おいもさんがね・・ おいもさんがね・・ おいもさんがね・・の試し読みができます!
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
これからが食べごろ!おいもほりも楽しみだね。

もぐもぐもぐもぐさんの公開ページ

もぐもぐもぐもぐさんのプロフィール

ママ・30代・島根県、男の子6歳 男の子3歳 女の子0歳

もぐもぐもぐもぐさんの声

2023件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 笑顔が一番  掲載日:2015/9/3
わらう
わらう 作: さこ ももみ
出版社: 白泉社
赤ちゃん、こども、おとうさん、おかあさん、
おばけだって、まじょだって、、、動物だって
みんな笑顔が一番いいにきまってます。
面白くて声出してわははって笑えるってことが
一番すっきりしてうれしくてたのしいきもちになる。
文字も少なくて小さな子にも読みやすい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が好きです  掲載日:2015/8/26
うさぎ小学校
うさぎ小学校 作: アルベルト・ジクストゥス
絵: フリッツ・コッホ=ゴータ
訳: はたさわ ゆうこ

出版社: 徳間書店
来年小学生になるのでそれにちなんだ本を借りてみようかなとおもっていたら、絵がかきこんであって動きもあるし、学校で勉強する内容がうさぎさん用です。犬につかまらないように、とか、飛び方とか、でもそれが面白い。わたしもうさぎになりたいなーーーって子どもの素直な気持ちがはいっていますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  掲載日:2015/8/25
ものいうほね
ものいうほね 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
地味な感じの本ですが本当に面白いです。設定もいいし絵もいいしこどもにこびてないかんじがいいです。だって急に骨が話し始めるんです。可愛いお話でもない。だってこぶたちゃん、食べられそうになるんです。そして魔法の言葉で小さくなる。。。どれもこれも奇想天外だけど心ふるえます!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい模様  掲載日:2015/8/24
しろくまのパンツ
しろくまのパンツ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ブロンズ新社
いろんなパンツが登場します!ツペラさんの独特の色合いというか柄のチョイスが素敵ですよね!ただのポップとかカラフルというのではなくて、世界が広がるような。本当に面白さがつまっています。パンツってこどもにとって結構身近なものですよね。お兄ちゃん、お姉ちゃんになった!っていう感覚にもなるし。。トイレトレーニングしている次男がお気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なつかしい  掲載日:2015/8/24
MOE2015年9月号
MOE2015年9月号 出版社: 白泉社
世界名作劇場は懐かしいなと思えるものが多いです。作り方を見ているとその当時の作家のこだわりをかんじました。本気でとりくんでいるからこそ、のこるんでしょうね。子ども用だからというのではなく一つの作品としてつくりこんでいく姿方法が見れてよかったです。シールも懐かしい。付録がじゅうじつしているといいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さみしいけど強く  掲載日:2015/8/20
だいすきなパパへ
だいすきなパパへ 作: ジェシカ・バグリー
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
パパに届ける手作りのふね。だんだんと上手になってきて数も増えてきて、最後はもしかしてパパにとどくのかも、パパが帰ってくるのかも、なんてラストを想像していました。けれど、パパはいなくなったままでかわりません。どうやったって変えられない事実というものがあります。忘れることもできず、すてることもできない、受け入れるという苦しくてつらいこと、それでも、それをしなければ進むことはできないんです。心に刻まれるようなお話でした。母になった私は母の目線で読んでしまうので、うるうると泣きそうでした。母がいて子がいて、パパはいないけれど、でも互いの心は生き続けています。より強く、より深く。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちを考えて  掲載日:2015/8/19
どんなきもち?
どんなきもち? 作: ミース・ファン・ハウト
訳: ほんま ちひろ

出版社: 西村書店
絵に言葉がついているので小さな子にも楽しめると思いました。言葉をよまず、絵だけ見せて、それにあう言葉を考えてみようっていう取組があると面白いかもしれませんね。じっくりと絵を見て気持ちを考える勉強になるように思いました。どきん、しくしく、むねをはって、、など、いろいろな言葉を知るきっかけにもなりそう。素敵な本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 力強い絵  掲載日:2015/8/19
ともだちになろう
ともだちになろう 作: ミース・ファン・ハウト
訳: ほんま ちひろ

出版社: 西村書店
文章ではなくて言葉と絵の組み合わせですすんでいきます。絵の力がすごいですね。字の無い本みたいなかんじで、絵をじーーーくりみて考えるというのも面白い見方かもしれません。クレヨンとかひっかいた線とか、とてもそのくみあわせが斬新で私もじっくりみてしまいました。怪獣みたいな動物みたいな生き物の表情をみているのもおもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 集中する力  掲載日:2015/8/2
アンドルーのひみつきち
アンドルーのひみつきち 絵と文: ドリス・バーン
訳: 千葉 茂樹

出版社: 岩波書店
長男次男ともにこの本に夢中になり、購入してから毎日読んでいます。ひみつきちがたくさんでてきて、それぞれが自分の世界に熱中できる家なんです。親がだめといってしまうことだって本気で想い切りできます。でもやっぱりみんなも家が好き、家族が好きですよね。寂しくなって家にかえることになります。家族たちの喜んでいるページが本当にいいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねんねのおと、、  掲載日:2015/7/30
ねんねのおとがきこえるよ
ねんねのおとがきこえるよ 作: きたやまようこ
出版社: 白泉社
小さな子に眠る前に読むといいなと思いました。付録でついていたときからお気に入りです、みんなスリッパもお菓子の缶も顔がついていてねんねします。その、音に注目した本です。かわいいですよ。どんなこが、どんな音で眠っているかなと考えるのが面白いです。
参考になりました。 1人

2023件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ウラオモテヤマネコ』井上奈奈さんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
サイン本販売中