しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とまちさんの公開ページ

とまちさんのプロフィール

ママ・30代・東京都

とまちさんの声

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 親子で大好きな本です!  掲載日:2012/12/28
あれこれ たまご
あれこれ たまご 作: とりやま みゆき
絵: 中の滋

出版社: 福音館書店
スーパーの特売で売られている、関西弁の「しゃべり」な卵たちがいろんなお料理に変身するお話です。
「しゃべり」な卵たちの会話や卵料理の手順などが娘のツボにハマったようでお気に入りの一冊です。
関西出身の私自身は関西弁で読めるのが心地よく何度も読みたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんなパン!  掲載日:2012/2/21
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
以前から娘はこの本が好きだったようですが、(とにかく食べ物が出てくる本は好きな子です・・・)久しぶりに図書館で借りました。

お話は割と長いので3歳の頃は、ぱらぱらとめくっていって、パンが見開きいっぱいに描かれているページを眺めるという感じでした。

4歳になった今は、お話も最初から最後まで聞いていて、だいたい理解している様子。
もちろんパンいっぱいのページは大好きですが、
勘違いした消防車や救急車や警察が駆けつける場面で毎回大爆笑しています。

久しぶりに読んで私自身も気に入ったのでこちらで購入しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 字がない絵本  掲載日:2012/2/21
ゆきだるま
ゆきだるま 作・絵: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
字がない絵本ですが、絵をみながらお話をつくって読んであげました。
娘も自分で本を開き、適当にお話を作って読んでます。
当たり前ですが毎回少しずつ違うお話になる訳で・・・それが面白い!
字がないがゆえ?なのか、絵がとっても繊細できれいなので、
静かに眺めているもまた楽しいです。

ラストは少し悲しいですが、これも現実・・・と娘は理解していたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキ感!  掲載日:2012/1/31
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
みいちゃんの「はじめてのおつかい」の様子がリアルに描かれています。
こどもにとって「はじめてのおつかい」は大冒険!
そのドキドキ感が伝わってくるのか、娘も夢中になって聞いてます。とっても気に入っています。
この本を読んで娘は、自分もいつかするかもしれない「はじめてのおつかい」にあこがれを抱いたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそう!  掲載日:2012/1/16
あっちゃんあがつく たべものあいうえお
あっちゃんあがつく たべものあいうえお 原案: みね よう
作: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
図書館で娘が見つけ、何度も何度も借りるので購入しました。
最初はひらがなにはほとんど興味がなく、食いしん坊の娘は「食べ物の本」として楽しんでいたようですが、ひらがなに興味を持ち始めると、ひらがなを覚えるのにも役立ちました。
食べ物のイラストがとってもおいしそうで、私が一緒に読んでいても楽しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんなお風呂  掲載日:2011/3/14
ぼくのおふろ
ぼくのおふろ 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
お風呂乗って空を飛ぶ大冒険!
ユニークなお風呂がたくさん出てくるので、
娘と「ママはどのお風呂に入りたい?」「私は○○風呂がいいの。」
などと会話しながら読んだり、
お風呂の栓泥棒のもじゃもじゃ頭のサングラスを探したり…と、
楽しい本です。

3歳の娘はかなり気に入ったようで、
図書館から借りている間ずっと、一日に何度も読みました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒につくろう♪  掲載日:2011/3/11
サンドイッチ サンドイッチ
サンドイッチ サンドイッチ 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
食べることが大好きな2歳の娘が自分でこの本を選んできました。
絵がリアルでとっても美味しそう!
リズムもよく、何度か読み聞かせるうちに自分で声を出して読めるようになりました。
実際に娘とサンドイッチを作るときも、この本のフレーズを真似したりして、一緒に楽しめるので良い本に出会ったなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心温まります。  掲載日:2010/1/12
おうちへかえろ
おうちへかえろ 作: 三浦 太郎
出版社: 童心社
繰り返されるフレーズと、動物たちが帰っていく色んな形のおうちが楽しいようで、娘は気に入ってます。
娘はこの絵本で手をつなぐということを覚えたようで、「おてて、つない」と最近言うようになりました。

お友達がみんな帰ってしまって「わたし」がひとりぼっちになってしまったあと、お月様と手をつないで帰るところ、
そしてそれぞれが帰るお家にはお父さん・お母さんが待っていてくれるところなど、心が温まり、私も気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しそう☆  掲載日:2010/1/12
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
まもなく2歳になる娘が最近一番好きな本です。
ほぼ暗記しているようで自分でも声に出して読みます。
ホットケーキを焼くページの描写はリアルで、ケーキが焼けるいい香りがしてきそうです。
もう少し大きくなったら、この本を見ながら娘と一緒にホットケーキを焼きたいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 定番ですね  掲載日:2009/5/14
ちいさなうさこちゃん
ちいさなうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
娘にとって最初の絵本。

生後1ヶ月頃から、何度も読み聞かせているので、
私は暗記してしまいました。
丁寧な言葉で、優しい語りが好きです。

色がはっきりしているので、1ヵ月の赤ちゃんでもじーっと見ていました。
その後他にも絵本を買い足したこともあって、しばらく遠ざかっていたのですが、
1歳3ヶ月になった最近は自分で本棚から引っ張ってきて、めくっています。
なぜかお庭にお家が建っている絵がお気に入りのようです。
参考になりました。 0人

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット