のはらでまたね のはらでまたね
作: はせがわ さとみ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
マフラーみたいにポカポカあたたかい絵本

やまだぱんださんの公開ページ

やまだぱんださんのプロフィール

パパ・40代・東京都、女0歳

やまだぱんださんの声

21件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いちばん好きな本  掲載日:2009/5/23
のせてのせて
のせてのせて 文: 松谷 みよ子
絵: 東光寺 啓

出版社: 童心社
もうなんどもなんども(一日に)読んでます。

親子でいちばんすきな絵本だと思います。

「いないいないばあ」や
「いいおかお」と同じ
松谷みよ子先生の「赤ちゃん絵本シリーズ」の
中では実は、この本(歌)が一番、のりがよく
頭のなかから離れません!!


○ちゃんの自動車を走らせていると
ウサギが、クマが、そしてネズミの親子がのせてくれと
手をあげて乗ってきます。
そして最後はみんなでなかよくドライブ・・・

たったこれだけの内容に、どうしてこどもは(親も)
こんなにも喜ぶんでしょうか?!

女の子なので、車が好き、ってわけでもないと思うのですが。

さわって、めくって、なめてボロボロになったので、
ころ合いをみて、同じ本をまた購入しようかと
考えているほどです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそう!!おもわず食べたくなります  掲載日:2009/5/23
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
区役所にもらった「どうぶつのおかあさん」のような
リアルな絵本が娘に好評だったので、
いろいろさがして、
別の会社、別の作者になるのですが、
「くだもの」を購入しました。

初版は30年近く前ですから、
絵全体はちょっと古臭いかんじがいなめませんが、
あえて、水彩でここまでリアルに果物の質感を
出しているのは見事としかいえません。

しかもどうぶつと違って、
比較的なじみのあるものが多く、
これ、食べたよね、これはみたことあるよね、
と子どもと確認しながら読んでます。

この本を読んだあとは、
くだものが食べたくなること、請け合いです!!
(・・・親が)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あれ?オチは??  掲載日:2009/5/22
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
ポップな絵柄が娘には大好評で、
買ったばかりなのに、なんども読むうち、
あっというまにボロボロになってしまいました。
それほど気に入った、という見方もできますが、
紙が薄いので、0歳児が手にするには
ちょっと不向きかもしれません。

ひとつ、ふたつ、と積木をつみあげて、
10個まで積んで高い高い塔ができました。

あらら、あぶない、グラグラしているよ、
どうなるのかな〜、ああ、あぶないよ〜

あ〜〜っ!やっぱり崩れちゃった・・・


え?終わりですか?そうですか。
特にオチのようなものはないんですね。
また、イチから積み木を積み上げるという
前向きなエンディングですが…

絵本にオチを求めてるのもナンセンスですか。
やっぱり、ここはほとんど黄色と緑色だけで
構成されたポップな絵を楽しむのが吉ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 哲学的で禅問答のよう!でもかわいい  掲載日:2009/5/21
だからこぶたちゃん
だからこぶたちゃん 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
お父さんはぶた、お母さんはぶた、
だから、ぼくはこぶたちゃん。

いきなり結末というか結論をもってきて、どうなるのかと
思いきや、いろいろなパターンをもってきて
ぶたがぶたである所以をとうとうと説いてくれます。
妙に納得です。

でも絵がかわいいので、親としては、
こどもに説明しながら読んであげる絵本として
すばらしい内容だと感心しました。
(褒めすぎかな)

こぶたの赤ちゃんリシーズの(1)として、
すくなくとも(6)まで出ているようなので、
できたら、続きも購入して、
こぶたワールドを満喫したいと思います。

いや、本当に内容は深いテーマだなあ、とかんじました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一日の〆の一冊  掲載日:2009/5/21
おやすみ
おやすみ 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: グランまま社
絵本を読んだら、もうねようね。
そう言いながら読むのにもってこいの一冊です。

わんちゃんの兄妹(たぶん)が、
泥んこなって遊んで、
お家に帰ってお風呂にはいり、
夕ごはんを食べて、
歯を磨いたら、
ママに絵本を読んでもらい、
そしてお布団でぐっすり・・・

たのしくてしあわせな一日は終わりですが、
明日はもっと楽しくて幸せな日がまってますよ。

なんともほのぼのとして、
色鉛筆(パステル?)で描かれた素朴な絵が、
素朴な内容にぴったりです。

たくさん絵本があるなかで、
うちでは、だいたいこの絵本が最後の締めとなります。

さ、○○ちゃんも寝ようね〜〜


(まあ、なかなかすぐには寝てくれませんが、
それは絵本のせいではないでしょうから。)

お父さん的には、
仔犬のくせに、
口(鼻)のまわりのところにヒゲを絵が描くても
よかったんぢゃないかなあ・・・とは思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う かわいい動きにおもわず、は〜い  掲載日:2009/5/20
いいおへんじ
いいおへんじ 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
一時期、しかけ絵本にはまりまして、店頭でこの本をみて、
これだ!と即購入しました。

「学研」のブランドにも惹かれまして(笑)


ヒヨコ  の ピヨちゃん、
カルガモ の ガーコちゃん、
アヒル  の グーグちゃん、
の3羽が、愛らしく呼ばれたときにお返事します。
「はーい!」
みんな元気に手をあげていいお返事です。


実は最初、ちょっと固くて、うまく手をあげられなかったのですが、
遊んでいるうちに、だんだんなじんできて、
いまでは、すごくスムーズに手をあげてくれます。

ピヨちゃんとグーグちゃんが似ていて、微妙に違うのも
可愛いですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひとひねりされた可愛い絵本  掲載日:2009/5/20
こちょ こちょ こちょ
こちょ こちょ こちょ 作: 内田 麟太郎
絵: ながの ひでこ

出版社: 童心社
赤ちゃんは、こちょこちょこちょっと
されるのが大好き!!
おなかのあたりや、ほっぺのあたりを
「コチョコチョコチョ〜」などと言いながら手でくすぐると
声をあげておおよろこびしますよね。
6か月の娘も大好きなのですが、そのこちょこちょを
絵本にすると、こうなります、という手本です。

さっちゃんが、
カエルやライオンやゴリラ、出会うものにこちょこちょすると、
みんな笑ってしあわせです。
さらには、オバケやバスやビルディングまで!

あれれ、この先どうなるんだろう?と思わせておいて、
ちゃんと伏線をはってあったので、
はじめて読んだとき、「やられた!」っと思いました。
ホントです。

さらにさらに、裏表紙までこころにくい配慮がされていて、
まるで1本の(アニメ)映画のようです。
そんな理屈を考えなくても、
とにかく絵が可愛いので、娘のお気に入りの1冊です。

同リシーズで全3冊なようなので、
好評につき他の2冊も購入したいと思っております。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい え!?この曲も英語??  掲載日:2009/5/19
えいご どうよう うたのえほん
えいご どうよう うたのえほん 出版社: 永岡書店
永岡書店のどうよううたえほんをプレゼントしてもらい、
娘(というか親)に大好評だったので、2を購入し、
さらに同シリーズを探して、えいご版まで購入してしまいました(笑)
もちろん、英語になじんで、ひょっとしたら、
英語好きになってくれれば、なんてゆう打算的な親バカ精神も
ありましたが。

曲数は、1,2と同様に16曲収録されておりますが、
ぜんぶ英語です!(当然ですが)

でも、ご安心ください。
カタカナのふりがなと、
訳および日本語歌詞もちゃんとありますので(汗)

ABCソングをはじめ、ロンドン橋落ちたや
トゥインクルトゥインクルリトルスター、といった
英語の一番基本的な歌はもちろん、
ぶんぶんぶん、やおもちゃのちゃちゃちゃといった童謡も。

あれ??これって英語の歌だったんだ、と思ったら、
日本の童謡を英語版にしたものでした(苦笑)

ちなみに親子でいちばんのお気に入りは、
「ポーキー・ポーキー」という曲でこの本ではじめて
知った歌なのですが、とってもノリがよく、
娘も大好きです!!

もし、どうよううたの絵本1,2をお買いもとめのかたは、
3冊めとして、えいご版をオススメします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カラオケもついておとく  掲載日:2009/5/19
どうよううたのえほん2
どうよううたのえほん2 出版社: 永岡書店
最近の絵本はすごい!!
ICチップ搭載で、ワンボタンで16曲ものどうようの
が楽しめます。また、ボタンひとつでおなじくカラオケも…

ただし、歌はすべて1番のみですので、
親子で楽しむときは、カラオケにして親子でフルに
歌うことをお勧めします。
また、ちょっと音が大きいので(調整ができません)、
我が家では、スピーカー部分にセロテープを貼って
消音効果にしております。
もちろん、十分にお楽しみいただけると思います。

あと、版権の関係か、アンパンマンマーチが収録されて
おりますが、オリジナルの歌ではなく、また
アンパンマンの絵はありませんので。

ちなみに、同じ永岡書店からどうめいの1をプレゼント
され、娘がおおよろこびだったので、2を購入しました。

1、2と合わせて32曲でおたしみください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これぞ0歳児向絵本の王道  掲載日:2009/5/18
赤ちゃん絵本セット
赤ちゃん絵本セット 作・絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室
カラフルでシンプルなイラストで、
自然、生き物、乗り物、生活の4冊がセットになった
まさに0歳児のためのファースト絵本です。

紙質はハードでコーティングされいるので、
なめても、なげても、へっちゃらです。
しかも手のひらサイズですので、お出かけ時にも
じゃまにならず、本自体がオモチャに早変わり。

娘はナゼか、「せいかつ」編が一番お気に入りのようで
くつしたやパンツに喜んでます。
親として読みやすいのは、
「いきもの」編や「のりもの」編なのですが…。
(ニャアニャアとか、ブーブーとか擬音を入れられるので。)

まあ、
大人の視点では、中には「ん?」と首をかしげたくなる
ようなセレクト、図柄もあるることはあるのですけども…。
(ネコが可愛くないとか、飛行機がヘンとか(笑)

とはいえ、娘的には、どの本も喜んで遊んでくれてます。
(ん?)
参考になりました。 0人

21件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • 木のうた
    木のうた
    作・絵:イエラ・マリ 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    文字なし絵本の傑作イエラ・マリの知識絵本

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中