メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

ごくらくさんの公開ページ

ごくらくさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女4歳

ごくらくさんの声

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 可愛らしい絵本です  掲載日:2008/9/30
チリとチリリ
チリとチリリ 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
かわいい姉妹が自転車で森へお散歩にでかけるお話です。
森の動物たちが、演奏会を開くシーンに圧巻!
娘はサンドイッチ屋さんがお気に入りのようです。
何と言っても、細かい所まで丁寧に描かれていて色鉛筆で書いたようなやさしいタッチの絵と色使いがとても素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんでん返しが楽しいです  掲載日:2008/9/30
11ぴきのねこ
11ぴきのねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
腹ぺこのねこたちは湖にやってきました。
大格闘の末、やっと怪魚を生け捕ります。
みんなに見せるまでは食べない、と約束したのに…。

どんでん返しがあって娘もどうなるのかと興味津々です。
ユーモアがあり、11ぴきのねこの表情豊かで愛嬌たっぷりなところに
私もはまりました。シリーズで読もうと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 感動しました  掲載日:2008/9/30
ずーっとずっとだいすきだよ
ずーっとずっとだいすきだよ 作・絵: ハンス・ウィルヘルム
訳: 久山 太市

出版社: 評論社
男の子が大切に育ててきた犬のエルフィー。
いつか、男の子より大きくなり老いていきます。
やがて死んでしまうのですが、男の子はさほど悲しまないんです。
それは何故かと言うと・・・・・

まだ4歳の娘には、伝わったかどうかわかりません。
でも、読み続けることで何か伝わるのではないか?と思います。
「以心伝心」という言葉がありますが、きちんと好きなことを「好きだ」と言葉で伝える大切さが書かれている様な気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すごい発想ですね  掲載日:2008/9/29
くいしんぼうさぎ
くいしんぼうさぎ 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
食いしん坊の娘に「くいしんぼうさぎ」ピッタリ!と思って読みました
この絵本の面白いのは、食べ過ぎて太ってしまい地面に埋まり地球の裏側へ・・・戻るにはもっと太って地面に埋まり元の場所へ・・・と、とても単純明快なのですが、地球の裏側って・・・娘には理解できませんでした。そんなことよりも娘が気になって仕方ないのは、食べ過ぎたら地面に埋まる・・・そんな恐怖でした。
そこよりも、お友達といても食いしん坊うさぎが全部食べてしまいお友達から誘われなくなった。というところに気付いて欲しかったですね。
いつ、そこに気付くのか?まだまだ読み続けたいと思います。
そんなメッセージが入った絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても愉快  掲載日:2008/9/29
バムとケロのおかいもの
バムとケロのおかいもの 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
バムとケロはとってもいいコンビですね。
いつも朝寝坊のケロが今朝はなんだか早起き。
それは今日が月に一度のお買い物の日だから。
しっかりもののバムといたずらっこのケロ繰り出す愉快なお話です。

絵もとても細かいところまで丁寧に書いてあるので、じぃ〜っくり見ると、おもわぬ発見をしたりで子供も飽きずに親子して楽しめます。
お友達に教えて頂いてかばんうりのガラゴを読んだのですが、娘も私もはまってしまうほど、一度手にすると島田ワールドに引き込まれてしまいうこと間違いなしですね。
本当に素敵な本を教えて頂きました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かくれんぼにはまってす  掲載日:2008/9/29
かくれんぼ
かくれんぼ 作・絵: せな けいこ
出版社: 鈴木出版
鬼のリンゴちゃんがミカン、バナナなどのお友達を探します。
かくれんぼなので、一緒に探すことができます。
4歳の娘にはすぐ見つけられてしまうので2歳くらいのお子さんにお勧めです。
かくれ方がとてもユニークで、ヒヨコが歩いている中にレモンがいたりと「ヒヨコじゃないよ!レモンだよ!」みたいに、簡単ではあるけれど娘も大喜びでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親の心子知らず  掲載日:2008/9/29
こすずめのぼうけん
こすずめのぼうけん 作: ルース・エインズワース
絵: 堀内 誠一
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
親との約束を破って飛び立ったこずずめは、鳥を見つけても泣き方が違う、仲間でないとのことで休ませてもらえません。
そんな飛び立ったばかりのこすずめの、やっとママに会えるのですが、
何事もなかったかのように親すずめの背中にちょこんと乗ります。その可愛らしいこと。

こずずめを探し回っていた様は、まるで自分をみている様でした。
親は一生、子供を心配していくのでしょう。
「親の心子知らず」とはよく言ったものです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う もうすぐ秋ですね。  掲載日:2008/9/28
むしのチロリンコンサート
むしのチロリンコンサート 作・絵: 菅野 由貴子
出版社: 教育画劇
むしたちのコンサートがとっても秋を感じる絵本です。
それぞれの虫がそれぞれの泣き声を奏でるとっても素敵なコンサート。
そんな秋が待ち遠しくなる絵本なので、この時期にピッタリですね。

娘は夏にセミの声を耳を澄まして「ミンミンゼミ」「アブラゼミ」なんて言っていたので次は秋の虫。
娘の耳にはどんなコンサートが聞こえるのか楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり家族一緒!  掲載日:2008/9/28
14ひきのさむいふゆ
14ひきのさむいふゆ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
この「さむいふゆ」は珍しく家族一緒に何かをするのではなく
男の子チームと女の子チームに分かれて作業しています。
でもその作業も、皆一緒に遊ぶ為・食べる為にやっているんです。
やっぱり14匹シーリーズはこうでないと!という感じです。

娘は、最近折り紙や工作にはまっているのでこの男の子チームの作ったゲームやソリを作りたいようでした。
「うちもソリ作りたい!」って・・・
本当に14匹シリーズは温もり一杯の手作りのものばかりで自然を感じられる素敵な絵本ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムをつけると楽しいです。  掲載日:2008/9/28
ノンタンおねしょでしょん
ノンタンおねしょでしょん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
この絵本は私が子供の頃読んだ絵本なので懐かしく娘に読みました。

「○○、○○、おねしょでしょん!」のフレーズが繰りかえされるこの絵本は、おもわずリズムをつけて読んでしまいます。
子供は、同じフレーズが繰り返されると覚えてしまい更にリズミカルな言葉が大好きなので、目も耳も釘つけでお気にいりでした。
おねしょの形がとっても可愛くて、誰がどの形のおねしょか覚えてしまうくらい何度も読みました。
雨雲のところは、一緒にふーふーと吹き飛ばそうしてくれたり、親子で楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット