キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

キールさんの公開ページ

キールさんのプロフィール

ママ・30代・福井県、男の子3歳 女の子1歳

キールさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい てんぷらあげたくなっちゃう!?  掲載日:2017/8/14
からすのてんぷらやさん
からすのてんぷらやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
からすのぱんやさんシリーズの第4作品目だと思います。

カラスのパン屋さんで登場したこどもたちが続編ではどんどん結婚するのですが、今回はれもんちゃんも番です。

これまでのストーリーもすこしからめていて、全部そろえると楽しそうです。

なんとてんぷらやフライの揚げ方がのっています!
これを読んでから、こどもとお料理ができると楽しそうです。3歳なのでてんぷらはまだできませんが、将来は…

かこさとしさんのかわいいイラストと、細かい描写がとっても楽しくて何度も読みたくなります。

素敵な歌も登場。どんな音楽なのかイメージが膨らみます。

3歳の息子のお気に入りシリーズになりつつあります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う テンポが良くて楽しい!  掲載日:2017/8/14
かお かお どんなかお
かお かお どんなかお 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
とってもシンプル、いろんなお顔が登場します。

シンプルゆえ1歳の子どもは大喜びです。

嬉しい顔をいいながらうれしい顔をすると子どももけらけら笑い出します。
いろんな表情や顔のパーツを教えてあげるのにもとってもいい絵本ですね。

上の子も楽しそうに見に来ます。
兄弟そろって読める絵本だと思います。読み方も読み手次第でいくらでも楽しくなりますよ!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見えないお仕事が見える!  掲載日:2017/8/7
まよなかのせんろ
まよなかのせんろ 著者: 鎌田 歩
出版社: アリス館
電車好きの息子のために図書館で借りました。

鎌田さんの絵本は乗り物の描写が本格的で、タッチがきれいです。

こちらの絵本は、夜の鉄道を直すお仕事の様子を描いています。
マルチプルタイタンパーという長ーい名前の電車の名前をすぐ覚えてしまいました!
こういう絵本がなかったら知らないままだったなと思います。

夜の線路をどんな風に修理していて、どんな人が働いているのかを描写しています。こんな仕事もあるんだということを教えてあげることができるところが素敵だと思います。

乗り物好きなお子さんにはとってもおすすめです!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ユーモアのセンスが育つ絵本!  掲載日:2017/6/16
十二支のおやこえほん
十二支のおやこえほん 作: 高畠 純
出版社: 教育画劇
十二支のメンバーを覚えてほしいなぁと思って何気なく借りた本でしたが、子どもに大うけでした!

このユーモア通じるんだ!?と意外な発見です。

各十二支にまつわるちょっと面白いお話がいページずつ描かれています。
大人でもくすりと笑ってしまうセンスの良いユーモアもあります。

子どもの一番のお気に入りのページは牛のようです。

絵もどことなくゆるくて愛着がわきます。
じわじわと読み直したくなる不思議な作品です。他の作品も気になってきます!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わず「あはっ!」  掲載日:2017/6/16
4ページえほん あはっ!
4ページえほん あはっ! 作・絵: 高畠 純
出版社: 小学館
今一番ブームの絵本かもしれません。

4ページの短いお話がいくつか入っています。どれもくすりと笑える4コマ漫画のような感覚で読めます。

特に面白いのは何回読んでもそのページに来るたびに子どもは大爆笑です。次はそのページになるとわかると既に笑みこぼれています。大好きすぎてとにかく何回も読んでほしいとせがまれます。さすがに何回も続けて読めば面白く兄のでは?と思うのに、毎回大爆笑です。
読みすぎてすでにセリフはある程度覚えていて、時々ぶつぶつとつぶやいていたりします。
その様子もちょっと笑えます(笑)

絵もゆるくてかわいいので、愛着がわきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あそんで学べる絵本  掲載日:2017/6/16
いろいろいろのほん
いろいろいろのほん 作: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
色を混ぜて新しい色を作る。

そんなシンプルな内容ながら、前ページ通して遊べる絵本です。

絵本をゆすったり、たたいたり、閉じて開いたり。
ページごとにいろんな仕掛けをして新しい色を作ります。
絵本なのに、アニメを見ているみたい!読み聞かせる側ではなくて読み聞かせしてもらう側になってみたいなぁといつも思っています。

お絵かきも好きになり、保育園で絵具も使って遊ぶので、興味津々の内容だったみたいです。最初はこわごわでアクションはすべて母にやらせた息子ですが、二回目からうれしそうに本をたたいたりしてました。

何回読んでも楽しい、そして、色への興味がさらに湧き出す素敵な絵本です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 男の子に夢を与える。  掲載日:2017/6/5
ぼく、ドジオ。
ぼく、ドジオ。 著: いわい としお
出版社: 小学館
『100かいだてのいえ』シリーズ作者のいわいとしおさんの絵本です。
他にも絵本を書いておられたんだぁと図書館で初めて目にすることができたので手に取りました。

前頁茶色の紙に描かれていて、絵日記みたいだなぁと引き込まれる絵本です。一冊の絵本の本の数十ページですが、そこに描かれる6人家族にいろいろなストーリーを感じることができます。

ストーリーはタイトルの通り、ドジな男の子の話です。
男の子を息子に持つ親としては、見ていてうまくいかないことも日々たくさん感じる中で、何でもできることがすべてじゃない、何か一つ自信となるできることがすごく大切だなぁということを実感させられる絵本です。

本人にはまだピンとこない物語かもしれませんが、節目節目で読んであげたい作品だなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなだいすき!  掲載日:2017/6/3
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
上の子も下の子も、例外なく大好きになりました。

「ばぁ」のところで一緒に「ばぁ」と言ってくれるのがとにかくかわいくて、成長を感じられる一瞬です。よく覚えているなぁと感心します。

めくるのも楽しみにしているというのがすごく感じられます。みんな大好きになるところがとにかくすごいなぁと思います。

今では上の子が覚えているので、下の子に読み聞かせもしてくれます。

絵も、味があって優しくて、やっぱりかわいいなぁと思います。
これからもどんどん長く受け継がれていってほしい一冊だなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊べる絵本  掲載日:2017/6/3
あそぼ
あそぼ 作: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
絵本で遊べるアイデア絵本です。

ただ読み聞かせるだけでなく、読みながら指を使って絵本と遊べます。ぺーじをめくるとまるで本当に動いているようで、絵本でできることは本当に無限大だなぁと感動します。

子どもも大喜びで、必ず遊んでくれます。
3歳には少し支持が分かりにくいと頃もあるようですが、親がやって見せてあげています。
大人もわくわくと引き込まれる仕掛けがいっぱいです。

とっても楽しかったみたいで「ゆきあし、さしあし」という新しい言葉を習得しました。

途中、子どもの絵本!?と思うくらいアートなページもあり、ここは外国っぽいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入りを探そう!  掲載日:2017/6/3
いろいろバス
いろいろバス 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 大日本図書
いろんな色のバスからいろんなものが乗り降りします。

とってもシンプルですが、子どもたちはわくわくしながらページをめくっています!

自分のお気に入りのバスはこれで、お気に入りの乗客はこれと、遊んでいます。

ツペラツペラさんのイラストはとにかくかわいいので、見ているだけで楽しい気持ちになります!

運転手さんもよーく考えられていてとてもすてきです。

繰り返しの多く、擬音語の多い絵本なので子どもたちはすぐに覚えてしまします。
自分で一生懸命読んでいる姿がまたかわいいです。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット