にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

まめタンクさんの公開ページ

まめタンクさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女6歳

まめタンクさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供を授かったときの気持ちを思い出します  掲載日:2010/11/5
たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと
たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと 作・絵: サンドラ・ポワロ=シェリフ
訳: おーなり由子

出版社: 講談社
辻希美さんのブログのんピースで紹介されていました。
大人が読んでも素敵な絵本だと。
その通りだと思います。
おーなり由子さんの言葉は、何度読んでも心に響きます。
子供がおなかにいるとわかったとき、こんな風に母になる覚悟を決めたのだと、「私のおなかに宿ってくれてありがとう」と思ったのだと、そのときの気持ちを思い出しました。そして、いつも怒ってばかりいる自分を反省してしまいました・・・。
子供に読むと、自分がこんなに大切に思われて生まれてきたんだと、ちょっと照れくさそうに、でもこの本をきっかけに、生まれたときの話を何回もせがまれました。
子供を産む予定の友人に贈りたい絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 主人公のあやちゃんみたいに・・・  掲載日:2010/3/1
ことりようちえんのいちねんかん
ことりようちえんのいちねんかん 作: たかてら かよ
絵: 鴨下 潤

出版社: 講談社
4月から初めて幼稚園に通う娘のために買いました。
1日ではなく1年間なので、たくさんの行事が紹介されています。
幼稚園って、こういうことをするんだよと子どもに教えるにはいい絵本だと思います。
最初の読み聞かせでは、お話や次々に出てくる行事に注目してきいていた娘ですが、2回目からは、主人公のあやちゃんがどこにいるか?とか、他のクラスメートがなにをしているか?など細かく見ていました。何回か読み終わったあと、自分でもページを開いて見ていたので、もっと見たかったのかなあと思います。
いろいろな行事のなかには、「へえ〜、こんなことをするんだ」という内容もあり、親としても参考になりました。最後(1年後)に、ひとつ下の女の子にやさしくしてあげているあやちゃんの姿にも励まされました。
主人公のあやちゃんには、入園早々から仲よしの親友(?)ができていますが、娘も仲よしのお友達を作って、あやちゃんのように楽しく幼稚園に通ってくれたらいいなあと思いながら、読みました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 内容豊富でした  掲載日:2009/10/24
語りかけ絵本 3さいの本 ちえあそび
語りかけ絵本 3さいの本 ちえあそび 監修他: 沢井佳子
出版社: 講談社
手遊び歌や、迷路、なぞなぞなど、内容が盛りだくさんで、この1冊でずいぶん楽しめました。
娘は迷路が好きなので、たくさん出てきて、大喜び。手遊び歌や体をつかっての親子遊びなど、シンプルでも実際にやってみると楽しい遊びがいっぱいでした。
なぞなぞは、絵を見て答えていますが、「もっと出して〜」とせがむくらいで、あと、盛り上がったのが、「危ないことをしているのはだあれ?」という、悪い子(危ないことをしてる子?)を探すページで、自分のできない悪いことが載っているので、「○○はこんなことしないよねー?」と言いながらも、なんだかうれしそうでした。
うちは3歳の終わりに出会いましたが、もっと初めのころに買っていたら、忘れたころに出しては遊び、また忘れたころに・・・と長く楽しめそうな気がしました。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット