新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

TOP500

すきっぱー

ママ・30代・北海道、?4歳

  • Line

すきっぱーさんの声

224件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ばーちゃんドラキュラって斬新  投稿日:2023/09/02
ドラキュラば〜ちゃん
ドラキュラば〜ちゃん 作・絵: ささき みお
出版社: PHP研究所
ドラキュラって男性(または若く美しい女性)のイメージでしたが、ばーちゃんドラキュラって斬新
キャラクターやアイテムが楽しい!
ドラキュラばーちゃん、ドラキュラ一家にいる動物たちやろうそく立て等、背景に何気なく書き込まれているアイテムや道具がどれも面白い
愉快で楽しい絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 無邪気な子猫たちに癒されました  投稿日:2023/09/02
こねこちゃんこねこちゃん
こねこちゃんこねこちゃん 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: ひさかたチャイルド
やわらかで、あたたかみのある絵と歌のような文に癒されます
12匹の子猫たちの元気で無邪気な様子、特にお昼寝の時間になってもお布団で遊び続けるシーンは「こりゃ大変だ〜笑」と思いつつ微笑ましい気持ちになれました。
特に気になる子猫は、他の子猫が暴れる中でもぐっすりお昼寝している子猫。この子起きちゃわないかな〜とドキドキで見守ってしまいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いや〜たまらない笑  投稿日:2023/09/02
ふたりのナマケモノ
ふたりのナマケモノ 作・絵: 高畠 純
出版社: 講談社
4つの短いお話が1冊に纏まっています、個人的に好きだったのは「とつぜんのテナガザル」という話。
いや、テナガザルの顔、こわっ!笑
なぜかわからないけど「テナガザルならやりそう〜」って思ってしまいました。
こちらの気持ちもナマケモノのように“ゆる〜く”なれました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議なサーカス  投稿日:2023/09/02
サーカス
サーカス 作・絵: 高部 晴市
出版社: 講談社
はこおとこと、さかなおとこ、くうきおんな。。不思議なキャラクターが次々と出てきて芸を見せます。ありえないと思いつつ、昔は(昭和の初めの頃とか)には、本当にこういうサーカスあったんじゃないかと思ってしまうような世界観でした。
不思議でレトロな雰囲気が好きな人にオススメの絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あさの強さ  投稿日:2023/09/02
火の鳥
火の鳥 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
火の鳥が飛ぶ年は、必ず飢饉になる。
飢饉から村を、家族を守るために火の鳥と戦うことにした“あさ”。
“あさ”が苦労して“そで”を当たり前のように育てているシーンは描写が詳細なだけ考えさせられました
表紙の“あさ”は、まさに戦うことを決め決死の気持ちが溢れていてとても好きな絵です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ほねって、なんのためにあるの?  投稿日:2023/09/02
ほね
ほね 作: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店
ほねって、なんのためにあるの?
骨の役割、どうやって役に立っているかが描いた絵本。とても分かりやすいです。
人がタコみたいにグニャグニャになってしまったシーンは子供に大うけでした。
「かがくのとも傑作集」のうちの一冊、裏切らない面白さでした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 勇気の出る絵本  投稿日:2023/08/12
ひばりの矢
ひばりの矢 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
タイトル通りひばりを主人公にしたお話しですが、人間の姿で描かれているので途中で「卵を産んだ。。?」「人が弓矢を持って空を飛んでいる。。?」と混乱しました。
が合点がいくとあえて可愛い鳥の姿ではなく人の姿で描かれている所が迫力がありクセがあって好きです。
たとえ負けても落ちた矢は麦となって人の力になる、勇気の出る絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野菜嫌いな子供に、自分で作るサラダの楽しさと美味しさを  投稿日:2023/08/12
平野レミのサラダブック
平野レミのサラダブック 作: 平野 レミ
絵: 和田 唱 和田 率

出版社: 福音館書店
シリーズの別巻「おりょうりブック」を読み、出てくる料理が簡単で楽しさが伝わるのにどれも美味しそうでとても好きだったので、サラダブックの方も読んでみました。
今回のサラダブックもとても楽しそう、キュウリに味噌はよくやりましたが、味噌にお砂糖を足しても美味しいなんて、絶対試してみたい!
今回も試してみたい工夫やレシピがありとても役に立つ絵本だと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イチゴを食べるのが楽しくなりそう  投稿日:2023/08/12
いちご
いちご 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
イチゴの生態が詳しく描かれた絵本
花が咲いて散った後、しぼうが育ってイチゴになるまではなんだかグロテスクで見慣れたイチゴになるとホッとするくらい。
本当に種とスジが繋がっているのか、300個も種があるのかイチゴを買って検証してみたくなりました。
これを読んだ後はイチゴを見て、食べるのが楽しくなりそう
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アリンコビーム  投稿日:2023/08/12
ノラネコぐんだん ケーキをたべる
ノラネコぐんだん ケーキをたべる 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
アリンコビーム!笑
小さくなったノラネコぐんだんがケーキを食べたり、アリの巣に入って水を飲んだり、一度やってみたいと思ったことが描かれていて楽しい絵本でした。
子供も大好きなシリーズ、他の作品も読んでみたい!
参考になりました。 0人

224件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット