たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日! たなばたウキウキねがいごとの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、七夕の知識も学べる!
りおらんらんさん 30代・ママ

ちょっと長かったかな
もうすぐ七夕なので、4歳の娘に借りてき…

もぐもぐもぐもぐさんの公開ページ

もぐもぐもぐもぐさんのプロフィール

ママ・30代・島根県、男の子6歳 男の子3歳 女の子0歳

もぐもぐもぐもぐさんの声

1993件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 小部屋がほしいな  掲載日:2015/6/25
岩波少年文庫 天国を出ていく 本の小べや2
岩波少年文庫 天国を出ていく 本の小べや2 作: エリナー・ファージョン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
エリナー・ファージョン について読みたくなりました。読んだことない人もおすすめ、むしろ導入にいいということで読んでみました。
読みやすくてすぐに読んでしまいます。エリナー・ファージョン の世界や考えは何かを包んでいるようなあたたかさ、優しい眼差しを感じます。そして挿絵もすばらしい。本をよみふける子どもの絵なんて、いいですよね。本の小部屋という名前も素敵。こんな小部屋が欲しいです。
1をよんだので2も読んでみました。パワフルな冒険ものというかんじではなくて、本当に心の部分がゆっくり静かに動き出すような感じの文章だなとおもいました。子どもが大きくなったときに読んでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 村の子ども立ち  掲載日:2015/6/25
岩波少年文庫 やかまし村の春・夏・秋・冬
岩波少年文庫 やかまし村の春・夏・秋・冬 作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 大塚 勇三

出版社: 岩波書店
このやかまし村シリーズが好きで読んでいます。
小さな村に子どもが少ししかいないんです。
だからみんな兄弟みたいに仲良く、時にけんかしたり、
そうやって触れ合って生きています。外で跳ねまわったり冒険したり、
大人のかかわりもあるんですが、駄目、とか口うるさい感じではなく
みんな子どもを見つめる視線が優しい。こんなに元気に過ごせるっていいですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すごい  掲載日:2015/6/24
UFOのつくりかた
UFOのつくりかた 作: 中垣 ゆたか
出版社: 偕成社
細かい絵の中にたくさん人がいて
それぞれ何をしているか見ていると目が痛くなる!
でもこどもはこういうの大好き
一ページをじーーーとみています。
ココの人は、ココの人は、と指さしながら
じっくりとみています。
読み聞かせしているとたびたびストップするくらい
一ページが濃いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読みやすい  掲載日:2015/6/24
岩波少年文庫 ムギと王さま 本の小べや1
岩波少年文庫 ムギと王さま 本の小べや1 作: エリナー・ファージョン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
エリナー・ファージョン について読みたくなりました。読んだことない人もおすすめ、むしろ導入にいいということで読んでみました。
読みやすくてすぐに読んでしまいます。エリナー・ファージョン の世界や考えは何かを包んでいるようなあたたかさ、優しい眼差しを感じます。そして挿絵もすばらしい。本をよみふける子どもの絵なんて、いいですよね。本の小部屋という名前も素敵。こんな小部屋が欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う へび  掲載日:2015/6/24
王さまレストラン
王さまレストラン 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
さあたべろ、おいしいぞ、
と強気でいうコックさんになった王様。
このセリフが可笑しくて、兄弟で口真似していました。
やっぱり滅茶苦茶なレストランになってしまいますよね。
卵からうさぎがでてくる発想にびっくりです。
しかもヘビカツだなんて怖いですねー。
最後はほっとひとあんしん。
順序良くやればできる、って本当ですよね。
最初からそうやってほしいものです。
ドキドキのレストラン行ってみたいな。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 漫画のような  掲載日:2015/6/19
パティシエのモンスター
パティシエのモンスター 作: かわむら げんき
絵: サカモト リョウ

出版社: マガジンハウス
漫画のようなイラストでした。ストーリーはちょっと無理があるというか力技なかんじがしました。モンスターたちの性格とかがもっとわかるとおもしろいかもしれません。粉屋さんで真っ白け、になるのも、急な展開のような気がして、もうすこし物語の背景があるとモンスターたちに感情移入できるのかなと思いました。好き嫌いが分かれるのでしょうか。ケーキ作りのパテイシエの部分とモンスターという部分、もっともっと深く知りたかったな。二つの関係があっさりとしていたような印象を受けました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はちゃめちゃ  掲載日:2015/6/19
たまごがいっぱい
たまごがいっぱい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
またしてもはちゃめちゃな王様です。
テレビの前で宣言してしまうし困ってしまいますね。
でもフライパンやにわとりたちの逆襲?にあって
さすがの王様もおとなしくなりました。
でもまたなにかやらかすのかも?
みんなでわけてたべるのがいちばんいいのにねーと子どもも言っています
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 頭を使う  掲載日:2015/6/19
算数の呪い
算数の呪い 作: ジョン・シェスカ
絵: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: 小峰書店
この本は本当に頭を使います。
ちょっと読み聞かせしようとしたら大変です。
文章も長いし数字も出てくるしクイズもあるけど
普通の質問ではなくて
どれがほんとでどれがどうか分からなくなるんです。
でも数字の世界に入り込んでしまったんだから
解かなきゃいけませんよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シールいっぱい  掲載日:2015/6/17
わんぱく・ぶっく ドルチェの号
わんぱく・ぶっく ドルチェの号 出版社: サンリオ
平仮名や数字のページはむつかしいけれどシール貼りや工作は一緒にすればたのしめます。ノートに貼らず好きな場所やおてがみにはるのもいいし、白黒のページはぬりえにしたり。大好きな本です。シールのりょうがさいこうですね。女の子ではないけど気に入っています。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う いばりんぼう  掲載日:2015/6/17
王さまめいたんてい
王さまめいたんてい 原作: 寺村 輝夫
構成・絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
いばりんぼうでちょっとクセのある王様。
周りの人は困りますが王様だから言えない事も多い。
今回もあれまあということばかりするのですが
なんとなくおちゃめねえ、と許してしまいます。。
勢いのある力強い絵が魅力ですね。
参考になりました。 0人

1993件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中