メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

のりりん☆さんの公開ページ

のりりん☆さんのプロフィール

ママ・40代・三重県

のりりん☆さんの声

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい あたたかい絵本  掲載日:2017/10/28
ことりのピチコ
ことりのピチコ 作・絵: どい かや
出版社: 学研
まず絵が可愛いです。
ことりのピチコのつぶらな瞳がなんとも言えません。
ピチコに初めてできたお友達の女の子がミチコ。
ピチコとミチコ、一字違いの二人?の交流に
心が温かくなります。
寒い冬にオススメの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 盛り沢山  掲載日:2017/10/27
いのちのたべもの
いのちのたべもの 文: 中川 ひろたか
絵: 加藤 休ミ

出版社: おむすび舎
子供にも読みましたし、
小学校低学年向けの読み聞かせにも使いました。
内容も盛り沢山!
スーパーでの食材の分類から
添加物のこと、食育とさまざま。
最後は地球規模の話まで出てきて
とても勉強になる絵本だと思います。
文章も読みやすく、わかりやすい。
オススメの一冊です。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う うさぎなんた、、、  掲載日:2017/6/19
おれさまのもり
おれさまのもり 出版社: エムオン・エンタテインメント
主人公のおれさま、、、うさぎなんですね(^^;
耳が短いので表紙では犬かと思いました。
おじいさん、かわいそうに思って
寝ているおれさまを森から勝手に連れて帰ってしまうところに
少しもやもや、、、。
そして、おれさまが友達のみにみにに会いたいって
森に帰りたがってるなら、おじいさん、せめて森まで送り届けてあげようよ。
家の前で見送りって、、、案の定、おれさま迷子になっちゃいました。
運良く紛れ込んだトラックで無事に帰れたからいいけど。
おれさま、無事に友達のみにみにに会えたけど
みにみにがおれさま不在の間に届けた大量のパン!
そのまま食べたけど、傷んでないのかな?とか考えてしまいました。
最後はハッピーエンドで良かった良かった。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 怖いです  掲載日:2017/6/14
しにがみさん
しにがみさん 作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治

出版社: 教育画劇
小学3年生の子供に読もうと図書館で借りて
私が先に読みました。
古典落語なのかな?聞いたことある話。
でも、最後にろうそくの火が消えてしまうところが
何とも言えず怖い。
ちょっと子供にはまだ早い内容。。。
というかわざわざ怖い話を読む必要はないかと思い
読むのやめちゃいました。
個人的にはちょっと怖いです。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない うーん。。。  掲載日:2017/6/9
ゼラルダと人喰い鬼
ゼラルダと人喰い鬼 作: トミー・ウンゲラー
絵: トミー・ウンゲラー
訳: 田村 隆一 麻生 九美

出版社: 評論社
読み聞かせに良いと聞いて子供に読みました。
確かに最後はハッピーエンドでめでたしめでたし
なのですが・・・。
冒頭では人喰い鬼は子供をつかまえて食べています。
その描写がどうも私は苦手でした。
子供を食べるというのはやはり受け付けられないです。
個人的にはちょっとモヤモヤが残る絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 良すぎる  掲載日:2017/5/15
チュンタの あしあと
チュンタの あしあと 作・絵: おくはら ゆめ
出版社: あかね書房
図書館で絵を見て、可愛らしくてなんとなく選んだ絵本。
スズメのチュンタ目線で書かれている
チュンタが間借りしている家に住んでいる
おばあさんとの心温まる交流。
読んだ後、なんとも言えないほっこりした気分にさせられます。
最初にくらべて、チュンタとおばあさんの距離がちょっと縮まって
いるのも可愛いです。
自信をもっておすすめできる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がとても綺麗  掲載日:2017/4/20
えんとつ町のプペル
えんとつ町のプペル 著: にしのあきひろ
出版社: 幻冬舎
絵がとても綺麗です。
まるで映画を観ているようです。
このまま映像にすぐできそうな感じです。
ストーリーも素敵で感動しました。
日本語に全部英訳がついてるのがすごい。
色々賛否両論ある絵本ですが、
私はおすすめできる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心温まる本です  掲載日:2017/3/22
クローバーのくれたなかなおり
クローバーのくれたなかなおり 作・絵: 仁科 幸子
出版社: フレーベル館
ケンカをしてしまってお互いなかなか謝れない二匹。
四つ葉のクローバーを見つけたほうが
先に相手に謝らせることができると
四つ葉のクローバーを必死にさがす二匹。
結局四つ葉のクローバーは見つからず
おまけに猫が現れて大ピンチ。
うまく逃げられた二匹はお互いに「ごめんね」
最後はうまく仲直りできてほっ。
ケンカしてなかなか謝れない心理もよく描かれていて
とても良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春が待ち遠しくなる  掲載日:2017/3/22
はるがきた
はるがきた 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: こみや ゆう

出版社: 主婦の友社
春が来ないから街に色がない。
皆で街中、ペンキで色々なところに
色を付けていきます。
しかし雨が降ってせっかくの色が落ちてしまう。
でもそれをきっかけに街中春が目覚め
色づいていきます。
春が来るのが待ち遠しくなる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゆきだるまがキラキラ  掲載日:2017/3/22
ともだちはゆきだるまくん
ともだちはゆきだるまくん 作: キャサリン・ウォルターズ
絵: アリソン・エッジソン
訳: ゆり よう子

出版社: ひさかたチャイルド
絵本に出てくるゆきだるま、装飾でキラキラしていて
とてもきれいです。
うさぎの子もイラストがかわいいです。
迷子になってしまったうさぎの子。
それを助けてくれたのはゆきだるまくんでした。
お話もとてもほっこりして、温かい気持ちになります。
おすすめの一冊です。
参考になりました。 0人

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット