ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ

TOP500

めむたん

ママ・40代・岡山県、男の子21歳

  • Line
自己紹介
初めまして。
人気絵本作家を目指して、創作活動をしています。
このサイトでは、いろんな絵本を読むことで、たくさんの勉強をさせてもらっています。
よろしくお願いいたします。

好きなもの
絵本、お絵かき、お話を創ること、短歌、家族とのおしゃべり、お昼寝
ひとこと
アメーバのサイトで、平日はほぼ毎日ブログを更新しています。
タイトルは、「めむたんは人気絵本作家になるの」です。
内容は、お話や絵、短歌、それから日常の記録です。
良かったら、訪問してみてください。

めむたんさんの声

1071件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やぎたみこさん  投稿日:2024/02/28
ほげちゃん
ほげちゃん 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
「ほげちゃんとおばけ」を読んで以来、図書館や書店でやぎたみこさんの絵本を探しては読むようになりました。

どんなに良い人にもブラックな部分があるように、ぬいぐるみにもブラックな部分があるのですね。
絵本で表現されていることに衝撃を受けましたが、逆に愉快でした。

やぎたみこさん、おもしろいですね。
これからも、読んでいきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少しじんわり  投稿日:2024/02/27
わすれていいから
わすれていいから 作: 大森 裕子
出版社: KADOKAWA
猫の目を通しての男の子の成長を描いた絵本でした。

男の子が成長するにつれて、猫と共に過ごす時間が減っていきます。
猫はよく分からないままにそれを受け入れて、そして男の子が巣立っていったとき、それもちゃんと受け入れたのですね。

受け入れたとき、忘れていいからと言いながらも、窓際の、男の子がいた場所に移動した姿が、何とも言えず切ないです。
我が子も成長して家を出ているので、猫の気持ちが私の気持ちとかぶって、少しじんわりとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今日から郵便屋さん  投稿日:2024/02/26
こけももむらのゆうびんやさん
こけももむらのゆうびんやさん 作: よこた あきこ
絵: みなみ あきこ

出版社: 岩崎書店
学校を卒業してこけもも村の郵便屋さんになったれたーくんは、村のみんなから暖かく迎え入れられます。
けれども、順調に始まった仕事の初日に、困ったことが起こります。
今日最後の手紙のあて先がかすれて、誰に届ければいいのか分からないのです。

とてもほのぼのとした絵本で、読んでいて心が和みます。
ピンチのレベルも軽めなので、小さなお子さんに読んでも安心ですね。
幼稚園や保育園での読み聞かせにも合いそうな、感じの良い絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発想がおもしろい  投稿日:2024/02/21
かめだらけおうこく
かめだらけおうこく 作: やぎ たみこ
出版社: イースト・プレス
やぎたみこさんの世界観が、とても好きです。
ほげちゃんシリーズではまって、以来図書館で借りてきては読んでいます。

「かめだらけおうこく」。
またまたおもしろい発想の絵本ですね。
どうやったら、このような発想が生まれるのでしょう?
将来幸運にも出会うことがあったら、聞いてみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 落ち込んでいる子に読んでもらいたい  投稿日:2024/02/21
どすこいすしずもう イクラまるの ひみつ
どすこいすしずもう イクラまるの ひみつ 作: アンマサコ
出版社: 講談社
とてもきれいな表紙に惹かれて、図書館で借りてきました。

卵のままの姿を少し恥ずかしく感じているイクラ丸は、憧れのサーモン桜にすもうで負けて落ち込んでいます。
それを見た仲間たちが、イクラ丸に運動会のことを教えてくれました。
それならと玉入れの特訓をするイクラ丸は、とても前向きで頑張り屋です。
そんなイクラ丸だから、周りの寿司たちも暖かく祝福するのでしょうね。

落ち込んでいる子に読んでもらいたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ラッキーカレー」を読んでからにすると  投稿日:2024/02/21
カレーは あとの おたのしみ
カレーは あとの おたのしみ 作: シゲタサヤカ
出版社: えほんの杜
たいていの人が好きなカレーは、オニたちにとっては……。
むふふ、と笑いたくなるような、おもいろい展開でした。

実は、以前「ラッキーカレー」を読んだときに店長さんの頭に不思議な模様が描かれていたので、なんだろうと気になっていたのです。
その理由が、この絵本を読んで分かりました。

「カレーはあとのおたのしみ」だけを読んでも十分おもしろいですが、「ラッキーカレー」を読んでからにすると、もっとおもしろいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りおちゃんがいじらしい  投稿日:2024/02/20
まよなかのプレゼント
まよなかのプレゼント 作: くさかみなこ
絵: よしむら めぐ

出版社: 岩崎書店
妹のために一生懸命我慢しているりおちゃんが、とてもいじらしいと感じました。
それは、パパとママからたくさんの愛情を受け取っているからなのでしょうね。

自分の誕生日にパーティを開いてもらえなくても、熱を出した妹のために我慢するりおちゃんは、とても良いお姉さんになりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後のオチがおもしろい  投稿日:2024/02/19
むしゃむしゃ たべたら おいしいぞ
むしゃむしゃ たべたら おいしいぞ 作: みやにし たつや
出版社: 鈴木出版
最後のオチがおもしろくて、ずっこけそうになりました。
はらぺこオオカミのガーとギーとグーの会話も、おもしろいです。

すぐにでもつかまえられそうなところににわとりがいるのに、おなかが空きすぎて動くのがおっくうな3匹。
3匹が3匹とも動こうとせずに、捕まえてからのことを想像して、結局取り逃がしてしまうところが、何とも言えません。
そんなこと想像している暇があったら、さっさと捕まえればいいのにね。

でもまあ、捕まえてもうまくいかないかもしれませんね。
だって……、そのにわとりは、……なのですから!

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 情の深いルラルさん  投稿日:2024/02/16
ルラルさんのえほん(9) ルラルさんのつりざお
ルラルさんのえほん(9) ルラルさんのつりざお 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
とてもほのぼのとした、素敵な絵本でした。

おじいさんがくれた釣り竿を、おじいさんの亡き後も大切にしていたルラルさん。
おじいさんとでなければと、釣りをしなかったルラルさん。

なんて情の深い方なのでしょう!

それだから動物たちもルラルさんを慕うのだと思いました。

動物たちに推されて一度は釣りをしたけれど、結局庭で釣り竿を振ることに戻ったルラルさんは、これからもほのぼのと幸せに過ごすのだろうと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分のままでいい  投稿日:2024/02/15
おれたちはパンダじゃない
おれたちはパンダじゃない 作: サトシン
絵: すがわら けいこ

出版社: アリス館
人気者は部外者から見ると良いこと尽くしのように見えるけれど、当事者になってみると大変ですね。
いつもニコニコしていないといけないし、何かをされてもある程度は許さないといけないし。
自由ではないですね。

体にペンキを塗ってそれを知ったクマとシロクマ。
自分のままでいいと結論付けたのは、賢明な選択ですね。
参考になりました。 0人

1071件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット