ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。

はっしゅぱぴーさんの公開ページ

はっしゅぱぴーさんのプロフィール

ママ・40代・滋賀県

はっしゅぱぴーさんの声

1261件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 余韻が欲しい  掲載日:2018/7/21
あのくも なあに?
あのくも なあに? 文: 富安 陽子
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
なんともリズムの良い文章で
素敵な絵ともマッチして
夏に読み聞かせたい一冊。
もとが月刊絵本だからか、
経費の都合か、ラスト、裏扉のあとに
もう一枚紙があったらいいなと思います。
余韻が欲しい。
空に思いをはせるページというか。
山村さんのタッチもいつもよりふわっとしていて心地よく、
ずっと見ていたくなる空ばかりでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小さくなってかわいさ2倍増し  掲載日:2018/7/21
とんだとんだ
とんだとんだ 作・絵: とりごえ まり
出版社: 鈴木出版
今6年生の長女が生まれたときに
もう少しサイズが大きいタイプの
同じ絵本をもらいました。
今回、少し小さくなってリニューアルされたのを見て
ああ、小さくなってかわいさが増したなと
思いました。
いろんな形で出版されることで
息が長い絵本になるとうれしいですね。
色使いもおしゃれで、10年以上前に出た絵本とは
思えないくらいです。おすすめです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お盆に読みたい  掲載日:2018/7/20
いちにちじごく
いちにちじごく 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
これは深いメッセージです。
いちにちシリーズのコミカルさもありながら、
人殺しはいけないという
強いメッセージ!
お盆のときに読み聞かせるのもよし。
最近、だれでもよかったと人を殺す事件が多いので
こういう本を一度は子供たちのところで
読んであげるべきだと思います。
そこまで説教臭くないけど
子どもの心には残るはず。
こういうシンプルな教えが生きてきたり
するんじゃないのかな。人生に。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オオウケ!  掲載日:2018/7/20
おしっこちょっぴりもれたろう
おしっこちょっぴりもれたろう 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
そうきたか!っていうのが第一感想。
6年生と2年生に読みましたが
どっちもオオウケ。女子だからか、
おしっこが漏れているっていうことに対する
共感はあまりなかったみたいですが、
途中にもれたろうが同志を探すところは
すごく楽しかったみたいです。
そでがくちゃくちゃになるっていう女の子のところでは
わかるわかる!って言っていました。
最後のおちはそうきたか〜でした。
お母さんの表情が秀逸。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 帯の言葉通り  掲載日:2018/7/20
ぜったい あけちゃダメッ!
ぜったい あけちゃダメッ! 著: アンディ・リー
訳: 林 木林

出版社: 永岡書店
読み終わったあと、「もう一回よんで!」と
言いました。
大勢の読み聞かせでも
必ずウケると思います。
高学年だともうしらけちゃうかもしれませんが
低学年だと大盛り上がりするでしょう。
ツカミに使うにはちょうどいいです。
絵本としての深みとかはないですが
エンターテイメントととしてはいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっぴり昭和がアクセント  掲載日:2018/7/20
どろん ばあ
どろん ばあ 文: 小野寺 悦子
絵: 植垣 歩子

出版社: 福音館書店
内容は、結構古いと思われても
仕方ないようなオーソドックスな
おばけ数え歌です。
が、絵がいい。
昭和テイストを取り入れつつも
新しく、色使いも
さわやか。
お化けだけどこわくない、
でも、ちょっと不気味さもある。
夏の読み聞かせにぴったりだと
思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこりと心暖かくなる野菜たち  掲載日:2018/7/20
やさい
やさい 作・絵: 川上 越子
出版社: 鈴木出版
シンプルな絵本です。
でも、野菜の絵がすごく
あたたかくて、写実的なものとはまた違う、
でも子供向けにごまかしたりしていない
きちんとした野菜の絵。
あたたかみのある野菜たち、
ずっと見ていたくなる絵本です。
このタイプの絵本って結構あるけど
これは私の一押しです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょうどテレビで見て…  掲載日:2018/7/20
あまい とうもろこしと カタイ トウモロコシ
あまい とうもろこしと カタイ トウモロコシ 作・絵: 佐武絵里子
出版社: 福音館書店
朝のとれたてのトウモロコシを買うために
行列しているというテレビ番組を見て
ちょうどトウモロコシの絵本を探していたところに
ぴったりでした!
一番お気に入りの絵は扉のところ!
表紙の文字が、ちょっとアレンジされていておもしろい!
内容はシンプルだけど、わかりやすくて、
トウモロコシを食べたくなっちゃいました。
取材協力に、食材宅配で有名ならでぃっしゅぼーやさんが入っているのも
興味深かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の中に夏がある  掲載日:2018/7/19
にゅうどうぐも
にゅうどうぐも 作: 野坂勇作
監修: 根本 順吉

出版社: 福音館書店
これは夏にぜひ読み聞かせしてほしい一冊。
絵本だけど、映画のような美しさと
しっかりした内容です。
まさに暑い夏の一日が
絵本の中で繰り広げられ、
ドキドキしますよ。
小学校の教室くらいでしたら
大勢の読み聞かせにも耐えられるでしょう。
高学年でも楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 説得力がある  掲載日:2018/7/18
ぞうきばやしのすもうたいかい
ぞうきばやしのすもうたいかい 作: 広野 多珂子
絵: 廣野 研一

出版社: 福音館書店
へんに擬人化されていない、
でも、ちゃんと昆虫が相撲をとっているという
なんとも見ごたえのある絵本です。
ああ、確かにこの虫とこの虫じゃ
こういう相撲だろうなっていう説得力がある。
こんな絵本なかなかないです。
もとがかがくのともなんですね。納得納得。
もっとほかの虫も見たいなと思いました。
参考になりました。 0人

1261件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット