雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ゆっこ9331さんの公開ページ

ゆっこ9331さんのプロフィール

ママ・30代・福岡県、男の子6歳 女の子1歳

自己紹介
こんにちは。
図書館で絵本を借りるのに、以前から絵本ナビはかなり活用させていただいていました。
6歳の息子には月80冊、1歳の娘には月350冊を目標に読み聞かせをしているので、何か役には立たないだろうかと、この度登録させていただくことにしました。
よろしくお願い致します。

ゆっこ9331さんの声

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘のお気に入りです。  掲載日:2017/3/22
ガッタン ポッポー
ガッタン ポッポー 作・絵: 冬野 いちこ
出版社: ひさかたチャイルド
機関車が駅に着くまで、全てのページがしかけになっています。
いちごやおはな、ウサギなどが出てくるので、女の子でも楽しめます。
おはなしが短いので、読みやすいです。
冬野いちこさんの乗り物のシリーズは、どれも好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかくリズムがいい!  掲載日:2017/3/10
トコトコさんぽ
トコトコさんぽ 作: 長野 ヒデ子
絵: スズキ コージ

出版社: 鈴木出版
くまさんが色んなものを拾いながらお散歩する絵本です。
絵が独特なので、1歳の女の子にはどうかなと思っていたのですが、全くこわがることもなく(笑)読んでと自ら持ってきました。
リズムがとにかくいいので、読むのが楽しいです。
こちらの楽しさが娘にも伝わっている感じがしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズはどれもお気に入りです。  掲載日:2017/2/23
コロちゃんののうじょう
コロちゃんののうじょう 作・絵: エリック・ヒル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
どのページにもしかけがあって、動物を探すのが楽しいです。
しかけは向きがさまざまで、1歳9ヶ月の娘は考えながらめくっています。
字が大きくて、絵もかわいくて、色んな動物が出てくるので、動物の鳴き声をまねしながら読むと、より楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑ってしまったので購入しました。  掲載日:2017/2/9
ぱっぱらっぱ ぷー!
ぱっぱらっぱ ぷー! 作: 新井 洋行
出版社: ポプラ社
ラッパやニワトリなど動物たちが、鳴き声競争?をする絵本です。
声色を変えて読めるので、0歳の赤ちゃんのときでも楽しそうに聞いてくれたし、1歳になると、覚えてほとんどのページを一緒に読んだりしました。
擬音のかわいい絵本なので、1歳児がマネをするとこれまたかわいいです。
新井洋行さんの絵本は大好きなので、定期的に購入しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ボールというテーマがいいみたいです。  掲載日:2017/2/4
ノンタンボールまてまてまて
ノンタンボールまてまてまて 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
自分が子供の頃にも読んでいたノンタンシリーズ。
子供たちにも買って読んでいるのですが、1歳9ヶ月の娘には、このボールの絵本が大ヒット!
ボールがどんどん逃げていくのを、ずっと目で追っています。
何度も読んでとせがまれています。
めいろもあるので、私が指でなぞるのをマネして、脳トレにもなるなぁと親子で楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても詳しくて読みやすいです。  掲載日:2017/2/2
新版 かまきり おおかまきりの一生
新版 かまきり おおかまきりの一生 作・絵: 得田 之久
出版社: 福音館書店
タイトル通り、おおかまきりの一生について、とても詳しく書いてありますが、6歳の息子にもわかるように書いてあって、親子で楽しめます。
「かまきりって、共食いしちゃうんだね!」など、覚えたことや思ったことを自然に言い合えました。
他にも「〜の一生」シリーズがあるみたいなので、読んでみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入りの地図絵本がやっと見つかりました。  掲載日:2017/2/1
にほんちずのえほん
にほんちずのえほん 著: Will すずきあさこ
出版社: 金の星社
地図絵本が欲しくて、色々探して息子に読んでみたのですが、どれも図鑑のようというか、細かい説明ばかりで、なかなか息子が気に入ってくれるものが見つかりませんでした。
でもこの絵本は、図鑑というより「絵本」なので、すらすら読めて、興味があれば詳しい説明を読んだらいいし、とにかく自然に入ってくる感じ!
息子からは、「買っていい。面白かった」とGOサインが出ました〜。
さらに、「福岡では、何が有名なの?」など、地方の名産品にも興味を持ったようです。
近いうちに購入予定です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 響きが心地良いです。  掲載日:2017/1/25
ぽんぽんポコポコ
ぽんぽんポコポコ 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 金の星社
動物が、「ぽんぽんポコポコ」とお腹をたたく絵本です。
言葉はほぼ「ぽんぽんポコポコ」のみ。
これが耳に残るみたいで、3回も読めば1歳8ヶ月の娘はすっかり覚えて、「ぽんぽん」と言いながら絵本を持ってくるようになりました。
我が家ではお腹のことを「ぽんぽん」とは教えていないのですが、娘がお腹をたたきながら聞いていることにびっくり。
絵も素朴でかわいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がとってもかわいいです。  掲載日:2017/1/11
なかよしおやこ
なかよしおやこ 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
娘が0歳のときから読んでいます。
ママと赤ちゃん、パパと赤ちゃんの会話にほっこりします。
1歳7ヶ月になった今では、すっかり覚えてしまい、「おかあさーん」や「ママー」の呼びかけをマネして楽しませてくれます。
しかけ絵本になっていて飽きないです。
ピヨちゃんシリーズは0〜4歳くらいまであるみたいなので、毎年増やしていきたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 物やお金の価値を学べます。  掲載日:2016/12/30
100円たんけん
100円たんけん 文: 中川 ひろたか
絵: 岡本 よしろう

出版社: くもん出版
100円あったら何が買えるか?を、とてもわかりやすく書いてあります。
同じ100円でも、豚肉と牛肉では買える量が違うなど、生活に密着していて、私はとてもいい絵本だなと思ったのですが、6歳の息子には少し難しかったかな?
7歳になったらまた読んであげたいです。
参考になりました。 0人

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット