっくり堪能。
おもちゃ屋さんでも隅から隅まで堪能。

美味しそうなケーキに大きなプリン☆
子ども達の夢がつまった幸せな絵本だと思います。

この絵本を見た後の次男の誕生日のケーキのリクエストは、いつもショートケーキだったのにチョコレートケーキでした(笑)
おいしそうだったのでしょうね!!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっとスッキリしない感じが・・・  掲載日:2016/3/7
はるですはるのおおそうじ
はるですはるのおおそうじ 作: 小出 淡
絵: 小出 保子

出版社: 福音館書店
3匹のねずみ達が春の大掃除!
家の中のものを外に出しながら掃除をしていると、色々な動物達がやってきて、外に出していたねずみ達の家のものを譲り受けて帰って行ってしまいます。

『あげちゃっていいの!?』と思わず声を掛けてしまいたくなるくらい・・・
最後はほのぼのとした展開で終わっていましたが、結局、譲ったものは??戻ってこないの??あげっぱなし??

なんだかスッキリしない感じが残りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもが小さかった頃に出会いたかった  掲載日:2016/3/2
ぬいぐるみおとまりかい
ぬいぐるみおとまりかい 作: 風木 一人
絵: 岡田 千晶

出版社: 岩崎書店
絵本仲間さんより、『ぬいぐるみ おとまりかい』という素敵なイベントが開催されているということを知り検索→この絵本にも辿りつきました☆

実際の『おとまりかい』の様子を画像で見た後だったので、この絵本が、まさにその世界が描かれていてほのぼのと読ませていただきました。

普段図書館によく来ている子も、あまり足を運ばない子も、こんな風に大切なぬいぐるみ達が図書館にお泊まりをして楽しく過ごしているのを知ったら、参加してみたくなるんじゃないかな〜と思います。

そしてよりいっそう、図書館が身近な存在になりそうですね!

岡田さんの描く子ども達・ぬいぐるみ達の表情がすごく生き生きとしていて大好きです。

我が子が小さな時に出会いたかった絵本・そして近くでこんな素敵なイベントがあったらよかったなぁ・・・と思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムも素敵!  掲載日:2016/3/2
まがれば まがりみち
まがれば まがりみち 作・絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店
ひぐれの町の 曲がり道
何が出るのか 曲がり道

鮮やかさがない、何かが起こりそうなことが伝わってくる色彩。

聞きなれない【ひぐれの町】という響きもさらに『何かが起りそう・・・』を誘う気がします。

読んでいると、ほとんどが7・5調で書かれていて、スーッと耳に入ってくるリズムです。
なんだか全てが、ちょっとドキドキする感じで惹きつけられる1冊でした。

読み聞かせでは、曲がり道を曲がって出会うものに、『怖い』『おもしろい』『いいね〜』
色々な感想が飛び出していました☆
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いいのかな・・・とハラハラ  掲載日:2016/3/2
11ぴきのねこふくろのなか
11ぴきのねこふくろのなか 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
『はなを とるな』と書かれていても
1つくらい・・・と取ってしまう

『木に のぼるな』書かれていても
気にせず木の上でお弁当を食べてしまう

おきて破りの連続に、見ている子ども達も『えーっ!』と複雑そうな顔。
苦笑いをする子も!

驚きの展開にドキドキするものの、11ぴきのねこたちの団結力はさすが!!と思わされます☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな頃から大好きな絵本  掲載日:2016/3/2
いやいやえん
いやいやえん 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
小学生の時に楽しんでいた児童書で、大人になってからもう1度出会って大切な1冊になっています。
驚いたのが、私の記憶の中の挿絵は色が付いていたのですが、本の中の挿絵はモノクロで、表紙と裏表紙の絵だけがカラーでした。

それだけ想像をふくらまして生き生きと読めた本だったのかなと改めて感じています。
7つの短編集からなっていますが、やはり一番記憶に残っているのは『いやいやえん』

保育園が嫌で『いやいやえんに』きたしげる。
赤が嫌いだと言えば、
おやつの赤いリンゴも、お絵かきで使う赤いクレヨンもないんです。
喧嘩をしていたら、『ふたりとも、今に手か足をおっちゃうだろうから、そうしたら救急車をよぶから教えて』
そんなことを言われてしまいます。

すごいところだなぁ・・・そんな驚きと怖さが逆に楽しく感じていました。

大人になってから読んでみて、嫌だという子に『〜しなきゃだめ』なんてことを言わずに、いやいやえんのおばあさんのような関わりをしたら違うのかな・・・と思ったり。
究極の対応ですね(^^;)
参考になりました。 0人

310件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

新しいキャラクターを考えて応募しよう!

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
サイン本販売中