あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

えりこママさんの公開ページ

えりこママさんのプロフィール

ママ・20代・京都府、女の子1歳

えりこママさんの声

709件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ゾウさんのまねっこ  掲載日:2017/1/19
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん
ANIMALS(アニマルズ) どうぶつ まねっこえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
娘がゾウさんが好きなので読みました。
ゾウのコローロがいろんな動物のまねっこをしていく様子が描かれています。
ヘビのニョロニョロを長いおはなで真似したり、ペンギンさんのようにぺたぺた歩いたり…動物の特徴がわかるようになってきた子どもにとっては読んでいてとっても楽しいだろうなと思いました。イラストが可愛いので気に入りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしゃれなかずの絵本  掲載日:2017/1/19
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
ゾウのコローロのシリーズがあると知って読みました。
こちらは文章は一切なく、いろいろなものの数が増えていく様子が描かれているだけなのですが、イラストがとってもおしゃれで素敵でした。文章がない分、親子でいろいろ好きに解釈もできるし語りあえると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 癒されます  掲載日:2017/1/17
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
日常の簡単な挨拶を描いた絵本です。
おはよう、おやすみ、いただきますなどの日常会話。子どもがゾウが好きなので喜んで覚えてくれそうです。絵がとってもおしゃれは雰囲気で素敵です。最後の「だいすき」とゾウの親子が抱き合っているイラストがなんとも可愛くて、心がほっこりします。大人も読んで癒される素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 友達ができる喜び  掲載日:2017/1/17
あえたらいいな
あえたらいいな 作・絵: かさい まり
出版社: ひさかたチャイルド
表紙の空を見上げるせつない表情のくまさんが気になって読みました。
新しい友達ができるまでのストーリーでした。
引っ越したばかりでひとりぼっちのくまくん。雪の日が続くなか、雪だるまを作って遊んでいると次の日雪だるまが増えていました。誰か同じように作ってくれていたのです。誰が作ってくれたのかわからないまま、雪はある日溶けてしまいます。しかし、それがきっかけで同じように溶けた雪だるまを見てさみしそうにしている子を発見、ついにお友達を見つけます。
冬の美しい情景とくまさんのさみしそうな心情が見事にマッチしていて、とっても美しく心に響きます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐりとリスの心温まる物語  掲載日:2017/1/11
どんぐりのき
どんぐりのき 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所
森の動物にどんぐりをマズイと言われ、心を閉ざしてしまったどんぐりの木。
そこへあるときリスさんがやってきて、どんぐりの木を気に行っておうちを作ります。どんな自分であろうと受け入れて好きと言ってくれるリスさんの優しさがどんぐりの木の心を解かしていく様子が描かれていて、読むと心があったかくなる絵本です。素敵な内容でじんわり癒されます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カラフルで楽しい  掲載日:2017/1/11
なにをたべてきたの?
なにをたべてきたの? 文: 岸田 衿子
絵: 長野 博一

出版社: 佼成出版社
おなかがカラフルなぶたさんの表紙が可愛くて読みました。
こんなふうに食べたものの色がわかったら面白いなぁと思います。
ぶたさんもリアルだけど、可愛くておしゃれな感じでイラストが気にいりました。最後は石鹸を食べちゃってぷくぷく〜となるオチも面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あったかい絵本  掲載日:2017/1/11
おっぱい
おっぱい 作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版
いろんな動物たちのおっぱいが出てきます。
おっぱいだけ見ても意外と何の動物か難しくてわかりませんでした。
動物たちの赤ちゃんはお母さんのおっぱいを飲んで大きくなっていきます。
最後にお母さんのおっぱいが登場します。ぼくもお母さんのおっぱいで大きくなったと描かれています。今は赤ちゃんである弟に貸してあげるという結びで物語は終わっています。授乳ってお母さんと赤ちゃんのふれあいで当時のことを思い出させてくれて、なんだか温かい気分にしてくれる素敵な絵本です。子どもにももう少ししたら読んであげたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい絵本  掲載日:2017/1/11
なにからできているでしょーか?
なにからできているでしょーか? 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
表紙の美味しそうなラーメンに惹かれて読みました。
おにぎりやハンバーガー、ラーメン、パフェなどの子どもが好きな食べ物が何からできているかを小さな動物たちが教えてくれます。
おにぎりってお米と中身の具だけですが、こんなふうに表現できるなんてすごいなぁと感心しました。見ていてとっても面白かったです。普段食べているものが何からできているのか知るきっかけになって良いと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユニーク絵本  掲載日:2017/1/11
てのりにんじゃ
てのりにんじゃ 作: 山田 マチ
絵: 北村 裕花

出版社: ひさかたチャイルド
てのりにんじゃっていう発想がとってもユニーク!
日常の中でもし忍者がいたら…と思うとなんだか楽しくなります。
忍者の生態を覗き見したような感覚でとっても面白いです。てのりサイズの小さい忍者だからこそ、真面目に修行している姿が面白おかしい感じでほほえましいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダイナミックなしかけ絵本  掲載日:2017/1/11
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
私自身がこの絵本が好きで以前から持っていました。
大きくなったり小さくなったりする月に魅せられる女の子。ついにはパパに月をとってきてほしいとお願いします。そんなの現実では無理なんだけど、絵本の中ではパパはとりにいってくれるから夢がありますよね。ながーいながいはしごを使って、月をとってきてくれます。とっても魅力的で大好きな1冊です。
参考になりました。 0人

709件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

寝かしつけに最適な水中絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット