ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

マナカさんの公開ページ

マナカさんのプロフィール

ママ・30代・東京都

マナカさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 勉強になります  掲載日:2011/12/25
ひとふでがきどうぶつずかん
ひとふでがきどうぶつずかん 文: 中村牧江
絵: 林健造

出版社: チャイルド本社
お兄ちゃんは丁寧に絵本をなぞってひたすら練習。

妹は絵本を見ながら落書き帳に大胆にどんどん書いて、
さらに色もつけています。
個性的すぎて、元の絵とは全く似ていません!!

でも、やっぱり共通しているのは、
大好きな動物たちが描けて楽しいということ。
実物の写真からではなかなかできないですよね。

ことわり書きに「イメージを優先しているため、実物とは
必ずしも一致しない」的なことが書いてありますが、
特徴がよく描かれているので、本物よりも愛着がわきます。
一本の線でできるというのがすごいですね〜。

子供達にもイメージしやすいので、
名前とか覚えやすいかもしれませんね。

動物たちの説明もかわいくて、
気持ちがほっこりしました。

ちなみに私もペンギンにチャレンジしましたが、
微妙に変になってしまいました。
バランス、結構難しいですね。
がんばって練習しようと思います…。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うなります  掲載日:2011/2/2
どうぶつ どのみち いっぽんみち
どうぶつ どのみち いっぽんみち 作: 中村牧江
絵: 林健造

出版社: 大日本図書
とりあえず一言。
すごいなあ!

一筆でこんなにかけるんだなあ。
家も太陽も植物も動物も全部つながってる!

色使いもおりがみみたいでかわいい。

このお二人の本は、いつも読ませていただいてますが、
シンプルだけれど、奥が深い。
うーん、とうなります。

子供たちも指でなぞって
どこまでくのかなって遊んでいます。

最近、成長して物語が好きになってきたので
もう少しストーリーが長いと
もっとくいつきがいいかもしれません(^0^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心のビタミンです。  掲載日:2010/6/26
あおい木
あおい木 作: 中村牧江
絵: 林健造

出版社: ひさかたチャイルド
みどりやあおの淡くてやさしいトーンがとても美しく印象に残ります。

「ぼく」は鳥になり、魚になり、どこまでも自由に生きていける。

「ほく」のように、子供たちにも、いつまでも自由なこころを持って、
たくましく成長してもらいたいです。

私は、鳥がはばたいているシーンがとても好きになりました。
心が澄んでいくような、そんな気持ちになれるのです。

三歳の子供たちには、まだ少し難しかったみたいだけれど、
きれいな色使いや、かわいらしい鳥や魚がとても気に入ってくれたみたいです。

またいつか、もう少し大きくなったときに、もう一度読んであげたいと思う一冊です。
きっと、子供たちの心に、十分な栄養をあたえてくれることでしょう。

そして、少し心が疲れてしまった大人にも、とても勇気を与えてくれる本だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きょうだいでどうぞ!  掲載日:2009/10/6
ありさんどうぞ
ありさんどうぞ 作: 中村牧江
絵: 林健造

出版社: 大日本図書
数字を覚え始めたので、ありさんを一生懸命数えていました。
散歩の途中でありの巣をみつけると必ず立ち止まってみているので、行列してるありさんはどこまでいくのかなあと、わくわくしながら読んでいました。
絵もとてもかわいいです。最後のクッキーをみつけたところがお気に入りで、きょうだいみんなで「はい、どうぞ!」の練習をしています。とってもほほえましいです(^0^)
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット