なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
るるこるさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

10555件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お月さんでうさぎが餅つきを・・・・・・  掲載日:2018/2/19
月のうさぎ
月のうさぎ 作: 瀬戸内寂聴
絵: 岡村 好文

出版社: 講談社
小さい頃に聞いたときは、自分を犠牲にして身を捧げた優しいうさぎと美談として捉えていた私でした。それで、お月様でうさぎはお餅をついていると、うさぎが可愛く思えたりしたのですが、大人になってからの私は、いつも森できつねとさるとうさぎといつも三人で仲良く暮らしていたのに、残されたきつねとさるがどんなに寂しい思いをしているだろうなあと思うようになりました。自分が歳を取ったからだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい暮らし・・・・・・  掲載日:2018/2/18
くらす 五感のえほん5
くらす 五感のえほん5 文: 森崎 和江
絵: 太田 大八

出版社: 復刊ドットコム
土間があってくどがあってとても懐かしい暮らしになんだか優しい気持ちになれました。のどかで、ゆったりした時間が流れています。不便だけれど家族が寄り添って暮らしていたし、朝早くから起きて晩まで一生懸命働いていた今は亡き両親の姿を思い出していました。ページ毎に丁寧に描かれた太田大八さんの絵に魅入ってしまいました。宝物として手元に置きたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 空飛ぶごんべいさん・・・・・  掲載日:2018/2/18
かもとりごんべえ
かもとりごんべえ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
有名な日本昔話ですが、いもとようこさんが描く”かもとりごんべい”は、可愛くて微笑ましくも思えました。ごんべいさんは、自分でも空を飛ぶというのは不本意であって怖かったと思うのですが、読んでいる私は無責任だからただ面白いと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 恩返し  掲載日:2018/2/18
いぬとねこのおんがえし
いぬとねこのおんがえし 作: (日本民話)
絵: 太田 大八

出版社: 鈴木出版
犬や猫でも恩返しをするんだから、ましてや人間である私は、恩返しを忘れてはいけないと思いました。恩返しをする時には、自分の両親はいなく反省をしました。ただ我武者羅に生活の為に働いてきたと思っているのですが、頑張っている姿を見ていてくれてると信じてます。長者さんの仏像が無事に戻ってきてよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今を生きなさい!  掲載日:2018/2/18
モミの木
モミの木 作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵: サンナ・アンヌッカ
訳: 小宮 由

出版社: アノニマ・スタジオ
全頁試し読みで読みました。未来に起きる素敵なことばかりを夢見て暮らすモミの木に、お日様が「今を生きなさい」と言った言葉に、本当にそのとおりだと思いました。モミの木が切り倒された時に、周りにいた木々や草花とはもう会えないのだし、鳥たちとだって二度と会えなくなってしまうのです。旅立ちは、決して楽しいものとはいえないものとその時に気がついてしまいました。クリスマスの”モミの木”として美しく飾られて喜びも感じてよかったとは思いますが、その時その時を楽しむとよかったなあと思いました。私は、今では未来のことは考えていないので、”今を日々楽しく生きたい!”と思ってます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしり  掲載日:2018/2/18
おしりつねり
おしりつねり 文: 桂 文我
絵: 北村 裕花

出版社: BL出版
強烈なインパクトのある表紙のデッカイおしりに、びっくりしてしまいました。よく働くでっちさんが、おしりをつねると忘れていたことを思い出すのはやっぱり痛いからだと思いました。子供はお尻ネタは好きなだから、きっと喜びと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 若返りたい・・・・・・  掲載日:2018/2/18
あかちゃんになったおばあさん
あかちゃんになったおばあさん 作: (日本むかしばなし)
文・絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
いもとようこさんの描く絵がとても可愛くて若返りの水を飲んだおじいさんが若者になっているのは、やっぱり羨ましく思いました。おばあさんは、やっぱり女だから、もっと若くもっと若くと思っていたのだと思いました。ちょっとあかちゃんになったのにはびっくりですが、人生をやり直すのもいいかなあ?・・・・・・と、思ってしまいました。ちょっとだけ若返りの水を飲みたい私でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戻る場所を知っているから・・・・・・・  掲載日:2018/2/18
とおいところへいきたいな
とおいところへいきたいな 作・絵: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
マーチンのように、下にあかちゃんが出来ると今まで一人占めしていたおかあさんが忙しくて話も聞いてくれないということには読んでいても他人事ではないなあと思いました。家出をして、とおいところへ行きたい気持ちは往々にして誰にでもある感情だなと思いました。でも、マーチンだけでなく、戻る場所を知っているから、安心して甘えて家出が出来るんだと思いました。”とおいところへいきたいな”と、時々思うから好きな場所を旅して、また、気持ちを変えて日常に戻りたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春が待ち遠しい・・・・・  掲載日:2018/2/18
春の主役 桜
春の主役 桜 作: ゆのきようこ
絵: 早川 司寿乃

出版社: 理論社
タイトルと表紙の絵に惹かれて手に取りました。なんといっても美しい桜のことを知ることが出来て嬉しくなりました。タイトル通り、”春の主役 桜”です。今年は、孫が小学校1年生入学と保育園入園なので、桜が咲いていて欲しいと願っています。もう直ぐ来る春がとても待ち遠しいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愉快に過ごすガチョウ奥さんが素敵です!  掲載日:2018/2/18
ごきげんいかが がちょうおくさん
ごきげんいかが がちょうおくさん 作: ミリアム・クラーク・ポター
絵: 河本 祥子
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
6話あるのですが、あまりにも面白くて一気に読んでしまいました。がちょうおくさんは、もの凄く忘れっぽいのは私に似ているのですが、私と違って認知症の心配がなさそうです(笑)目立ちがりやさんで、好奇心旺盛で直ぐに行動にうつすのが、いいなあと思いました。読んでいても爽快な気分になります!
参考になりました。 0人

10555件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット