十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

きょん☆さんの公開ページ

きょん☆さんのプロフィール

ママ・30代・沖縄県、男の子0歳

きょん☆さんの声

45件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい あったかい気持ちになれます  掲載日:2017/5/15
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
もうすぐ1歳になる息子が好きそうだなぁと思い、図書館で借りました。
息子は最近、私やお父さんの顔にほっぺを寄せてきたり、お気に入りのぬいぐるみにチュッしたりするのが大好きです。
そんな息子と一緒にこの本を読んだら、嬉しそうにニヤニヤしてくれました。
イラストが柔らかいタッチで描かれて、くっついたというあったかいお話にピッタリだと思いました。登場する赤ちゃんが息子にそっくりで私が個人的にこの本を気に入ってしまい、購入しようと思っています。
他のシリーズも是非読んでみます!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人でもぱっと答えが出ません!  掲載日:2017/5/12
へんなところ
へんなところ 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
大人でもぱっとは答えが見つけられなくて、あれっと思いながらジーッと見てしまいました。
へんなとのろどーこだ?のページではみんなじっとしているのに、答え合わせの次のページではみんな弾けた笑顔で楽しそうで笑いました。
最後のミラーの仕掛けも楽しいです。
赤ちゃんにはまだこの本の楽しさは分からないようですが、3歳くらいからかな?一緒に楽しく間違い探しゲームができそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のりもの好きの子にはたまりません☆  掲載日:2017/5/10
のりもの いっぱい
のりもの いっぱい 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
もうすぐ1歳の息子と図書館から借りて来て読みました。
最近の息子は乗り物のおもちゃに興味津々!車のおもちゃの車輪や、ベビーカー車輪をまわして遊ぶのにハマっています。
この絵本を開いては、車輪の部分を指差して笑っています。
大きな絵で色々な乗り物が描かれているので、見応え十分。
もう少し大きくなったら、乗り物の名前を覚えるのに活躍しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 海の青がとっても綺麗  掲載日:2017/5/10
うみ ざざざ
うみ ざざざ 作: ひがし なおこ
絵: きうち たつろう

出版社: くもん出版
図書館で息子が喜ぶかなぁと借りてみた本です。
海の青がとっても綺麗な絵本です。
さくさくの熱い砂、ざざーんざざざざとキラキラ笑ってる波、つやつやの浮き輪、入道雲はふんわりこ、言葉の表現がどれもかわいくて好きでした。
先日11ヶ月の息子を初めて海に連れて行きました。足をチャップンしてニコニコでした。
今度は絵本みたいに砂の上で赤いスイカを食べたいなぁ。
絵本を読むと、どんな季節でも日差しの照りつける夏の海に心が染まれる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にこにこイラストで元気が出ます  掲載日:2017/5/10
あいさつ
あいさつ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
もうすぐ1歳の息子と一緒に読んでみました。
まだ言葉は話せなくてペコリとお辞儀しかできませんが、にこにこしながら絵本を見ていました。
イラストの動物たちが大きくお口を開けて、おはよう!いってきまーす!ありがとう!いただきまーす!とあいさつしている姿はとっても元気が出ました。
息子もニコニコ笑顔で挨拶できるように育って欲しいなぁ。
この本を通して、親子で楽しくあいさつのお勉強ができそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しい言葉遊び  掲載日:2017/5/10
おかしなおかし
おかしなおかし 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
図書館でぱらっと見て面白そうだなと思い、借りて来ました。
0歳の息子にはまだ意味は分からないですが、お顔のついたお菓子たちがたくさん登場するので、前のめりで絵本を見ていました!
似たような言葉がお菓子と共に組み合わさっていて、楽しく言葉遊びが出来そうです。
小学生くらいになったら、早口言葉のあそびも出来そうですね(^_^)
お菓子たちが生き生きとスポーツする姿は滑稽でとても楽しく読めました。
他のシリーズも是非読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像力がぐーんと豊かになる本  掲載日:2017/5/10
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
主人公の桃太郎の目線からお話が進んでいく所が、珍しくてとても面白かったです。
第三者の立場で絵本を読むよりも、主人公になりきるとぐっと面白さが増しますね!
桃の中でどんぶらこしていた時の気持ち。
おじいさんおばあさんに出会った時の気持ち。
鬼退治に向かう途中、仲間が増えていく気持ち。
鬼をやっつけた時の気持ち。
おじいさんおばあさんの元へ帰った時の気持ち。
読み進めていくと、本当に桃太郎になったような感覚になりました。
絵本の最後には他の登場人物たちの気持ちで読んでみよう!とアドバイスがありました。それもまた面白そうですね!
色々なキャラクターの立場から読むことで、たっぷり童話桃太郎の世界に浸れそうです。
子供の想像力を豊かにする手助けになりそうな本ですね。息子が成長したら是非読ませたいです。
鬼の大親分、緑鬼が登場した場面は見開きの大きなページに鬼が描いてあり、とても迫力がありました。イラストも見応えたっぷりでした。
他のシリーズも興味津々☆是非読んでみます!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 見事にぶつかっちゃう(>_<)  掲載日:2017/5/1
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
あ、ひょいを読んだ後に読みました。
あ、ひょいでは気持ちが良いくらいキレイによけていたのに、あいてててでは見事にぶつかっちゃう!ボールが当たったり蚊に刺されたり何でもかんでも飛んで来ます。
少年の頭が赤くなったりバッテンがついたりしていてかわいそうで、もう当たらないでーと途中から思ってしまいました。
あ、ひょいと続けて読むと、当たる当たらないが明確なので、この本の楽しさがより伝わるかもしれませんね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文字が可愛らしくて好きです。  掲載日:2017/5/1
だれかしら
だれかしら 作・絵: 多田 ヒロシ
出版社: 文化出版局
姉からもらったほんの中の1冊です。
お誕生日に沢山のお友だちがおうちに遊びに来てくれます。
とんとんとん
玄関のドアから誰かがのぞいています。当てっこするのも楽しそうですね。
プレゼントを持った動物さんたちがやってきます。
11ヶ月の息子はとんとんとんの響きが好きなようでニッコリ。
主人公のぼくが書いた感じの文字も可愛らしくて好きです。
お誕生日にみんなにお祝いしてもらえる嬉しさが伝わってくる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音読すると楽しさ倍増!  掲載日:2017/4/30
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
飛んで来るものを何でも見事によけちゃう少年。あ、ひょいっと!何度も繰り返されるあ、ひょい!に笑いが止まりませんでした。
また飛んで来るものが毎回想像を超えてきます!臭い泥にカツラにトビウオに、カエルになっちゃう魔法に。ページをめくるたびに次は何が飛んで来るのかワクワクドキドキでした。
何が来ようとも少年は涼しい顔でひょいっ!気持ちいくらいにあ、ひょいっと!
その後のキラッとスマイルもまた可愛かったです。
音読するとこの本の良さがまた際立って楽しいですね。
楽しく声に出して読んで、みんなが笑顔になる本です。
参考になりました。 1人

45件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

こどもに大人気!のりもの・はたらくくるまが大集合

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット