クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ラズベリーテッドさんの公開ページ

ラズベリーテッドさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、男の子14歳 女の子12歳 男の子11歳

自己紹介
小さい頃から絵本がすきでした。3人の子供に毎晩1冊ずつ本を選らばせて読んでいます。小さい頃は同じ本を何度も何度も…最近は、長い本を何日もかけて読み聞かせをしています。これを我が家では夜によむ本だから、『よる本』と読んでいます。我が家の3兄弟は『よる本』て言う日本語があると思っているかもしれません^^
好きなもの
富安陽子さん、島田ゆかさんが特に好き。
ひとこと
まだまだ知らない本がたくさんあります。あっと言う間に成長していく子供たち。
どんどん読んであげないと間に合わない気さえします…。
これからも皆さんのご感想を参考にステキな本に出会いたいです♪

ラズベリーテッドさんの声

234件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ここのところ毎日読んでます  掲載日:2012/1/26
おそうじ隊長
おそうじ隊長 作・絵: よしながこうたく
出版社: 好学社
5歳の息子がはまっています。
給食番長も読みましたが、こちらのお掃除隊長の方が気に入ったようで、ここのところは毎日夜寝る前に読んでいます。
かくれんぼをしているシーンが好きなようで、ここにかくれてる〜とうれしそうに絵をみています。
4月からは1年生になる息子です。
少しでも小学校の様子がわかれば良いなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 男の子らしい。  掲載日:2011/11/24
おかあさん、げんきですか。
おかあさん、げんきですか。 作: 後藤 竜二
絵: 武田 美穂

出版社: ポプラ社
ずっと気になっていて、やっと読むことができました。
母の日にお母さんに男の子がお手紙を書くっていうお話だったんですね。
でも、お母さんへの文句ばっかり…
それがなんとも絵とマッチしていて^^
5歳の次男にはまだない感情なのかな?(そうであってほしい…)
そんなに反応はありませんでした。
私は耳の痛いところもあり、子どもの気持ちがわかるところもあり
「お母さん、それはやりすぎ〜」とついつい読みながらもつぶやいていました。
でも、最後はやっぱりお母さん大好きって気持ちがいっぱい。
私もお母さん大好きっていつまでも思われていたい…
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う デビューしました。  掲載日:2011/11/23
携帯版ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石
携帯版ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石 作: J.K.ローリング
訳: 松岡佑子

出版社: 静山社
長男が9歳のお誕生日にリクエストして買ってもらいました。
字も小さいですし、厚みもすごいので9歳ではどうかなぁ…と思って、私が先に初めの方だけ呼んでみました。
そしたら意外と読みやすくてこれなら大丈夫と長男に読ますことに。
毎朝学校に行く前に少しと、夜寝る前に読んでいるのですが、
ほんとうに字が小さいので今日は私がストップをかけました。
そしたら、半泣きでもっと読みたい〜と言っていたのでよっぽどおもしろいのだと思います。
そりゃ、あれだけのブームになったのだから当たり前ですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもはこういうのが大好き。  掲載日:2011/11/23
くらやみえんのたんけん
くらやみえんのたんけん 作: 石川ミツ子
絵: 二俣 英五郎

出版社: 福音館書店
5歳の息子に読みました。
息子の大好きな冒険・お化け・暗闇。
全部そろっていたので、眠くてしかたなかったはずなのに、
最後まで見入っていました。
息子くらいの歳の子にはもう少しドキドキ感があってもいいのかなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ためになります。  掲載日:2011/10/28
イソップ物語
イソップ物語 作: イソップ
絵: 村井 香葉
訳: 西本 鶏介

出版社: ポプラ社
一年生の娘が誕生日におばあちゃんに買ってもらった本です。
自分で読む用に買ったので、字は大きめで一年生でも読めると思います。
でも、そこは一年生。やっぱりまだ自分で読むのは難しいようで、
昨日から私が少しずつ読んでいます。

どれも有名なお話で、こういう本にはよくあることですが、
お話は短めで省略されている箇所が多々あります。
ですが、その日、その日の子どもたちの行動や言動に合わせてお話を読むことができるので、親のお説教よりはこちらのほうがよっぽど心に届くと思います。

3年生の息子も聞いていて、「なるほど〜」なんて言っています。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 個性的です。  掲載日:2011/9/15
ジャックと豆の木
ジャックと豆の木 作: リチャード・ウォーカー
絵: ニーアム・シャーキー
訳: 阿川 佐和子

出版社: ブロンズ新社
長男が3歳か4歳くらいのときに本屋さんでおねだりされて買ったものです。
私が小さいときに読んでいた絵本とはかけはなれていて、
絵も翻訳も個性的です。
初めは馴染めなかった私ですが、ジャックと豆の木と言えばこの絵本と思っている子どもたちの影響で徐々に馴染んできました。
もう何度も何度も読み聞かせをしましたが、子どもたちは飽きる様子もありません。
ハラハラドキドキして楽しいのだと思います。
でも、一度昔からある、ジャックと豆の木も読んであげようかな^^
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 子どものお気に入り。  掲載日:2011/9/2
ふしぎなふしぎなながぐつ
ふしぎなふしぎなながぐつ 作: さとう さとる
絵: むらかみ つとむ

出版社: 偕成社
おおきな木がほしいが大好きだったので、この本も読んでみました。
他にないストーリー展開で子どもたちはとても気に入った様子でした。
とくに5歳の次男が気に入ったようで、毎晩、これ読んでと持ってきます。
絵が少し古い感じなので子どもにはどうなのかなと思っていましたが、絵本に古いも新しいもないのだなと感じました。
小さい子から小学生まで幅広く楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけ専門のお医者様。  掲載日:2011/8/29
おばけいしゃ
おばけいしゃ 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
せなけいこさんの絵本が好きな次男が図書館で借りてきました。
5歳には少し簡単かなぁと思いましたが、気に入ったらしく毎日読んでと持ってきます。
一年生の長女も毎回聞いているので絵本に年齢は関係ないなぁと思いました^^
あと、こどもって怖がるくせに、お化けが好きですね。
もっと小さいお子さんに読んであげるとまた違った反応が返ってくるとおもいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい気持ちになれました。  掲載日:2011/8/24
ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
ちいさいおうち (岩波の子どもの本) 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
今日図書館で借りてきて、5歳の息子と6歳の娘に読み聞かせをしました。
初めは少し退屈な本かなぁと思いましたが、最後まで読むとほっこりと優しい気持ちになれる本でした。
5歳の息子も「おもしろかった〜」と^^
けっしておもしろい本ではありませんが、息子の表現はこうでした(^^;)
家にあると時々読みたくなるような絵本だと思います。
お友達へのプレゼントにもいいかも…
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子が読みました。  掲載日:2011/8/4
ゆかいなヘンリーくん(1) がんばれヘンリーくん 改訂新版
ゆかいなヘンリーくん(1) がんばれヘンリーくん 改訂新版 作: ベバリイ・クリアリー
絵: ルイス・ダーリング
訳: 松岡 享子

出版社: 学研
読み聞かせ用に図書館で借りてきました。
長男は初め、表紙の印象からか、借りなくていいと言っていましたが、
私が読んであげたくて半ば無理やり借りてきたものです。
なかなか読み聞かせを出来ずにいたら、長男が時間を見つけて自分で読み始めました。
初めのほうは、あまり面白くなくて読むのをやめたくなったそうですが、途中からどんどん面白くなってきて、最後には「おもしろかった〜」と満足した様子でした。
結局読み聞かせは出来ませんでしたが、また妹や弟に時期がきたら読み聞かせをしてあげたいと思います。
参考になりました。 1人

234件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット