たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

みせすゆさんの公開ページ

みせすゆさんのプロフィール

ママ・30代・栃木県

みせすゆさんの声

174件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おおはしくん、、、素敵だなぁ  掲載日:2017/11/13
ぼくと おおはしくん
ぼくと おおはしくん 作・絵: くせ さなえ
出版社: 講談社
友達って素敵だなぁと思わせてくれる作品です。

二人を友達になるきっかけになったカメ。カメを飼うための秘密基地を作る。距離が縮まる。

友達の前でなかなか泣けません。
しかし、二人は1つの出来事で別の理由で涙します。
大橋君の涙、ゆうとくんの涙、それぞれとても素敵です。

こういう友達が、自分の子どもにもできるといいな、と思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スペシャルを先に読みました  掲載日:2017/11/12
どっちがへん? スペシャル
どっちがへん? スペシャル 作: いわい としお
出版社: 紀伊国屋書店
どっちがへん?という作品があるのを知らずに、この作品を先に読みました。
先に出されている「どっちがへん?」を読まずにレビューしますが、
感想を一言で話すならば、「面白い!」です。

左右のページでどっちが変か決める?ような内容なのですが、子どもは間違い探しだと思ってやっきになって見比べていました。

魚釣りのページでは。へんだよ!全部違うんだもん
!と叫んでいたのが面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんでもありなのに!  掲載日:2017/11/12
むしむしとことこどこいくの?
むしむしとことこどこいくの? 作: 林 よしえ
出版社: アリス館
虫や動物が歩いてどこいくの?
と、歩いているのは〇〇の上!

という、繰り返しの絵本です。
文章で説明は難しいので手に取って読んでみるのをお勧めします。
親としては、なんでもありじゃん!と思うのですが、
なぜだか早くページをめくって何の上を歩いているのか知りたくなってしまうのです。

くもくじらはどこいくのか、本当に知りたいのですが、そういうところを子どもと一緒に考えるのが素敵な時間なのでしょう。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ほのぼの  掲載日:2017/11/12
もりのおふろ
もりのおふろ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
見たことある絵だなぁ、と思い、手に取りました。
なかなか思い出せなかったので、調べてみたら、あの有名な「うんこ!」を書いた方の作品でした。

この絵本は「うんこ!」とは別のジャンルのほのぼのとした作品です。
お風呂の周りで輪になり、みんなで洗いっこします。
息子も「みんなでまぁるくなったねー」と言って何度も読んでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大好きわんぱくだん!  掲載日:2017/11/12
わんぱくだんのおかしなおかしや
わんぱくだんのおかしなおかしや 作: ゆきのゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
わんぱくだんシリーズが親子で好きで、もれなく読んでみた作品です。

けん、ひろし、くみ、毎回素敵なハプニングに出会えて本当にうらやましいです。

5歳の子どもは、現実と夢の区別がはっきりしている様子で、おかしなお菓子屋での出来事が本当にあったことなのか、夢なのか、読んだあとに困惑していました。

どうしてひまわりがホットケーキになるの?と疑問だらけで、ファンタジーにもう少し理解があってほしい、と思う親心です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 親としてはつっこみたい気持ちマンマン  掲載日:2017/10/24
オズの魔法つかい
オズの魔法つかい 文: 平田 昭吾
絵: 高橋 信也 大野 豊

出版社: ポプラ社
いつも思うのですが、ポプラ社の世界名作ファンタジーシリーズは、これだけの内容でこの値段とは、子を持つ親として本当にありがたいです。

本題の感想ですが、
親としては、つっこみたいところがたくさんあります。
もちろん子どもの前では話しませんが、台風で家が飛ばされたのに、大破せず、しかもドロシーも生きているのが不思議、とか、
靴をトントンするだけで帰宅できるなら、オズを探さなくてもよかったのでは?とか、そういった点です。

しかし子どもは純粋な心でお話を聞いているのですね。
ドロシーが家に帰れて本当によかったね、と言われた時には、私ももっときれいな心で読んであげよう、と思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 教訓が書いてあります  掲載日:2017/10/16
うさぎとかめ
うさぎとかめ 作・絵: 平田 昭吾
出版社: ポプラ社
この本には3話はいっています。
@うさぎとかめ
Aきつねとつる
Bよくばりないぬ
どの作品にもとても分かりやすく教訓が書かれています。
それを子どもたちは果たして理解しているのかは分かりませんが、読んでいくうちに、見になっているのだろうと信じます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 長いお話です  掲載日:2017/10/12
青い鳥
青い鳥 文: 平田 昭吾
絵: 大野 豊

出版社: ポプラ社
とても有名な本なので、自分の子どもにも知っておいてほしいと思い、購入しました。
ポプラ社の世界名作ファンタジー作品は数点持っていますが、この本を手に取ってまず思ったのが「分厚い」でした。
44ページあります。

チルチルとミチルが青い鳥を探しに旅に出るお話ですが、とにかく探しまくります。邪魔をしているネコのせいではなく、案内している光の精が原因でもあるのではないか、というくらい見つかりません。

それもそうですよね。だって青い鳥はおうちにいるのですから。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 岩から生まれた孫悟空!  掲載日:2017/10/12
そんごくう
そんごくう 文: 平田 昭吾
絵: 井上 智

出版社: ポプラ社
絵がとても分かりやすいです。
石猿(孫悟空)が、はじめは我儘だったのですが、お釈迦様に説教されて三蔵法師のもと改心していきます。

力はあるのに、間違った使い方をしてしまうと、身を滅ぼしてしまいます。
それを孫悟空は教えてくれているのだと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 見た事ある絵です  掲載日:2017/9/18
どんな いろが すき
どんな いろが すき 絵: 100%ORANGE
出版社: フレーベル館
イラストレーターの100%orangeさんの絵です。

色が好きな2歳児と一緒に読みましたが、5歳の子どもが急に歌いだしました。
そこで初めて気付きましたが、坂田修さん作詞・作曲の歌の歌詞だったのですね。

カラフルな絵で、はっきりしたイラストなので、子どもには分かりやすいのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

174件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット