クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

ビンゴアズサさんの公開ページ

ビンゴアズサさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男10歳

ビンゴアズサさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大人も一緒に感動  掲載日:2008/8/4
涙 作: 鈴木 光司
絵: ほりうちけいこ

出版社: 海拓舎
小学3年まではまだまだ甘えがぬけない年頃。
でも4年になったら、ナンダカぐんと大人に近づこうと背伸びをする。
そんな年の節目に、一緒に読んでみてはいかがでしょう。
見つけたのは図書館の大人の蔵書コーナー。
ページをめくった瞬間に「これはこどもと一緒に読みたい」と握り締めました。案の定、ピアノに行く途中、子どもにちらっと見せたところ、その本だけは(あまり本を自分から読まないタイプ)自分のかばんに入れて、帰宅後も何度も何度も繰り返し読んでいました。

新しい兄弟が生まれてくるひとつの家族の風景。
子どもの目線ではなく、飼われているかめの視点にたった「こころ」に響く本です。
イラストは、ほりうちけいこさん。
ソフトでポップでカラフルな色づかい。
子どもにも大人にも好まれるイラストからは、やらかい子ども達の笑い声やおかあさんおとうさんのささやき声が自然と聞こえてきそう。

タイトルがちょっと大人向けですが、子どもにも十分に読める、そして「生きる」ということを考えられる、ステキな本です。
この本をとおして、子どもとの会話がひとつ生まれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地球のこと、いのちのこと考えました  掲載日:2008/8/1
ハロー?
作: ヨースタイン・ゴルデル
出版社: (不明)
これは、ヨアキムという少年が自分に弟ができるという特別な日に、宇宙からきた知的生命体(!)ミカに出会い、そのときの思い出や感じたことを、成長したヨアキム自身の手で自分の姪であるカミラに宛てた手紙形式の本です。

もしも私達大人が宇宙人と出会ったら?
子どもの視点に立って、淡々と「カミラ」に宛てられた手紙のような
台詞のようにつづられている文章はちょっと哲学的ですが、ぐいぐいひきこまれる作品です。
画風もちょっと変わっていておもしろい。なにしろノルウェーの絵本ですから!

子どもと一緒に考えてみました。
地球のこと、この世界と空の彼方でつながっている宇宙のこと。
子どもの純粋で、探究心にあふれた宇宙人との出会い、問答のようにくりかえされる会話は、まるで、読んでいる私達に宛てられたメッセージのように心に響きました。
そして、この地球という当たり前の世界のことを、
「新しい」視点へと変えていく新鮮な見方を子どもと一緒に発見できました。

著者のゴルデルは哲学に長けた方で、現実と夢の交錯を、地球と宇宙のことを、物語の中にふんだんに織り込まれた哲学的な視点でつづられる会話のテンポはわかりやすく、さすがだなと思いました。
ぜひ
ぜひ
「自分たち人間ってナンナンダろう?」という問いかけを
子どもと一緒に考えてみてください

ちょうど子どもが月の観察をしています

夜空に輝く星々を観察しながら
子どもと一緒に創造の世界に心が飛んできました
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット