もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おうさまさんの公開ページ

おうさまさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子8歳

おうさまさんの声

466件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お気に入りの一冊  掲載日:2016/5/17
りんごかもしれない
りんごかもしれない 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
ヨシタケシンスケさんの本は面白い。親子ともはまっています。
りんごひとつからのいろいろな発想。その想像力。
とぼけた絵、ぼくがそれにぴたりとはまっています。
あんご、いんご、うんご、えんご、おんご、、、、
や、りんごのいろいろな髪型?がずらりのページは子どものお気に入り。
ふざけ心も半端にしない。しっかりとことん面白い。

おすすめです。
ヨシタケシンスケさんの本、制覇したいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほっこり  掲載日:2016/1/18
しらないいぬがついてきた
しらないいぬがついてきた 作・絵: 小林 与志
出版社: 鈴木出版
「表紙の男の子の顔がかわいかったから。」という理由で息子が借りてきた絵本。
最近は自然の本、写真が載ってるような本や、お話ものの児童書を読むことが多くなっていたので、絵本が新鮮でした。しかもかわいらしい。
子どもが言ったように、本当に男の子がかわいらしい。そしてわんちゃんも素敵。野良犬なんて感じではなくて、おしゃれなわんちゃん。
そんな男の子とわんちゃん。読んでいて、ほっこりと優しい気持ちになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 迫力満点  掲載日:2015/9/1
ほんとのおおきさ恐竜博
ほんとのおおきさ恐竜博 監修: 真鍋 真
出版社: 学研
ほんとのおおきさシリーズ大好きです。
恐竜はもちろん写真ではないですが、迫力満点に本いっぱいに恐竜の姿があります。
恐竜のいた世界を想像しながら、ページをめくっていきました。
図鑑ほど詳しくはないですが、いろいろな角度から恐竜を解説してあり新たな発見がいっぱいありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じっくり楽しめる  掲載日:2015/8/19
続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ
続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
「時の迷路」を楽しんで読んでいたので、こちらも購入。
簡単な迷路、難しい迷路、隠し絵、クイズ。。。同じページで何通りも楽しめる優れものです。なかなか難しくてわからないのが、各ページ一つくらいあって、じっくりと楽しめました。
帰省中の本として選びましたが、電車の中や帰省先でのちょっとした時間にぴったりでした。まだまだ楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いしがいっぱい  掲載日:2015/8/2
いしのはなし
いしのはなし 文: ダイアナ・アストン
絵: シルビア・ロング
訳: 千葉 茂樹

出版社: ほるぷ出版
石や宝石に興味がある息子が借りてきました。
まず表紙の石がきれいでなんとも神秘的。

石のいろいろな種類やその断面図。石の使い方、石で作られたもの、石のアート。
いろんな角度から石について描かれています。絵が美しいです。写真じゃなくて絵なのもいいです。石がずらり載ってるページがやっぱり一番好きかな。ずっと見ていたいです。

見ていて楽しい。そして石について学べる素敵な本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オタマジャクシの成長  掲載日:2015/7/17
うまれたよ!オタマジャクシ
うまれたよ!オタマジャクシ 著: 関慎太郎 小杉 みのり
出版社: 岩崎書店
すごいです、オタマジャクシ。
オタマジャクシが卵から生まれ、泳ぎ、足が生え、カエルへと成長する。わかってはいたけれど、こんなにまじまじと写真で鮮明に見ることができると改めて、生き物の不思議、驚きの発見があります。
カエルはまだまだ見かけることがあるけれど、オタマジャクシはなかなか見つけることができません。この本でオタマジャクシをなんか宇宙人みたいな、なんとも不思議な生き物だなあと思います。生まれたときと成長して時(カエル)がこんなにも違う生き物ってやっぱりおもしろいなと感じます。
この うまれたよ!シリーズが他にもあるようなので読んでみたいと思いました。
写真も素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 久しぶりに呪われたー  掲載日:2015/7/15
算数の呪い
算数の呪い 作: ジョン・シェスカ
絵: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: 小峰書店
算数・数学ってやり出したら本当に数字で頭がぐるぐるー。
小さい頃は計算が得意だったけれど、大きくなるにつれて計算がどんどんむずかしくなって、ちんぷんかんぷんのわからんちんになっていった学生時代を思い出してしまいました。
うちの6歳の子どもは足し算は得意で2桁3桁もできちゃったのに、引き算になったとたんちんぷんかんぷん。簡単なのもびっくりするくらいわからない。この本読んだらますます呪われちゃうかな?
引き算も楽勝ー算数楽しいーって思いはじめた時に一緒に読もうかな?

でも、算数の呪い、かかってみると意外と楽しいものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スターウォーズ好きに  掲載日:2015/5/26
スター・ウォーズ ビジュアル大事典 ジェダイの謎全解明
スター・ウォーズ ビジュアル大事典 ジェダイの謎全解明 編: シャリー・ラスト
訳: 上杉 隼人  杉山 まどか

出版社: 講談社
スターウォーズにはまりまくっている息子へのプレゼント。
この本ならわかりやすく、子どもだけでも読めるのでよいです。
お気に入りはライトセーバーのページ。熱心に研究しています。
エピソード7の公開を、この本を読みながら楽しみに待っています。
表紙のヨーダもなかなか素敵。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うさんごろ強い  掲載日:2014/12/31
うさんごろとおばけ
うさんごろとおばけ 作・絵: 瀬名恵子
出版社: グランまま社
おばけ、妖怪大好き。せなけいこさんのおばけの本も、子どもが小さい頃からよく読んでいました。最近、長いお話も読むので児童書コーナーで本を探していたら、せなけいこさんの本を発見。おなじみのおばけ、うさぎ。わくわくしました。
絵本同様。味のあるおばけたちが続々。お話も分かれていて読みやすかったです。
うさんごろの呪文?念仏?が息子はお気に入り。
うさんごろのたくましいこと、強いこと。
とても愉快なおばけ本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愉快なお話  掲載日:2014/12/18
ちょびひげらいおん
ちょびひげらいおん 作・絵: 長 新太
出版社: あかね書房
ライオンはかっこよくって、ちょっと怖い?
この本に出てくるライオンはちょーっと違います。
長ーい長いひげをもったライオン。その長ーいひげのおかげで、いろんなことがおきちゃいます。
ライオンは思いきってちょびひげに。。
ちょっと変でだいぶおかしな愉快なお話です。
子どものお気に入りの一冊です。
参考になりました。 0人

466件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット