かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

たまっこさんの公開ページ

たまっこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男11歳 女8歳

自己紹介
我が家には、絵本が300冊以上あります。
まさに 絵本に囲まれた生活を送っています。

息子は 現在10歳。絵本読み聞かせをはじめて8年ほどたちます。
でも、国語は苦手^^;
娘は お兄ちゃんの読み聞かせを聞いていたので6年半ですね。
絵を描くことが大好きで、自分で絵本作ったり、紙芝居作ったりしています。

時々一緒に色画用紙で貼り絵をしたり、動物だけ、果物だけ、虫だけときめて
考えながら一緒に絵を描いてます。

私は 数年前から持病がでて、なかなか絵本とふれあう事が出来なくなって
しまいました。。。
でも、最近少しずつ読めるようになってきたので絵本に癒されて過ごしています。
好きなもの
好きなものは、絵本を読むことはもちろんですが
詩を書いたり、物語を書いたりすることが大好きです。

一度 出版社に持って行ったのですが「共同出版」になってしまて><
あきらめました。
今は いろんな物語の応募に挑戦してます。
ひとこと
絵本の読み方には 決まりはありません。
子供に合わせなくても良いと思います。

お父さん、お母さん 時にはおじいちゃん、おばあちゃん。
お兄ちゃんだったりお姉ちゃんだったり・・・。

読む人と聞く人が楽しくできればいいんじゃないかな。
怖い本は ほんとに怖く読んであげたり。。。
これが裏目に出る時もありますけどね^^;(泣いちゃったり)
でも、みんな良い思い出です^^

たまっこさんの声

838件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 迫力が!  掲載日:2007/3/15
アリからみると
アリからみると 作: 桑原隆一
写真: 栗林 慧

出版社: 福音館書店
虫の本というと真横から映してあったり、上から映してあったり・・・。
でも、この本はアリの目線から見た虫たちのこと。
本には、バッタを下から見た目線、カエルも下から見た目線。
ページいっぱいにアップで写ってる虫たち・・。
すごい迫力で大好きになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トマトの育て方  掲載日:2007/3/15
トマトの絵本
トマトの絵本 作: もりとしひと
絵: ひらの えりこ

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
我が家では毎年夏にトマトを育てます。でも、いつも満足のいく収穫ではありません。
そうゆう方に、この絵本は絵と文章でトマトの育て方がのっています。
我が子もお手伝いしてくれるので、今度は家族一緒に読むといいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少し離れて読んであげて。  掲載日:2007/3/15
くぬぎむらのレストラン
くぬぎむらのレストラン 作・絵: カズコ・G・ストーン
出版社: 福音館書店
この絵本をはじめ手に取った時、縦にして読むので絵全体が目の中に入らないので読みにくいなぁと思いました。でも、読んでいるうちに自然と絵全体が目にはいるように読んでいて、夢中になってました。子供に読んであげる時は、いつもより少しだけ子供から離れて読んであげると絵本の絵全体が子供の目に入ると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きる難しさ  掲載日:2007/3/6
コウテイペンギンのおやこ
コウテイペンギンのおやこ 作・絵: 内山 晟
出版社: ポプラ社
ペンギンの子供が成長するまでの間を描いた本です。
ペンギンが寒い冬を越す辛く厳しいことものっていますし、
寒さに耐えられなかった赤ちゃんペンギンの事ものっていました。

生きる厳しさを感じました。
今温暖化で 住む場所が少なくなっています。
自然に住む生き物の大変さを改めて知りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 役立たずではないよ  掲載日:2007/3/4
きりかぶ
きりかぶ 作・絵: なかや みわ
出版社: 偕成社
この絵本を読んで感動をしたとともに楽しくなってきました。
おれは役立たずと思っていた切り株に、みんなが色々頼みに来て。。。。
この世に役に立たないものはないんですよね。

最後のページを見て この切り株は世界一幸せだと思いました。
おすすめの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな先生  掲載日:2007/3/4
先生のけっこん式 改訂
先生のけっこん式 改訂 作: 宮川 ひろ
絵: 田中槇子

出版社: ポプラ社
この本は良かったですねー。

田舎の生徒数名しかいない学校でのお話だけど
ほのぼのしてて、先生と生徒が友だちのようで
今の都会の学校に足らないものをたくさん感じました。
「いじわるの日」というのがあるのですが、お互いが楽しいいじわるをすると言うことで、お互い嫌な事は、いじめなんだなって思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これ最高でした  掲載日:2007/3/4
いいから いいから
いいから いいから 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
この絵本を読んで 思わず笑ってしまいました*^▽^*
おじいちゃんのスローペース「いいから いいから」の言葉に癒され。

子供達は、かみなりさんが返してくれたおへそを思わず違うところにつけてしまったことに大爆笑!
私も爆笑です。
最後まで そこに突いてるのですから(笑)
それにしても、最後のページ、かみなりさんの次は○○け。
続きがよみたいなーって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供はワクワク  掲載日:2007/3/4
びっくりたまご
びっくりたまご 作・絵: エリック・バテュ
訳: 小森 香折

出版社: フレーベル館
色々想像できる絵本でしたね。
三個のたまごのうち一個のたまごは、なかなかふ化しません。
黒のたまごからは黒の小鳥、白のたまごからは白の小鳥。
後一個はぶつぶつたまご!
ここから、どんな小鳥が生まれるのか。

そして、はじめはそのぶつぶつたまごのことを仲間はずれにした他の小鳥達。。
でも、色々ぶつぶつたまごに助けられ、最後には仲良くなるのです。そして「ごめんね」って・・。
謝る気持ち大切ですよね。
子供達にそのことを教えてあげたいな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 聞こえる森の声  掲載日:2007/3/1
もりのこえ
もりのこえ 作・絵: 田代千里
出版社: 伊藤忠商事
読み終わって感動しました。
森はみんなを助けてくれるということ。
でも、今森は少なくなっていく現状を考えると
少し悲しくなりました。
そんな悲しい心を癒してくれる一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わず笑いました^^  掲載日:2007/3/1
さるだんご
さるだんご 作・絵: 山田 いつか
出版社: 新風舎
0〜3歳くらいのころに読むと良いかなっておもった一冊です。はじめは、色んな猿が集まるだけなのでシンプルだなーっておもっていましたが。最後が。。。。。
何とも言えないくらいかわいいの。
思わず 大人の私が「ぷー」と吹いて笑ってしまいました。
笑顔になれる絵本って良いですよね^^
子供と次はどんなさるがくるかな?って聞きながら読み進めていくといいかな。
参考になりました。 0人

838件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット