クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

しゆまさんの公開ページ

しゆまさんのプロフィール

ママ・30代・静岡県、男1歳

しゆまさんの声

106件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 不思議なはなし  掲載日:2008/7/1
チョコレートパン
チョコレートパン 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
チョコレートの池にいろんなものがやってきて
チョコレートでコーティングされていくお話。

ぞうや車が大好きな息子は、チョコレートを知らないけれど
茶色く変わっていくのが面白かったみたい。
最後チョコレートの池が怒って叫ぶセリフも面白い。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんなふたりがいたら遊んで欲しい  掲載日:2008/7/1
じったん ばあたん
じったん ばあたん 作・絵: ながさわまさこ
出版社: 福音館書店
昔懐かしいかんじのおじいさんとおばあさんが
体を使っていろんな動作をしてくれる話。
切り絵がユーモラスでかわいらしく、ふたりの表情や動作に和みます。
息子とふたりでマネをしながら楽しんで読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢いっぱいの消防自動車  掲載日:2008/5/28
ぼくのしょうぼうしゃ
ぼくのしょうぼうしゃ 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
夢いっぱいのぼくの消防車。
火事だけでなくみんなを喜ばせるためにある消防自動車っていうのが、自由で愉快な感じがして素敵です。
息子にもその楽しさが伝わるようで、
読み終わると一目散に「じぶんのしょうぼうしゃ(大きなミニカー)」を取りに走り、また戻ってきてだいじに抱えながら「もう1回読んで」の合図をします。
大事に抱えながら、何回も何回も読み続けるのです。
小さな息子の中で色んなことを想像しているような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雑学にもよさそう。  掲載日:2008/5/28
あかちゃん 1.2.3
あかちゃん 1.2.3 作・絵: しみず みちを
出版社: ほるぷ出版
1から10まで数にあわせて色んな動物が赤ちゃんを産みます。
こんなにたくさん子供を産む動物もいるんだな〜としみじみ。
「あかちゃんは?」というところで息子はなぜか必ず首を振ります。
わかりやすい絵本で数をイメージするのによさそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色んなことをやわらかく考えたくなる本  掲載日:2008/5/28
はなちゃんすべりだい
はなちゃんすべりだい 作: 中川 ひろたか
絵: 長 新太

出版社: 主婦の友社
絵本のお父さんが夫に似ていて、息子は滑り台が大好きなので気に入ってよく見ます。

飛行機になって、空を飛びながら地上を眺める大冒険。
息子はまだ空を飛んだことがないけれど、
イメージできるのかな?

滑り台をすべっていたら飛行機になれるかもって想像する心をわたしは忘れていたので、新鮮でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こうなってるんだ!って新鮮。  掲載日:2008/5/28
どうなってるの こうなってるの
どうなってるの こうなってるの 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
動物や食べ物や建物や家具の中身が見える絵本。
1歳8ヶ月の息子は「中身」の意味がわかっているかわからないけど、家の中の絵や恐竜の骨の絵を見入っています。
色んなモノの見方が自然に身について、小さい人の好奇心をかきたてそうな絵本だと思いました。
洗濯機の中身は私も勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分らしい親でいいんだと思えた本  掲載日:2008/5/28
たか〜いたか〜い
たか〜いたか〜い 作: 内田 麟太郎
絵: 本信 公久

出版社: 金の星社
色んな動物がそれぞれの特徴を生かして子どもと触れ合う絵本。
はっきりとかわいくユーモラスに描かれた動物に息子は大喜び。
動物の様子を見ていると、私は私らしく息子と過ごしていいんだな〜って肩の力が抜けるような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒に運転手気分  掲載日:2008/5/28
こぐまちゃんのうんてんしゅ
こぐまちゃんのうんてんしゅ 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
おもちゃの車をその気になって運転するこぐまちゃん。
むすこもこぐまちゃんになったように、繰り返し絵本を読みます。
一緒に乗っている動物の名前を言ったり、ぶぶーと車の音をまねたりしてその気です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい気持ちになる絵本  掲載日:2008/5/27
ぎゅっ
ぎゅっ 作・絵: ジェズ・オールバラ
出版社: 徳間書店
ストーリーが切なくて、私が大好きな絵本。
0歳の頃から読んでいたけれど反応はいまひとつ。
1歳8ヶ月の今では、象やライオン、キリンにかばに…大好きな動物が大きくはっきり描かれているのが心をつかむみたい。
動物の表情もやさしくてよいです。
ジョジョが泣くときは息子も「え〜ん」と同じように泣くまねをします。
話の筋がわかっているのかは不明ですが、
ジョジョの寂しい気持ち、ママがみつかった安堵感はわかっているような気がします。
家にあるチンパンジーの親子のシュライヒを使って
「ジョジョ〜」
「ママ〜」
って遊んでいる姿は胸キュンでした(親バカ)。
ぎゅっという短い言葉と絵で、年齢を問わずこんなにいろんなことを伝えられる絵本はすごいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さい子に楽しい絵本  掲載日:2008/5/25
じどうしゃ くるるん
じどうしゃ くるるん 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
はじめの「こんにちは」のページから一緒にあいさつをしてノリノリ。
虹もきれいだし、大好きなぞうやキリンも出てくる。
絵や言葉がシンプルでわかりやすく、すんなりと楽しめています。
明るい絵本で、読むのも楽しいです。
参考になりました。 0人

106件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット