すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

もぐもぐもぐもぐさんの公開ページ

もぐもぐもぐもぐさんのプロフィール

ママ・30代・島根県、男の子8歳 男の子5歳 女の子2歳

もぐもぐもぐもぐさんの声

2315件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こんなに面白いとは  掲載日:2017/5/22
大どろぼうホッツェンプロッツ
大どろぼうホッツェンプロッツ 作: プロイスラー
訳: 中村 浩三

出版社: 偕成社
長いので毎日2章づつ読み聞かせていました。わくわくして、ぞくっとして、笑って、楽しくて、本当に楽しい本です。絵が少ししかないのですが、文章が面白くて次々読みたくなってしまいます。子どもたちも続きを読んで読んでといっていますし、つづく、、と次の日に読んでも、覚えているんですよね。やはり名作というだけあって、読ませますね。飽きません。最高です。いろいろな要素が入り込んでいて、素晴らしい★
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がいきいきしていますね  掲載日:2017/5/9
ブーツをはいたキティのおはなし
ブーツをはいたキティのおはなし 作: ビアトリクス・ポター
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 松岡ハリス佑子

出版社: 静山社
「ピーターラビット」の作者というと、パッと思い浮かぶあの精密な丁寧に描かれた絵ですよね。こちらの絵はそれとはちがって、とても生き生きしていて、勢いがあって、このお話のわくわくと同じでとってもいいなとおもいました。やっぱり動物たちの姿が、単なるキャラクターでおわらない描写は素晴らしいなと思いました。あったかくなるんですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 説明はいらない  掲載日:2017/5/9
桃太郎が語る桃太郎
桃太郎が語る桃太郎 絵: 岡村優太
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
桃太郎から見たおじいさん、おにたち、黍団子をもつ手、、こちら側から見たらこんな感じなのね、なんだか新鮮でした。しかしながら、さいごの数ページは不必要です。こんなこと書いちゃったら、子どもたちは気持ちが覚めてしまうんですよね。ああ面白かった。これでいいんだと思います。絵も面白いし読みやすくていいと思うので、説明はせずに色々なお話を読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 短編としての魅力  掲載日:2017/5/9
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 作: モーリス・ルブラン
訳: 平岡 敦
絵: ヨシタケシンスケ

出版社: 理論社
気合を入れて読みたい本だと子供たちはなかなか手にしてくれない。しかしこれは短編集なので、とても読みやすい。しかもこの表紙の絵がハードルを下げてくれているような気がする。手に取りやすいというは本にとって一番最初の難関ですよね。ああ、このヨシタケさんのルパンなら読めるかもって思っちゃいます。読み始めたらどんどん気になって読んでしまいます。大人でも読みたくなる。長編もいいけれど短編の魅力を感じました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 感情移入しにくい  掲載日:2017/5/8
ぼくのなかのほんとう
ぼくのなかのほんとう 作: パトリシア・マクラクラン
訳: 若林千鶴
絵: たるいし まこ

出版社: リーブル
心をテーマにした本だと思います。しかしバイオリンなどの音楽家、、というところあたりから、感情移入しにくいというか、すでにスタートから特別な家庭なので、じぶんの心をすり合わせる箇所が少ないかなと感じました。子どもならなおさら、同じように悩んだり考えたりいろんな気持ちに発見することが大切ですが、、どうなんでしょう。すこし読み進めるには難しいかなと思ったりもしました。わくわくして読みたい、という本より、いろいろ思いをめぐらせながら読む本かしら。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う びっけと一緒に  掲載日:2017/5/8
小さなバイキングビッケ
小さなバイキングビッケ 作: ルーネル・ヨンソン
絵: エーヴェット・カールソン
訳: 石渡 利康

出版社: 評論社
ビッケって本当にさらっとしているこの絵が印象的でした。荒くれ物のバイキングたちとやりあおうっていうんだから、もっとすごみのある絵でもいいでしょ。でもこれがいいんです。愛らしくて、すっとしていて。頭を使ってやっつけるというのが面白くて痛快なんですよね。こういう戦い方っていうのは昔の絵本にはよくある。とんちのような。でも今の子どもたちはこういう子が少ないから読んでほしいと思いました。じっくり考えたりする時間がないのかも。頭で考えるって素敵だなと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 3日ねても治らない傷もある  掲載日:2017/4/26
あいててて
あいててて 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
このシリーズはどうなんでしょう。どこが面白いのかわかりませんが、ひょいとよける子と当たってしまう子の交互にあったりするとおもしろかったのかな。あれこれあてられているのに、三日もすればなおります、というひとことでおわるのもどうかな。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 大人向け  掲載日:2017/4/26
あ、ひょい
あ、ひょい 作: タナカ カツキ
出版社: パルコ出版
子供向けではないかな。雑誌の中で連載してある感じだとおもしろいかなとおもいますが、わざわざ本を買ってまで読もうというかんじではないきがします。なんでもよけてしまう少年の焦らない表情など、面白みはあるのですが、どうなんだろう。。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入り  掲載日:2017/4/26
えんにち
えんにち 作: 五十嵐 豊子
出版社: 福音館書店
我が子たちのお気に入りの本でした。絵だけなので想像しながらすすんでいきます。お店が昔の物なのでいまのお祭りにはないものだらけ。これなんだろう、とか、これなんて書いてあるの、とか考えながら読みます。たしかにむかしは子どもだけでお金をもってお祭りに行っていたなとしみじみかんじました。いまは危なくてできないkれど、地域のお祭りという感じが出ていていです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 迫力があります  掲載日:2017/4/25
じんべえざめ
じんべえざめ 作・絵: 新宮 晋
出版社: 扶桑社
図鑑ではみたことがあるけれど、絵本では初めてです。じんべえざめの生態が分かりやすくてすてきなほんだなとおもいました。黒っぽい、暗っぽい印象があるので、少し怖いなと2歳の娘は言っていたけれどおにいちゃんたちは興味深そうに見ていました。すごい迫力ですよね。本当に泳いでいるような。
参考になりました。 0人

2315件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞

全ページためしよみ
年齢別絵本セット