たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

とまるさんの公開ページ

とまるさんのプロフィール

ママ・30代・福岡県

とまるさんの声

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい あの時の自分に送りたい  掲載日:2013/3/12
今日
今日 訳: 伊藤比呂美
画: 下田昌克

出版社: 福音館書店
この詩を読んでまるで自分のことを言われているかと思いました。

子供が0歳児の時、引っ越した先で親しい友人もなく一人で子育てをしていました。
そして、よく思っていました。

「今日一日なにをしていたんだろう…」

抱っこで寝ても、ベッドに置いたら泣く娘。夜の授乳で疲れ果て掃除機をかける気力もなかった、あの時の、育児に悩み疲れていた自分に送りたい詩です。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 間違いさがし  掲載日:2012/12/5
どっちがへん? スペシャル
どっちがへん? スペシャル 作: いわい としお
出版社: 紀伊国屋書店
簡単に言うと間違いさがしの絵本。

見ただけでわかるぐらいのレベルの間違いだけど、それがおかしすぎ!!

娘と「なんで〜」と言いながら大笑いで読みました。

後半は、1ページに何個もへんなところがあるし、ボリュームたっぷりで、満足のいく絵本です。

ちなみに2歳の娘は、間違いがわからず、見当違いのところを指さしていましたが、私と6歳のお姉ちゃんがゲラゲラ笑っているのにつられて、一緒に笑っていました。
きっと、これから分かりだしていくと思うので、小さい子はそれも楽しみの絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙なしでは、よめません  掲載日:2012/12/4
ひまわりの おか
ひまわりの おか 文: ひまわりをうえた八人のお母さん 葉方 丹
絵: 松成 真理子

出版社: 岩崎書店
本屋で何気にとった本。

読みだしたら涙が止まらず、本屋で号泣。このレビューを書きながらも泣いてます。

いつの間にか月日が過ぎていき、忘れてしまいそうになるあの震災。

たくさんの尊い命が失われたこと、絶対に忘れてはいけないと再確認させられました。

お母さんたちの後書きもとても心にしみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 間違いさがし!?  掲載日:2012/4/26
ようちえんがばけますよ
ようちえんがばけますよ 文: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男

出版社: くもん出版
ばけますよ ばけますよ ようちえんがばけますよ…
そう唱えるたびに、幼稚園が化けていきます。というか人も鳥も描かれているものが何かに化けていきます。

ページをめくるたびに、次々現れるおかしな幼稚園。
最後は元通り。のはずが、どこかが違う。
読み終わっても、何度も楽しめる不思議な絵本です。

立ち読みのはずが、じっくりみたくて買ってしまった一冊です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 理想のパパ  掲載日:2012/4/25
あたし、パパとけっこんする!
あたし、パパとけっこんする! 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
試し読みで読ませてもらいました。

うちはパパというより父ちゃん&九州男児!!という感じなので、このパパとは真逆かな(笑)大好きなパパがここまでしてくれたら嬉しいでしょうね。

娘に読むと「自分にも同じ事をして!!」と絶対に言いそうなので読ませられません(^_^;)
でも、ドレス選びのページなど楽しいと思います。

参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 絵がステキ  掲載日:2011/3/8
だるまさんの
だるまさんの 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
だるまさんのめがね姿、なかなか良いですよね。

見ているだけで、心が温かくなるような絵本です。

文字も少ないので子供が自分で読みやすいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 共演がかわいい!  掲載日:2011/3/8
だるまさんと
だるまさんと 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
だるまさんシリーズの3作目

だるまさんと他のくだものたちの共演がとても可愛いです。

でも、やっぱり1作目の印象が強いので「だるまさんが」が
大好きな私には物足りない気がします。

子供たちは、3冊セットで読んでもらうのが好きみたいです。

短い絵本なので小さい子には特にお勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1歳児のこころをわしづかみ  掲載日:2011/3/8
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
4歳と1歳2ヶ月の娘に読みました。

姉のほうは、文句なしに笑い転げ、妹のほうも絵本を自分で持ってきてせがむようになりました。

「だるまさんが…」の繰り返しなので4歳児にも読みやすく、姉が妹に読んであげたりもしています。

何回読んでも、面白い本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 満足できる量です。  掲載日:2011/3/8
なかよし・ぶっく ハートフル特大号
なかよし・ぶっく ハートフル特大号 出版社: サンリオ
こどもがあっという間にワークブックを終らせてしまうので、困っていたところ、この本に出会いました。

シールを貼るワークがたくさんあるので、飽きずに楽しんでやっていました。
この金額でこれだけの内容があれば充分だと思います。

他の会社のワークに比べると安い分、紙質が落ちるのでしょうが、私は学校のプリントのような紙が書きやすく、消しやすいので好きです。

カラーではないので、塗り絵感覚で色をつけたりも出来ます。

問題の難しさは、それぞれなので書きませんが、量は満足です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばさんもステキ  掲載日:2011/3/8
どろんこのおともだち
どろんこのおともだち 作・絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本友美子

出版社: ほるぷ出版
女の子なのに外遊びが大好きな主人公。
そんな主人公が素敵なお人形をもらいます。
きれいなお洋服にきれいな髪形をしていても、一緒に遊ぶなら、やっぱり外遊び。泥んこ遊びに木登り。最後は、素敵なお人形もぼろぼろ。

でも、家の中できれいに扱うこと=大切にしてる。ではないんですよね。
外見は、ぼろぼろになってしまっても、主人公にとっては、それは一緒に仲良く遊んだ証。
お人形が本当に友達になっていく様子が感じ取れました。

お人形をくれたおばさんもステキな人だと思いました。

4歳の女の子もとても引き込まれる絵本です。
参考になりました。 0人

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット